ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アルターライドブック

あるたーらいどぶっく

特撮番組『仮面ライダーセイバー』に登場するキーアイテム(画像は岩石王ゴーレム)。
目次 [非表示]

MAEGAKI

EIEN

GA HONN

IYORI UMI

DASARERU』 

(前書き 永遠が本により生み出される)


概要

仮面ライダーセイバー』に登場するアイテムであるワンダーライドブックの一種。

黒い本棚が保有する特殊な黒色のライドブックで、彼らが野望のために創り上げたライドブックの模造品。「アルターブック」とも呼ばれる。

本の最終章に至ることで新たなメギドを覚醒させることができる。

メギドの本体とも言える存在で、メギドが倒されても核となるアルターライドブックさえ無事なら何度でも復活できる。

また、メギドを強化させることもできるらしく、24章では打倒セイバーに燃えるレジエルが本拠地から持ち出した大量のアルターライドブックを取り込んでいた。


ライダーが用いるライドブックとは異なり、条件を整えれば単体で効果を発揮するので、聖剣ソードライバーに装填する場面は現時点では見られない。

装填した場合どうなるのかは不明だが、玩具版での音声によると「ヴィランライダー」なる存在へと変身する事が示唆されている。

本編・スピンオフ共に変身用として使われる描写がなかった一方で聖剣に読み込ませる事自体は可能な事が45章で判明し、無銘剣虚無デザストアルターライドブックをリードすることでカラミティストライクを自己流にアレンジした必殺技を発動させている。


黒い本棚の拠点に飾られた不気味な絵画に備えられている本棚に無数に保管されており、このライドブックを森羅万象を司る大いなる本の代わりにする事で世界を入れ替える為、メギドを生み出してワンダーワールドに切り取られた現実世界を書き換えるべく送り込んでいる。


メギドが暴れ回ることに本拠地にある装置が作動して、アルターブックの内容を書き記していく。


造形はワンダーライドブックと比べると禍々しく、表紙がズタズタに引き裂かれた様な黒色の「ジェイルバインディング」になっており、対応するメギドを強力に封じ込めている。1ページ目と最終ページの間には最低限の鎖が張られたページが挟まっている。加えて「ジェイルバインディング」に書かれたタイトルのフォントと背景によって各メギドの属性の判別が可能になっている。ワンダーライドブックでは一部の例外があったが、アルターライドブックの場合はセイバー文字での題名の位置はアルファベット表記の題名の下で統一されている。


また、1ページ目に刻まれた文章の頭文字を縦読みすると「MEGID」と読むことができる。


黒い本棚が実質的に壊滅した本編終了後、残されたアルターライドブックは全てソードオブロゴスによって回収及び保管されたようで、スピンオフ作品「仮面ライダーサーベラ&デュランダル」ではこれを盗み出して悪事を働く輩も現れている。


新型のアルターライドブック

第16章から新たに登場した赤紫色のアルターライドブック。

「ジェイルバインディング」がワンダーライドブックの表紙「ガードバインディング」に近いものになっており、厚さもジャオウドラゴンワンダーライドブックのように大きく分厚い構造となっている。表紙にはそれぞれの属性を司る幹部級メギドを表す紋章が刻まれており、裏面に前書きが記されている。

ただ、全てのジャンルを司るカリュブディスの場合だとカラーリングは白色と金色の2色になっており、紋章も独自のものになっている(デザストの額に同じ意匠が存在しているため3ジャンル混合メギド共通の紋章だと思われる)。加えて最終ページが存在しており、強化形態のカリュブディス・ハーキュリーの上半身像が神獣属性のブックでの変身ページと似たような構図で描かれ、左端には新たに「LAST PAGE」の名でテキストが記されている。


ワンダーワールドと密接に繋がった人間にブランクのライドブックを埋め込むことで新型のメギドへと変貌させる事ができ、メギドが暴れるごとに体内に埋め込まれたブランクのライドブックが血のように赤く染まっていく。

ブックが完成すると表紙にジェイルバインディングが記され、メギドから排出される。同時に、埋め込んだ人間は完成したブックに取り込まれ、糧となって消滅してしまう。

ただし、埋め込まれた人間の人格自体は消滅することなくアルターライドブックに宿っている状態になるため消滅というよりは本の中に囚われているといった方が正しい。

ブックが未完成の状態でメギドが倒されると、一部のみが赤く染まったジェイルバインディングのないアルターライドブックが排出される。これを人間に埋め込み直せば再変身させ、本を続きから記していく事が可能。


作中でメギドによって生み出された描写があるのは僅か3冊だが、それ以外にも数多くのアルターブックが、剣士たちの手の届かぬところで生まれていたことが分かっている。それらはメギドの拠点に保管されていたようだが、後に全知全能の力を手に入れようと目論むストリウスの手により、その全てはカリュブディスに喰われ、全知全能のワンダーライドブックの礎とされてしまった。

後に取り込まれた人間は全員解放されたが、完成したアルターライドブック自体は消えることなく残っており、人間をメギドに変身させる機能も持続している。


幹部メギドのアルターライドブック

第26章で初登場した、幹部メギドたち自身のライドブックで、かつて「始まりの5人」が手にしたという全知全能の書の断片。そのため厳密にはライドブックの模造品であるアルターライドブックの定義には当てはまらず、純正のライドブックの一種に近いと言えるかも知れない。これを手にした者はメギドを司る力を得ることができるとされている。題名の末尾には幹部を意味する"Executive"の略称なのか(EX)が付く。


新型メギドのアルターブック同様に大きく、表紙は金色で自身の紋章が刻まれ、題字のフォントも他のアルターブックとは異なるものになっている。

ページの詳しい構成及び展開状態はレジエルのものしか判明しておらず、ズオスとストリウスのものは鎖のページの存在と色が表紙から分かっているだけである。このレジエルのアルターライドブックは1ページ目の序文がアルターライドブックではなくワンダーライドブックと同様のものになっており、4ページ目の「テキストオブアルター」にはレジエルの通常形態の上体が、5ページ目と6ページ目の「テキストオブアルター」には見開きで強化形態レジエル・フォビドゥンの上体と右腕が、それぞれ神獣属性のブックでの変身ページと同じ構図で描かれ、左端には「LAST PAGE」の名でテキストが記されている。レジエルでの体裁が神獣枠のブックと同じなら残りの2人も同じように沿っていると思われる。


アルターライドブック一覧

ジャンル・幻獣

「幻獣」の属性を司るメギドを封じ込めているアルターライドブック。

所有者はレジエル

西洋の怪物だけのみならず、日本発祥の妖怪や近代で創作された怪物も含まれる。

背景は燃え盛る炎。タイトルは炎を思わせるギザギザのフォントの文字で描かれている。

名称モチーフメギド初登場
岩石王ゴーレムゴーレムゴーレムメギド第1章(※1)
メデューサ蛇伝メデューサメデューサメギド第7章(※1)
壁からガーゴイルガーゴイル-第7章(※1)(※3)
グルグルマミーミイラ-第7章(※1)
いたずらゴブリンズゴブリンゴブリンメギド第11章
白雪イエティイエティイエティメギド第16章
人魚伝説人魚-第21章(※4)
天邪鬼天邪鬼天邪鬼メギドサーベラ&デュランダル
レジエル(EX)幻獣レジエル・フォビドゥン第27章

ジャンル・生物

「生物」の属性を司るメギドを封じ込めているアルターライドブック。

所有者はズオス

背景は水中。タイトルは一部が溶けているようなフォントの文字で描かれている。

名称モチーフメギド初登場
ハンザキサンショウ王サンショウウオハンザキメギド第3章(※1)
ピラニアのランチピラニアピラニアメギド第5章(※1)
ドリルマンドリルマンドリル-第7章(※1)(※3)
ゲッティングスパイダー蜘蛛スパイダーメギド第7章(※1)
猫にアクセサリーネコメギド-(※2)
横取りハイエナハイエナ-第21章(※4)
ハニーメイクビー--(※5)
アルマジローディングアルマジロ-第21章(※4)
カメレオンどーこだカメレオン-第21章(※4)
スネークとぐろん--(※5)
ズオス(EX)生物ズオス・プレデター第41章

ジャンル・物語

「物語」の属性を司るメギドを封じ込めているアルターライドブック。

所有者はストリウス

実在する童話を捩った名称が多い。

背景は木の表面。タイトルは鋭利なもので木の表皮に刻んだようなフォントの文字で描かれている。

名称モチーフメギド初登場
アリかキリギリスアリとキリギリスアリメギドキリギリスメギド第2章(※1)
見えにくいアヒルの子みにくいアヒルの子アヒルメギドハクチョウメギド第7章(※1)
ウソつきウルフ嘘をつく子供-第7章(※1)(※3)
マシーン売りの少女マッチ売りの少女-第7章(※1)
あかんずきん赤ずきん-第7章(※1)
はだしの王様裸の王様王様メギド第19章
王様の耳たぶ=ロバの耳たぶ王様の耳はロバの耳-第21章(※6)
パンチパンチ山かちかち山--(※5)
ストリウス(EX)物語ストリウス第41章

(※1)カリバーがアヴァロンへ行く際に使用された。

(※2)公式サイトにあるネコメギドの項目に名前だけあるが、本の画像や解説などは載っていない。

(※3)ジャオウドラゴンワンダーライドブックの生成に使用された。

(※4)メギドたちが人知れず人々を生贄に作ったアルターブックとして拠点にあるのが確認できる。

(※5)仮面ライダーセイバー超全集にて、名前のみ判明。

(※6)仮面ライダー図鑑にて題名が判明。


全ジャンル

上記の三つの属性全てを司るメギドを封じ込めているアルターライドブック。

背景とタイトルのフォントは各メギドによって異なる。いずれもストリウスが生み出している。


なお『仮面ライダーアウトサイダーズ』では、財団X仮面ライダーオーディンのカードデッキを機械制御することでデザストアルターライドブックを復元するという芸当を見せており、そのせいなのかは不明だが、後にワンダーライドブックに変化するという現象をみせている


ジャンル・HERO

禁書」と呼ばれる封印された書物を糧にアスモデウスによって生み出された、特殊なアルターライドブック。

名称モチーフメギド初登場
正義のスーパー戦隊ゼンカイザー戦隊メギドスーパーヒーロー戦記

余談

2023年現在、令和ライダーの怪人用のキーアイテムで唯一ライダー側の変身に使用されていないアイテムである。(第45章にて剣斬が必殺技に使用してはいるが。)


関連タグ

仮面ライダーセイバー

黒い本棚 メギド

ワンダーライドブック


ゼツメライズキー/プログライズキーアルターライドブックプロトバイスタンプ

関連記事

親記事

ワンダーライドブック わんだーらいどぶっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12209

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました