ピクシブ百科事典

ドクロイノシシ

どくろいのしし

ドクロイノシシとは、仮面ライダーV3に登場するキバ一族第1の戦士の名称である。
目次[非表示]

CV/沢りつお

概要

仮面ライダーV3の抹殺を使命とする『仮面ライダーV3』第31話『呪いの大幹部 キバ男爵出現‼』から本格的に活動を開始する結託部族第一陣“キバ一族第1の戦士である猪型改造人間
インドネシアボルネオ島のサンギラー山脈生まれ。
なお、30話の終盤においてドクトルG死後にカメオ出現した謎の怪人の正体でもある。鳴き声は「ブアァー!」

“ドーブー教”の『悪魔の太鼓』のをエネルギー源としており、人間に突き立てて吸血を行うのと同時に猛毒を注入して犠牲者に“ドーブー教”の呪を掛けて白骨化させ、白骨死体へと変えた犠牲者を“ドーブー教”の魔術を用いて生前の姿で操る能力を持つ。
また、犠牲者の姿に化ける事もできる。

戦闘時には戦車を持ち上げるとされる自慢の怪力と、時速500㎞のスピードを活かし、一抱えもある巨大な牙を両脇に抱えて相手に突進する『秘儀・猛毒キバ』を用いて敵に襲いかかり、崖下へと転落した相手を大地を揺らして生き埋めにしてしまう戦法を得意としている。…そこまでやるくらいなら毒無くても死ぬんじゃないか
皮膚は鋼のように強固で、全速力でビルに衝突しても逆にビルの方が崩れるらしい。

とあるを襲撃し、ライダー隊員の宮田トシ子とその母親以外の村人たち全員をその手に掛けて自身の傀儡に仕立て上げると、トシ子を利用してV3やライダー隊の全滅を目論むが、最後はに隠してあった“悪魔の太鼓”の音色を送る自身のを破壊されエネルギー源を立たれて大幅に弱体化した所へ『V3フライングキック』を受け体がドロドロに溶解し爆死した。
なお、怪人の死によって“ドーブー教”の呪が解けたのか、村人たちも元の姿へと戻った。

派生作品

すがやみつるの漫画版では鬼火セイウチと共に出現しV3に暴行を働いたが、すぐに返り討ちにされた。

仮面ライダーSPIRITS』ではデストロンの四国制圧作戦に参加する怪人の一体として復活。
キバ男爵と共に香川県をほぼ制圧したが、風見志郎挑発に乗ったユキオオカミのウルトラブリザードを誤って浴びてしまい未来に永久保存された。

関連項目

キバ一族 デストロン怪人 デストロン  仮面ライダーV3

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクロイノシシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント