ピクシブ百科事典

ヤマネコ

やまねこ

ネコ科の動物。主にヒョウ亜科の各種及びイエネコを除く野生種。稀に山に棲む猫全般。
目次[非表示]
  1. 実在するネコ科の動物
  2. 実在のヤマネコをモデルとした架空の種族(モンスター亜人も含む)。
  3. 「ヤマネコ」と名乗る亜人や人間などのキャラクター。
  4. ダンボール戦機のキャラクター。→ヤマネコ(ダンボール戦機)
  5. クロノクロスのキャラクター。→ヤマネコ(クロノクロス)


ネコ科のヤマネコ

ネコ科の哺乳類のうち、小型かつイエネコ()に該当しない野生種の呼び名。
ただし、他にも複数の定義がある。


またヤマネコ類のネコ科の特徴として、
虎耳状斑(こじじょうはん)という野生の猫科にのみ存在する特徴的な模様が耳の裏にある。
黒地に白い斑点が一つあり、その名前の通りトラに見られるものが最も代表的。
イリオモテヤマネコにも存在するため、イリオモテヤマネコと普通のイエネコを区別する際などに注目される。

日本のヤマネコ

日本には長崎県対馬ツシマヤマネコが生息、古くから確認されているのみであったが、昭和期に沖縄県西表島にてイリオモテヤマネコが発見された。両種ともベンガルヤマネコの亜種。
本土でもヤマネコらしき生物の目撃情報が稀に存在する(紀伊山地の千丈山付近など)。いたとしてツシマ・イリオモテと近似の種と推定されているが、今の所正式な発見には至っていない。また、単に山に棲むイエネコ(「ノネコ」と称される)と勘違いする可能性も高いため、ますます発見は難しいとされる。
なお、樺太サハリン)にはオオヤマネコが生息している他、日本各地で縄文時代頃まで生息したとされるオオヤマネコの化石が見つかっている。他に、対馬では元々「ヤマネコ」の他に「オオヤマネコ」もいたという伝承がいくつも残っている。

キャラクター

同名キャラクターが登場する作品など


関連タグ

表記揺れ: 山猫 やまねこ (別称:リンクス) 
イリオモテヤマネコ オオヤマネコ サーバル ツシマヤマネコ ベンガルヤマネコ
ケモノ 獣人 カンデンヤマネコ ニホンカイハツヤマネコ 仙狸

関連記事

親記事

ネコ科 ねこか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマネコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142431

コメント