ピクシブ百科事典

ラケル(プリキュア)

らける

「ドキドキ!プリキュア」に登場する妖精で、キュアダイヤモンドのパートナー。
目次[非表示]

CV:寺崎裕香

概要

菱川六花キュアダイヤモンド)のパートナーの妖精。男の子。
プリキュアの変身アイテム・ラブリーコミューンに姿を変えることができる。

兄弟のシャルルランスと共に、プリキュアを探してトランプ王国から地球にやってきた。
スートダイヤ型の青い模様が入っている垂れた長い耳を持つ。水色の子犬のような姿をしており、雫型のふさふさした尻尾がある。語尾に「~ケル」とつけて話すのが口癖。性格はしっかり者であるらしい。耳をよく六花にモフモフされる。
アイちゃんお世話用のキュアラビーズを使う際、「ヨー!チェケラケ!」と言う。(変身時は「ラケル!」)
ジコチューが誕生する際の「闇の鼓動」を聞くことができ、それで敵の出現を探知する。空を飛べる。

三兄弟の長男で、一人称は「ボク」。
3人の生い立ちと来歴については長女シャルルを参照。

パートナーの六花に対しては、恋愛未満ではあるものの異性として憧れている様子がたびたび描かれており、pixiv上ではカップリングタグも活発。→ラケりつ
ただし36話では別の女の子に恋煩いをしており、本質的に惚れっぽいところがある様子。

名前の由来はトランプの、ダイヤクイーンの絵札に描かれている、旧約聖書のヤコブの妻「ラケル」より。

人間体

人間の姿に変身可能。29話にて初披露。

YO!チェケ系男児


目元が六花に似た青いツリ目で、頭にはアホ毛が出ているのが特徴的

各話ネタ

  • 第3話

先にプリキュアになった相田マナ経由で六花と出会ったラケルは、彼女の人柄に惚れてプリキュアにならないかと照れながら誘う。だが六花には「マナより運動神経が無い、服が似合わない」という理由で断られる。そのすぐ後に六花は、マナがひとりで敵と戦う姿を見てプリキュアになる事を決める。ラケルはそのパートナーとなるため、ラブリーコミューンに姿を変えてキュアダイヤモンドに変身させる。

  • 第7話
プリキュアとはぐれて敵陣に取り残された3兄弟。おそらく初めての絶望の状況に、シャルルとランスは不安から泣き言を吐き、これからどうしたら良いかと聞く。これにはしっかり者のラケルも「ボクだって分からないケルよ!」と返し3人で泣き始める。この時に彼らをなだめたのはダビィで、踏んできた場数の違いが目に見えていた。
  • 第9話
ラブリーコミューン同士の通話機能を初めて使った時、驚く六花達にドヤ顔で「ダビィに教えてもらった」と発言した。キュアラビーズ誕生の仕組みをえらそうに説明するが、これも先輩ダビィからの受け売りであり、それがバレた時どぎまぎしていた。
  • 14話
六花が競技かるたに熱中していたことはもちろん知っており、自室での練習に付き合っていた。マナが競技かるたを「かるた遊び」と言った際には「競技かるたはれっきとしたスポーツケル!」と熱弁。クイーンとの手合わせ会のためのトレーニングでは何故か六花の横でシャルルと一緒に腕立て伏せをしていた。
  • 15話
真琴が映画の主演となり、白雪姫の役をやるという話題の時に「ダビィが意地悪な女王様の役ケル?」と尋ね、ダビィを怒らせた。先輩をイジるとはなかなか度胸がある。
  • 26話
六花に耳をモフモフされながら「私とデートしよう!」と言われ、海でデートする。
その海で記憶を失っていたイーラを危険だと告げるも、六花は家に連れて行って介抱することに。
そんな中で二人が若干いい雰囲気になってやきもきするが、最終的には六花を信じ、キュアエースからイーラを庇うことで六花との信頼関係の強さを見せた。
  • 29話
シャルルらと同じく人間体への変身を果たす。
「六花と同じくらいの年頃の男の子」になろうとしていたが、なぜか小学校高学年くらいになってしまった。
シャルルより背の低いことには「長男なのに」と不満だった様子。
最初は失敗してどっかで見た事あるようなイスに変身した。

無題


  • 36話
再び人間の姿に変身をしたラケルだったが見た目が小学生だったことで六花に遠慮され、同じ人間の姿になったシャルルがマナの手伝いをしているのを見て羨ましがる。
しかしマナたちの友人であり同級生の八嶋が困っているところを助けたことで彼女に劇的に感謝されたラケルは彼女に一目惚れしてしまう。
そのことが元でラケルの恋を応援するシャルルと妖精と人間の恋愛を否定するダビィの意見が対立して最終的には戦いに広がってしまうが、ラケルは一人八嶋の下へ行き公園へのデートに持ち込んでいった。

ドキプリ36話 ラケルと八嶋さん


そして、そのデート中にジコチューが出現するというお約束の展開となった。
八嶋への恋の一念で戦闘中にラブリーコミューンの状態で体当たりしジコチューをKOするという戦果を挙げるほど奮闘したラケルであったが、八嶋にはすでに彼氏がいることを知り、初恋は失恋に終わってしまった。
しかしそんな自分のことを心配して慰めてくれた六花に対して、強い絆と淡い恋心を再確認するに至ったようだ。

  • NS2
ラブリーコミューンの姿になることで、遠くに離れたミップルと会話するという能力をみせている。

雑記

中の人

CVを担当する寺崎裕香は前作スマイルプリキュアでは緑川なおの弟・緑川けいたを演じていた。またドキプリの5話、40話で登場する「森はるな」のCVも兼役している。

小ネタ

耳と色のせいでイカに見えなくもない。

イカ犬



中の人某超次元サッカー二代目主人公としても有名だが、その先代主人公初代赤キュア仲間の小さいキーパー次作紫キュア小学生ストライカーが本作の赤キュアを演じており何げにプリキュアとの関わりが強かったりもする。

関連イラスト

【初描き】ラケル(プリキュア)
ラケルいっぱい描いたケル
セルフ耳弄り



関連タグ

ドキドキ!プリキュア 菱川六花 キュアダイヤモンド
シャルル(プリキュア) ランス(プリキュア) ダビィ
プリキュア妖精一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ラケル(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143254

コメント