ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

オオヤマネコは、ネコ科オオヤマネコ属 Lynx に属する中型獣の総称で、リンクスとも呼ぶ。

狭義の「オオヤマネコ」は、オオヤマネコ属の種:ヨーロッパオオヤマネコを指す。


身体的特徴

体長85~115センチ、体重に関しては12~22キロ。

四肢はがっちりとしており、雪上の活動に適応して足裏が大きい。耳の先端に長い毛があり、尾が短い。


生態

シカ類、ウサギイノシシの仔、キツネなどを捕食し、220キロのアカシカを殺した例もある。


オオヤマネコ属の種


ボブキャットは260万年前に北米に渡ったヨーロッパオオヤマネコの子孫であり、カナダオオヤマネコは2万年前に再流入した同種の子孫だとされる。


文化的側面

オオヤマネコのがかすかなでもよく見えることから、観察眼の鋭さを「オオヤマネコの眼」と表現し、たとえば英語では、lynx-eyed という表現で「眼の鋭い」ことを表す。

中世キリスト教ではキリストの全知を表し、貴族の紋章に明敏や明智を意図して用いたものもある。

また、上記の事例から発展して、嘗て中世ヨーロッパではオオヤマネコは「透視」のメタファーともされた。


分布

北米ヨーロッパアジア北部に生息し、行動範囲が広く一夜で40km移動することもある。生息地域によって体色が異なり、黄色~褐色の個体もあれば、ホワイトタイガーのように白い個体もいる。


かつては日本にも、北海道から南九州まで広範囲に分布していた。イリオモテヤマネコツシマヤマネコに近い種類のヤマネコ(ベンガルヤマネコの系統)が縄文人や弥生人との接触前後に絶滅したのかは不明だが、オオヤマネコはしばらく生き残っていたと思われる

  • 絶滅の経緯は不明だが、オオヤマネコは人間による狩猟の対象であったことは判明しているが、ニホンオオカミなどの例に漏れず、人間や付属してきた家畜等からの感染症があったのかもしれない。
  • どちらにしろ、オオヤマネコは、ホラアナライオンの近縁種やトラ、ヒョウが絶滅した以降、日本における最後の中・大型猫科動物であった。本州などでの「巨大な山の猫」や「和歌山のライオン」、ウンピョウ西表島にいるかもしれないという話(ヤマピカリャー、イリオモテオオヤマネコ)や対馬に小型のピューマまたはアジアゴールデンキャットに似た未知の中型の野生ネコがいるという話もあるし、その道の著名な方々も目撃しているが、存在が立証されていない以上はUMAやEMAの範疇を出ない。

イラスト

リンクス にゃー!剣と大山猫


動画


関連タグ

動物  ネコ科 オオヤマネコ ボブキャット

リンクス やまねこ座 山猫座


動物としての「オオヤマネコ」を意図する場合、タグ 大山猫 を推奨。

関連記事

親記事

オオヤマネコ おおやまねこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28873

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました