ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「我の体を取り戻すためにも、この星は必ず我々のものにするッ!」
CV:郷田ほづみ(第41話で判明)

概要

ヒーリングっど♥プリキュア』第2話より登場するビョーゲンズの首領(テラビョーゲン)。
地球を自分達の種族が住みやすい環境に変えるべく、現在の地球の生態系や自然のシステムそのものを破壊しようと目論んでいる。

現代よりもずっと前の時代に、古のプリキュア達との戦いで倒されたものの、意識だけの存在として生き延びており、永き時の後に地球への再侵略を開始した。
第3話のダルイゼンの発言によると、現在はナノビョーゲンの集合体の状態であるらしい。
肉体を取り戻す為には地球を蝕む必要があるらしく、部下達にメガビョーゲンを暴れさせるように命じている。
部下達に指令を下す際は、ナノビョーゲンの霧に戯画的な目と口が描かれただけの状態で表れ、在りし日の肉体の姿をそこから知る事はできない。

第1話時点では喋る以外に何もできない程に力を失っているが、そのちょっと前までは肉体を失ってはいても、絶大な力を持っていたようだ。
しかし、第1話以前に地球を守るヒーリングアニマル達が住まう世界「ヒーリングガーデン」へ攻め込んだ際、女王テアティーヌと相打ちになり、そのダメージでキングビョーゲンは力の多くを失ったらしい。
一方、ヒーリングガーデンも大きく傷つき、戦う力を持つ成体はほとんどいなくなっている。女王テアティーヌも力を大きく失ってしまった。
ヒーリングガーデンが機能を停止し、地球の守護者がいなくなった好機をキングビョーゲンが見逃さず、地球の人間界を蝕むように部下達に命令を出す。
だが、ヒーリングアニマルの生き残りであった幼生体が、人間界の少女達と絆を結んだことで新たなるプリキュアが誕生。こうして本作の物語が始まったのである。

そして第41話でついに完全復活を遂げた。
復活後は様々な動物の特徴が融合した合成獣の姿を持つ。

人物像

無情なる地球の病の化身

典型的な独裁者そのもの。
悪い意味で成果主義者かつ実利主義者である。

部下に対しては「おまえたちの頑張りに期待する」みたいな言葉は与えているが、実際のところはとしか考えていない。部下同士の競争意識を高める事を好んでおり、あえて対立を煽ったりもする。
その為か自身に盲信するシンドイーネ以外の部下からは、好かれてる様子がない。
絶対の忠誠心を持つシンドイーネには意識を向けており、彼女の自己犠牲を制する辺り、最低限の情味は持っているかと思われたが、後にシンドイーネが浄化された事を知ると、「使い勝手の良いヤツだった」「また生み出せば良い」(何れも要約)と、完全に手駒としか認識していなかった事が判明する。

この様に本質はダルイゼンと同様かそれ以上に、「自分さえ良ければいい」という考えのエゴイストであり、また自然の摂理なども自分に都合良く解釈して増長する傲慢さを持つ。
しかし、戦いにおいてこういった面は最大の弱点であり、それを自覚していなかった彼は最後の最後で大きなしっぺ返しを受ける事になる。

戦闘能力

完全復活前

肉体が復活する前の状態でも、プリキュア4人を同時に相手取って優位に立つ実力の持ち主。
「肉体がない」状態では、ナノビョーゲンを集積した「もや」のような姿で顕現し、「もや」は宙に浮かぶ顔のような薄い円形をしている。この状態での主な武器は、その顔から豪雨のように連射する光弾で、これは収束させて太いビーム砲として打ち出すことも可能。
「もや」の形を自由に変形させてプリキュアの攻撃を回避する事も可能。

また、2本の角を生やした人間サイズの分身体を生み出し、自由に使役して戦わせる。
この分身体は特殊な攻撃方法こそ持たないものの、ぷにシールドを容易に突破する怪力を持つ他、本体同様に自由に体を変形させて攻撃をかわしてしまう。

復活までの経緯

当初は地球を蝕み汚染して復活する想定だったが、31話でメガパーツテラビョーゲンを進化させられる事実を知った後は、それに強い興味を持ち、部下達に自己進化を促すようになる。
メガパーツの取り込みは進化をもたらすが、その進化に耐えられず自分の肉体と精神が崩壊する危険性もある。躊躇する部下達だったがキングは例の如く、部下同士の競争意識を刺激し、部下達はそれぞれの思惑で進化する事態になった。

その1人であるグアイワルは、予てより「肉体も失い、ただのもやのような存在に成り下がったキングビョーゲンがリーダーとしてふさわしいのか」と疑念を持っており、それを隠す事なく吹聴する自信家でもあった。
グアイワルはメガパーツで進化した事で更に自信を高め、自分こそがキングにふさわしいと思い込むようになる

そして、グアイワルはキングビョーゲンとプリキュアを戦わせて、生き残った方を自分が倒す事で邪魔者を一掃しようと考える。

第39話にて、グアイワルがワープゲートを開いてビョーゲンキングダムから人間界へやってきた時、いつもはすぐ閉じるそのゲートをあえて開いたまま残し、プリキュア達に発見させた。
プリキュア達は「本拠地に閉じこもっているキングビョーゲンを倒すチャンス」だと考え、危険を承知でゲートからビョーゲンキングダムで潜入する。
一方、キングビョーゲンもその侵入を察知し、プリキュアを排除すべく彼女達の前に自ら姿を現す。まだ肉体が復活していない状態であったが、光弾や分身体を駆使してプリキュアを一方的にいたぶり、必殺技の連打すらも耐え切って見せ、更にはヒーリングアニマル達にも「自分がガーデンに侵攻した時戦いもせず何処かに隠れていた」事実を突きつけて、彼女達の未熟さと無力さを罵倒。
その心を完全に折ろうとする。

しかし、そんな言葉にも負けずプリキュア達はアニマル達と共に戦い、守り抜く決意で再び立ち上がる。
特に、キュアアースに嘗て追い詰められて尚も、自分に立ち向かったフウと幼き頃のテアティーヌを重ねると業を煮やし、ビームで一掃しようとするもぷにシールドの重ね掛けで止められたところを、アースの空気のエレメントで押し返され遂にダメージを負う。

最後はプリキュアヒーリングッドシャワーで止めを刺され、断末魔を上げる間も無く消滅した。

こうして、ビョーゲンズとの長きに渡る戦いは幕を閉じた
……と思われたがそこで、限界を超えてメガパーツを取り込み、更なる進化を遂げグアイワルが登場。
彼はキンググアイワルを名乗り、自分こそが新たなキングだと下剋上を宣言した。

それからしばらくは、キンググアイワルとプリキュア達との激戦が描かれるが、第41話にてキンググアイワルの圧倒的なパワーにプリキュアはついに倒れる。グアイワルはプリキュアにとどめを指す為にナノビョーゲンを凝縮したエネルギー球を召喚するが、そのエネルギー球がなんとグアイワルに自ら襲いかかり、グアイワルは何が起こったか理解出来ないまま消滅してしまう。

その直後、エネルギー球から出てきたのは、肉体を取り戻したキングビョーゲンであった。
実はキングビョーゲンは、メガパーツで進化した部下を取り込み、それを糧に自らの肉体を復活させる計画を水面下で考えていたのだ。
更に、グアイワルが下克上を目論んでいたのもお見通しで、グアイワルのそれに陥った風に装っていたのである。
「もや」のキングビョーゲンはいくらでもその「もや」を分裂させ、分身体が作れるのは39話で描写されていた。39話ではプリキュアが頑張ってキングビョーゲンの「本体」を倒した事で分身体も消えたというように見えていたが、その「本体」自体が、本体にカモフラージュした分身体の1つであったのだ。

41


復活直後の姿は豪奢なローブを纏った四足歩行獣(但し、四肢の先端は鳥や爬虫類に近い)で、眉間には上へ直角に曲がった角を1本生やし、鼻面が猛禽類の嘴のように湾曲しているもので、その時点でもプリキュア達を相手に一方的に蹂躙した。
しかし、それに満足出来ずかつて以上の力を得る為、ダルイゼンを取り込む事をダルイゼン本人の前で提言(しかも、その際には「取り込まれた場合、ダルイゼンの自我が消滅する」事実を隠す事なく明言した)、それに恐怖し逃げたダルイゼンに平然と攻撃を加えた。

そして、プリキュアに敗れたダルイゼンを発見したシンドイーネに導かれ、キングビョーゲンは彼を取り込み更なる恐ろしい進化を遂げたのだった。

キャストについて

郷田ほづみ氏はプリキュアシリーズ初参加。
郷田氏は最終話ではヒーリングアニマルのサルロー役でも出演している。

キングビョーゲンは初登場から39話まではキャスト非公開で、エンディグクレジットの表記も無かった。
41話で肉体を持って復活した際に、キャストが公開された。

敵組織の首領が登場当初はキャスト非公開というのは、前年前々年に続いて3年連続となる。
ただ、前二作については「声でボスの正体がバレないように」ということでキャスト非公開だったのだが、キングビョーゲンについては正体を隠していたわけでもないので、なぜキャスト非公開だったのかの理由ははっきりしていない。

余談

同情の余地が一切ない純然たる悪という扱いのラスボスがTVシリーズに登場したのは、Go!プリンセスプリキュアディスピア以来5年ぶりである。

復活直後の姿の頭部が(どことなくだが)犬っぽく見え、さらにマントを羽織ったその全体像は、嘗て死闘を繰り広げたテアティーヌによく似ている
その為、「元々はヒーリングアニマルだった説」や、「テアティーヌを宿主にして誕生したテラビョーゲン説」も囁かれているが、劇中ではそういうことには触れられていない。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア  ビョーゲンズ
キンググアイワル

プリキュア関連


キュアライダー

  • 檀正宗仮面ライダークロノス:同じく医療やウイルスをメインテーマにしたニチアサ作品の敵繋がり。物語の序盤から中盤は本性を隠し、終盤になって本格的に活動した点や、ライバルポジの人物から余裕を奪い取り、その身柄を狙う点や、敵幹部の1人を見せしめに消滅させた点も共通する。
  • 仮面ライダーアークゼロ:下記の通信衛星アークの実体で、最終的にはに裏切られ、後に後がまが誕生して悪夢が連鎖する。


プリキュアスーパー戦隊シリーズ

  • 血祭ドウコク:仲間の幹部を取り込む事が可能な首領繋がり。
  • ジニス:メインライターが同じ作品の黒幕キャラ。部下の謀反すら己の目的にしてしまったことも共通する。


その他


通信衛星アークヨドン皇帝:ニチアサ令和シリーズ最初の首領繋がり。

ダークネストキングビョーゲン→???

関連記事

親記事

ビョーゲンズ びょーげんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングビョーゲン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングビョーゲン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33568

コメント