ピクシブ百科事典

嘘をつく子供

うそをつくこども

イソップ寓話のひとつ。別名『狼と羊飼い』あるいは『オオカミ少年』。
目次[非表示]

概要

イソップ寓話のひとつ。『狼と羊飼い』あるいは『オオカミ少年』というタイトルがつけられている場合もある。

内容

ある村の羊飼い少年の番に飽き、村人達にいたずらをしかけることを思い立つ。
少年は「オオカミがきた!」と大声で触れまわり、その声に慌てて駆けつける大人たちを見て面白がった。少年がその後何度も同じいたずらを繰り返したため、そのうち村人たちは少年の声を聞いても本気にしなくなった。

ところが、ある日本当にオオカミがやってきた。少年は驚き大声で叫んで村人に助けを求めた。
しかし、これまでの少年の行いにさんざん振り回された村人たちは、それを聞いても「今回もいつもの嘘だろう」と無視し、誰も助けに行こうとはしなかった。

結果、だれにも助けてもらうことができず、少年の羊はオオカミに食べられてしまうのである。

教訓

他者に嘘をつき不誠実な態度をとり続ければ、やがて信頼を失い、いざというときに誰からも助けてもらえなくなる。
ましてや他者の真心を弄んで笑おうなどとすれば、必ずその身に報いは還ってくるものである。
日ごろから、他者に対して正直で誠実であることが大切である。

食べられたのは…?

原典では、羊のみが食い殺され、羊飼いの少年が命を落とすことはない。
しかし訳者によっては少年が食べられてしまうストーリーがいくつか存在する。
これは原典を元にした一種の創作であるともいえる。

解釈の多様性

寓話は、複数の解釈が可能である。それは、本ストーリーにおいてもあてはまる。
前述の「教訓」もまた、解釈の一形態である。この解釈の形態が創作の幹ともなる。
例えば「少年が嘘をついた動機」などの少年の内面によりスポットをあてたものや、
少年の「嘘」に振り回された村人たちの心情など、方向性は多様である。

関連タグ

童話 寓話 イソップ
狂言 嘘つき

コメント