ピクシブ百科事典

ドドブランゴ亜種

どどぶらんごあしゅ

砂漠に生息する茶色の体を持つドドブランゴの亜種

概要

『モンスターハンターポータブル 2nd G』(MHP2G)で初登場した、「砂獅子」と呼ばれるドドブランゴの亜種

砂漠に生息する個体なのだが、何故か部下となるブランゴは1匹もいない
砂漠の環境に適応したブランゴがいないためとする説や、部下を必要としないほど強いためなど様々な説があるが、まだよくわかっていないらしい。

原種が雪や氷を使った氷属性の攻撃を仕掛けてきたのに対し、亜種は砂を吐きかけたり岩を投げつけたりして攻撃してくる。特に砂ブレスは被弾すると確定で気絶してしまい、高確率で追撃がかわせなくなるため注意が必要。

下半身の肉質が原種と比べて硬く、白ゲージで弾かれてしまう。
ちなみに、下半身の模様をよく観察してみると、ラージャンの体毛の模様とよく似ていることがわかる。
両者が生物学的に近縁であることを示している…のだろうか?

関連項目

モンスターハンター 牙獣種
ドドブランゴ
ベリオロス亜種

関連記事

親記事

ドドブランゴ どどぶらんご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドドブランゴ亜種」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2376

コメント