ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]
  • 1 概要
  • 2 人物
  • 2.1 倦怠にして酷薄な病魔
  • 3 戦闘能力
  • 4 本編での動向
  • 4.1 人間界へと侵攻開始(第1話~第9話)
  • 4.2 同僚との同時侵攻(第10話~第11話)
  • 4.3 バテテモーダの登場(第12話〜第20話)
  • 4.4 メガパーツの入手(第21話~第26話)
  • 4.5 グレースとの因縁(第27話~第30話)
  • 4.6 更なる進化(第33話~第37話)
  • 4.7 王の完全復活へ(第39話~第41話)
  • 4.8 命乞いの末に…(第42話)
  • 5 幾多の命を踏み躙り、冷笑してきた病魔の末路
  • 6 最終回にて
  • 7 本編外にて
  • 7.1 キャラクターショー
  • 7.2 プリキュアオンライン感謝祭
  • 8 余談
  • 8.1 モチーフ
  • 8.2 演者について
  • 8.3 末路について
  • 8.4 「純然たる悪」の少年幹部
  • 8.5 オフィシャルコンプリートブックにて
  • 8.5.1 その他の関連書籍にて
  • 8.5.2 シリーズ構成・香村純子氏
  • 8.5.3 シリーズディレクター・池田洋子氏
  • 8.5.4 キャラクターデザイン・山岡直子氏
  • 8.5.5 ABCアニメーションプロデューサー・安井一成氏
  • 8.5.6 花寺のどか/キュアグレース役・悠木碧氏
  • 8.5.7 平光ひなた/キュアスパークル役・河野ひより氏
  • 8.5.8 ダルイゼン役・田村睦心氏
  • 8.6 グッズ
  • 8.7 Blu-ray全巻購入者特典イラスト色紙
  • 8.8 アニメージュ第43回アニメグランプリ
  • 9 関連イラスト
  • 9.1 初期形態
  • 9.2 進化形態
  • 10 関連記事
  • 10.1 ダルイゼン関連タグ
  • 10.2 プリキュアシリーズ関係
  • 10.3 プリキュア歴代第1話で主役キュア前に出撃の敵幹部と怪物
  • 「やれやれ、生きてるって感じだねぇ… ま、これからおれたちビョーゲンズが、星ごと蝕んじゃうんだけどね」

    CV:田村睦心


    概要編集

    本作の敵・ビョーゲンズの幹部(テラビョーゲン)。

    暗緑色の髪に青白の肌をもつ少年で、頭に生えた悪魔のような2本の角とサソリのような尻尾が特徴的。耳には4枚の花弁を持つ花のようなピアスをつけている。

    ビョーゲンズの幹部の共通として、赤錆色のロングコートに首のチョーカーを身に付けている。幹部たちはメガビョーゲンの上位種であるテラビョーゲンと呼ばれる。


    メガビョーゲンを発生させる時は髪を靡かせる仕草をし、生み出すポイントは主に花や草木などの地上の植物由来だが、クーラーボックス内の氷等から誕生させることもあった。


    序盤からキュアグレースとの絡みが何かと多い敵キャラクターで、OPアニメでもキュアグレースとダルイゼンが対峙するシーンが存在している。

    口癖は生きてるって感じ。これまたのどかと同じだが、ダルイゼンはこの言葉を命があふれる地球への不快感を示す意味合いで使う。

    ダルイゼンダルイゼン


    人物編集

    倦怠にして酷薄な病魔編集

    その名の通り気だるそうな雰囲気と言動をしており、プリキュアやヒーリングアニマルは勿論、支配者のキングビョーゲンに対しても斜に構えたような態度で接している。

    協調性や仲間意識も薄く、同僚のシンドイーネグアイワルが喧嘩をしていてもそこに加わららず、新入りのバテテモーダに媚びられても、相手にする事は殆どない。

    その上、自身で生んだ幹部候補の底の浅さを知るや、早々と見限った挙げ句「生まれるのが早かった」と酷評する始末。

    また、プリキュアたちに自分達の作戦を妨害されても何とも思わず、軽視しているような節すらも見せている。


    その一方で、ビョーゲンズとして地球を蝕むことについては誰よりも忠実で、世界を自分たちの住み良い環境に作り替える為ならば手段を選ばず、周りの被害や犠牲も一切顧みない冷酷非情さと「自分さえ良ければ他のことはどうでもいい」という自己中心的な面も併せ持ち、グレースからその身勝手さに加え、のどかの母・花寺やすこから「人間としての心の無さ」を非難されてもそれらをあっさり肯定している。

    また、病気に汚染された土をラビリンやグレースに塗り付けたり、他者を徹底的に冷笑したりするなどダルイゼン自身に深い悪意を持ち、ビョーゲンズがいかに人間と相容れず、おおよそ『共感の余地の無い邪悪な存在』であることを強調した。

    ダルイゼンくん「キュアグレースね…」


    このように非道さがよく目立つダルイゼンではあるがその一方で、作中では他者を騙したり嘘をついたりはしていない。

    もっとも、彼は思ったままをすぐ口に出したり、身も蓋もない事実を述べたりしており、6話では蝕まれた苺を農家のおじさんが「俺の大事な子供たちが…!」と心配する様子に対し、「人間から植物は産まれないよ」と言い返し、やすこからの怒りを買い、23話ではグアイワルが自分がメガパーツの力の第一発見者であると任務に失敗したシンドイーネを説教していたが、ダルイゼンはメガパーツに関して「元はと言えば、バテテモーダの発見だろ」とグアイワルの発言の揚げ足取りをして彼を苛立たせるなど、悪い意味で正直で、他者に顰蹙を買うこともしばしばある。

    また、第33話でキングビョーゲンからメガパーツによる進化を促された際には、「これはおれのためだ。別にキングビョーゲンのためじゃない」と本人の前で言い放っている。

    • この点に関しては、ダルイゼン自身は殆ど本音しか口にしない傾向にあるのではないかと考えられ、その傾向が他者から称誉されたり、良く見られたりしようとする気持ちが皆無なことにも直結しているのではないかという見方もある。

    上記の点から、「他者には冷淡で自分にとっての損益にしか興味がない」が、ダルイゼンの行動指針ではないかと思われる。


    基本的にはクール且つ怠惰で、感情的になることは滅多にないが、終盤では激昂する一面も見られた。


    出世やキングビョーゲンの寵愛には興味が無く、「効率良く地球を蝕み、自分にとって居心地の良い環境(=ビョーゲンズ以外生存できない環境)を作る」ことを第一にしている。

    他の幹部たちとの関係は「自ら進んで協力するのは面倒だが、足を引っ張るほどでもない。自分の利益に反しない限り協力する。」程度の仲間関係である。

    • 彼は上記の通り、「効率良く地球を蝕み自分にとって居心地の良い世界を作ること」が最優先であり、バテテモーダの敗退で人手が減った事を惜しむ様子を見せたり、「効率良く地球を蝕むため」とシンドイーネにメガパーツを分け与えたりしている。この辺り、いかに同じ自己中心的でも過去シリーズで効率の事など一切考えず自己中心的過ぎて同族同士足を引っ張り合いまくることすらあったジコチュー達とは違うところでもある。

    キングビョーゲンへの忠誠は上辺だけのもので「キングは誰でも良い」と思っており、キンググアイワルを取り込み復活したばかりのキングビョーゲンから「力の糧となるようにダルイゼンも取り込む(=ダルイゼンの自我は消えて無くなる)」を言われるや命からがら逃げ出し、かつての宿主であるキュアグレースに助けを求め、それが叶わずと知るや彼女の過去の発言から彼女を糾弾しキュアグレースを精神的に追い詰めることになる。


    戦闘能力編集

    基本的にはメガビョーゲンを生み出して戦わせているが、掌から発するエネルギー弾による攻撃や格闘面では打撃技のみならず投げ技にも精通しているなど、ダルイゼン自身も高い戦闘能力を有しており、28話ではプリキュア4人を地面へのパンチによる衝撃だけでまとめて吹き飛ばしている。


    33話でメガパーツを体内に取り込むことで更なる強化を果たし、髪型や衣装が禍々しいものに変わり、戦闘能力も格段に上がっている。

    ヒープリお絵かき2強化ダルイゼン


    本編での動向編集

    人間界へと侵攻開始(第1話~第9話)編集

    ■第1話

    • 記念すべき第1話にして初出撃。読んでいた新聞から顔を覗かせ、色とりどりに咲く花や公園を楽しむ人々の前で独り言を呟くと、花のエレメントさんが宿る花畑にナノビョーゲンを寄生させてメガビョーゲンを召喚する。
    • 暴れまわるメガビョーゲンに無謀で立ち向かうラビリンに、「ただでさえ見習いのおまえらがおれたちに敵うわけない」と、彼女を見下す(本人としては事実をありのまま述べているだけかも知れないが)。
    • のどかがラビリンとの出会いを得てキュアグレースに変身した姿を目撃したダルイゼンは、「プリキュア? あの古の…」と何か知ってるような素振りを見せるが、すぐに別人と解釈し戦闘態勢に戻る。
    • 初めての戦闘でメガビョーゲンを浄化したキュアグレースを「ふーん、やるじゃん」と呟くように称賛すると、プリキュア出現の報告が優先と考え、その場を撤退した。

    進化しろ、ナノビョーゲン運命の二人


    ■第2話

    • ダルイゼンは前回の出撃での目撃情報を基に、ビョーゲンキングダムでプリキュアの出現を報告。キングビョーゲンは一瞬驚愕するも、「自分(キュアグレース)でも言ってたし、多分ね」とタメ口で反応を返す。尚、この会話で、グアイワルから古のプリキュアが存在していた事も判明している。
    • 自身の身体を取り戻す為に地球を蝕み、同時に侵略を果たす事を命令するキングビョーゲンに、シンドイーネとグアイワルは誠意込めた返事をするが、ダルイゼンだけは「りょーかーい…」と名前の通り怠そうに了承する。
    • すこやか中学校の大木を見つめて「悪くないね、生きてるって感じ」と、怪しげな笑みを浮かべて木のエレメントさんを素材にメガビョーゲンを出現させる。
    • ある事情で、パートナーが不在の中のどかが1人奮闘するも、力の差がありすぎた為即ダウン。その様子を見たダルイゼンは、「そんなんでどうにかできると思ってんの?バカでしょ?」と彼女に辛辣な言葉を投げかけ、メガビョーゲンに広範囲に蝕むよう指示。
    • 再起したグレースの登場により、二度メガビョーゲンが浄化されたが、特に大きな反応を見せる事なくその場を撤収した。

    ■第3話

    • 姿が見えずのキングビョーゲンに求愛しまくるシンドイーネをグアイワルと共に後ろから見ていた。
    • シンドイーネ曰く「見えなくても、在りし日の素敵な姿が浮かぶ」との事だが、ダルイゼンは「つまり今は、ナノビョーゲンの集合体にしか見えてないって事じゃん」と正論を吐いた。

    ■第4話

    • グレースに続きキュアフォンテーヌが登場したが、キングビョーゲンは変わらず地球を蝕む事を先決。ダルイゼンも「今のところは出会す場所限られてるし、焦んなくていいでしょ」と楽天的であった。

    ■第6話

    • シンドイーネは何度も邪魔に入るプリキュアに敵対心を持つも、「今は気にせず地球を蝕め」とグアイワルに煽られる形で意見が対立して益々腹を立てる。両者の意見の話題をシンドイーネに振られたが、ダルイゼンは「おれは最終的にこの星が暮らしやすくなれば、何でも…。」と気怠そうな態度を見せた。
    • 農園のビニールハウスの苺を見つめ「あーあ、ツヤツヤしちゃって、生きてるって感じ」と吐き捨て、メガビョーゲンを召喚する。
    • 蝕まれた苺に農家のおじさんが「俺の大事な子供たちが…!」と心配する様子に対し「子供?フン、何言ってんの?人間から植物は産まれないよ」と吐き捨てる。これに対し、やすこから、「そういう事じゃないでしょ!アンタ人の心ってもんがないの!?」と非難されるが、「ないね、人間じゃないし」と一蹴し、やすこを突き飛ばして気を失わせる。
    • 戦闘中もやで蝕まれた土に足を取られ動けなくなったグレース。仲間のピンチを前にダルイゼンは彼女の前に現れ、「良いの? おまえは行かなくて」と疑問を投げるが「あぁ、動けないんだっけ」と嫌味で彼女の状態を察する。
    • 無抵抗である事をいい事に、蝕まれたもやをラビリンの顔に塗り付けるダルイゼン。

    「あなた達、何でこんなひどい事をするの!?」


    「ひどい? 何が?」


    「地球を病気にして、みんなを苦しめる事だよ!」


    「決まってるだろ。おれはその方が居心地良いからさ」


    「自分さえ良ければいいの!?」


    「いいけど?」


    • グレースの強気な質疑でも淡々と己の邪悪さを晒し、彼女の頬にもやを塗り付けて更なる絶望感を味わせたダルイゼンは、トドメを刺そうとするが、もやが取れたラビリンの呼びかけにより、正気に戻ったグレースの機転で脱出を許してしまう。
    • 右手に持つヒーリングステッキを後ろに構えるキュアグレース。対して右手を後ろに光弾を光らせるダルイゼン。互いに同じ戦闘態勢で対峙する2人。しかし、グレースが仲間の救護に向かった為、突然の事にダルイゼンは呆気に取られる。その様子を見て「おれにキレてたくせに」と不満を漏らした。
    • メガビョーゲンが浄化された後、ダルイゼンは怪しげな笑みで「ふーん、キュアグレースね」と彼女をマーキングする素振りを見せて撤退した。何気にこの時彼が初めてキュアグレースの名前を呼んだ瞬間だった。
    • 2人のやりとりからSNS上で、「大胆接触するキュアグレースとダルイゼン尊い」「好きな子にイジメる男の子」といった好評な声が大半ある一方で、一部の「女の子(の顔)に泥を塗るなんて最低」と否定的な意見等、大きな話題となって多く広まり、2人のCP表記でトレンド入りする快挙を得た。

    ■第7話

    • グアイワルから失敗続きの事で咎められるが、「そういうグアイワルだって、地球を病気にした訳じゃないくせに」と冷静に反論。
    • 「2人とは違う」と豪語するグアイワルにダルイゼンは証明を求めるが、『物理的に頭(の頑丈さ)が違う』と言う意味を知り呆然。
    • さらにはグアイワルの「指を抱えて」の発言に、聞こえない声で「(正しくは)指を咥えてだし…」と間違いを指摘し、シンドイーネも「アタマデワルに改名した方が良い」と呆れた。

    ■第8話

    • ダーツで恋占いするシンドイーネを後ろから観察するが、馬鹿馬鹿しいと感じ出撃に赴く。余談だが、グアイワルのツッコミにシンドイーネが反論する際、普段動じる事ない彼が驚いた表情を一瞬披露した。
    • 観客席の屋根上から盛り上がる陸上大会を見下ろし「なーんか、生きてるって感じ」と呟き、氷のエレメントさんが宿るクーラーボックスからメガビョーゲンを召喚。
    • フォンテーヌの活躍によりメガビョーゲンは浄化。ダルイゼンは気に止める様子も無く撤退した。

    同僚との同時侵攻(第10話~第11話)編集

    ■第10話

    • 失敗続きの事で言い争うシンドイーネとグアイワルに鬱陶しさを感じたダルイゼンは、「うるさっ…巻き込まれない内に仕事行くか」と、愚痴漏らして一足早く出撃した。
    • 別々の場所でそれぞれが生み出したメガビョーゲンが蝕む中、ダルイゼンの前にはフォンテーヌが駆けつける。
    • すぐ現れるプリキュアが今回遅れた事に「へぇープリキュアじゃん、今日はもう来ないかと思ったよ」と珍しさを感じたが、単独でお手当てに入る事等の細かい事は指摘しなかった。

    ■第11話

    • グアイワルとシンドイーネを退けたプリキュアがダルイゼンの前に再度現れるが、一度撤退して順番にお手当てにあたっていた為、彼のメガビョーゲンがより凶悪に成長し、今までに無いくらいの蝕まれた大地を後ろに「大丈夫? お手当て出来る? メガビョーゲン結構育っちゃったけど」と、わざとらしく心配する素振りでグレース達を煽る。
    • 強くなったメガビョーゲンの攻撃で、山中に吹っ飛ぶプリキュアを見て「あーあ、これでプリキュアともヒーリングッバイかな」と余裕振る態度を取った。その横で、メガビョーゲンの頭から花の種子を思わせる何かが飛び出し、やがて見る者をゾッとさせる動きで自立して何処かへ消え去った……。
    • エレメントさん達の導きで、現場に戻ったプリキュアが再度メガビョーゲンに挑むも全く歯が立ってない様子に、ダルイゼンは「わかっただろ、無理なものは無理だって」と諦めを論い、生きるのを諦める程花のエレメントさんが弱りきった事を教え、グレース達を更に追い詰める。
    • 猛攻に耐えきれず倒れ伏せたプリキュアが再起不能と見たダルイゼンは「お大事に。…なんてね。」と皮肉を吐き捨てた。
    • その直後、プリキュアがミラクルヒーリングボトルを授かり、新たな浄化技『プリキュア・ヒーリングオアシス』でメガビョーゲンが浄化される。それを見たダルイゼンは「ふーん、プリキュアも成長するんだ」と彼女達の成長ぶりを僅かに認めて、撤退した。

    おさらいセレクション6センシティブな作品


    バテテモーダの登場(第12話〜第20話)編集

    ■第12話

    • キングビョーゲンの紹介で新たに加わったバテテモーダにやたらハイテンションな挨拶と同時に、兄貴呼ばわりされて一瞬戸惑いを見せる。
    • バテテモーダはダルイゼンの個性と良さを「沈着にして冷静なるハート」と過大評価する。他の2人と違い薄いリアクションであるものの、満更でもない表情であった。

    ■第13話

    • 初出撃の際キングビョーゲンから好評を得たバテテモーダだが、シンドイーネは気に喰わない模様。その事で話を振られたが、ダルイゼンは「別に。どんな性格だろうとナノビョーゲンを出せる奴が増えたんだ。捗りそうでいいじゃん。」と気にする様子も無かった。

    ■第15話

    • バテテモーダから足のマッサージを受けるダルイゼン。痛い所聞かれれば「無い、さわるなよ」。ジュースを差し出されてお近づきになりたいとの申しにも「おれはおまえに興味ないし」と一蹴して出撃に赴いた。

    ダルバテ

    • メガビョーゲンを出現させてラベンダー畑を蝕んでいた所に、フォンテーヌとスパークルが駆けつけるが、グレースが不在な事に気づき不貞腐れたような態度で、「今日は2人だけ?、まぁいいけど…」と不満そうに一言漏らす。
    • 遅れて登場したグレースの活躍により浄化されるメガビョーゲン。これにダルイゼンは「ちょっと惜しかったのにな」と気を損ねて撤退した。

    ■第16話

    • 1人ラッパーするバテテモーダ見て「ゴメン、何あれ?」とシンドイーネ達に質問するも、まともな応えは得られなかった。
    • バテテモーダにノリノリのラッパー調で振られたが、乗る事なく「シッ、シッ」と不快感を表した。

    メガパーツの入手(第21話~第26話)編集

    ■第21話

    • ビョーゲンキングダムで、グアイワルからバテテモーダがキュアアースによって浄化されたと聞き、「ちぇ、せっかく人出が増えたと思ったのに…」と一言。
      • ダルイゼンはバテテモーダが倒されたことを惜しむ様子を見せていたが、ダルイゼン自身はあくまで、効率よく地球を蝕むのに必要な戦力が減ってしまった事を不満に思っただけで、バテテモーダの事を信頼していた訳でも、彼個人に対し、友情を感じていた訳でもなく、同じビョーゲンズに対して仲間意識を持たず、効率良く地球を蝕むことを優先するダルイゼンらしい発言である。
    • メガパーツ」なるメガビョーゲンの欠片を持っていたグアイワルを参考に、自分が召喚したメガビョーゲンからメガパーツを3つ手に入れる。
    • 直後に行動を不審に感じたグレースが駆け付け、ラビリンに問い詰められても「さぁね」と一蹴し、1対1の戦闘を開始。
    • 急所を突いてグレースが怯んだ瞬間、かかと落としを食らわそうとするも、キュアアースが助けに入った事で不発。一瞬顔をしかめて舌打ちするが、すぐに冷静さを取り戻し「新入りもやるじゃん…」と彼女の強さを改めて認識した。
    • 戦闘後、ダルイゼンはメガパーツが手に入った事に満足した表情を浮かべて撤退した。

    ■第22話

    • キングビョーゲンへの想いに悩むシンドイーネに、ダルイゼンは前回の戦闘で手に入れたメガパーツを投げ渡し、その力でメガビョーゲンを成長させて地球を大きく蝕める事を教え、「キングビョーゲン様に会いたいなら、これでもっともっと地球を蝕んじゃえば?」と助言した。
    • グアイワルにメガパーツを易々と渡した理由を尋ねられると「さっさと蝕むために、使えるものはどんどん使えば良い」「隠す必要とかある?」と答えた。
    • 己の欲の為にメガパーツを利用して手柄を立てようする2人とは違い、ダルイゼンにはそういった発想がないことが改めてうかがえるシーン。以前本人が口にした「最終的にこの星が暮らしやすくなれば、何でも」という言葉の通りと言える。

    ヒープリ24話ダルイゼン


    ■第23話

    • ビョーゲンキングダムで、グアイワルはメガパーツの力の第一発見者である事も含めて、任務に失敗したシンドイーネを説教していたが、ダルイゼンはメガパーツに関して「元はと言えば、バテテモーダの発見だろ」と反論。それを聞いたシンドイーネも図星を突かれたグアイワルを冷笑した。

    ■第24話

    • ビョーゲンキングダムで、採取したメガパーツを眺めていたダルイゼン。メガビョーゲンを成長させる他に活用法はないかと考え込むが、ふと何かを思い付いた笑みを浮かべて出撃する事に。
    • 深夜に湖畔に現れたダルイゼンは、「すごく空気悪、こういうとこ嫌いだな」と空気が澄んだ自然に嫌気刺すように独り言漏らすと、昼間のどか達が遭遇した雛鳥を実験体にメガパーツを注入して、ネブソックを誕生させる。
    • ネブソックは、戦闘でグレース達を圧倒するもアースの前では手も足も出ず、そればかりか中々仕留められない様子に、ダルイゼンはあっさり彼を見限る。
    • プリキュア達の連係プレーの末ネブソックが浄化されると、今回の実験で期待できる結果が得られなかったダルイゼンはすぐその場を撤退した。

    ■第25話

    • ビョーゲンキングダムで、ドラマを見て不機嫌になりながら出撃するシンドイーネに気だるそうに「行ってらっしゃーい…。」と一言。

    グレースとの因縁(第27話~第30話)編集

    ■第27話

    • シンドイーネに「自分の宿主って覚えてる?」と意味深な質問をするが、「んなの覚えてるわけないじゃない」と返される。
    • ダルイゼンは「どうしたらもっと強いの作れんのかな…」とメガパーツを手に考え込みながら、ビョーゲンキングダムを後にした。
    • 終盤にて野鳥にメガパーツを埋め込もうとするも、グレースに見つかってしまい、実験は未遂に終わろうとしたその時…

    「…!そうだ、キュアグレース。おまえを使って育ててみるってのはどう?」


    「…?何を企んでいるの!?」


    そして、グレースは彼に拳を向けたが、ダルイゼンはその隙を突いて彼女にメガパーツを埋め込んだのだった…。


    ■第28話


    「思い出したよ。おれを育てたのはキュアグレース、おまえだよ」


    • のどかに埋めたメガパーツから生み出されたテラビョーゲンことケダリーが、余りにも自分と酷似していることで、ダルイゼンは自分が生まれたときの記憶が蘇る。
      • まだ自我も持っていないメガビョーゲンが生み出した種は、花畑に一人でいた幼い少女を宿主に選ぶ。
      • 長い年月をかけてその少女の体の中で育った種は、キングビョーゲンの号令の下、宿主から離脱しダルイゼンとして生まれた。生まれた場所は、のどかが入院していた病院の近くだった。
      • つまり、ダルイゼンはのどかを宿主として育ったテラビョーゲンであり、のどかを長い間苦しめていた原因不明の病の元凶だったのだ。

    ダルイゼンがつけている花のピアスは、のどかのヘアピンとデザインが同じであり、「生きてるって感じ」という共通の口癖と相まって2人が浅からぬ関係である事は端から暗示されていた。

    • 「また会おう、キュアグレース」ケダリーはプリキュア4人をダウンさせるなど苦しめたが最後は浄化され、さらに彼女たちはダルイゼンに攻撃を仕掛けてきたが一蹴。記憶が蘇ったことで増々グレースに興味を示したダルイゼンは不敵な笑みを浮かべてその場を去った。
    • また、他のビョーゲンズ幹部もダルイゼンと同じ方法で生まれたテラビョーゲンである事も判明した。

    センシティブな作品✿


    ■第30話

    • キングビョーゲンから、メガパーツを使ってテラビョーゲンを増やそうとする試みに称賛を得られてさらなる期待を寄せられたダルイゼン。相も変わらず素っ気ない返事をして、メガパーツを採取しに出撃する。
    • メガビョーゲンがプリキュアに押されてるのを見兼ねたダルイゼンは、自身も戦闘に参加する事に。(というよりも野放しにすればメガパーツを採取する前に浄化されると判断し、自ら足止めの役割を果たす事で、メガビョーゲンの成長の時間稼ぎに繋げる為。)
    • フォンテーヌとスパークルを軽く退けると、今度はグレースを標的に背後から攻めるが、彼女は気配を察して肘打ちで迎撃する。しかし、それすら受け止めたダルイゼンは、本命の相手と再び絡めた喜びからか嫌味な挨拶で彼女を煽り立てる。

    「元気?」


    「あなたに…言われたくない!」

    ヒープリ30話

    • この時、互いの瞳に互いの顔が写されたが、彼は瞬時にグレースを背負い投げする。同時に成長も頃合いと見たダルイゼンは、メガビョーゲンの体の一部を切り裂いてメガパーツを採取した。

    更なる進化(第33話~第37話)編集

    ■第33話

    • キングビョーゲンに詰め寄られた事で、シンドイーネ、グアイワルに続き、自らメガパーツを埋め込みパワーアップ。最初は躊躇いを感じた模様。
    • トンネル内にて蜂須賀先生と遭遇。先生にナノビョーゲンを埋め込みギガビョーゲンを召喚してしまう。
    • プリキュア達と対峙した際は、ギガビョーゲンが圧倒的なパワーでプリキュアを苦しめ、その様子にダルイゼンは「そろそろ諦めたら?」と吐き捨てる。しかし、グレースは「絶対に諦めない…!絶対に助ける!」 「先生にもっとたくさんの人を助けてもらうために!」と奮闘。

    「チッ…バカバカしい!」


    • グレースが一人でギガビョーゲンを相手にしている所で乱入し、彼女の戦いを妨害。

    「人のために頑張って、何になるんだ!!!自分のことだけ考えてる方が幸せだろ!!!?」


    ヒープリ33話過去のわたしの贈り物


    • いつになく激昂した様子で上記の言葉を吐きながらキュアグレースを攻撃し、圧倒する。これまで見せたこともない怒りを露わにグレースにトドメを刺そうとする。だが、グレースから「あなたには分からないかもしれない。けど、わたしたちは助け合ったり、支え合ったり…そうやって生きてるんだよ!!」と言い返され、受け止められる。その間に復帰したほかの3人のプリキュアにギガビョーゲンがダメージを与えられ、最後はヒーリングっどアローでギガビョーゲンは浄化される。去り際にダルイゼンは「おれはおれだ」と吐き捨て去っていった。

    ■第37話

    • 「お手当が終わったら人間界にいる必要なくなる―。」ラビリン達がパートナーとの別れを予兆するような会話をしてる所に、「だったらお手当しなきゃいいんじゃない?」とダルイゼンが横から話に入り込む形で登場。
    • ダルイゼンは、プリキュアがいないとわかると、ラテに手を出そうとしたが、瞬時にラテを除くヒーリングアニマル達に抑えられ、その隙に逃げられてしまう。そこに農家のおじさんがラビリン達を助けようとしたが、ダルイゼンは「人間は黙ってなよ」と彼を気絶させ、ギガビョーゲンに変えてしまう。
    • ギガビョーゲンを止めにラビリン達が急ぐが、ダルイゼンは先ほどの会話と行動が矛盾してる事に気づき、「お手当をやめればおまえたちの望みが叶うんじゃない?」と、皮肉を送った。
    • 満を持してプリキュアが駆け付けてギガビョーゲンが浄化されると、「残された時間をせいぜい楽しむんだね」と口にして退散した。

    王の完全復活へ(第39話~第41話)編集

    ■第39話

    • (ひなたの夢だが)すこやか市のあちこちで掃除をしながら、「すこやか最高~!!」生きてるって感じの笑顔でそう叫んだ。
    • 翌日その話を聞いたのどかは、「正夢になるといいね!」と感想。夢が現実となるのか否か、彼女達は間もなく知ることとなる。

    ヒープリ39話


    ■第40話

    • キングビョーゲンがプリキュアによって浄化されたと同時に、グアイワルもといキンググアイワルからそれに代わる新たな王へとなり得た事を宣言されたダルイゼンとシンドイーネ。
    • シンドイーネが反抗する一方で、ダルイゼンはキングビョーゲンの気配を感じられない事から信憑性を示し、半ばグアイワルを王として認める事に。
    • プリキュアに一時逃走されるも、キンググアイワルはそれを追わず進化した力を試すために人間界へ出撃。ダルイゼンは逃げた痕跡を頼りに彼女達の行方を追う。
    • ビョーゲンキングダムから脱出を図るプリキュアを妨害しようと、「ヒーリングっど・シャワー」で開けた出口を光弾で狭めて、1人取り残されたグレースを追い詰めるも、先に脱出した3人の援護で穴を広げられ、その隙に逃げられてしまった。

    ■第41話

    • ビョーゲンズ総出でプリキュアとの交戦を繰り広げているその最中、一度プリキュアによって浄化されたかに見えたキングビョーゲンが再びその姿を現すと、それまで余裕な態度を見せていたダルイゼンに焦燥感が募る。キンググアイワルを取り込み完全復活を遂げたキングビョーゲンは、ダルイゼンに力の一部となれば自身が望んだ居心地の良い世界に変えられると証言する。『自我は消えてなくなるがな』という言葉を付け加えて。
    • 「自我が消える=自分自身の消滅」、以前から「人のために頑張って何になるのか」「おれはおれ」といった「自分」に重きを置く発言をしてきた彼にとっては耐え難いことだった。取り込まれれば最後と捉えて恐怖を感じたダルイゼンは、キングビョーゲンが生み出した多数の魔獣型のしもべ達に追われながら真っ先に逃げ出した。
    • 場所は変わり、早朝のすこやか市でランニングするのどかの前にダルイゼンが現れ襲いかかる。グレースに変身して対応するのどかだが、ダルイゼンの攻撃にいつものキレがない。何かあったかといぶかしむ彼女だが、ダルイゼンは「いいからよこせよ、その身体!」と焦りと怒りを込めて叫ぶ。だが、ダルイゼンはそのうち立ち上がることもできなくなり倒れてしまう。ダルイゼンの姿をよく見るとキングビョーゲンにやられたのであろう傷だらけの姿だった。グレースは警戒と心配を混じり合わせながらダルイゼンに近づく。「もしかして、キングビョーゲンにやられたの? グアイワルを取り込んだみたいに、また、仲間を…。」すると、ダルイゼンは息も絶え絶えになりながらこれまでの所業を棚上げし、グレースに命乞いをしてきた。

    「このままじゃ…、おれは、おれじゃなくなる…。消えて、なくなる…」

    「頼む、キュアグレース…。おまえの中におれを匿ってくれ…」

    「おまえはおれを育てた宿主だ。おまえの中ならきっとこの傷は癒える、キングビョーゲンに見つからずに回復できる」

    「頼む、助けてくれ…。キュアグレース…!」


    • 彼女の手を握り、助けを求めた。(尚、よくよく考えるとこのダルイゼンの要求はおかしい。ダルイゼンを体内に取り込みのどかが再び病気になればグレースがビョーゲンズとの戦いに出てこれなくなり、そうなればキングビョーゲンに居場所が即座にバレるだろう。)しかし、グレースは恐怖のあまり救いを求める手を払って走り去ってしまう。ダルイゼンはその姿を見て思い出したのは6話での出来事―。

    おまえ…おれに言ったよな!?『自分さえ良ければ良いのか!?』って…!!結局おまえも同じじゃん!!

    【ヒープリ】負傷ダルくん忍びよる


    • ダルイゼンはグレースから見捨てられ、最悪な状況下で孤立するという、悲惨な立場に追いやられてしまった。
    • グレースの心に、ダルイゼンの怨嗟の声は深く突き刺さった。グレースは反論する事も振り向くことも無く、ただ逃げる事しか出来なかった。

    命乞いの末に…(第42話)編集

    • グレースに拒絶されたダルイゼンは、やむを得ず下水道に身を潜めて虚ろな目でぼんやりしていた。

    ヒープリ42話

    • グレースに放置されたダルイゼンがもし誰でもいいから寄生しようと人を襲っていたら大変な事になっていたが、流石にその体力も残っていなかったのであろう。
    • やがて、「いずれ居場所がバレる」と観念したのか、これまで集めたメガパーツを取り出し、意を決しその全てを自身に植え込んだ。しかし、満身創痍の身体に許容量を超えた投与を行ったのが仇になったのか、その体はダルイゼンをそのままメガビョーゲンにしたような怪物となり、苦悶の叫びを発しながら暴れだした
    • ダルイゼンはこれまでメガパーツを利用した進化に慎重であった。それは急激な進化に対して副作用を懸念していたからである。しかし、これまでに有害な副作用が出た例はなかった。ダルイゼンが追い詰められて行った一か八かの賭けに失敗して、副作用が出た最初の例になったというのは、皮肉という他はない。
    • ダルイゼンは自身の力を制御できず、ひたすら汚染を撒き散らし暴れていた。プリキュア達が現れ交戦するも、グレースへの帰還は忘れておらず妄執のまま彼女に迫り、以前と同様「助けてくれ…。」と懇願する。

    「こんなのはおれじゃない!」


    • ラビリンに「グレースの優しさに付け入るのはやめるラビ!」と制止されるも悲痛な声で「おまえだけが頼りなんだ!」と訴える。これに対してグレースはダルイゼンに問い詰める。

    「そしたらわたしはどうなるの!?」

    「あなたが元気になったらどうするの!?あなたはわたし達を、地球を、二度と苦しめないの!?」


    • だが、ダルイゼンはグレースの問いかけに対しても何も答える事はなかった。そればかりか、反省や懺悔の欠片もなく、ただ彼女に拒絶されて思い通りにならなかったことへの怒りと嘆きを蝕みに変えて撒き散らすだけだった(本人としては、自分にとって居心地の良い環境を作る為に何よりも地球を蝕むことしか眼中になく、嘘をついて命乞いをするという発想がなかった可能性も否めない)。
    • そして、ただ蝕みを撒き散らす彼を見たグレースは遂に…。

    「わたしはやっぱり、あなたを助ける気にはなれない!」

    「あなたのせいで、わたしがどれだけ苦しかったか、あなたは全然わかってない!わかってたら地球を、たくさんの命を、蝕んで、笑ったりしない!」

    「都合のいい時だけ、わたしを利用しないで!わたしはあなたの道具じゃない!わたしの体も!心も!全部、わたしの物なんだから!」

    守らなきゃいけないもの

    • 怒りを爆発させたグレースの前にダルイゼンはとうとう追い込まれ、ヒーリングっどシャワーによって浄化された。

    「おれだって…おれの体も…心だって…!うおぉーーーーーっ!!」


    幾多の命を踏み躙り、冷笑してきた病魔の末路編集

    • やがて、メガパーツで過剰に強化された力が身代わりになったのか、ダルイゼンは初期の姿に戻った形で完全浄化は免れたものの、メガパーツの過剰投与による暴走の影響なのか、その身は既に意識を失っており、もはや瀕死状態にあった。そこへ、シンドイーネが現れ、「あんなに派手に暴れちゃ、見つけてくれって言ってるようなもんじゃない」と(以前にメガパーツを分けてもらった恩も忘れて)吐き捨てる。その後、シンドイーネの報告を受けてキングビョーゲンが顕現、ダルイゼンは既に意識を失っていた所為で逃げる事もできず、彼の肉体はそのまま取り込まれ、ネオキングビョーゲンの一部と化した。
    • その後、ネオキングビョーゲンはダルイゼンを助けなかったキュアグレースを「ダルイゼンを見捨てながら、地球のみんなと全てを守ると言うか。ずいぶんな思い上がりだ」と嘲笑った。

    キュアグレースは顔を歪めた。その心の内は視聴者には分からない。


    • 彼女は迷いを振り切るように「ダルイゼンを追い詰めたのは誰?あなたに言われたくない!そんな言葉には負けない!わたしは絶対あなたを浄化する!それがわたしの今の気持ちだよ!」と言い返し、ネオキングビョーゲンに敢然と立ち向かう。
    • そして、最終決戦の末にネオキングビョーゲンは倒され、ダルイゼン(とグアイワル)もまた彼と分離すること無く完全に浄化され消滅した。
    • かくして、「自分さえ良ければいい」と言う身勝手な考えで多くの命を弄び、その行為を非難されても全く耳を貸さず、他者を徹底的に冷笑し続けてきた悪しき病魔は、同じく自分の事しか考えていない輩によって居場所を追われ、助けを求めてもこれまでの悪行から誰からも手を差し伸べられることなく見捨てられ、挙句に同胞によっての糧として捧げられ、最終的にはその王(や自身と同じく彼の糧と化した同胞)と運命を共にするという壮絶な最期を迎えた。だが、それは同時に自分だけにとって居心地の良い世界を作るという己の目的の為に地球上のあらゆる自然を汚し、生き物を苦しめ、人間の心を軽んじたその報いが自身に跳ね返ってきた事も意味しており、傍から見れば因果応報と言える末路でもあった。
    • 前述における描写は、彼がいくら宿主にこれまでの悪行を糾弾されてもそれに対する一片の反省や謝罪、懺悔はおろか、改悛の情すら微塵もなく、最後まで身勝手極まりなかったことを物語っていた。他方、彼の最期の台詞から、(身勝手だったとはいえ)彼自身にも身体や自我を失いたくないという「心」があったであろう事が窺えられる。

    最終回にて編集

    • サルローの話の中で他のビョーゲンズ一味と並んでダルイゼンのイメージ映像が流れた。特にダルイゼン個人について語られることはなかったが、サルローの「もはや人間もビョーゲンズと変わらない」との言葉に、プリキュア達はこれまでの戦いの意味を問い直される。
    • この最終回のエピソードは香村純子氏の「人間の害をスルーするのも良くないのでは?」という考えが反映されたエピソードであり、「『ビョーゲンズにとって居心地の良い環境を作るため』に地球を蝕んできたダルイゼン達と同じような行為を人間もしていないか?」と問われている。
    • 山岡直子氏に書き下ろされた最終回のエンドカードにて、ダルイゼンを含む歴代のテラビョーゲンに似たナノビョーゲン描かれている(シリーズ構成の香村純子氏曰く、本人としての自我はないとのこと)。

    ナノダルlog2


    本編外にて編集

    キャラクターショー編集

    ダルイゼンが登場している前期版のショーは、新型コロナウイルスの影響で開催期間が約1ヶ月と短い出番となってしまった。

    しかし、9月のミュージカルショーやキュアアースを加えた形のミニイベントショーが無事に開催され、そこで出番を補う形で報われる事に。

    特に後者のショーでは、ダルイゼンが弱気なメガビョーゲンと心が入れ替わり、プリキュアとのドタバタなやりとりが見れるため、ファンは必見である。


    プリキュアオンライン感謝祭編集

    最終回後のプリキュアオンライン感謝祭で披露されたショーでは、電脳世界で生まれた野生のメガビョーゲンが過去のデータからダルイゼンのアバターを作り出している(あくまでも幻影であり本人ではない)。

    メガビョーゲンが作り出したダルイゼンのアバターは42話の一部セリフを再現しつつ、苦しそうにグレースを責め立てる。

    しかしグレースは「確かにわたしはダルイゼンを助けなかった。今も気持ちは変わらない!」と告げた上で、「でも、ダルイゼンが苦しんでたのを、そんな風に利用するのは許せない!」とダルイゼンの幻を作り上げたメガビョーゲンに言い放つ――という一幕があった。


    余談編集

    モチーフ編集

    名前のモチーフは、シンプルに「ダルいぜ」が由来と思われる。


    演者について編集

    演じる田村睦心女史は『スマイルプリキュア』のゲストキャラクター・タケル役以来のプリキュアシリーズ出演で、今作では敵キャラクター役での再登場となった。

    ダルイゼン役に決まった際は「悪役を演じる機会は殆ど無いので張り切っています」とコメントしている。


    末路について編集

    主人公花寺のどかとの深い因縁を持ち、『ヒーリングっど♥プリキュア』の物語を牽引した悪役であるダルイゼン。

    最後に貰ったチャンスも自分でフイにしたとはいえ、その凄惨な最期にはシンドイーネ共々賛否が巻き起こり、彼の復活を今なお望むファンもいる。

    しかし、いくらビョーゲンズの繁栄のためとはいえど、自分たちだけにとって快適な世界に変えるという野望の下、のどかを付け狙ってその身も心も傷つけたのみに留まらず、他の人間や動物、自然をも虐げ苦しめてきたダルイゼンの所業は到底許されるものではない。

    ダルイゼンの最期はのどかや周りの人々、地球の生き物を弄んだ所業に相応しい末路と言えるが、人間という生き物もまた自分たちの繁栄のために生きる以上の目的で自然を破壊しては環境汚染を引き起こし、時には同族同士争っている

    その是非は最終回にて問われる事になる。

    ヒープリまんが

    (※2020年5月の作品)


    「純然たる悪」の少年幹部編集

    根本から人間達と相容れられない純然たる悪扱いの少年幹部がプリキュアシリーズに登場したのは、このダルイゼンとケダリーが初めてとなる。(ケダリーはダルイゼンより自我が未発達で、「ビョーゲンズの本能のまま地球を蝕む=本能的に自然や生物を虐げ苦しめるから」という理由で倒されている。)

    これまでのプリキュアシリーズに登場した少年幹部は、同年代に見える外見も相まってプリキュア側が対話を試み、交流の末に和解したり、そうでなくとも一定の理解を示し、最終的に生き残る者が多かったため、ダルイゼンやケダリーのように和解や改心どころか交流の余地さえ与えられずに倒され、消滅する末路を辿ったのは異例中の異例である。


    オフィシャルコンプリートブックにて編集

    生きる事は闘うこと

    放送終了後販売された『ヒーリングっど♥プリキュア』オフィシャルコンプリートブックにて、「キングビョーゲンから逃れるため『体のなかに匿ってくれ』と懇願するダルイゼン。だが、のどかは彼を救わなかった。『わたしの体も心ももうあなたの勝手にはさせない』と、のどかは強く思う。」と、のどかが「自分と大切なみんながすこやかに生きるために」ダルイゼンを助けなかった旨が明記されている。


    その他の関連書籍にて編集

    『プリキュア20周年キャラクターブック』には、彼の性格について「冷酷で身勝手な幹部。怠惰だが、地球を蝕むことには熱心。」と記載されている。


    シリーズ構成・香村純子編集

    ダルイゼンの末路について「彼はいわゆる冷笑系タイプ。居心地のよさだけを求め、周りを見下して生きた人が、悪いものに呑み込まれていった形です」と2021年アニメージュ3月号のインタビューで語っており、更にはキュアグレースに命乞いしたダルイゼンが拒絶され退場する42話の内容については1話の時点で既に決まっていたという。即ち和解することなく全員倒し、誰かがナノビョーゲンになりキュアアースの体内に吸収する路線(シンドイーネが選ばれた)は初めから決まっていた訳であり、コロナ禍を抜きにしても香村氏も多少携わっていたピカリオや、もっと遡ればこのお方のように脚本変更で生き残る事も難しかったようだ。


    シリーズディレクター・池田洋子編集

    彼の最期について、「正直なところ、さまざまな方面からあんなにも否定的な意見があるとは思わなかったんですよ。思い返せば、ダルイゼンがかっこよすぎたのがいけなかったのかな」、「のどかはダルイゼンを助けなかったわけですが、ダルイゼンのために命を差し出せというのは酷な話ですよ」「最終的にビョーゲンズたちは、最終話のエンドカードのようなスタイルで、ヒーリングッバイ……されたあと、空気中をふわふわ漂っているんじゃないでしょうか」と語っている。

    また、「顔のよし悪しでキャラクターの処遇は決まらないということです」と、かなりぶっちゃけた表現もしている。

    また、アニメージュ8月号でのインタビュー内では、池田洋子氏は「ビョーゲンズが消滅したからといって、すべて終わってせいせいしたなんて、のどかは思っていません。キングビョーゲンを滅ぼしたこともダルイゼンを見捨てたことも、自分の責任と受け止めていると思います。ダルイゼンを助けたい気持ちはあった。だから苦しんだんです。最終的に彼を突き放したという事実は、のどかがこの先も抱えていくものだと思います。」と答えている。


    キャラクターデザイン・山岡直子編集

    『ヒーリングっど♥プリキュア』オフィシャルコンプリートブックのインタビュー内にて「(キュアグレースは何度も対話を試みようとしたのに)ダルイゼンはかけらほども歩み寄る気配がなかった。ダルイゼンが救われる展開を期待してくださっていた方には申しわけないです。」「かなりダルイゼンのことを気にかけてくださった方が多いようで、デザインをした身としては、そこまで入れ込んでいただけてありがとうございます。」と語っている。


    ABCアニメーションプロデューサー・安井一成編集

    「ダルイゼンの人気について作り手としては嬉しいところもありますが、そこを目標にしていたわけじゃないのになあ、と。我々はあくまで女児向けに作っていますし、子どもたちに悪いヤツだと思ってもらえることがまず大事なんですよ。」(FRIDAY記事より


    花寺のどか/キュアグレース役・悠木碧編集

    オフィシャルコンプリートブック内のキャストインタビューで、のどかが42話でダルイゼンに対して「あなたを助ける気にはなれない」と言った事に対して、「私は『助けなくていいよ』と思っていました。のどかが助けたかったら助けていいし、助けたくないと思ったなら助けなくていい。誰かにやさしくしたいというのは、心に余裕がある人だからこそ考えられることであって、他人が自分の都合のいいように、搾取してはいけないものだと思うから、この場合はどちらを選んでもよかったんだと思います。」と答えている。


    平光ひなた/キュアスパークル役・河野ひより編集

    敵であるビョーゲンズへの印象を問われて「ひなたとしては『浄化してやる!』みたいな感じだったかもしれませんが、私はダルイゼンさんが好きだったので、正直な気持ちを言うと、いなくならないでほしかった。なので、感謝祭でニセモノとはいえ出てきてくれてうれしかったです。」と答えている。

    ダルイゼン好きとしては42話は衝撃的だったのでは?という質問に対しては、「急に儚さを出してくるから、ときめいちゃいそうになりました。『のどかっち、許しちゃダメだよ』と思いつつ、許す展開も見たかったなと思いました。あの声とあのビジュアルで言うのは本当にずるいです!」と答えている。

    ダルイゼン役・田村睦心編集

    オフィシャルコンプリートブックのキャストスペシャルメッセージで「ダルイゼンを好きになってくれた方は衝撃の最期だったかと思うんですけど、いろいろな意見が飛び交ってるのを拝見したときにすごくうれしくなりました。『ダルイゼンのこと、みんな考えてくれてるよ、よかったね!』って。敵ですしイヤなやつではありましたけど、みんなの心に残ってるのがうれしいです。それがおそらくダルイゼンの望みでもあるんじゃないかと……(違うかな?)。すごく大好きなキャラクターなのでこれからも大事にしていきたいです。」とコメントしている。

    また、放送終了後、ツイッターを更新し「ダルイゼンが飲み込まれた後も、まだ出番を期待する声や助けるべきか否かを沢山の方が話してくれていてとても嬉しかったです。彼は人間たちにとっては紛れもなく悪で、相容れない存在でした。最後までそれを貫けて良かったです。ダルイゼンの事を好きでいてくれる方々ありがとうございます!最期まで敵であったダルイゼンの事が私も大好きです!」と語っていた。


    グッズ編集

    プレミアムバンダイにより『ヒーリングっどプリキュアChattyふれんず!キュアグレース スペシャルヒーリングっどスタイル/ダルイゼン』という商品名でキュアグレースとダルイゼンのおしゃべりぬいぐるみが通販限定で販売されていた。お腹を押すことでそれぞれのオリジナル録りおろしセリフ(音声)が12種類収録されており、2体購入するとオリジナルポストカード付録がついて来る。

    商品詳細



    Blu-ray全巻購入者特典イラスト色紙編集

    『ヒーリングっど♥プリキュア』Blu-ray vol.1~vol.4まで全巻に着いている「イラスト色紙全員サービス応募券」を集めて応募するともらえる全巻購入者特典イラスト色紙のサンプル画像で、ラビリンを見て「すあま…」とつぶやくケダリーに「あれは食えないぞ…」と言っているダルイゼンの姿が描かれている。応募締切は2021年8月31日消印有効。


    アニメージュ第43回アニメグランプリ編集

    2021年8月号で発表されたアニメージュ第43回アニメグランプリ(投票期間2021年4月9日~5月8日、5月号の綴じ込みハガキの投票を集計)、男性キャラクター部門でダルイゼンは7位(得票数62point)にランクインしている。

    6位が『半妖の夜叉姫』の殺生丸(得票数66point)、8位が『鬼滅の刃』の竈門炭治郎(得票数60point)であるため、ヒール悪役)でありながら大健闘と思われる。第43回アニメグランプリ男性キャラクター部門1位は『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎(得票数155point)であった。

    グランプリ作品部門は『ヒーリングっど♥プリキュア』が1位(得票数455point)となっており、山岡直子氏の描き下ろしイラストが掲載され、プリキュアとヒーリングアニマルと共にダルイゼンの制服姿が描かれている。

    イラスト内でラビリンに「なんでダルイゼンがランク入りしてるラビ!?しかもなんでシレっと制服着てるラビィー!!??」と頭を叩かれているが、「知るかよ…」と返答している。


    第43回アニメグランプリの反響は大きく、翌月のアニメージュ9月号のキャラクターベスト10にも19位にダルイゼン(得票数36票)がランクインした。(top30まで誌面に記載、top20までキャラクターの画像付きで記載される。)


    関連イラスト編集

    初期形態編集

    ダルダルのどダルイゼンおダルイゼン+ダルのど詰め(その他ヒープリまとめ2)

    ダルイゼンさまDaruizen (Healin' Good PreCure)

    進化形態編集

    角がアシンメトリーになり、胸に青薔薇を付けている。

    【ヒープリ】ダルイゼンダルイゼン

    強化ダルイゼンだるだるだるだる

    😈誰も助けてくれない


    関連記事編集

    ヒーリングっど♥プリキュア ビョーゲンズ プリキュアの敵一覧 プリキュア敵少年幹部


    ダルイゼン関連タグ編集

    ダルのど ダルケダ ダルネブ


    この出会いが運命 生きてるって感じ

    結局お前も同じじゃん


    ナノダルイゼン 制服ダルイゼン


    プリキュアシリーズ関係編集

    • ピーサードプリキュアシリーズで最初に倒された人間型の幹部。彼を倒したキュアホワイトキュアブラックは「人を殺してしまったのではないか」とショックを受けるが、ミップルメップルに「闇に還っただけ」と説明される。
    • ムカーディアオルーバ:イケメンな青年の容姿でありながらも「邪悪な敵」そのものであり続け、和解や改心をすることなく消滅の末路を辿った点が共通する敵キャラクター。
    • ブラックペッパーキュアウィング:プリキュアシリーズで男性キャラの公式ぬいぐるみグッズが販売されたキャラクター繋がり。
    • セクレトルーナルシストルー:公式グッズでぬいぐるみが販売された敵幹部キャラクター繋がり。プレミアムバンダイ限定販売なのも同様。
    • クローズ(プリキュア):1話に登場した敵組織の幹部+主人公と因縁があるキャラ繋がり。終盤に首領に吸収される点も共通している。但し、こちらは忠誠心はかなり有り、最終決戦で首領に全てを託された後、停戦する。
    • バッタモンダー主役キュアから強い敵対心を抱かれた敵幹部繋がり。イケメンである点も共通するが、ダルイゼンと違いキュアプリズムに助けられ最終的に改心しており、主人公からも許されている。
    • ベル(プリキュア):環境破壊をする人間を嫌うプリキュアの敵キャラ。キュアグレースが身勝手に地球を蝕むダルイゼンを見捨てたように、彼女は己の欲望のままに地球環境を破壊する人間を滅ぼし未来を変えようと目論んでいる。ただし彼女自身はあくまでも環境を守るために動いており、動機そのものはダルイゼンと逆である。

    プリキュア歴代第1話で主役キュア前に出撃の敵幹部と怪物編集

    カッパード(怪物召喚なし) → ダルイゼンメガビョーゲンチョンギーレヤラネーダ

    関連記事

    親記事

    ビョーゲンズ びょーげんず

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

    pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4435978

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました

    見出し単位で編集できるようになりました