ピクシブ百科事典

北風と太陽

きたかぜとたいよう

イソップ寓話の一つ。
目次[非表示]

あらすじ

 あるの日、とある野原コートを着た旅人が歩いておりました。それをから見ていた北風は、太陽に「あの旅人のコートをどちらが先に脱がせられるか競争しよう」と言い始めました。
 太陽もそれを受諾し、北風は冷気を旅人に吹きつけました。凄まじい突風が旅人に襲い掛かります。旅人は身をすくめ、飛ばされまいと必死で震え続けました。
 そこで太陽が微笑みかけると、やがて気温が上がり、ポカポカとした陽気に包まれました。
 旅人はあっさりコートを脱いでしまいましたとさ。

教訓

 力押しでは解決する物も解決できない。人を動かすには強制よりも仁徳がものをいう。
冷たく厳しい態度で接すると相手はかえって頑なになるが、温かく優しい態度で接することで初めて相手は自ら行動してくれる。

関連項目

イソップ
いい警官・悪い警官
ウルトラかいじゅう絵本:『オーブとたびびとのふく』でパロディ。北風はジャグラスジャグラー、太陽はオーブ、旅人はババルウ星人ババリュー
妖怪ウォッチむかしばなし・せかいのおはなし:北風は天狗、太陽は晴れ男、旅人は天野景太&ウィスパー&ジバニャン

pixivに投稿された作品 pixivで「北風と太陽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 770318

コメント