ピクシブ百科事典

イワダヌキ

いわだぬき

ハイラックスの和名である。

タヌキのような動物。しかし、タヌキの仲間ではない。「睾丸が体内に入っている」「切歯が発達して牙になっている」等、アフリカ獣類と呼ばれる種類に入る。ちなみに草食。「ハイラックス」はギリシャ語で「トガリネズミ」の意。学名は「テンジクネズミ」。ややこしいわ。

 は上顎の方は伸びる。

 ヘブライ語等で「シェファン」と言い、岩場でもふもふ(哺乳類のくせに体温の調節ができないんで体温の調整のためよくボーっとしている)しているさまが「哲学的思索をしている」と捉えられ、旧約聖書「詩記」では、「賢いイワダヌキ」と言われる。また、「レビ記」では、「ラクダウサギハイラックス これはが割れても分かれてもいないから反芻するけど(食べ物的に)穢れたいきものである」と書いている。

 常にもぐもぐしている、あるいは「解剖すると胃が反芻動物のそれのように見える(ちなみに中はに近い)」ことから反芻するように見えたのだろうと考えられたそうである。

ちなみに、現代生物学的に、ハイラックスの足の指の窄まり具合は有蹄類になりかけの形と考えられており、すげぇな昔のレビ記書記。

 余談であるが、「イスパニオラ」は「シェファンの島」の意である。その“島”を発見したフェニキアの人が、当時のその辺でもふもふしてた(どう見てもうさみみでないらしいので)を見て、そう命名した。

 なお一応、4000万年くらい前までは地中海沿岸部で繁栄していた。バクサイズのとか水中仕様とかのやつもいた。後北から来た獣類に押されて現在に至る。

 その窄まった指と、汗腺が異常に分布した肉球でもって、コンクリート打ちっぱなし系多分直角位なら、坂道と同じように登れる程度の能力を持つ。これを用いて岩場を歩き回り、草原へ降りて草食べたりする(グレイザーという)が、木の葉っぱ食べる種類も(ブラウズするのでブラウザーという)いる。

pixivに投稿された作品 pixivで「イワダヌキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 718

コメント