ピクシブ百科事典

ユーラシア

ゆーらしあ

ユーラシアとは、ヨーロッパとアジアを合わせた地域である。
目次[非表示]

『Eurasia』と表記し、『Europe(ヨーロッパ)』と『Asia(アジア)』をそのままくっつけて出来た言葉。
領域はユーラシア大陸とその付近の島々。

地勢

面積はおよそ5492万9000平方キロメートルで、
地球の陸地面積(南極大陸を含む)の40.4%、全表面積の10.8%である。
人口は47億1500万人(2006年)で、地球の総人口の72%である。

その大部分を、地球最大の大陸であるユーラシア大陸が占める。
島は面積順に

  • ボルネオ島
  • スマトラ島
  • 本州
  • ブリテン島
  • スラウェシ島
  • ジャワ島
  • ルソン島
  • ミンダナオ島
  • 北海道本島
  • サハリン本島
  • 九州本島
  • 台湾島
などが属する。
ほぼ全周を海に囲まれており、北は北極海、南はインド洋、西は大西洋、東は太平洋に面する。

唯一、スエズ地峡でアフリカと陸続きであるが、現在は人工のスエズ運河で切り離されている。

伝統的にアジアヨーロッパに分かれる。

自然地理学的にはヨーロッパはユーラシアの西端の半島状の陸塊にすぎず、
面積の大部分はアジアである。

「ウラル山脈-カスピ海-カフカス山脈」という伝統的なアジアとヨーロッパの境界は人やモノの交流の妨げにはあまりなっておらず、
数百年にわたりその境界をまたがる大国ロシア(ロシア帝国-ソビエト連邦-ロシア連邦)が存在してきた結果、ますます意味を失なっている。
たとえば、何かの統計や記録が伝統的なアジアヨーロッパの境界で分けて集計されるということは実際にはない。

歴史

ユーラシアの歴史はアフリカの歴史に次いで長いが、当初は、アジアとヨーロッパという、海で隔てられた2つの陸塊があると考えられていた。

ユーラシアという概念および言葉が生まれたのは、アジアとヨーロッパが黒海の向こうで繋がっていることが明らかになってからと思われるが、起源ははっきりしない。

ユーラシアという言葉が広まったのは、ハルフォード・マッキンダーがハートランド理論で
「ユーラシアのハートランド」と「ユーラシアのリムランド」を論じたことが大きい。

ソビエト連邦崩壊後、旧ソ連諸国が自分たちの地域をユーラシアと表現することが増えてきている。
たとえば、ロシア、ベラルーシ中央アジア4ヶ国が加盟する「ユーラシア経済共同体」がある。

関連項目

ヨーロッパ アジア
ロシア・・・ユーラシアを跨ぐ大国

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーラシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5119

コメント