ピクシブ百科事典

アカシカ

あかしか

哺乳類偶蹄目シカ科に属する動物。
目次[非表示]

概要

別名アジアアカシカ。
体長1.6~2.3m 、肩高75~120cm、体重80~240Kg。
食べ物は木の葉
ヨーロッパアジア等の森林に生息。

特徴

大型のシカ。ヨーロッパからアジア、更には北アメリカまで、広く分布している(最も、近頃は遺伝子研究が進み、東アジアから北アメリカにかけて住むものは、アカシカとは別の種類、「ワピチ」であるとされている)。
ヨーロッパにはアカシカのほか、ヘラジカノロジカなどのシカが住んでいる。どのシカも、にはが生え、足のが2つに割れ、植物を食べることは共通しているが、体つきや暮らしぶりは、種類によって異なっている。
ヘラジカは世界最大のシカ。雄の角には箆のような平らな部分がある。の畔など水辺に好んで住み、水草などを食べ、繁殖期以外は単独生活を送っている。
ノロジカは小型のシカで、角もあまり枝分かれしない。アカシカと同じように開けたに住むが、柔らかい若草等、特別美味しくて栄養の多いを選んで食べる傾向がある。普段は1匹だけで暮らし、結婚シーズンにはが雄のところにやってくる。
一方、アカシカは、ヘラジカに次いで大きなシカで、雄の角は何段にも枝分かれしている。普段は、雄と雌が別々の群れで暮らしているが、秋の結婚シーズンには雄は雌の群れに入ってくる。そして、大きくて力の強い雄が、多くの雌と結婚する。
アカシカは、体が大きいので、沢山食べないと体が持たない。そこで、ノロジカのように美味しい物だけ選んだりせず、大量の草を選り好みせずモリモリと食べる。
このように、同じくヨーロッパに住むシカでも、体の大きさや角の形、住みかや、食べ物、あるいは食べ方など、種類によって異なる方向に進化したのである。

関連タグ

哺乳類 シカ ワピチ

pixivに投稿された作品 pixivで「アカシカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2835

コメント