ピクシブ百科事典

ベリオロス

べりおろす

一見すると牙竜種のようだが、飛竜種の牙竜とも言うべきモンスター。
目次[非表示]

ベリオロスとは、カプコンの「モンスターハンター」シリーズに登場するモンスターである。

冷酷 冱てる辻風
不可侵の契 忘れたか
経帷子 幽天に舞い
裂帛 誅罰の息吹
(Riseの紹介ムービー)

概要

モンスターハンター3(トライ)』で初登場した飛竜種に分類されるモンスターの一種である。
通称「氷牙竜」。ファンの間では「ベリオ」とも呼ばれている。

極寒の環境に適応した進化を遂げた種であり、世界各地の寒冷地域にて生息が確認されている。そして例外なくその地域一帯の生態系の上位に君臨している。
雪原に溶け込む白銀の体躯と、口外にまで伸びる程に巨大に発達した一対の琥珀色の牙が特徴で、背面は驚異的な強度を持ちながらも驚く程に軽い甲殻に、腹部は飛竜種にしては珍しく分厚い体毛に覆われている。先端が二股に分かれている尻尾はその太さの割にはとても柔軟に動くが、この尻尾も上面は甲殻に覆われており、見た目以上に高い強度を誇っている。

氷原に佇むその姿は、伝説上の登場人物のある騎士を彷彿とするとされており、一部ではその人物にちなんで「迅速の騎士」「零下の白騎士」などの異名でも呼ばれている。

モデルは、絶滅したネコ科の肉食獣のサーベルタイガーである。口内から大きくはみ出た長大な刀型の犬歯の他、寒冷期に生息していた動物である事が、凍土に適応したベリオロスと共通する。
また、同じ寒冷地域で暮らすセイウチもモチーフになっている。
サーベルタイガーの頭骨セイウチの頭骨を見比べるとセイウチの方がベリオロスの頭の形に近い、というかそのまんまなことからもそのことは伺える。

寒冷地域に生息するモンスターの中ではとりわけ活動的な性質を持ち、生息域においては広い氷原は勿論、洞窟内にも姿を見せる事がある。
戦闘では雪を巻き上げながら、壁を利用しながらと、地の利を活かした様々な戦法を取り、飛行できない外敵に対して低空飛行で接近戦を仕掛ける。天井の低い洞窟の中で飛行して相手を攪乱するなど、その知能の高さを示した戦闘を行う報告も多い。
その活動的な性質も相俟って非常に危険性が高く、寒冷地域においては基本的にベリオロスの脅威をまず第一に考えるべきだとされている。
各ハンターズギルドでもその危険性や戦闘力を強く警戒されているモンスターであり、一部のギルドでは、特に実力を評価されたハンターでなければ正式な狩猟は許可されない。

モデルと同じく完全なる肉食性で、ティガレックスと同様に主にポポを好物としている。
最大の特徴とも言える巨大な牙には鋸のようなギザギザの溝が付いており、獲物や外敵を守る毛皮や甲殻を深々と穿ち、一撃で致命傷を与える脅威の武器である。
そのまま獲物の肉を引き裂き、特に内臓を優先して食べるという習性を持つが、これは極寒の地で活動するのに必要なエネルギーをより効率的に得る為である。
ちなみにこの牙は、繁殖期には雌に対するアピールポイントにもなり、より形や長さに秀でた個体の方が有利となるらしい。

目は凍土の雪による反射や日照時間の長さに対応する為に、瞼を常に少し閉じた状態に保つ事が出来るよう進化しており、それで光の量を調節しているらしい。
夜や洞窟内では視界を確保するために瞼と瞳孔を全開にし、その際に瞳孔に集めた光が反射する為に、眼が爛々と光って見えるという。

体内には超低温の液体が溜まった「氷結袋」という内臓器官を持っており、この液体は一瞬で周囲を氷結させる程の強力な冷凍効果を秘めている。
その為に、素材として取り扱う際にも細心の注意が求められるとても厄介な代物である。
液体はベリオロスが大きく息を吸い込んだ後に勢い良く吐き出されて、口外に出た瞬間に大気中の水分と結合する事で、超低温の氷塊ブレスとなる。
ブレスは「氷結袋」の収縮と肺からの息が組み合わさる事で、強い螺旋状の気流を発生させて、着弾すると破片が冷気と共に竜巻状に舞い上がる特性を持っている。
逃げようとする獲物はこのブレスで氷漬けにして捕らえる。

また、獲物に襲い掛かる際には、速度を得る為に高所からの滑空に移行して攻撃する場合が多い。全体重をかけた上で速度まで得た滑空攻撃は、草食種の中でも特に大型であるポポの巨体を一撃で宙に吹き飛ばす程の威力を誇り、熟練ハンターであろうとも喰らえば致命傷になりかねない。

全身の至る所に堅い棘状の鱗が生えており、爪は氷壁を容易く抉る程に鋭い。
これ等を氷原や壁に引っかける事で驚異的な瞬発力を生み、軽快かつ迅速に動きまわる事が出来る他、その硬度故に獲物を捉える為の武器としても利用している。
しかし、逆に言えばベリオロスの機動力はこの棘や爪があってこそのものである。特に翼に生える一際大きな棘に関しては、不安定な雪原や氷を確実に捉えるスパイクの役割を担っているので、これが砕けてしまうと自分の俊敏性を制御しきれなくなってしまい、飛びかかりなどの着地時に大きな隙ができるようになる為、翼の部位破壊は積極的に行っていきたい。

ティガレックスを初めとした原始的な四足歩行型飛竜にしては、珍しく翼も大きく発達しており、地上での移動に前脚を使う事に特化した飛竜種の中では、トップクラスの飛行能力を持っている。
必要とあれば、所謂「ティガ骨格」の飛竜によく見られる「滑空」ではなく、リオス種を初めとした飛行に特化した進化を遂げた飛竜のように、翼を使った完全な「飛行」を行う事も可能で、さらにその状態から氷塊ブレスを放つ事もできる。
また、その飛行能力と高い跳躍力を活かして崖や氷壁の上まで登り、下を通る獲物や自分を追ってきた外敵に奇襲を仕掛ける事もある。ただし、飛行速度に関してはそこまで速い訳でも無い。

そもそも一般的な四足歩行型の飛竜は、前脚がトカゲのように横から生えており、突進の際や前進の際にはまるで這うような動きを見せる。前脚と後脚の長さの差も大きく、ティガレックスやナルガクルガに関しては未発見時は後脚だけで立っている。それに対してベリオロスは未発見、発見時を問わず常に四足歩行をしており、前脚と後脚の長さもそれ程は差が少ない。
何より、前脚が体のほぼ真下に生えているという最大の相違点が存在する。これはジンオウガを初めとした牙竜種に近い骨格構造であり、獣の如く体のバネを活かして文字通り「地を駆ける」事を可能としている。

つまり、正確には本種は狭義の「ティガ骨格」ではなく、そこからさらに発展した独自の骨格を持っているという事である。地上での運動にさらに特化した骨格を持ち、それに加えて飛行能力まで持ち合わせているなど、いかに本種が総合的な運動性能に優れているかがよく分かる。

普段は雄と雌は別々の縄張りを治めているが、繁殖期になると雄が意図的に雌の縄張りに侵入して、雌に気に入られれば交尾に入る。この際に、雌に見初められるか否かの指標は前述した通りの牙の形相にあり、牙を失って間も無い雄が繁殖を成功させるのは極めて困難であるという。
その後は、妊娠した雌は洞窟などの安全な場所に身を隠して2~3頭の子供を産む。この際には体表を収縮させ熱を保つ事によって出産を確実にする事ができる。

その見た目といい動きといい、ナルガクルガが凍土の過酷な気候に対応したかのようであり、怒り状態時には目が赤くなるところも共通している。
実際に、ナルガクルガとは生物学的に近縁種にあたるとされている。
しかし、両者は全く異なる環境に適応した進化を遂げているので、前述の通り骨格を初めとした生物としての特徴や能力については大きくかけ離れた部分も多い。

甲殻は分厚さがありながらも非常に軽く、牙や棘はそのまま武器の刀身や防具用のスパイクとして加工できる。さらに腹部を覆う純白の毛皮は、衝撃の吸収率が非常に高くて、上空から氷原に叩きつけるように着地しても全くダメージを受けない程である。加えて手触りも非常に良いので、貴族からも人気が高い。

戦闘

外見や攻撃モーションこそナルガクルガの流用だが、氷属性のブレスを吐いてくる上に、飛行能力があるので、全体的な動きはナルガクルガとは全く異なる。
体格もナルガクルガよりもずっと大きいので、攻撃力も高めに設定されている。
尻尾の振り回しはその体格の大きさと、もっさりとした速度の為に、ナルガクルガの感覚で回避しようとするとまず被弾する。おまけに尻尾を切断していないと、攻撃を食らう度に氷やられになるなどかなり厄介である。

特筆すべき攻撃と言えば、やはり一部登場ムービーでも披露する滑空攻撃だろう。
他のモンスターとは異なり、エリア移動直後のベリオロスは高度上空で待機しつつ警戒状態に入るのだが、ここでハンターがエリアインすると、奇襲のような形で上空からハンター目掛けて高速で滑空し、着陸と同時に回転しながら大きくスライディングしてハンターを吹き飛ばすのである。武器をしまっていれば回避は充分に可能だが、武器を持ったままだと確実に被弾する。
ギギネブラもそうだが凍土のモンスターはいやらしい攻撃が全体的に多いようだ。

総じて「ナルガクルガのマイナーチェンジ」と侮っていると逆に狩猟されてしまうだろう。

しかし、普段はその俊敏な動きからナルガクルガ以上の難敵とも目されるのだが、翼の棘を破壊してしまうとスパイクが効かなくなり、各行動ごとに滑って隙だらけになってしまうようになる。
また、疲労時の弱体化も著しく、棘を破壊できるか否かで大きく狩猟の難易度が変化するモンスターである。最優先は腕の部位破壊と言えるだろう。

MHP3では、ナルガクルガが登場したせいなのか、連続飛びかかり攻撃が削除されている。
その代わりに、MHFデュラガウアのようなタックル技が追加された。

MH3仕様のモーションは、その後MHF-Gに登場したヒュジキキへと受け継がれた。そして、なんとベリオロス自身も新たに4種目の遷悠種として、MHF-GのG9アップデートでデビューを果たしてしまった。

MH4からMHXまではメインシリーズではしばらく降板されていたが、MHXXで復活を果たす事になった。ちなみに発売前に展開された体験版では、全国ツアーでは中級クエストの、配信版では上級クエストの相手をそれぞれ務めている。

2月15日はベリオ血祭りの日!


多くのベリオロスが、タイムアタックの為に乱獲された事だろう…。

また、MHW:Iで登場する事が確定している。
今までのハードでは表現しきれなかった前脚のフサフサ感がよく分かる。
新フィールドの「渡りの凍て地」にも生息しており、バフバロアンジャナフ亜種や、たまに飛来するレイギエナとの縄張り争いが実装されている。



MHRiseでも続投。
新フィールドである寒冷群島に生息しているようだ。


MHSTでも参戦。
フィールドで遭遇できるのは終盤の方だが、主要人物の1人であるアユリアオトモンとして"ヒョウガ"と名付けられた個体が登場する。

アユリア



亜種

風牙竜


MHP3にて登場した、ベリオロスの亜種。通称「風牙竜」。
詳細はリンク先を参照。

特殊個体

「氷刃佩くベリオロス」


MHW:Iにて登場した「氷刃佩くベリオロス」
詳細はリンク先を参照。

ベリオ装備

スタミナ強化系や当然ながら氷属性のスキルが付く。ハンマーやランスにはもってこいであり、作れる武器はどれも優秀である。
キリンがいないという事態が一時騒然となったが、やはりカプコンは紳士であった。
キリン装備に酷似した姿は当然の如く大人気で、女性の装備はネブラ装備やナルガ装備と肩を並べるエロ装備となっている(ただしキリンより露出は抑え目)。

キリンとベリオ
センシティブな作品


   キリン装備↑   ↑ベリオ装備

G級装備では打って変わって王道な白騎士風というカッコ良さ&美しさ路線となっている。

ベリオロス
騎士



加えて男性装備の方も、キリンとは違って格好いい。本当にカプコンGJと言わざるを得ない。

ベリオかわいいベリオ


この為に、今現在多くのベリオロスが乱獲されている事だろう…

テーマ曲

ベリオロスのテーマ曲は、「零下の白騎士」。
同時に凍土フィールドでの狩猟音楽である為、対ギギネブラ戦等でも流れる。

余談

  • 前述の通りサーベルタイガーがモデルだが、ベリオロスの犬歯はサーベルタイガーとは違って目の下に生えている。これでは歯根が埋まるスペースが殆どないのである。何か歯を支える別の仕組みがあるのかもしれない。
  • ネット上では、顔がどことなく名前を言ってはいけないあの人に似ているとされている。確かに比較して見ると、半分瞼を閉じた時の顔がそっくりである。
  • 「迅速の騎士」の異名で呼ばれるとされるが、MHXX上位では「白い(白き)悪魔」という呼称が使われている。確かに寒冷地域におけるその戦闘力と機動力は、悪魔と呼んでも差し支えのないものだろう。
  • メインシリーズに登場する四足歩行型の大型飛竜種は、いずれも鳴き声が比較的高いのに対して、ベリオロスだけは低くドスのきいた声色をしている。


関連項目

モンスターハンター MH3 MHP3 MH3G MHST MHXX
ベリオ装備 キリン装備
デュラガウア ヒュジキキ

名前を言ってはいけない人:どことなく顔つきが似ている。

レディ・プレイヤー1:アイスボーンの追加モンスターとしての情報公開日が2020年7月3日で、この作品が地上波で放送されていた事もあってtwitterトレンドに混ざった。さすがにベリオロスがこちらの作品に出ている訳ではない。

関連記事

親記事

飛竜種 ひりゅうしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベリオロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1944348

コメント