ピクシブ百科事典

ニャトラン

にゃとらん

アニメ「ヒーリングっど♥プリキュア」の登場人物。
目次[非表示]

CV:金田アキ

概要

ネコ型のヒーリングアニマルの男の子で、「地球のお医者さん見習い」。
キュアスパークル/平光ひなたのパートナーである。
ニャトランがヒーリングステッキと合体する事で、ひなたをプリキュアへと変身させる事ができ、戦場ではプリキュアの武具となる。怪物の攻撃による痛みと苦しみをひなたと分かち合い、自らの命を賭してひなたと共に怪物を浄化する。

誕生日は2月22日出典)。この日は猫の日。奇しくも本作の18話(ニャトラン失恋回)の脚本を担当した平林佐和子女史と誕生日が一緒。

一人称は「オレ」。普段は格好つけた口調で喋っており、語尾は使っていない。しかし、焦ったり本気を出したりすると、これまでの妖精同様に語尾に「ニャ」が付く素の口調が出る。どちらにしろ男子らしく、やや荒っぽい口調が目立つ。

普通に猫の見た目で猫の大きさをしているので、ラビリンやペギタンと違って街中でも人目を避ける必要性がなく、気の向くままに好きなところに好きな時に出かける自由人気質な日々を過ごしている。

人物像

ヒーリングアニマルとしての使命こそ忘れてはいないものの、人間界に来た当初は適当に自身とノリの合う相手を探そうとするなど、ラビリンと比べて使命感はそれ程強くはない。結果的にノリがいい性格の平光ひなたをパートナーに決定した。

普段は髪の毛に隠れて見えないが、ニャトランの額には魚型の模様がある。

ヒープリ13:静電気


判明したのは第13話。ニャトラン本人はこれについて強烈なコンプレックスを感じているようで、髪の毛で隠し続けていた様子。
(実はそれ以前の第2話でのどかとニャトランが顔面激突してぶっ倒れているシーンで、一瞬だけその模様が確認できる。ただ、当時は単にタンコブ的イメージの作画がたまたま魚の形に見えたのではという解釈も優勢であった)
アニメージュ3月号によると、SDの池田からは当初『魚』の文字というアイデアが出ていたとのこと。

18話の一件から(各話ネタ参照)、多くの視聴者から熟女趣味の疑惑をかけられている。まあ、猫は大人の女性になつきやすいらしいんですが。

各話ネタ

本編

■第1話

  • ラビリン、ペギタンラテと共にすこやか市へ降り立つ。ラビリンとペギタンが「動物園から逃げ出した」と勘違いされた小学生に追いかけられる様子を物陰から見ながら「ラテ様、俺たち猫型と犬型でよかったすね」と、ともすればメタな発言をする。

■第2話
  • のどかからの「ラテと同じくペットのふりをしてれば一緒に住めるのに」という提案に対しては「ラテ様さえ大事にしてくれればいい」と彼なりの使命感を示す。
  • のどかの初登校には学校がどんなものか興味を持ちカバンに潜り込む。
  • その後、学校で暴れまわるメガビョーゲンを前に苛立つ中、ラビリンにパートナー解消を宣告されたのどかから、「変身できないか試してみよう」と提案される。呆れながらも違うパートナーとの変身を試し、数秒ながら変身バンクを流すという前代未聞の展開を見せる。当然変身はできず、プリキュア伝統の「顔面衝突」をすることになった。

■第3話
  • ペギタンが人間たちを怖がってパートナー探しにいけないのを尻目に、一人で街中に出て猫のふりをしつつめぼしい相手がいないか見定めるが、収穫はなし。夕方になって灯台の展望スペースにいたラビリンと合流し、「今日も収穫なし」と肩をすくめていうが、そこに沢泉ちゆがいたことにびっくりして今更ながら猫の鳴き真似をする。空中に浮いたままで
  • まあ、ちゆはむしろ前話である程度のことにすでに気づいていたうえ、この日の昼間にペギタンのパートナーとしてプリキュアに選ばれたので、問題はなかったのだが。しかしその事実を知ったニャトランはまさかペギタンに先を越されるとはと大ショックを受ける。

■第4話
  • 前話に引き続きパートナーを探して街をうろついていたニャトラン。そんな時、一人の少女がリップクリームを落としたまま走り去っていく様子を目にする。少し考えた後、ニャトランはそのリップクリームをくわえて少女を追いかける。
  • 追いつこうとした瞬間、水たまりに足を取られて扱けそうになった際に、その少女平光ひなたがニャトランに気づきダイビングキャッチで助けあげる。口にリップクリームをくわえていることに気づいたひなたは、この子が届けてくれたのかと感動して(半ば強引に)頬ずりしながら可愛がろうとする。だが、その勢いが激しすぎてニャトランは思わず「止めれ!くるちぇ!」と口走ってしまった。猫が喋った事に驚いたひなたは、なんとニャトランを自分の家に持ち帰ってしまう。
  • 実は彼女の実家はアニマルクリニックで、動物のことに詳しい兄にとり合えず事情を話そうとしたのだ。だが、たまたまそこにはのどかとちゆがいて、ひなたが「見てみて!しゃべる猫、発見!」とニャトランを抱えて見せびらかそうとしている様子に、それ以上はいけないと即座にひなたを強引に連れ出す。
  • とり合えず一緒にジュースを飲みながら、どうやってひなたをごまかそうかと考えあぐねるのどか達。そこにニャトランがあえて飛び出てきて、のどかやちゆに対して初対面であるかのように挨拶する。そして、自分はいつの間にか人間の言葉を喋れるようになったただの野良猫で名前はニャトランだと自己紹介した。全てを隠すことは不可能としたニャトランは、ヒーリングガーデンやプリキュアの事を隠す為にあえて「人の言葉を話す事が出来るネコ」と言う事で押し通し、ひなたを納得させたのだ。
  • 「なぁ、ひなた、俺のことは秘密にしといてくれよな」と頼むニャトランに、ひなたは「もちろんだよ!見世物みたいになったらかわいそうじゃん!」と言ってくれた。とりあえずこれ以上の秘密が暴露される危機は去った……と、のどか達は判断し、ニャトランの芝居に乗っかることにした。
  • 一連のことで、ひなたがショッピングモールでの友達との待ち合わせをすっぽかした形になってしまう。合流した後どう説明したものかと落ち込むひなたにニャトランは多少の責任を感じたのか「任せとけよ、ひなた。ひなたはオレを助けようとしてくれただけだってちゃんと説明してやるからさ」と慰める。だが当然、そんなことしたらその友達にもバレるわけで、ラビリンやペギタン、のどかやちゆも半ばパニックに。機転が利くかわりに、困ったことになればその場で対応を考えればいいというニャトランの性格がよく現れたシーンでもある。
  • 最終的に、ちゆが「待って、説明は私たちがするから」とニャトランの暴挙を自然な態度で止め、みんなでひなたの友達を探すことにした。ひなたは無事友人たちと合流できたが、そこにメガビョーゲンが現れてモールはパニックに。ひなたは別れたのどかとちゆが心配で、今度は二人を探して駆け出す。無謀にも見える行動だが、ニャトランは「これはもしかして…」と何かを感じ取り、わざとひなたをメガビョーゲンが暴れている場所まで誘導する。
  • 怪物を目の当たりにして恐怖に硬直するひなた。だがそこに、ニャトランが予想したとおりのどかとちゆが駆けつけてきた。「あ。ひなた、あそこ」とわざとらしい棒読みで叫ぶと、ひなたは二人がプリキュアに変身する様子を目撃してしまう。
  • 見られたことに驚く二人。そしてラビリンはひなたをこんな危険なところに連れてきたニャトランに激怒するが、当のニャトランは何処吹く風。「さぁ、ひなたはココからどう出るニャ」と彼女の行動を観察する。
  • 当のひなたは最初は驚愕のあまりに何も言えなかったが、数秒後に突然「えぇ~~~~っ!?可愛い~~~~~っ!!」と目を輝かせながら感嘆の声を張り上げてはしゃぎ回る。ニャトランは吹き出して「さっきまであんなビビってたのに、なんだそれ」とつい突っ込んでしまう。そう言われたら怖くなってきたというひなただったが、メガビョーゲンに対する怒りはその恐怖を上回り、キュアグレースキュアフォンテーヌがメガビョーゲンの触手に捕まれ身動きできなくなった際は、二人を助けようと生身で立ち向かおうとし、そのまま弾き飛ばされてモールの店内の壁に激突する。
  • 「ひなた、無事か!?」と店内に入って来るニャトランに対し、「ちょっと飛ばされただけ…これくらいへっちゃらへっちゃら!」と立ち上がりながら返すひなた。それどころかニャトランの無事を気遣う彼女の言葉を受けた為、ニャトランは笑いながら返事をする。「やっぱお前、最高だよ!俺、ひなたの事気に入ったぜ!心の肉球にキュンと来た!」
  • 平光ひなたは無謀を通り越して無茶苦茶だ。その場の感情に任せてやりたいことをやってるだけ。だからこそ、ただ思いのままに困っている誰かを助けることができる。それこそが、ニャトランが望んだパートナーとしての素質。「なぁ、ひなた。オレと一緒にプリキュアになんねぇか? お前の中の好きなものや大切なものを、お前に手で守るんだよ! ひなた、お前ならできる!……ていうか、オレはお前と組みたい!」 ニャトランの想いを受け取ったひなたは契約を了承。第三のプリキュア・キュアスパークルが誕生した。

