ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『邪道を極めた暗闇を纏い、数多の竜が秘めた力を解放する…』

『要するに、闇黒竜使い襲来!』

『誰も逃れられない…』

概要

仮面ライダーセイバー』に登場するワンダーライドブック。新たなに創造された『ジャオウドラゴン』の伝承を封じ込めている。ジャンルは「神獣」。
仮面ライダーカリバーの強化フォーム「ジャオウドラゴン」の変身に使用され、ライドブックを開くと邪竜を模した伝承解放器「プロトルードオブワンダー」が飛び出す。

1ページ目には『序文 巨大な本が生み出される時に群がる首と、偉大なる伝説へと向かう竜使いの名は』という文章が刻まれ、右のストーリーページには『火を吐く邪竜と四体の黄金の竜』が描かれている。
また、ライドブックを開いた際にあるライドスペルにはそれぞれ『JAOU DRAGON(ジャオウドラゴン)』『JUMP OUT(飛び出す)』『5匹』『大は小を兼ねる』と刻まれている。

カリバーがソードライバー系ライダー3人ワンダーコンボ形態の必殺技を同時に受けて限界まで力を吸収し、3冊のワンダーライドブック(ジャアクドラゴン天空のペガサスニードルヘッジホッグ)と、ストリウスが用意した3冊のアルターライドブックの力を掛け合わせたことで作り出した。

強大な力を秘めている一方で、ストリウスが「人間に使いこなせるかどうかはわかりませんが…」と不吉な言葉を口にしているが……。


なお、上述のとおりライドスペルに要約が用意されている。

第26章以降は、カリバーとして復活した賢人が使用している。
最終章でまさかの登場を果たし、仮面ライダーオールマイティセイバー新たなワンダーライドブック聖剣の習得必殺技で召喚している。この際はエスパーダがその力を使っており、変身者である賢人がかつて飛羽真たちと敵対した際に用いた力を味方のために揮うという構図になっている。(なおその相手はこのワンダーライドブックの製作者のストリウスである。)

立体物

DXトイにて、2020年11月21日に発売。
「DX闇黒剣月闇邪剣カリバードライバー」と「DXジャオウドラゴンワンダーライドブック」のセットになった完全なりきりセットも登場。

接続部の形状から他の聖剣とは連動できないが、聖剣ソードライバーとは一応連動可能。変身音声はブック依存であるためジャオウドラゴンのものだが、連動音声自体は用意されており、必殺読破やリード技は「伝説の神獣」という独自の区分となっている(抜刀には未対応)。

余談

  • 変身ページでのギミックから、モチーフは恐らく「飛び出す絵本」だと思われる。


  • 37章以降から一切使用されなくなったのは、恐らくだが35章でバハトの攻撃からを庇った影響でブックが破壊された説が濃厚である。実際、最終章の蓮と飛羽真以外が所持するライドブックが置かれているシーンではジャアクドラゴンがあるにも関わらずジャオウドラゴンは存在していなかった。もしく増刊号のソフィアの発言から幾つか行方が分からないライドブックがある事が判明している為、ジャオウドラゴンは何らかの理由で行方不明になっているのかもしれない。

  • 生成に使われたアルターライドブックの元ネタは、
    • 『壁からガーゴイル』:日本の怪談話『壁の中から』
    • 『ドリルマンドリル』:マレーシアの童話『ピアンとサル』
    • 『うそつきウルフ』:イソップ童話の一つ『オオカミ少年』
 であると思われる。

  • 本編の重要アイテムなのに関わらず全知全能の書を蘇らせるために必要なワンダーライドブックには入っていない。
    • 公式サイトによればキングライオン大戦記とジャオウドラゴンは全知全能の書から分離した物ではなく、新たに作り出されたワンダーライドブックであった為とのこと。

関連タグ

仮面ライダーセイバー  仮面ライダーカリバー ジャオウドラゴン
ワンダーライドブック
強化フォーム

オムニフォースワンダーライドブック:同じくワンダーライドブックとアルターライドブック双方の力を内包する、実質上位互換のアイテム。

エモーショナルドラゴンワンダーライドブック:リデコ先。

関連記事

親記事

ジャオウドラゴン じゃおうどらごん

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジャオウドラゴンワンダーライドブック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2530

コメント