ピクシブ百科事典

テアティーヌ

てあてぃーぬ

『ヒーリングっど♥プリキュア』の登場キャラクター(画像右)。 ラテの母にてヒーリングアニマルの始祖であり女王である。
目次[非表示]

CV:戸田恵子

説明

ヒーリングガーデンの女王で、ラテの母親。
ドレスのような衣装をまとった(犬種はアフガンハウンドがモチーフである)の姿をしている。

ヒーリングアニマル見習いのラビリン達に、人間のパートナーたるプリキュアの捜索をラテと共に託して人間界に送り出した。そしてラビリン達が旅立った後、人間の女性の彫像に彼女達を見守る様に語り掛けていた。

一番最初に誕生したヒーリングアニマルであり、ヒーリングアニマルの始祖と言える存在。後述の過去から、人間より遥かに永い時(数千年、あるいは数万年単位)を生きているであろうと窺える。

はるかな昔(日本に文明が伝わった頃と思われる)、テアティーヌも人間界へと赴き、そこで現在のすこやか市に当たる村で一人の少女とパートナー契約を結んだ。その少女はプリキュアとして「地球を癒した」とされる。そしてこの彫像はその先代プリキュアの似姿を象ったものらしい。
因みにその先代のプリキュアのパートナーになった当初は、娘のラテと同じくまだ言葉も話せない仔犬の姿であり、同時に彼女もまた後にすこやか市となる土地の生まれであった。

名前の由来は恐らく「手当て」+「犬」。

第5話のキングビョーゲンの言葉によると、第1話直前にビョーゲンズの軍勢がヒーリングガーデンに攻め込んだ際、テアティーヌとキングビョーゲンが死闘を繰り広げ相打ちになったらしい。キングビョーゲンを撤退させた代償に、テアティーヌは力の多くを失ってしまった。テアティーヌとキングビョーゲンのどちらが先に力を取り戻すかで、今後の戦いの趨勢が決まる場面となっている。

その後はプリキュアの活躍もあり徐々に住人共々回復し、終盤に当たる第43話にて、初めてのどか達の前に降臨を果たす。こちら側の準備が不十分ながらもその力は絶大で、同じく同行した他のヒーリングアニマル達と共に、ネオキングビョーゲンを抑え込み時間稼ぎの為に、すこやか市に結界を張り閉じ込めるのに成功する。

人間に対する思い

上記のように人間をパートナーにしていた為か、若干人間寄りな考えを持っているのも事実であり、ヒーリングアニマルでも人間を危険視するサルローには「甘い」と評されている。
実際、最終回でのどか達をヒーリングガーデンに招いた時には、一緒に野生のナノビョーゲンを持ち込んでしまう事態に陥ってしまった(最もこれは一度大被害を受けておきながら外部からの持ち込み物をちゃんとチェックしていないガーデン側にも問題があると取れなくもないが)。
しかし、サルローに対し「いざという時がくれば人間を浄化する覚悟がある」と答えており、人間が地球を蝕む存在になりえる危機感は持っているようである。ただ「人間には未来を変える力もある」とも信じており、突如現れた新しいプリキュアに希望を感じ取っていた。
これは人間と深く関り、人の善悪共に精通しているテアティーヌだからこその考えと評価できるだろう。

但し、本当に「人間を浄化」する場合、様々な問題がある

  • そもそも「人間を浄化」とはどうするつもりなのか?。(プリキュアシリーズにおいて「浄化とは命を奪うことでは無い」とされる。浄化されたビョーゲンズ達も、ナノビョーゲンに退化したとスタッフインタビューで明かされている。)
  • 「本当に人間も浄化対象にすれば、『人間のプリキュアの存在も消す』事態になり兼ねず、新たにビョーゲンズ以上の脅威が現れれば、為す術を失う可能性」がある。
  • 地球環境が悪化しても、ラビリン達が人間達の自浄作用を信じ対立を拒んだ場合、他のヒーリングアニマル内でラビリン達に同調する派閥、ラビリン達に同調せず「人間の浄化」を目指す派閥に別れ、ヒーリングアニマル同士の対立が起こる可能性もある。
  • 地球から人間がいなくなり、人間の文明が無に帰れば自然破壊は収まるだろうが、それまで人間に飼われていた生物は新たな環境に適応できなければ飢えて死ぬ可能性が高い。
  • 過去シリーズには妖精の力に頼らず、科学の力でプリキュアの力を再現・変身しようとした猛者もいる為、そのような人物が滅びに抗う人類として立ちはだかれば、激しい抵抗に遭うかもしれない。
「いざという時」が来たら、これらの諸問題を解決する手段がテアティーヌにあるのか……?

テアティーヌとて、かつて深い絆を築いたパートナーを思えば人間を浄化する事態は避けたいはずである。
しかしビョーゲンズの王を名乗った者達が自信過剰および王としての判断力の甘さゆえに破滅したことを考えれば、テアティーヌはどのような形であれ最終的には決断を選ぶことになるだろう。

ただ、サルローの言葉は要するに悪の魔王退治後の勇者不要論であり、他のヒーリングアニマル達の賛同者も作中ではいない事も忘れてはならない。
前述の覚悟を示したかのような発言も、必ずしも本当に覚悟しているが故とは断言出来ず、偏屈な考えであったサルローを諫めるためかつ己自身への戒めとして「"責任ある立場の者"として私は貴方(サルロー)の意見も受け入れます」を遠回しに言い換えたものとも解釈出来る。

疑問点

テアティーヌは地球の意思によって生まれた、ヒーリングアニマルの始祖である。では何故ヒーリングアニマルの始祖が「」なのか?。
人類史から見れば「犬」は長きに渡り共に生きてきた種であるが、地球史、生物史、動物史を併せて見れば哺乳類オオカミを原種とする「犬」は、新参も新参の種である。
一応これは人類史における文明の曙の頃、地球にキングビョーゲンの驚異が生まれ、それに対抗する為にテアティーヌ、そして彼女に続くヒーリングアニマル達が生まれた、と考えれば説明はつく。
では、それ以前の長い地球の歴史上、果たしてビョーゲンズの驚異はなかったのであろうか……?。

尚、犬は『人間との共生に突出して進化した動物』ともされている。
この言葉が真実だと過程した場合「地球のお手当て」とは本来、ヒーリングアニマルと人間が共に行うものではないか推測出来る。

演者について

演じる戸田恵子女史は、言わずと知れた「アンパンマン」や数々の吹き替えで知られる大御所声優で、本作がプリキュアシリーズ初出演。
本作のオファーが来た時は「きっと意地悪なお婆さん役に違いない」と思っていたとのことだが、テアティーヌ役だと知って「みんなを包み込める役になるよう頑張ります!」とコメントした。

因みに戸田女史と言えば近年は、本作の11年前「フレッシュプリキュア!」にゲスト出演を果たしたオードリー若林正恭氏とは三菱電機のCMで共演をしており、2次元だけではなく3次元の方でも活躍する女優でもある。むしろ女優業を主軸になりつつあった中で、テアティーヌ役はアンパンマン以外では久々のレギュラーであった。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア
ラテ(プリキュア)
ヒーリングアニマル ヒーリングガーデン

テアラテ:ラテとの母娘カップリングタグ。

???:かつてのパートナー。

プリキュアシリーズ

人魚の女王:次回作『トロピカル〜ジュ!プリキュア』に出てくるプリキュアたちに力を与えた人魚族の長。彼女もまた、無条件に人間に友好的な訳ではない存在であり、第37話ではグランオーシャンの人魚族には「秘められた掟」の存在が発覚した。

他作品

アンパンマン:役者繋がりかつ、病原の象徴と対立した繋がり。

関連記事

親記事

ヒーリングガーデン ひーりんぐがーでん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「テアティーヌ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「テアティーヌ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82635

コメント