ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
モンスターハンターシリーズに登場するモンスターの分類の一つ。

概要

ジンオウガの外見から、この種族の特徴は「翼を持たず、体の下にまっすぐ伸びた四脚を持つ、牙獣の様な姿をした竜」と推察される。

牙竜種はMHXX時点ではジンオウガおよびその亜種などの系統しか該当するモンスターがいなかった。


以前、MHF-G5で登場したイナガミが姿だけ公開された頃、その姿から当初は牙竜種ではないかと言われていた。

実際は古龍種のモンスターであり、骨格もキリンと同じものであったため落胆の声もあったが、それだけ新規牙竜種への期待が大きかったということである。


そしてMHWで、ついに新規の、それも多数の牙竜種が登場

本作の舞台となる新大陸には、大型モンスター枠にはもちろんのこと、いつもなら鳥竜種がそのポジションにいた小型や中型モンスターにも牙竜種が登場しており、新大陸の生態系の一大勢力と言っても過言ではない。

また記念すべき牙竜種第1号であるジンオウガも、MHW:Iで登場し、種全体が盛り上がりを見せた。


該当モンスター

名前別名特徴初登場
ジンオウガ雷狼竜/<亜>獄狼竜/<二つ名>金雷公雷光虫を使って電力を高めながら電撃を操る碧色の大型牙竜。MHP3のメインモンスターMHP3/<亜>MH3G/<二つ名>MHX
ジャグラス黄色い体の小型牙竜MHW
ドスジャグラス賊竜ジャグラスの親玉MHW
シャムオス紫色の体の小型牙竜MHW
ギルオス麻痺毒を有した長い牙を持つ小型牙竜MHW
ドスギルオス痺賊竜ギルオスの親玉MHW
ドドガマル岩賊竜溶岩地帯に棲み着く小太りとした牙竜MHW
トビカガチ飛雷竜/<亜>飛毒竜体毛を擦り合わせて電気を生み出す蛇顔の大型牙竜MHW
オドガロン惨爪竜/<亜>兇爪竜全身真っ赤色の恐ろしい外見をした大型牙竜MHW
ウルグモフモフの毛に覆われた小型の牙竜MHW:I
マガイマガド怨虎竜紫炎の様なオーラを纏う、厳めしい風貌の大型牙竜。MHRiseのメインモンスターMHRise
ルナガロン氷狼竜戦闘時に氷を纏い二足歩行になる大型牙竜MHR:SB

関連項目

モンスターハンター モンハン

モンスターハンターシリーズのモンスター一覧

概要

ジンオウガの外見から、この種族の特徴は「翼を持たず、体の下にまっすぐ伸びた四脚を持つ、牙獣の様な姿をした竜」と推察される。

牙竜種はMHXX時点ではジンオウガおよびその亜種などの系統しか該当するモンスターがいなかった。


以前、MHF-G5で登場したイナガミが姿だけ公開された頃、その姿から当初は牙竜種ではないかと言われていた。

実際は古龍種のモンスターであり、骨格もキリンと同じものであったため落胆の声もあったが、それだけ新規牙竜種への期待が大きかったということである。


そしてMHWで、ついに新規の、それも多数の牙竜種が登場

本作の舞台となる新大陸には、大型モンスター枠にはもちろんのこと、いつもなら鳥竜種がそのポジションにいた小型や中型モンスターにも牙竜種が登場しており、新大陸の生態系の一大勢力と言っても過言ではない。

また記念すべき牙竜種第1号であるジンオウガも、MHW:Iで登場し、種全体が盛り上がりを見せた。


該当モンスター

名前別名特徴初登場
ジンオウガ雷狼竜/<亜>獄狼竜/<二つ名>金雷公雷光虫を使って電力を高めながら電撃を操る碧色の大型牙竜。MHP3のメインモンスターMHP3/<亜>MH3G/<二つ名>MHX
ジャグラス黄色い体の小型牙竜MHW
ドスジャグラス賊竜ジャグラスの親玉MHW
シャムオス紫色の体の小型牙竜MHW
ギルオス麻痺毒を有した長い牙を持つ小型牙竜MHW
ドスギルオス痺賊竜ギルオスの親玉MHW
ドドガマル岩賊竜溶岩地帯に棲み着く小太りとした牙竜MHW
トビカガチ飛雷竜/<亜>飛毒竜体毛を擦り合わせて電気を生み出す蛇顔の大型牙竜MHW
オドガロン惨爪竜/<亜>兇爪竜全身真っ赤色の恐ろしい外見をした大型牙竜MHW
ウルグモフモフの毛に覆われた小型の牙竜MHW:I
マガイマガド怨虎竜紫炎の様なオーラを纏う、厳めしい風貌の大型牙竜。MHRiseのメインモンスターMHRise
ルナガロン氷狼竜戦闘時に氷を纏い二足歩行になる大型牙竜MHR:SB

コメント

コメントはまだありません

pixivisionの関連記事

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 【調査報告】ドスジャグラス

    自分がゲーム内で観察したとネットの情報と合わせそれっぽく書きました 実際と違う点があってもゆるしてください あと稚拙な文章で申し訳ない 憶測、捏造あり
  • 乱入者は今日も快便

    管を掬ぶ ─下─

    本当は先月中に投稿するつもりだったんですが、様式美から外れず間に合いませんでした。 リアルの方で中々余裕が作れず、慣れるまでじっと耐えたいと思いながらも、そうすると書けなくなるというジレンマ。言い訳を重ねて申し訳ないです。 そも創作を続ける為の蓄えすら乏しい始末。こけおどしの国語力でなんとか指を走らせております。     今回も番外編付き。答え合わせは先送りです。       ──ある呪骸の追憶──     「あーそれそこじゃない。もう一回シワ伸ばして」 「ここでしょうカ?」 「惜しい違う。薄いのは真ん中でいーんよ」      店の屋上にて。私はあれこれと指示を受けながら、少女に代わって洗濯物を干している。  何故か。少女では物干し竿に手が届かないからだ。であれば足場を用意したり、或いは私が肩車をすることでいいのではと尋ねたところ。   「毎日やぞ両方と首死ぬわ。家事はクロカミが覚えてくれればいい」    少女にそう拒否され、私は慣れない手作業に苦労していた。     「やはり、乾燥機は使わないのですカ?」 「…ここだけの話、こうでもしないと陽に当たれねぇの」 「なるほド」      人の健全な成長に陽光は必須。ましてや年端も行かない少女にとって、日光浴は死活問題だ。  その根拠に異論は無いが、どうしても役不足を感じる。    私は戦闘しか能のない木偶人形に過ぎない。先日も散髪に失敗したばかりの不器用に、果たして任せても良い案件なのだろうか。     「だからズレてるって。ほら直して」 「こうでしょうカ」 「ギリ及第点」      厳しい採点を付ける少女に、私は素朴な疑問を問いかける。     「質問なのですガ。私などに任せずとも、他の呪骸がやればもっと質良くこなせるハズでス。何故私などニ?」      少女は、作業の手を止めた私を咎めようとしたのだろう。洗濯物とは打って変わって、その眉間にはシワが寄っていた。     「え、さぼりたいの?」 「そうではありませン。ここにある呪骸はその用途から、手先の精密性が高く作られていまス。ですので、彼らの方が適任ではないのかト」      でも、私の提言に対し少女は反対のようで、白い歯を真横に覗かせる。     「えー…やだよ自分と同じ背格好相手に甘えんの。オギャれねぇし」 「オギャ…?」 「ンっww その声でオギャって呟くの腹筋に悪いからやめしw」 「はァ……」      小刻みに肩を震わせて笑いを堪えている少女と、相変わらず意思疎通に齟齬が起きる私。     「まぁその、最初っから完璧にできる奴なんざGTGぐらいだって。俺も乳離れなら直哉に出遅れてるしさ」 「ありがとうございまス。よくわかりませんガ」      ビュオッ    他愛のない話を遮って、屋上を撫でるような風が吹いた。     「…風強くなってきたな。外れんよう挟んどくぞ、クロカミ」 「はイ」      ポケットから洗濯バサミを取り出した少女が、私の方へそれを差し出す。     「おっとと──」      しかし持ち方が悪かったのか、少女はそれを取り落としそうになる。  大丈夫だろうか。        ばちんッ     「──ッッ!?!?!?」 「うおっ?」               ◆             『元気な男の子で……っ!?!?』 『は、早く切除してそんなもの!! いいから早く!!』      酷い倦怠感と逼迫。それに、下腹部の違和感。     『………私の、赤ちゃんは…?』      違和感の続く先を見る。        そこには、手術台に投げ出された“蠢く肉塊”が横たわっていた。              バチンッ                ◆             「──ッハ…」      …この記憶は何だ? 身に覚えが無いようで、鮮明に思い出せるような気もする。分からない。     「急にどしたよ。一人膝カックン?」      いつの間にか膝を突いていた私に、少女が手を差し伸べている。     「少し……呪力出力に滞りが起きただけでス。心配は無用でス」      その手を借りることはせず、私は自力で立ち上がった。少女に負荷をかけるわけにはいかない。     「そう言われると逆に気になるのが人なんだよなぁ~。ほんとに大丈夫か? オッサンの仕事がテキトーだったとかない?」 「大丈夫ですヨ。これは私側の問題ですのデ。気を取り直して、再開しましょウ」 「…」      懐疑的な目を向ける少女をはぐらかすために、私は洗濯バサミを拾い上げた。  不安定につまんでいたのが弾けたのだろう。最初に聞こえた爪弾きの音がそれだ。    だとすれば、次に聞こえた音は……     「…そう言うなら、詮索しないけどさ」      気を遣わせてしまった。できることなら説明したいけれど、私はその手段を知らない。少女には申し訳なく思う。     「これでよろしいですカ?」 「それだとすぐ外れるぞ。もうちょいこう、深いところに…」      何事もなく、少女と私は洗濯物の干し作業に戻る。この様子では先が思いやられる。気を引き締めなくては。        胸の異常な燻りを、隠すためにも。
    18,433文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー