2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要



に対するフェティシズムを「足フェチ」と言うが、中でも「裸足」の「足の裏」ともなれば(性器のように隠す事が義務付けられている部位ではないにもかかわらず)日常生活ではほとんどお目にかかれないものであり、興奮もひとしおである。
一般男性における女性の乳首に近い扱いだと考えれば良いだろうか。
(但し、こちらはそれだけでは閲覧年齢制限に引っかかる事はまずないが)

そうした希少価値の高いイラストを簡単に探せるようにする目的で、この単語がタグ付けされる傾向にある。他のイラストサイトや三次元にはあまり類を見ない、ありそうで無かったカテゴライズであり、これによって恩恵を受けるようになった人は少なくないだろう。

逆に言えば、足に対してこだわりの無い人にとっては向きや靴下の有無などどうでもいい話であるので、ある意味棲み分けができているとも言える。もっとも、それ故に他のタグに優先されるべきものとも思われにくいため、貼付は計画的に。
なお、トレンカ程度の面積であれば、多少足が覆われていても裸足裏に含める事が容認されている。

主な傾向

元となるフェティシズムが男性に多いものであるため、このタグが付けられる作品も男性→女性という視点の作品が多くなっている。

自分の恰好に頓着しない幼児を別とすれば、「裸足でいる状況」が無いと裸足裏を見せる事も不可能であるため、必然的に屋内の割合が高くもなっている。足を投げ出したり女の子座りでくつろいでいる姿との相性が良い。
複数人でいる場合はそうした姿を見せられる程の親密さ、あるいは他人の目を気にしないだらしなさを表す記号ともなっている。

他のフェティシズム同様作者も愛好者の一人という例も多く、自給自足を兼ねて対象が意図的に足裏を見せている構図を描いた作品も多数投稿されている。セクシーポーズの一環であったり、踏みつけたり臭いを嗅がせたりといったSMプレイの一環であったりする。
とは言え愛好者が必ずしもマゾヒストというわけでもなく、足裏マッサージやくすぐりといった攻めに回る行為を好む者も多い。性行為を親密さの極致として捉えるならば、受け攻めの立場以前に足裏を通したコミュニケーションそのものが重要なのだろう。
一方で、指紋土踏まず等の細かなパーツ、足を動かした時にできる皺等を眺めているだけで満足できるという人もいる。

動物獣人は人間とは異なる構造の足を持つ場合があり、その解説のためにフェティシズムとは関係無く裸足裏のアップを見せる事もある。もちろん、それを見て興奮を覚える人がいないとも言い切れないが・・・

三次元にも共通する注意点として、一般人にとっての足裏は臭いや皮膚の状態が特に気になる部位の一つであり、パートナーであっても注視されたくないと考える人も少なくない現実がある。自分は気にしないからと言って一方的に求めるのはただのセクハラであり、かえって足裏を隠させる結果になるだけだろう。
北風と太陽の例えよろしく、ガツガツと迫るような無様な真似は止めたいものである。

関連イラスト

Adorable Whirl



関連タグ

足裏 足指 爪先 土踏まず かかと
裸足 素足 生足 足フェチ 制服裸足
  肉球 履いてない はいてない
素足裏 生足裏

関連記事

親記事

裸足 はだし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「裸足裏」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「裸足裏」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 857273869

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました