ピクシブ百科事典

バフバロ

ばふばろ

モンスターハンターシリーズに登場する獣竜種のモンスター
目次[非表示]

概要

初出はモンスターハンターワールド:アイスボーン
獣竜種に属するモンスターで「猛牛竜」という別名を持つ。

白く生やした体毛に頭より大きな双角を備えており、戦闘の際にはこの角を使った突進を多用する。
この突進には進路上の物体を巻き込む性質があり、普段は岩が引っかかることが多い。その時は突進終了時に岩を叩き付けたり投げ飛ばす行動を伴う。叩き付けた岩はフィールド上に残り、強い衝撃が加わると辺り一帯に破片が飛び散り、周囲のものにダメージを与える。
そして森林地帯で突進を繰り出した時には薙ぎ倒した樹が引っかかり、この時突進の横方向の当たり判定が倍増し、そのまま投げ飛ばすこともあるのでかなり厄介なことになる。

初登場となるMHW:Iでは渡りの凍て地調査の序盤に登場し、同じく凍て地に棲息する凍魚竜ブラントドスや氷牙竜ベリオロスと縄張り争いをすることもあるが、ブラントドスには引き分け、ベリオロスには投げ飛ばされてしまい、凍て地でのヒエラルキーはあまり高くない模様。

食性は草食で、空腹時には地面を掘り起こして何かを食べる様子が見られる。
またディアブロスと違って比較的温和な性格であり、ハンターが近付いても積極的に排除しようとする意思は見られない。(とはいえ何かの拍子で気が立っている時は別だが)

余談

  • 名前の由来は「バッファロー」からと思われるが、見た目や生態的にはドボルベルクの方がバッファローに近い。バフバロの見た目は、ヘラジカ、山羊、ジャコウウシ、カリブー等に近い。
  • その見た目から「ドスガウシカ」なんて呼ぶ人もいる。
  • その双角に目が行きがちだが鼻先にも小さい角があり、怒り時には展開してピョコンと立つ。


関連タグ

モンスターハンター 獣竜種
ドボルベルク なんとなく似ている。

関連記事

親記事

獣竜種 じゅうりゅうしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バフバロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59974

コメント