ピクシブ百科事典

メガパーツ

めがぱーつ

アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場するアイテム。
目次[非表示]

※この記事は本編の多大なネタバレを含みます。未試聴の方は注意。




































































概要

ヒーリングっど♥プリキュア』第20話から登場したアイテムで、メガビョーゲンを急速に成長させる事が出来る。
最初に発見したのはバテテモーダだが、名付け親は彼からそれを搾取したグアイワルであり、『メガビョーゲンから育成されるパーツ』を略して命名された。
メガパーツの入手方法は『メガビョーゲンの表皮等を剥離する(或いはプリキュアとの戦いで剥がれた後、変質したメガビョーゲンの欠片を採取する)』だけで良く、劇中ではダルイゼンがメガパーツで成長したメガビョーゲンの表皮を削り、3個のメガパーツを生成・確保した。

性質

上記の通りメガビョーゲンを、短時間で完全体寸前まで成長させる。
その他には動物に投与する事で、ビョーゲンズ幹部のような存在に変質させる。
但し、後者に関しては『完全体メガビョーゲンが生む種子の劣化モデル』に近い上、素体の特徴を長短問わず反映させるようで、ダルイゼンがそれを用いてネブソックを生み出すも、想定以下の結果だったからか、あっさりと彼を見限った。
また、素体の発育状況で誕生する時間が異なるようで、ネブソックは短時間で誕生するも、後述の存在はそれなりに時間が掛かっている。

グアイワルの研究成果から、透明な水に黒い水を足していけば、その分だけ黒さを増していくように、メガビョーゲンに複数投与すると、その分成長する度合いも増幅するようだが、劇的な強化が見込める程ではないようだ。

また、「メガビョーゲンを成長させる」という性質から、テラビョーゲンをも強化する事が可能であり、実際にテラビョーゲンであるシンドイーネは、自分自身に投与する事で大幅な強化に成功しているが、切っ掛けを作ったダルイセンは肉体強化された副作用の反動とリスクを危惧、疑問視している。

各話のメガパーツ

  • 第27話

グアイワルがメガパーツを3つをメがビョーゲンに投入しパワーアップし、グレース、フォンテーヌ、スパークルを圧倒したが、またしてもアースには通用せず失敗で終わった。


当然ながら人間にも同様の事が行えると思われ、同話にて遂に……?


  • 第28話
のどかに埋め込んだメガパーツより、テラビョーゲンであるケダリーが誕生した。

  • 第29話
グアイワルがトランペットに大量のメガパーツを投入し、グレース、フォンテーヌ、スパークルを追い詰めるが、アースに阻まれてまたしても失敗に終わる。


第29話までを総評するとキュアグレースキュアフォンテーヌキュアスパークルを圧倒できる力を持つが、キュアアースには及ばない。


  • 第30話
ダルイゼンとグアイワルの両者が、着実にメガパーツの有効な使い道を発見する中、自分だけ何の成果も挙げられていない事に焦燥感を覚えたシンドイーネは、なんと自分自身にメガパーツを投与する事を試みる。

結果は現状こそ成功したようだが……。


  • 第32話
第31話のシンドイーネの進化に高い評価をもったキングビョーゲンの命令で、シンドイーネに続き、グアイワルもパワーアップした。

  • 第33話
第32話で進化を見送ったダルイゼンはキングビョーゲンの命令ではなく、自分のためだとメガパーツを自身に埋め込み苦しむも進化を果たす。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア
ビョーゲンズ メガビョーゲン

ナノビョーゲン:メガビョーゲンを誕生させる為の悪の妖精。
ネブソックケダリー:メガパーツで生まれた存在。
テラビョーゲン:進化態。
ギガビョーゲン:人間を素体にして誕生する新たなビョーゲンズ。キュアアースも圧倒する程。

??? 

ゴレムカード約20年前の1時間前の特撮に登場する怪人をパワーアップさせるアイテム
デビルスプリンター同時期に放送されたに登場する。敵の強化アイテム。縦に長い結晶状である点も共通する。

ドーピング

関連記事

親記事

メガビョーゲン めがびょーげん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガパーツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12370

コメント