ピクシブ百科事典

サーベルタイガー

さーべるたいがー

サーベルタイガー(剣歯虎)のイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

ゾイド』シリーズのサーベルタイガーはサーベルタイガー(ゾイド)を参照。

概要

巨大な牙を供えた化石ネコ類動物の総称。よく似た姿の有袋類ティラコスミルスを含むこともある。狭義にはスミロドン属のこと。

ちょっと前までニムラブス科のエウスミルスとかホプロフォネウスも入っていたが、いろいろあって別の分類になった。なお山本貴嗣漫画、『セイバーキャッツ』にはセイバーキャットと称するエウスミルスのロビン(ちゃんと牙が発達している)が登場する。こういう「実かつてこうだと思ってたフレンズ、実は収斂進化したものでした」分類を「エルビス分類群」と呼び・・・中国では「猫王物種」と呼ぶ(語源であるエルビス・プレスリーが猫王だから。)

最大のものでは長さが24cmと、口元からはみ出る程長い2本の牙を持つのが特徴。ただこの牙は見た目に反し意外と脆かったようで、獲物にかみつく際は、喉元の気管など柔らかい部位を狙ったと推定される。

日本ではこの牙とトラのような姿をしていることから、『剣歯虎』『サーベルタイガー』など、“虎”に関連した呼称で呼ばれるのが常だが、実際は虎よりも小型のヤマネコ類に近縁らしく、海外では通常『Saber-tooth Cat』(剣状の歯を持つネコ)の呼称が一般的である。なお、歯の形状からシミタートゥースド キャット(ホモテリウム)、ダーク(Dirk スコットランド短剣、まっすぐで刺殺が可能 メガンテレオン)トゥースドキャットがいる。

皮肉にもその牙のせいで絶滅したと言われがちだが、これまでに化石が2000体以上とかなり多く見つかっている以上、少なくとも生息していた当時は不自由なく生活できていたと考えられる。

いかにも獰猛そうな容姿がインパクト大なのか、フィクションの世界にもサーベルタイガーがモチーフのキャラがよく登場する。

生態について

特徴である2本の牙で大型の動物に襲い掛かり、深い傷を負わせ失血死させていたと推測されている。獲物に掴みかかって牙を確実に突き刺すのに必要だったのか、腕力も発達していた。
しかし、後肢は前肢よりも短く、速く走れなかったとされる。そのため、バイソンなどの獲物を待ち伏せして襲ったと思われる。

また、発見された化石の多くに怪我が治ったような跡があり、現在のライオンの様に群れで生活し、負傷した仲間に餌を分け与え、時にマンモスなどの大きな獲物も襲ったと推測されている。

ちなみに、日本からも化石が出土している。

サーベルタイガーをモチーフとしたキャラクター

特撮

仮面ライダーシリーズ


スーパー戦隊シリーズ

その他


関連タグ

古生物 絶滅動物 ネコ科 スミロドン
トラ ライオン ジャガー(動物)

タイガー・ジェット・シン・・・入場テーマの曲名が「サーベルタイガー」。

同時期に存在していた動物

バイソン マンモス ダイアウルフ
マクラウケニア メガテリウム グリプトドン ティラコスミルス 恐鳥類

剣歯虎

関連記事

親記事

ネコ科 ねこか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サーベルタイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181865

コメント