ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヒーリングっど♥プリキュア』に登場するプリキュアのパートナーたちの総称。
後述のヒーリングガーデンのお医者さん見習いであり、厳密には妖精ではない。
幼生期の個体は2頭身でいかにもプリキュア妖精のような姿をしているが、成体となった個体はリアルな動物に酷似した姿もしくは獣人型となる。
彼らは動物のように親から生まれるのではなく、地球の意思によって作り出される存在である。
ただし王女のラテだけは例外で、女王テアティーヌの子として生まれた。よって彼らの社会では「血統」というものは王家のみに適用される特別な概念となっている。

ヒーリングアニマルの故郷は、人間たちが住まう世界とは別世界である「ヒーリングガーデン」である。なお、ヒーリングガーデンは別世界とはいっても地球の一部である。「この地球のどこかにある、人間たちからは隠された場所」という言い方の方がイメージにあうかも知れない。

彼らは人間たちの世界に秘密裏にやってきて「地球のお手当」を続けている。
この「地球のお手当」とは、自然界の精霊であるエレメントさんを治癒することであるが、明確な敵意を持ってエレメントさんを穢そうとする存在に対しては武力を持って対処することも厭わない。つまり、ヒーリングアニマルは治癒者であると同時に戦士でもある。RPGで言うなら神官戦士のイメージだろうか。因みに成体は自力でキュアスキャンが出来る。

一方、幼体は戦う力も癒やす力も未熟であるため、基本的には人間の世界に行くことはなく、ヒーリングガーデンで修行を続けることになる。
生活様式も幼体と成体が別々に分かれて暮らし、一人前となった者は成体の居住区への移住を許される。

ヒーリングアニマルの特徴としてどの種族にもピンク色の肉球が手足の何方か(ラビリンニャトラン・ラテ王女が掌、ペギタンが足裏)にあり、体の骨格はかなり柔軟で立ち膝や正座が可能の他、手も通常は丸いがピースサインと行った可動を取る事が出来る。

また、ヒーリングアニマルの成体はプリキュアのパートナーとしては珍しく衣服を着ているのがデフォルトとなっている。戦士は甲冑を着込むこともある。
幼体はその限りではなく、せいぜいスカーフをつける程度。このことからヒーリングアニマルにとっての衣服は「大人のたしなみ」のようなお化粧感覚のものであるようだ。
ただし、作中ではこのアイテムの為の販促として、幼体たちが「お着替え」をする場面もたまに描かれる。

話数着せ替え内容
第3話ラビリンがペギタンと共に首周りのスカーフを外してペット温泉に入浴
第6話専用の寝間着姿を披露(専用の服と帽子を着用し、前髪にはカーラーを巻いていた)
第12話12話の回想シーンにてラビリンが柔道着(上半身のみ)、ペギタンは水着(浮き輪付)、ニャトランは仙人的恰好(上半身のみで付け毛あり)を着用

第1話が始まる直前にビョーゲンズが総力を持ってヒーリングガーデンに侵攻。熾烈な戦いの末、ヒーリングアニマル側が敵軍首領のキングビョーゲンを追い詰め撤退させることに成功した。このことからしてヒーリングアニマルの成体は相当に高い戦闘力を持つことが窺える。
だがこの戦いの結果ヒーリングガーデン側も大きく傷つき、第1話開始時点では戦う力を持つ成体のヒーリングアニマルの多くは負傷して戦闘不能の状態となっている。
戦いの後、ヒーリングガーデンの女王であるテアティーヌは、まだまだ未熟な幼体であるラビリンペギタンニャトランに対して、自分の子供であるラテを連れて人間界へと赴き「地球のお手当」を手伝ってくれる人間たちを見つけてパートナー契約を結ぶようにと指示した。
パートナー契約を結んだ人間たちはヒーリングアニマルと共に「地球のお手当」をできるだけの力を得る。つまり、優しき癒しの力と勇ましき武力の双方を備え持つ超人「プリキュア」へと変身できるようになるのだ。

ただし、第5話でのキングビョーゲンの発言からすると、そもそもヒーリングアニマルの成体は、プリキュアの力を借りずに単独でビョーゲンズと戦えるだけの戦闘力を持つらしい
つまりプリキュアが活躍している状態とは、ヒーリングアニマルの力が未熟なために人間たちの力を借りざるを得ない状態であり、本来は望ましいものではないとの感覚が強いようだ。
序盤の頃は「ヒーリングアニマルの仕事に、人間たち(プリキュア達)を巻き込んだ罪悪感」のようなものがラビリンたちから頻繁に語られており、12話ではラビリンたちが「本当は人間たちの力を借りずにやっていくのが正しい」と明言していた。

人間界では、プリキュアのパートナーとなったヒーリングアニマルは、それぞれのパートナーと同居しているが、家族には見られないように隠れ住んでいる形。ヒーリングアニマルたちはヒーリングルームバッグというカバンの中に潜むことができるので、隠れ住むのは容易である。
なお、ラテについては「ただの犬」という体裁で、花寺のどかの家にてペットという形で保護されている。

上述したように第1話時点でビョーゲンズの攻撃を受け、多くの者が傷つき倒れている惨状が描かれており、上記5体以外に無事なヒーリングアニマルがいるかどうかは不明であったが、第37話にてレイオントラインという成体のヒーリングアニマルが登場。傷付き弱ってはいるもののラビリン達の奮闘もあってか順調に回復しているようである。
現状ではすこやか市の防衛を3人のプリキュアで事足りているが、地球を蝕むのが目的なビョーゲンズが他の国や地域を狙うようになったらどうするのかという対策も不透明なまま。
まあプリキュアシリーズのお約束として、敵組織は特別なエピソード以外では主人公たちが住む街以外にはまず狙わないので今更ではあるが…(幻影帝国は例外中の例外)
しかし、10・11話にて不特定多数の場所にメガビョーゲンを出現させたことにより、一部の視聴者からの懸念が現実となっている。
尚、女王であるテアティーヌ弥生時代と思しき古の時代において、一人の人間の少女とパートナー契約を結びプリキュアへと覚醒させていた事が第14話で明かされている。
此処から過去作レジェンド女王同様、人間より遥かに長命な種族である事が示唆された。

彼らの使命

彼らは「地球のお医者さん」として人知れず地球の病気を治し続けてきた存在である。
ヒーリングガーデンの伝説に語られるプリキュアはそんなヒーリングアニマルと支え合うパートナーとなる人間だとされる。これは完全に対等な関係性であり、本作ではプリキュアとヒーリングアニマルはバディ同士という扱いになっている。プリキュア変身者ひとりにつきヒーリングアニマルも一体がバディとして存在し、変身者とヒーリングアニマルの心が重なることで変身が初めて可能になる。
いわば「ふたりでひとりのプリキュア」なのである。

幼体たちは第1話でテアティーヌに「プリキュアを探しに人間界へ行くように」と命じられ、故郷を旅立った。
レイオンとトラインは第37話で初登場。ビョーゲンズとの戦いで傷付きテアティーヌ同様ヒーリングガーデンに留まり傷の回復に専念している。

ヒーリングアニマルの種類

現段階で名前が判明しているヒーリングアニマルはプリキュアのパートナーである幼体のラビリンペギタンニャトランラテ、そしてラテの母親である成体のテアティーヌ、成体の戦士であるレイオントライン、最終回に登場した成体のサルローおよび幼体のスズチュンモモモンフェレミンハムタスの計12体である。他にも名前が判明していないヒーリングアニマルがモブとして回想シーンや最終話で何体も登場している。

彼らは様々な動物をモチーフにしているが、多くは哺乳類鳥類である。45話をよく見るとのヒーリングアニマルもいるので、他の爬虫類のヒーリングアニマルもいるのだろう。

彼らが使用する文字と言葉

第8話でペギタンが見ていたヒーリングガーデンの医学書に書かれていた文字は肉球の大きさと傾きによって文章を形成している様だ。
しかし、現時点でヒーリングガーデン語が出たのは8話のみで情報が圧倒的に少ない為に解読は困難である。

また、ラビリンたちは人間の言葉(日本語)を話すことができるが、作中の描写を見る限り一般的な動物と会話できたりという事は、無い。成体のヒーリングアニマルが動物の言葉が分かるのかは不明。

彼らの守秘義務

ヒーリングガーデンは「人間界には秘密の世界」とされているので、ヒーリングアニマルたちも自分の正体を人間界で知られてはいけない掟がある。ただし、何故見られてはいけないのかっと言うのどか達の問いに対してはラビリン達もよく知らない模様。因みにプリキュアとなった者に対してはヒーリングガーデンのことも教えられる。

33話では、のどかは蜂須賀先生かつての病の真実を教えたい、と願うがテアティーヌに相談しなくては迂闊に秘密を打ち明けられないとラビリンに窘められる。敵であるビョーゲンズの事も迂闊に人間に教えてはならないようだ。

ヒーリングアニマルと人間の関係と、この先の未来

最終回ではっきりした事は、ヒーリングアニマルは地球の味方であり、決して人間の味方ではないと言う事である。
人間が自然を破壊し動物の命を奪うことについて「ある程度は生きる為に必要なことだ。それが人間ってものの進化でもあるんだろう」と理解を示しつつも限度を越えたらビョーゲンズと大差無いとするサルローのようなものもいる。

テアティーヌも最悪の場合、人類の浄化に踏み切る覚悟が有る。人類の環境破壊が進む、あるいは地球環境そのものを破壊しかねない行為…核戦争などが起ころうものなら、ヒーリングアニマルの粛正対象になる可能性が存在するのだ。
上述したように「ヒーリングガーデンの存在をなぜ人間に明かしてはいけないのか」について作中では明示されなかったものの、いつの日か人間を浄化しにいく可能性を想定している以上は、人間に存在を知られないようにしておくのは当然である。
(その存在を前作ののような人間界の権力者に知られれば、マズい事になるのは目に見えている。)

のどか達がヒーリングアニマルが助けを求め地球をキングビョーゲン一派の魔の手から救ったプリキュア達と知ってもなお人間という種に対する嫌悪感を隠そうともせずのどか達に「人間などもはやビョーゲンズと変わらない」と冷たい態度を取るサルローに反発するラビリン達。

のどか達は思い悩む。豊かで快適に暮らすために生きる以上に他の動物の命を奪い、地球環境を蝕んでいる人間も、ダルイゼン達ビョーゲンズと変わらない、「地球を蝕む存在」であり、いずれラビリン達ヒーリングアニマルに浄化されなくてはならないのか…と。

  • そのような指摘をしている作品も早くから描かれている。

ヒープリまんが


(※2020年5月の作品です)

だが、自分達の過ちでヒーリングガーデンに持ち込まれたビョーゲンズの火種を責任を持って浄化しようとするキュアグレース達の姿勢と、ラテの手で召喚された新たなプリキュアの存在がヒーリングアニマル達にとって人間を信じる希望となったのもまた事実。
人間に深く関わった者として「人間には未来を変える力もある。そう信じたいの」と諭すテアティーヌの言葉も手伝いサルローの態度は軟化、自分達にできる地球のお手当をすると約束するのどか達と和やかに別れる希望あるラストとなった。

ヒーリングっと💗 な一コマ




余談

妖精が各々のプリキュア専属かつ変身に必要な存在という設定はドキドキ!プリキュア以来7作ぶりとなる。

プリキュアのパートナーとなるヒーリングアニマルには誕生日が設定されている。プリキュアシリーズにおいてマスコット・パートナー枠となるキャラクターに誕生日が設定されているのはHUGっと!プリキュアはぐたん以来。またいずれもモチーフになった動物と関連する日が誕生日として設定されている。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア ヒーリングガーデン
ヒーリングルームバッグ

関連記事

親記事

ヒーリングガーデン ひーりんぐがーでん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒーリングアニマル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒーリングアニマル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309524

コメント