ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「最初のページは俺が開く」

演:高野海琉
スーツアクター:榮男樹

概要

仮面ライダーセイバー』に登場する敵、本の魔人メギドの一人。
「幻獣」のジャンルを司る。プライドが高く、他のジャンルより高位の存在であると自負している。

人間態は赤いシャツの上に黒いジャケットを着た男性で、冷徹な表情と鋭い眼光が特徴。人間態においても力強いアクションを行う。

プライドの高さ故か、他の幹部にも挑発的な態度を取り、見下した様子を隠そうともしない傲慢な自信家。幹部の中では世界を入れ替える事に1番忠実。
独自行動や粗暴な言動を取る他2名の幹部と比べ、「選ばれし者」であると言う自覚が強く、計画の妨げになるような出来事や人物に対しては、普段の態度とは一転し激しい怒りを露わにする。

しかし、想定外の事態への対応力・耐性は皆無に等しい面も多々見られ、アクシデントに見回れると度々激昂し、怒りの沸点の低さはズオスとさして変わらない。
また、後述の万能とも言える能力に驕ってか、アルターブックの作成・戦闘ともに計画性に欠いた面も散見され、悪い意味で単純な面も見られる。

こうした点から当人の自己評価とは裏腹にストリウスからは陰で嘲笑され、ズオスからも「普通の奴」呼ばわりされる等、格下扱いされて完全に舐められている。
しかし、一度逆鱗に触れると彼らの声が聞こえなくなるほど熱くなるのと、無軌道に暴れる危険性があるため剣士たちや一般人にとっては充分に脅威である。
その姿勢は伝承にある「怒りのまま災厄を撒き散らす幻獣」そのもの。

当初はソードオブロゴス側にこれと言った因縁の相手はいなかったが、自身の作戦を立て続けに妨害した神山飛羽真/仮面ライダーセイバーに強烈な憎悪を燃やし、以降執拗に彼を狙うようになる(同時に、飛羽真が居ないと戦意が減衰するようにもなった)。

正体

第26章において、その正体は最初にワンダーワールドに渡った「始まりの5人」の内の1人であることが判明。全知全能の書の力に魅入られた結果、その力の一部を取り込んだことでメギドへと変貌したという。
第27章で飛羽真にその事実を指摘された際は、否定しつつも強く動揺・混乱しており、本人は過去の記憶を忘れているような様子が見られた。

怪人態

レジエル怪人態


データ

  • アルターライドブック:レジエル
  • 身長:216.8cm
  • 体重:114.3kg
  • 特色/力:幻獣のメギドを司る

レジエルの本来の姿。
グリフォンフェニックスといったあらゆる幻獣を混ぜ合わせたような白い外見をしている。赤い裏地の白いマフラーを左肩に身に着けた銅の甲冑を着込んでいるようにも見え、金の装飾が多いのも特徴。牙や角などが身体中に生えており全体的に刺々しい。また、人間態と比べると声質が荒々しいものになる。
ズオスやストリウスと同じく、怪人態は第1章の序盤から登場しており、第7章で本性を現した。

戦闘では、荘厳で豪華な形状が施された愛用の大剣「ボルヘスド」で戦う。また「どんな力も使える」と豪語しており、凍結能力を持つ氷柱や無数の岩石を操るなど、「幻獣」を司るのに相応しい魔法のような能力も扱える。

レジエル・フォビドゥン

禁断の黄金戦士


データ

  • アルターライドブック:レジエル(EX)
  • 身長:216.8cm
  • 体重:114.3kg
  • 特色/力:幻獣のメギドを司る/超破壊力

レジエルがストリウスの手を借り、自身のアルターブックに新たなページを書き加える「禁断の秘術」によって進化を果たした強化形態。
強化に伴い体色が大きく変化し、黒を基調とした身体に金の甲冑を纏い、赤と緑の装飾が多くなっている。また白いマフラーが赤になっているなど、全体的に黒・金・赤を基調としたカラーリングとなっている。
セイバーへの憎悪や復讐心に燃えており、かつてない程の激しい怒りを表して暴れ回る。

全ての能力が大幅に強化され、激しい雷撃や竜巻、エネルギーを地面に流し込んで発生させる溶岩など天変地異を起こさんばかりの攻撃に加え、大剣「ボルヘスド」による斬撃も凄まじい破壊力を誇るものとなっており、自身に歯向かう仮面ライダー達を容易く撃退している。
しかし、秘術に手を出した代償として大きな負荷が肉体に影響を及ぼしているらしく、以前の怪人態や人間態に戻ることは不可能。

各話での動向

  • 第7章「王の剣、アヴァロンにあり。」

第1章から先陣を切って、ゴーレムメギドといった「幻獣」のジャンルのメギド魔人を生み出し続けていたが、アヴァロンへと赴いたカリバーが不在の間に世界の侵食を加速化させる事を提案したストリウス「あなたの本気がそろそろ見たいと思いましてねぇ」と焚きつけられことで行動を開始。
新たに三体のメデューサメギドを生み出すと、一気に3つの街をワンダーワールドへと繋げた。

駆けつけた緋道蓮/剣斬尾上亮/バスターをメデューサメギド、ズオスデザストらと共に襲いかかるが、新堂倫太郎/ブレイズファンタスティックライオンにメデューサメギドの一体が倒され、一時撤退した。

  • 第8章「封印されしは、アーサー。」
メデューサメギドの次女と三女が存命していたため侵食を続行、侵食が進む二つの街のうちの一つでカリバーと共にセイバー達を待ち構える。
キングオブアーサーを力を使いこなせず調子が出ないセイバーを庇った尾上を三女の個体が石化させる事に成功。セイバー達は一時撤退を余儀なくされる。

その後、次女の個体と共にセイバー達を待ち構えて交戦を開始。
最初は優勢に立っていたが、メデューサメギド二体を誘き寄せる作戦通りにメデューサメギドが一ヶ所に集められてしまい、自身もブレイズファンタスティックライオンによって劣勢に陥る。
そして、セイバー・ドラゴンアーサーによってメデューサメギドが全滅に追い込まれた為、撤退した。

  • 第11章「乱れる雷、広がる暗雲。」
「さぁ、ワンダーワールドの偉大な力を手に入れる時だ…!」

ソードオブロゴスの6人目の剣士・大秦寺哲雄/スラッシュの登場でソードオブロゴスが現れた事で揃ったことで、ワンダーワールドを手中に収めるというメギドの目的を本格化させるべく先陣を切り、アルターライドブックからゴブリンメギドを生み出す。
セイバー達を誘き寄せ、各ゴブリンメギドが倒された瞬間に光の柱を出現させる。そして、15年前に行おうとした儀式を再び実行に移そうとする。

  • 第14章「この思い、剣に宿して。」
自身の実行した作戦で大いなる力に繋がる本を生成する事に成功し、セイバー・ドラゴニックナイトの炎が消えかかった頃を見計らって先陣を切って再度来訪するも、メギドの目論見を阻止すべく駆けつけた飛羽真達と交戦。

「俺の剣は幻獣の力を宿す! 力だけのお前など、俺の足元にも及ばないっ!」

バスターを相手に氷柱や岩石による攻撃で下敷きにするもすぐに吹き飛ばされ、剣斬の不意打ちを食らって怯んでしまう。
その後、合流したストリウスとズオスと共にセイバー達を阻み、大いなる力へと繋がる本へと向かうカリバーの足止めを行う。自身は剣斬・忍者ジャッ君と交戦するもそれを退け、カリバーと戦うセイバーを3人がかりで始末しようと襲いかかる。
しかし駆けつけたブレイズ・キングライオン大戦記の「ライオニックバースト」を浴び、連続でバスター、剣斬、スラッシュの合体技で喰らって怯んだところをライオンモードに変形したブレイズ・キングライオン大戦記によって吹き飛ばされた。

  • 第15章「覚悟を超えた、その先に。」
大いなる力に繋がる本の中へと消えていったセイバーを見守るブレイズ達の前に再度現れ奇襲。
変身解除に追い込み痛めつけるも、駆けつけた芽依の鼓舞を受け、立ち上がったライダー達と再戦するも、ブレイズ・キングライオン大戦記によって光の柱を破壊された事で作戦が失敗、ストリウスの指示のもと撤退していった。

  • 第16章「世界を救う、一筋の光。」
自身が立案した作戦が失敗し、力を手に入れられなかった事で激しく憤慨していたが、目次録の影響で多くの人間がワンダーワールドが見えるようになった事からストリウスから新たなブランクのアルターライドブックを手渡される。
そして、キャンプ中の白井ゆきに接触するとブランクのライドブックを埋め込み、イエティメギドへと変貌させた。

  • 第17章「古の使者は、光か影か。」
変貌させたイエティメギドがブックの編纂を行うなか、セイバー・クリムゾンドラゴンがトドメを刺そうとした際に妨害。アルターライドブックの作成を邪魔できないようイエティメギドとともに襲いかかる。戦いの最中、セイバーが放った『轟竜蹴烈波』を受けたイエティメギドからライドブックが分離し、元のゆきに姿に戻ってしまうも再度埋め込み変貌、牽制の為にメデューサメギドとゴブリンメギドを召喚してセイバーに差し向け、イエティメギドと共にその場を後にした。

  • 第18章「炎の執念、メギドを討つ。」
その後は本拠地にてイエティメギドの行動を傍観し、人間が変身したメギドの為に迂闊に手を出せないセイバーの様子を見てご満悦。ストリウスからユーリ/仮面ライダー最光こと光の聖剣・『光剛剣最光』が現れたことから忠告を受けるも、「そうなる前に俺が叩く」と自信満々な様子だった。

その後、アルターブックを完成させるべくイエティメギドと共にゆきの行方を捜している飛羽真とユーリ、芽依を待ち構えセイバーと最光と交戦。最光シャドーで戦闘力が増した最光に追い込まれるが、セイバーがイエティメギドに為すがままな状況を見て「どうやら諦めたようだな」と勝利を確信、とうとうイエティメギドがアルターブックを完成させる。

しかし、イエティメギドに氷漬けにされる直後に炎の渦を纏って未然に防いだセイバーが氷から脱出し、完成したアルターブックを破壊されてしまう。台無しにされたことに怒りイエティメギドと共にセイバーに襲いかかるも反撃され、その場を逃走した。

  • 第20章「牙城を崩す、剣の意志。」
アルターブック完成の為に城壁作りを行う王様メギドと交戦する飛羽真/セイバーを強襲。以前の作戦を台無しされたことに怒り、その仕返しをすべくセイバーに襲いかかる。
更に飛羽真の持つ聖剣を奪おうとする/剣斬、更に反旗を翻したデザストまで現れて混戦状態に陥り、デザストの攻撃を喰らって吹き飛ばされる。

  • 第23章「荒れ狂う、破壊の手。」
ストリウスがサウザンベースへ侵入する間、ズオスと共に剣士たちを引き付けておく任務を任されるが、駆け付けた剣士の中に飛羽真がいなかったため、ズオスを置いて撤退。
その後、飛羽真が禁書が手にしているシーンにて登場し、嬉々として襲いかかるが、禁書が変化したワンダーライドブックで飛羽真はセイバー・プリミティブドラゴンに変身。ストリウスからは撤退を促されるが、レジエルはそれを無視し打ち消してやろうと突っ込むも、その圧倒的な力の前に押される。

  • 第24章「父の背中、背負った未来。」
プリミティブドラゴンの一撃に辛くも生き延びたレジエルは、ボロボロの状態で帰還したものの、ストリウスは禁書の力に意識を割いて一瞥しただけで無視、ズオスから嘲笑混じりに「生きててよかったなぁ〜♪」と愚弄される始末。
セイバーから幾度も敗北を味わった上に、同胞の両者から格下扱いを受けたレジエルは、築き上げたプライドが完全に崩壊し狂ったように絶叫した後、その原因となったセイバーを今度こそ完膚なきまでに倒そうと決意。
手始めに手当たり次第に暴れていた所へ、セイバーと最光が現れ戦闘を開始。

「今度こそお前を倒すっ!! 俺の全てを賭けて!!」

そして、持ち出した大量のアルターブックを取り込み自身の強化を行う事で、セイバーと最光を追い詰めるが、プリミティブドラゴンワンダーライドブックが再び飛羽真の目の前に現れ、セイバーがプリミティブドラゴンに変身した事で逆転されてしまい、明確な描写はないがそのまま撤退した。

  • 第26章「深き闇、剣と共に。」
前々回から撤退後、体内から取り出した自身のアルターブックをストリウスに渡しており……。

「待っていろ…炎の剣士…」

最期(第27章「哀しみを、笑顔に変えて。」)

ストリウス「禁断の術を使い、あなたの本に新たなページを書き加え、力を極限まで高めます。もう後戻りはできませんけどねぇ…」
「炎の剣士…セイバー!! 許さん…許さん! 許さん、許さん、許さんっ!!」

ストリウスの助力で自らに禁断の秘術を施したレジエルは、狂気の笑みを浮かべてレジエル・フォビドゥンに変貌。街へ出現し、セイバーに対する怒りを撒き散らすかのように凄まじい力で蹂躙し暴れ回る。

「貴様らに用はない!! 炎の剣士はどこだ!?」
「コイツ…前とはパワーがケタ違いだ!」

ユーリ/最光と尾上/バスターが応戦するも圧倒的な力で容易く蹴散らすと、両者を救うべく駆けつけた飛羽真に気づく。

「来たなぁ…炎の剣士! 跡形もなく消し飛べ!!」

レジエルは雌雄を決すべくセイバーに挑み、プリミティブドラゴンを相手に対等に渡り合う。
その戦闘の最中、セイバーの肉体は暴走するが、飛羽真の心は精神世界においてプリミティブドラゴンの化身である少年とのコンタクトを続けていた。セイバーの動きが止まったのを見たレジエルは、これを好機とばかりに最光、バスター、駆け付けた倫太郎/ブレイズをも蹴散らし、止めの一撃を放った。

「俺の前から消えろーっ!」

しかし、遂に飛羽真が少年とのコンタクトに成功した事でプリミティブドラゴンの暴走を克服、同時に新形態エレメンタルプリミティブドラゴンに変身を果たす。

「フンッ!! どんな姿になろうが無駄だ。俺は、無敵だ!!」

再び襲いかかるも、エレメンタルプリミティブドラゴンの圧倒的な強さの前に形勢は逆転。セイバーの新たな力にレジエルは狼狽する。

「なんだと…何故、人間ごときにこんな力が!?」
飛羽真「レジエル…お前も元は人間だったんだろ?」

「馬鹿なことを言うなっ!! 俺は…くっ…!」

飛羽真から「元は人間だった事実」を指摘された瞬間、過去と現在の記憶の混濁が起こり、かつての記憶がフラッシュバックされる。

<美しい…。俺たちがこの世界を見た最初の人間なんだ…!>

ワンダーワールドに降り立った「始まりの5人」。その1人としてストリウスやズオスと笑顔で肩を組み、喜びを分かち合う自分の姿。そして微笑み返すビクトール…。

「嘘だ…嘘だ! 嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ!! 俺は人間なんかじゃない!! 選ばれし、崇高なる存在だぁっ!!」

その真実を認められず、逆上してセイバーに斬りかかるも、やはり歯が立たない。やがてレジエルの体は、ひび割れて火を噴き始める。実は禁断の秘術に手を出した時点で、既にレジエルは秘術の膨大な負荷によって助からない身だったのだ。

ユーリ「奴は禁断の秘術を使った。もう助からない。お前の手で救ってやってくれ!」

頷いたセイバーはレジエルを介錯すべく「森羅万象斬」を放ち、直撃を喰らったレジエルは力尽き爆死した。

その様子を観察していたストリウスは「貴方の物語はここで終わりです」と一蹴するのみだったが、死に際に浮かび上がったレジエルの人間態の表情は、憑き物が落ちたような、安堵の微笑を浮かべていた。

レジエルアルターライドブック

目を覚ませ…。幻獣を司る、レジェンドメギド!

「レジエル」の伝承を封じ込めたアルターライドブック
ジャンルは「幻獣」。
「全知全能の書」の一部であり、これを得た者は幻獣のメギドを司る力を手に入れることが出来る。
最終ページの「テキストオブアルター」は神獣属性のライドブックと同じ構図でレジエルが描かれており、左端のテキストには『遂に幻獣の怒りが頂点に達し、最後のページが解き放たれる』と記されている。

余談

  • 名前の由来は、恐らくlegend(英:伝説)+ אל(ヘブライ語:神または天使の名前に付く接尾語)と思われる。
    • また、座天使ラジエルのもじりと見る事もでき、この天使は全ての知識が収められた本を所持しているとされる。


  • 武器のボルヘスドの名前の由来は「幻獣辞典」の著者であるアルゼンチン出身の作家「ホルヘ・ルイス・ボルヘス」だと思われる。幻獣辞典はサブカル界隈に大きな影響を与えた書籍でもある。
    • 某ロボットアニメに登場する宇宙要塞の元ネタになった「ア・バオ・ア・クゥー」もこの書籍が出典である。

  • レジエル自身は第27章をもって退場となったが、スーツアクターの榮氏はブルーン/ゼンカイブルーンのスーツアクターに起用された岡田和也氏に代わり、デザストのスーツアクターの1人としてセイバーに関わることとなった。

関連タグ

仮面ライダーセイバー 黒い本棚
メギド(仮面ライダーセイバー)幻獣
ズオス ストリウス

ガチレウスプリシャス:本来の実力こそ優秀だが、矮小な気質が本性の敵幹部繋がり。
デェムシュ:こちらも強化形態となり街で暴れ回るが、最期は新たな形態となったライダーに倒されている。

ダルイゼングアイワル:同じく倒される直前に強化アイテムを過剰摂取した30分前の敵幹部繫がり。

関連記事

親記事

黒い本棚 くろいほんだな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レジエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53102

コメント