カワイイ!なりたい!


  • 戦いでは勢いに乗ってメガビョーゲンを押し倒すが、「さぁ、一気に倒しちゃお!」と勇み足のスパークルに、「倒すんじゃない!浄化するんだ!」とニャトランは訂正を入れる。適当に見えるニャトランも「地球のお医者さん」の意味合いはきちんと理解しているようだ。

■第5話
  • プリキュアにはなったものの、ちゆと性格が違いすぎてギクシャクするひなた。プリキュアやめた方がいいかもと落ち込んでしまい、ニャトランは思わず「ニャんだってー! ひ・・・ひなた おま、お前オレとの約束は〜!」と叫び、恋人の別れを告げられた男の様相でパニくる。当のひなたも悟ったような大人の顔で「今まで仲良くしてくれてありがとう・・・」とつぶやく始末。ラビリンは「衝撃の展開ラビ」と昼ドラでも鑑賞しているかのような感想を述べ、のどかはただ呆れていた。(もっとも、ひなた自身の悩みは真剣なものであったが。詳細は本人の項目にて)

■第6話
  • のどかの母のやすこが仕事に復帰したため、昼間はラテはひとりぼっちに。ラビリンはラテの寂しさを紛らわせようとニャトランとペギタンを家に連れてくる。ニャトランは「人間がいないってことは伸び伸びし放題じゃん」と軽いノリで語るが、まだまだ幼いラテは優してくれる人間達と一緒にいたいと思っているため、どうしても元気がでない。
  • ニャトランは「よ〜しこんな天気だ。庭でひなたぼっこでもすりゃ気も晴れるって」とベランダの窓をいきなり全開。するとラテはものすごい勢いで窓から飛び出てしまう。「ハハッ。ほらな、もう元気に……」と愉快に語るニャトランを振り返りもせずラテはやすこを探してそのまま脱走。なんで不用心に窓を開けてるのとラビリンに叱られたニャトランは「お、俺のせいかよ……」と不満げにつぶやく。うん、100%お前のせいだ。

■第8話
  • 大会前にイップスに陥りながらももがき続けるちゆを応援するため、ちゆ本人には内緒で『空へ、限界突!』と刺繍された大きな横断幕を作るのどかとひなた。ニャトランもそれのお手伝い。
  • ペギタンもそれを知らされていなかったが、それを知らされた時はのどか達のちゆへの思いに思わず涙を浮かべる。ニャトランはそんなペギタンに「ちなみに字は俺が書いたんだぜ、上手いだろ」とドヤ顔で自慢。ペギタンは感動で言葉を詰まらせながら「うん……でも字が間違ってるペエ」とツッコミを入れた。(突波→突破)
  • 何やってるのとひなたに叱られたニャトランは「オレか?」と不満げにつぶやくが、流石に今回ばかりは「いや、オレだな!」と納得してしまう。
    • ちなみに大急ぎで直したようで、本番の際に掲げられた横断幕は「破」の部分だけ違う色の布をつぎはぎしていた。

■第9話
  • Youtube風のサイトにひなたと共に登場し、愛らしい猫を演じている
  • 当のニャトランは「ま、俺の魅力ハンパねーしなー」と自画自賛。ペギタンから「そんなことしたらヒーリングアニマルだってバレる」と突っ込まれるが、「猫のフリしてるから大丈夫だって!」と受け流す。
    • なお、その直後にフワフワと浮遊して垣根に飛び乗る(?)ニャトランの姿が! ……流石に色々とおかしい上、直後にペラペラと喋ってしまったため、これはボツに。

■第15話
  • ラビリンが『ラベンだるまちゃん』を気に入り、「本気か!?」とドン引きするニャトラン。ラビリンは「別に好きじゃないラビ」とはぐらかす。
  • 帰り道、ラビリンとのどかと遭遇、ハーブ専門店『ハーブガーデン』で貰った「ラベンだるまちゃん」ぬいぐるみを手に上機嫌なラビリン。「あのダサいだるまじゃん」と冷かすニャトラン。恥ずかしくなったラビリンは「こんなの好きじゃないラビ!」とぬいぐるみを地面に投げつけてしまう。「何するのよ!」と激昂するのどか、ニャトランのデリカシーのない発言ラビリンとのどかのケンカに発展するきっかけとなってしまった。

■第18話
  • ニャトランの初恋回
  • ラテのお世話に寝坊したニャトラン。アロマの香りに引き寄せられ、アロマショップの店主日下織江に一目惚れしてしまう。
    • 第4話ではひなたに対して「心の肉球にキュンときた」と言っていたが、織江に対してはキュンどころか「ズッキュン」ときたらしい。
  • 織江に抱かれるニャトラン。アニマルクリニックでひなた達と遭遇、のどか達は織江とパートナー交代してプリキュア(アナザーキュアスパークルも参照)に変身する姿を想像してしまう。(なお、経緯は異なるが、前々作にも似たような妄想はあった。)ひなたはニャトランの初恋を応援すると意気込む。
  • 織江の店に向かったひなた達、織江はどことなく寂しげな表情を浮かべていた。アロマショップは開店したばかりであったため、片付けは終わっていなかった。ニャトランは「手伝うぜ!」と意気込むも、22世紀の猫型ロボットでもなんでもない、普通の猫(※外見上)が突然喋り出す訳がない。咄嗟にひなたがニャトランをパーカーのフードの中に隠し、「ア、アタシだぜ!手伝うぜ!」とはぐらかしてしまう。
  • ひなた達は店を片付け、チラシ配りを手伝うも、ニャトランは「チラシ配り、俺も手伝いたかった」と落胆、「織江さんの役に立ちたいんだ」と打ち明ける。
  • ひなたの提案でビーズアクセサリーを制作、ニャトランも意気込む。しかし、織江にプレゼントを渡しに行く途中、ラテがくしゃみをしてしまう。
  • その後、織江に夫・日下炎がいた事が発覚。自身の気持ちに反し「肝心な事」に最後まで気付かなかったニャトランはプレゼントを渡せず撃沈、結局ニャトランの欲張りすぎた初恋は叶わなかった。完!

ニャトランの恩返し


  • ニャトランの初恋は悲惨で残念な結果に終わってしまったが、ひなたの励ましによって、二人は絆を深めるのであった。

■第26話
  • 今回はプリキュアシリーズ初の総集編。ニャトランはひなたとの思い出話。なぜかハチマキをしていたが……

演者について

演じる金田アキ氏は過去のプリキュアシリーズではプリキュアオールスターズNewStage3の男の子や魔法つかいプリキュア!ジュンを演じていた。
シリーズ出演は3度目。
前々回はモブで、前回はサブキャラクターでの登場であったが、今回はレギュラーキャラクターでの登板となった。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア ヒーリングアニマル キュアスパークル プリキュア妖精一覧

ニャト織:18話カップリング

ハミィダビィ過去シリーズのネコ型妖精。

黒川エレン琴爪ゆかり立神あおいユニネコ(科)に関わりが深い歴代のプリキュア

ラケル:一般人に初恋をした先輩妖精。失恋オチも共通している(但し、ラケルの場合は初恋相手がパートナーの同級生)。

プリキュア以外
カナロ1年前の1時間後に登場した戦士で、子孫繁栄の為に婚活として様々な女性にときめいてはその内2人は既婚者と知りショックを受けたことがあるキャラ繋がり。

関連記事

親記事

ヒーリングアニマル ひーりんぐあにまる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニャトラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1120617

コメント