ピクシブ百科事典

正座

せいざ

正座とは、足を揃えた座り方である。

概要

発祥は中国の春秋時代だが、唐の時代以降に椅子が使われるようになったため廃れた。日本には中国から伝わったようだ。

元々は「かしこまる」や「つくばう」などと呼ばれ、明治時代に「正座」という呼び名がついた。日本の正座は中国発祥だが、イスラームの礼拝も正座してから土下座である。

実は日本でも中世までの座り方は立て膝あぐらが多く、平安装束はあぐらで座ることを前提に作られている。この座り方が正式なものとされたのは江戸時代のことである。

※正座が普及する以前や普及した背景に関しての詳細は、胡座の記事を参照して頂きたい。

日本では、畏まった場では正座して待つのが一般的とされる。
例:「正座して待ってます

だが正座を長く続けるにはそれに適した骨格・筋肉形態が必要であり、江戸時代の日本人は幼少期から正座に慣れているためそのような体格を有するが、椅子の普及した現代では正座を続けると足の筋肉によって神経や血管が圧迫され、所謂「足がしびれた」状態に陥りやすい。
子供では骨格や筋肉が未発達のため難しくないが、成人では無理に長時間続けると足に障害が出る危険性もあるので、長時間強いるのは厳禁である。
足がしびれた場合などは許可を取ってあぐらに変えたり、相手から見えないように姿勢を崩したり足を組み替えたりするのが大事。
ちなみに現代でも正座をする機会は割と多いため、普段から正座のトレーニングをしておくと冠婚葬祭の時などに便利である。また子供に正座をよくさせると足の骨格発達に制限がかかるという話もあり、そのために昔の日本人は足が短かったという説もある。

関連タグ

座り 体育座り 土下座 ぺたん座り しゃがみ 
立て膝 あぐら 胡座
膝枕 膝に手 紳士 着物 座布団

pixivに投稿された作品 pixivで「正座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3056950

コメント