ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

オーストラリア南極を除く世界各地で頂点捕食者として君臨する生物群。

ほとんど肉食の食性に特化しており、歯の構造からも植物性の餌はほとんど摂れない。

強靭でしなやかな肉体と魅惑の肉球もふもふさらさらの毛並みと、人間の永遠の憧れを体現したような姿を持ち、古来より高貴なもの、崇高なものの象徴として扱われてきた。

基本的に単独で待ち伏せ型の狩りをして生活し、水辺にはあまり近付かない(水に入るイリオモテヤマネコやトラやジャガー、家族でモフモフしているライオンは特殊な部類に入る)。

武器は自慢の爪と牙で、必殺技は猫パンチ。チーターという例外を除けばほとんどの種は爪の出し入れができる。木登りを得意とする種も多い。元々は森林で進化した動物のため、登る、跳ぶなど立体的な動作が得意。柔軟な身体、脚の動きができるのもそのため。

なお、野生の現生種はほとんどが絶滅危惧種に指定されている(美しい毛皮等を求める人間による密猟や頂点捕食者ゆえに環境破壊に対し脆弱であるため)。

相手を待ち伏せ、近距離で奇襲する狩りに特化しているため、嗅覚よりも視覚や聴覚に頼っている部分が大きい。


哺乳類としては驚異的な出力重量比を誇り、2013年にロンドン大学で野生のチーターに加速度計を付けて研究した結果によると、120W /㎏という驚異の値が叩き出された。

此れがどれだけ凄い値かと言うと、犬の2倍、馬の4倍、ウサイン・ボルト氏の5倍であり、100km/hに加速するのに、3.2秒しか掛からないというスーパーカー級の数値である。

この大出力と反応速度を活かして、急加減速や急旋回をフル活用した突撃を武器に獲物を狩るが、出力の割に放熱能力が低いという弱点が有るので、オオカミのような長期戦は苦手である。


ネコ科一覧

ネコ亜科

イエネコ系統

ネコ属(フェリス)

ベンガルヤマネコ系統

ベンガルヤマネコ属

マヌルネコ属

ピューマ系統

ピューマ属

チーター属

オオヤマネコ系統

オオヤマネコ属

オセロット系統

オセロット属

カラカル系統

カラカル属

レプタイルルス属

ボルネオヤマネコ系統

マーブルキャット属

ヒョウ系統

ヒョウ属(パンサー又はパンテラ)

ウンピョウ属

マカイロドゥス亜科


関連項目

哺乳類 食肉目

関連記事

親記事

食肉目 しょくにくもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1698613

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました