ピクシブ百科事典

肉球

にくきゅう

哺乳類(主として肉食動物)の四肢の裏(地面と触れる側)にある肉の塊。
目次[非表示]

概要

哺乳類(主として肉食動物)の足裏部に見られる、盛り上がった無毛の部分の俗称で、正式名称は蹠球(しょきゅう)。
歩行の際に足音を消したり(ネコ科)、滑り止めの役割をしたり(イヌ科)、高いところから飛び降りた際に衝撃を緩和したりする役割を持つ。
ハイラックス(動物)(イワダヌキ)はこの器官に多量に汗腺が分布しているためにほぼ吸盤のようになっており、(系動物だがその辺は関係ないらしい)平面の壁なら垂直でも4メートルくらいは普通に登れるらしい。

犬や猫には、この辺に性フェロモン分泌腺としてのアポクリン腺が分布しているそうである。

ありがたい話

 イスラム教の関係では、次のような話がある。
 ある日、偉大なる預言者ムハンマドが、昼寝から起きると飼っているが袖の上で「の」の字を書いていた。
 偉大なる預言者ムハンマドは、とりあえず袖を切ってしかるべきところへ赴き、礼拝をして帰ってくると、猫は袖の上で座っていた。
「おお、なんという労りと友愛じゃあ にゃんこが心を開いておるう」
と、感動された偉大なる預言者ムハンマドは、猫を3回撫で、天主アッラーフにお願いして、猫類がいかなるところから落ちようと、必ず肉球から地べたへ触れるようにしてもらった。

 おお、まことにアッラーフは偉大なり。
(『南方熊楠全集第三巻』P109.『猫一匹の力によって大富となりし人の話』Wikipediaには「ムエザ」という名前の猫の記事に、同じような話が収録されている)
 なお旧約聖書の「レビ記」には、「肉球系の生き物は食うな」とある。

肉球を持つ動物


関連タグ

ぷにぷに 足裏/足の裏 ケモノ  肉球マニア
ライオン トラ チーター キツネ タヌキ イタチ フェレット
バーソロミュー・くま・・・ニキュニキュの実の能力者

関連記事

親記事

足裏 あしうら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「肉球」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「肉球」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8807861

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました