ピクシブ百科事典

ヒーリングガーデン

ひーりんぐがーでん

アニメ「ヒーリングっど♥プリキュア」に登場する異世界。
目次[非表示]

概要

ラテの母、女王テアティーヌが統治する、「地球のお手当て」をしてきた秘密の世界。地球によって生み出された世界であり、最初に生まれたヒーリングアニマルこそ他でも無いテアティーヌであった。
外観としては、緑が豊かな原生林が無限に広がっているような世界となっている。

マスコット系から完全ケモノ系まで多種多様のヒーリングアニマル達が平和に暮らしていたが、地球を蝕み病気にしようとするビョーゲンズの攻撃に遭ってテアティーヌとラテはヒーリングガーデンにある人間の女性の像の袂に避難した。
その石像の周りだけはギリギリ元の緑がある状態で、その範囲外では大地は黒く蝕まれ、其処に住むヒーリングアニマル達が傷つき倒れているという悲惨な状況となっている。
因みにビョーゲンズの襲撃の際、ラテは見習いのラビリン達と安全な地面の裂け目に逃げ込み、怯えながら事の成り行きを見守っていた。

余談

地球発祥の異世界は魔法つかいプリキュア!魔法界以来4年ぶりに登場する事になる。但し、魔法界は外敵からの戦いの衝撃で、地球の一部が切り離された事が原因で誕生したのに対し、ヒーリングガーデンは地球のお手当ての為に地球によって生み出されたと言う違いがある。

プリキュアが異世界に行く展開は例年通りだが、本作ではなんと黒幕を倒した後で初めて行くことになる。
これは歴代でも前例はない(終盤に黒幕を倒すために突入する展開はある)が、上記の通り作中開始時点でヒーリングガーデンの大半が既に蝕まれており、ビョーゲンズも機能不全となったガーデンのことよりも人間界を蝕むことに注力していたため、戦いでヒーリングガーデンが舞台になることは無く、行く必要もなかったのだ。
また、プリキュア達が作中最初に訪れた異世界が敵の本拠地なのも初。

ちなみにキングビョーゲンを倒した後でもヒーリングガーデンは完全に復興しておらず、蝕まれたままで立ち入り禁止になっている地域がいくつもあることが描かれており、気を緩めるとビョーゲンズの再拡大を許してしまうような警告を感じさせる。
(このあたりは、絶望の森は永遠に消えることはないことが明示されたホープキングダムと共通している)

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア ラテ(プリキュア) テアティーヌ
星空界ヒーリングガーデングランオーシャン

関連記事

親記事

ヒーリングっど♥プリキュア ひーりんぐっどぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒーリングガーデン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20189

コメント