ピクシブ百科事典

ラドバルキン

らどばるきん

モンスターハンターワールドの獣竜種の一種
目次[非表示]

概要

別名:骨鎚竜(こっついりゅう)
属性:睡眠属性

瘴気の谷上層部に生息する獣竜種であり、身体的な形状や生態からウラガンキンの近縁種であると思われる。
体全体に文字通りの外骨格として骨を纏っており、脚部にはディアブロスの角がはっきりと確認できる。
しゃくれ顎が目立つウラガンキンと同じ骨格だが、まるでマッドマックス北斗の拳に出てくるマスクを彷彿させる顎や、隠れて目立たないが右目に某漫画装備に似た骨があるなど、かっこいいデザインが強調されている。
長距離の移動や攻撃手段として丸まったまま体当たりをするため、公式からは骨戦車呼ばわりされている。
平時は体の骨を調整するためか、転がりながら移動しつつ、時折止まってはモンスターの骨を食べて生活している。

ストーリー中盤での登場なので、のちに登場するウラガンキンと比較すると攻略難易度は高くはない。
しかし初見では今までにないほどの大きさを誇るモンスターである。レイギエナの狩猟に成功し自信が付いてきたプレイヤーに対し、新フィールドの洗礼を浴びせられたプレイヤーも多い。


生態

普段は瘴気の谷の上層部にて各地を巡回している。
移動する際の転がりでは前が見えないためか何を轢いているのか分かっていないらしく、進路上に何があっても気にも留めない。
そのため、バウンティの「小型モンスターの討伐」が時折勝手に進行するのもだいたいこいつのせい
踏み潰されているのは主にランゴスタカンタロスといった昆虫系である。合掌。
当然ハンターも轢かれる可能性がある。転がった際にできる抉られた跡や体に骨をまとった際の残留物が痕跡として残るので、防御力に自信がない場合は早めに回収して位置を把握することが重要である。

瘴気の谷ではあまりカースト上位のモンスターではなく、自身より体が小さいオドガロン相手にも苦戦している様子が縄張り争いで確認できる。
そのためか活動エリアは上層に限られており、他の大型モンスターとの戦いは極力避ける傾向にある。
怒り状態でハンターを追いかけている状態でも他の大型モンスターと鉢合わせるとすぐにエリアを移動してしまう。故にラドバルキンとの戦いは1対1の状況になることが多い。

特徴

身体に纏っている大部分の骨は比較的脆く、ちょっとした攻撃でボロボロと部位破壊が発生する。
破壊王スキルを積んで殴れば面白いように部位破壊ポイントが稼げるが、ラドバルキンの最大の特徴は破壊した部位が修復されることである。
ネルギガンテのように自然治癒することはないが、フィールドに部分的に存在する骨が密集したところに潜ると新しい骨が再び体にくっつくため、コンディションが戦闘開始前の状態に戻ってしまう。
エリア移動した直後は修復しようと行動する頻度が高いため、閃光や罠などで足止めできれば修復行動を阻止できる。

前述の通りウラガンキンより脅威度が低いため、丸まりの体当たりは直線を描くのみで斜めに転がることは無い。
方向転換は一度だけ可能で、一瞬止まった後に再度まっすぐ転がり始めるので、横向きに走ればまず轢かれない。
例外的に歴戦個体のみ方向転換を二回まで行えるので、フェイントに引っかからないように注意しよう。
体の大部分の骨が破壊された状態では、丸まり時にうまく前進できずよろけてしまう時がある。
この時にダメージを受けるとバランスを崩して派手に転倒するので、部位破壊を積極的に行うと有利に立ち回ることができる。

更に、頻度は少ないが時折ガスを腹部から放出する。
このガスは睡眠属性付きであり、一瞬でも触れるとハンターの動きがふらつき始め、しばらくするとその場に倒れこんで一定時間寝てしまう。
そしてその間に轢き殺して始末するという寸法である。
ガスは体内で生成しているか、生えているネムリ草から摂取して蓄積しているものと思われる。

  • 装備
ラドバルキンから作った装備は睡眠耐性・睡眠属性強化・耐震・ガード性能や、僅かながら裂傷耐性が付加されている。
俊敏なオドガロンとの戦闘で役立つはずである。

それと見た目が完全にSFのそれであると巷では話題になっている。

関連タグ

モンスターハンター:ワールド ウラガンキン

pixivに投稿された作品 pixivで「ラドバルキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34086

コメント