ピクシブ百科事典

ユキオオカミ

ゆきおおかみ

ユキオオカミとは、仮面ライダーV3に登場するキバ一族の狼型改造人間の名称である。
目次[非表示]

CV/沢りつお

概要

仮面ライダーV3』第33話「V3危うし! 帰って来たライダー1号、2号‼」に登場するキバ一族第3の戦士を務める改造人間
出現する際は吹雪を伴い現れるという特徴を持つ。鳴き声は「スノォー‼」

光化学スモッグに当てる事で大爆発を起こす光線を使った破壊活動を実行する“殺人光化学スモッグ作戦”を使命としており、その作戦に必要不可欠とあるスモッグを確保する為に寒川博士とそのである弓子を拉致すると、弓子にを掛けて作戦に協力するように脅迫する。

能力

瞬間移動能力を持ち、高い身体能力と怪力を誇り、仮面ライダーV3と仮面ライダー2号を同時に相手にしても善戦できる程の戦闘力を有しているほか、1号の『ライダー返し』に耐えうる頑強な体を持ち合わせた強豪怪人。

から放つあらゆる物を凍らせてしまう絶対零度のブレス攻撃『ウルトラブリザード』が必殺技。
また、そので噛まれた人間が“呪の血”へと変わってしまい、怪人が死なない限り(←特撮あるある)、怪人の意思で醜い獣人の姿に変わってしまう呪を掛ける事ができる。

活躍

協力を強要した寒川博士らを使って、博士の家に訪れた風見志郎に睡眠薬を飲ませようと画策するが、改造人間である風見には効果が無かった為、直接自身が赴き『ウルトラブリザード』で凍らせてアジトへと連行。
更に同じくとアジトに捕えたたち立花藤兵衛達たちをスモッグで処刑しようとするが、デストロンの動向を察知してオーストラリアから帰国した本郷猛と、アメリカより帰還した一文字隼人の2人に助け出されて失敗。

その後、アジト街でトリプルライダーたちと対峙し激闘を繰り広げるが、最後は1号、2号のダブルライダーにブン投げられた所にV3の『V3きりもみチョップ』を叩きこまれ爆死した。

派生作品

すがやみつるによる漫画版では単なるキバ一族の一怪人として登場し、吸血マンモスに血を吸われ弱体化したV3へのトドメのために差し向けられる。しかし駆け付けた1号・2号によりボッコボコに叩きのめされ死亡した(途中経過すら不明)。

仮面ライダーSPIRITS』において、時空魔法陣の力によりの無い再生怪人軍団の一員として復活。
『ウルトラブリザード』の力で香川県に閉ざされた銀世界へと変え、更に変身能力を失った風見を凍らせようとするも、駆けつけたライダーマン仮面ライダーZXの乱入によって失敗。風見の挑発に乗ってウルトラブリザードを浴びせようとするも同士討ちに使用された挙句、最後は能力が発揮できず焦るZXのヘッドロック攻撃で頭部を圧砕され絶命した(麺太郎曰く「デストロンと大して変わんねえじゃねえか」)。

関連項目

デストロン怪人 キバ一族 デストロン  仮面ライダーV3

pixivに投稿された作品 pixivで「ユキオオカミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント