ピクシブ百科事典

狡兎死して走狗烹らる

こうとししてそうくにらる

故事成語の一つで、必要なときは重宝がられるが、用がなくなればあっさり捨てられることのたとえ。
目次[非表示]

解説

「狡兎」とは、すばしっこい。「走狗」とは、猟犬のこと。
兎を捕まえる猟犬も、兎が死んでいなくなれば用無しになり、煮て食われることから、価値があるときは大事にされ、なくなれば簡単に捨てられることをいう。

本来は、敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣であっても不要になって、殺される意味に用いられた。

故事

越王勾践を助け、呉王夫差を破った氾践は、自分が伍子胥の二の舞になると悟り、同僚だった大夫の種に手紙を送り、君も越にいては危険だから勾践の元を去ったほうがよいとすすめたときに言った言葉。

史記・越世家』に「飛鳥尽きて良弓蔵められ、狡兎死して走狗烹らる(鳥がいなくなれば良い弓も捨てられ、兎が死ねば猟犬も煮て食われる)」とあるのに基づく。

「狡兎死して走狗煮らる」とも書く。

具体例

人物名動向
蒙恬中国始皇帝の死後、李斯と趙高により謀反人扱いされ一族誅殺。
李斯秦(中国)暗愚な皇帝に諫言するのを疎まれ、趙高により謀反の疑いを掛けられ殺される。
韓信前漢(中国)王朝成立の功臣ながら、陥れられ謀反人となり、上記例を引用した。
蘇我石川麻呂日本乙巳の変の実行犯であるが、首謀者である天智天皇に叛意ありと称され一族自害。
ジャンヌ・ダルクフランス百年戦争を勝利に導くも英国に捕らえられ、国から見捨てられ魔女裁判により刑死。
福島正則日本江戸幕府成立後は武家諸法度違反を言いがかりのような形ででっち上げられ改易
河上彦斎日本維新に貢献するも木戸孝允らと決裂し暗殺の咎で捕らえられ刑死。


注意

もともとあった能力がなくなったために切り捨てられるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「狡兎死して走狗烹らるで、営業成績が悪くなったために左遷された」

現代においては

「悪の魔王退治後の勇者不要論」追放ものと考えると分かりやすい。
例を挙げると『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイは一年戦争でジオン軍相手に活躍したが、そのニュータイプ能力を恨まれて左遷し、続編の『機動戦士Zガンダム』では半ば軟禁に近い状況に追いやられている。

関連タグ

故事成語 ことわざ  皮肉
疑心暗鬼 勝てば官軍
鎌倉幕府:平家という兎が死んだ後走狗を煮まくってしまい、最終的に自分の将軍家まで根絶やしにして他から傀儡を持ってきて何とかしたという恐るべき政権。

関連記事

親記事

故事成語 こじせいご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「狡兎死して走狗烹らる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180741

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました