ピクシブ百科事典

ピカリオ

ぴかりお

キラキラ☆プリキュアアラモードの登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:皆川純子

概要

本編21話にていちご山に戻ってきた妖精達からその名前が明らかになった、キラ星シエルこと妖精のキラリンの双子の弟。キラリンの誕生日が7月30日なので、おそらく彼も同じ日が誕生日。

妖精達の中でも特にスイーツ作りが上手で、キラリンと共にフランスパティシエとしての修業をしていたが、その後行方不明になっていた。

そのシルエットはキラリンと似た姿が映っていたが…?

正体と過去

その正体は、宇佐美いちか達プリキュアと敵対していた、ジュリオの本来の姿
心の闇をノワールに見出され、活動していた。「ジュリオ」とは、ノワールに与えられた名である。

一人称はジュリオ同様「俺」。他の妖精と同じく語尾に「ピカ」がつくが、口調はジュリオと同じ。

かつてはとても仲が良い姉弟で、二人でともに伝説のパティシエ・プリキュアを目指していちご山で修行していた。
(本作の世界観ではプリキュアは「伝説のパティシエ」とししか定義されていないので、性別の制限がある認識自体を誰も持っておらず男がプリキュアを目指してもおかしいことはない。本当になれるかどうかは別の話だが…)

キラピカ


そして、さらなる高みを目指して二人はパリに渡ることになる。ある屋根裏部屋に隠れ住んだ姉弟は、いつも一緒に行動し、いろんな名店の厨房の様子をこっそり盗み見ることでお菓子作りの秘訣を蓄えていき、それを再現するという形で技術を磨いていっていた。
そんなある日、2人は稀代の天才パティシエ「ジャン=ピエール・ジルベルスタイン」との出会いによって彼に師事するチャンスを得ることになる。
しかし本格的な修行を続ける中で、ピカリオはキラリンと成長速度に差が出ていることに気づく。それには理由があった。今までキラリンはピカリオと一緒に成長したいと強く願っていたため、意識的もしくは無意識的にピカリオに合わせてスイーツ作りをしていた。しかしキラリンのジャン=ピエールに対する憧れはピカリオへの優しさや配慮を超えたものであった。ジャン=ピエールに追いつくために毎日必死になっておりピカリオのことは目に入っていない。そしてキラリン自身は日々自分が成長することに耽溺して自分が今までと違う振る舞いをしていることに気づいてもいない。
姉に置いていかれる不安に駆られた彼は、姉から距離を取るようになり、キラリンが師匠の元で本格的なスイーツ修行を続けている間、独学での修行を続ける孤独な日々を送るようになってしまった。
それはピカリオの中に寂しさを生むと同時に、常に自分よりも先にリードする姉に対する強いコンプレックスを生み出した。

そんなピカリオにとって思い出のスイーツはワッフルである。これは二人がまだいちご山にいた時、宝物の泡だて器を壊してしまい泣いていたキラリンのため作ったスイーツ。せめてこれだけはもっと優れたものにしたいと、たった一人でも必死になって練習していた。
そしてある日、二人が隠れ住んでいた屋根裏部屋へ一人の人間の少女がやってくる。驚くピカリオだったがその少女は自分はキラリンだと名乗る。
そう、キラリンが人間への変身能力に覚醒したのである。妖精が人間の姿になるのはスイーツの腕前を極めた証。キラリンはその喜びの気持ちをピカリオに興奮しながら喋るが、ピカリオにとってはそれは自慢にしか聞こえず、姉へのコンプレックスを刺激するのみであた。
さらにこの時にピカリオが必死になって練習していた作りかけのワッフルをキラリンがほうばったのだが、彼女は「前にいちご山で作ってくれたワッフルの方が美味しかった」と言ってしまう。
人間の姿を見せつけられてショックを受けていた時にこの言葉を受けたピカリオは、姉から「パリでの修行には何の意味もなかった」と宣告されたに等しい。
もちろんキラリンには悪気はなかった。ただ当時のキラリンは人生が充実し過ぎてスイーツ修行以外のことに目を向ける余裕がなく、身近な弟の苦しみに気づくことができなかったのだ。だがこの無邪気なエゴイズムこぞが、キラリンが無自覚に増幅させていた心の闇でもある。

そしてことここに至り、ピカリオは自分が不安に思っていたことが現実になったと実感する。自分の半身としていつも一緒に同じ道を歩んでいたはずの双子の姉が、今はその姿から実力まで何もかも自分とは違う存在になってしまったのだ。
これから自分がもっと努力すればいつかは姉と同じ場所に追いつくことができるのだろうか?
……いや、そんな日がくることはないだろう。姉にはスイーツ作りの天性の才能があり、それは自分がどれだけ努力しても得られない。薄々気づいていながらも目を背け続けていた無慈悲な現実。
輝く姉の姿とみじめな自分の姿を否応なく比較させられてしまったピカリオは、もはやその現実を受け入れるしか無くなっていた。
努力も修行も才能の壁を破ることはできないというなら、これから自分は何をすればいいのだろうか。こうして、ピカリオの心はポッキリと折れてしまった。

生き方そのものがわからなくなり、パリの路地裏で一人泣いていた時、ノワールと名乗る人物が現れる。ノワールはピカリオの中にある絶望をキラキラルとして取り出した。それはピカリオの心を表すように闇色のキラキラルであった。
ノワールはその闇のキラキラルの力を使ってピカリオの姿を人間の姿に変え、さらにキラキラルを操ることができる一本のロッドを生み出す。
闇の力を授けられたピカリオは、自分が姉と同等の存在になれたことを理解し、その闇の力を自ら受け入れ、ノワールのしもべとなったのである。

天才パティシエールと
トリプルリオ‼️



このことからわかるように、ピカリオの原動力は姉キラリンへのコンプレックスである。
そして彼の行動の全て、キラリンを超えるためという動機につながっている。何を成し遂げれば姉を超えることができるのかについて、ピカリオは姉の憧れの対象であるプリキュアを超える力を得ることという答えにたどり着いた。
もっとも、ただ大きな力を得るだけでは意味がない。あくまでプリキュアと同じキラキラルの力でプリキュア以上の存在にならなくては、プリキュアを超えたとは言えない。
そして、スイーツや人間の心からキラキラルを直接抜き出し操る力を得たピカリオは、スイーツ作りなどしなくてもキラキラルを操ることができるようになった。
スイーツ作りの修行をいくら続けても姉に追いつけないというならば、その代わりに闇の力を極める努力をすればいい。そう、彼はようやく自分の努力が報われる居場所を手に入れたのだ。
そしてピカリオ=ジュリオは、キラキラルを闇に染める「実験」を始めることになるのである。

姉と弟



しかし最終的に、ピカリオは自分の実験のモルモットとして狙い続けていた宇佐美いちかとの戦いと触れ合いによって、姉へのコンプレックスを克服することになる。
そして第22話でノワールの攻撃から姉を庇ったことで瀕死のダメージを受けてしまい、ルミエルの守りの中で傷が癒えるまで眠りにつくことになった。このあたりの経緯についてはジュリオの項目にて。

復活

39話でグレイブがいちご坂の街を闇に染め、街の人たちがネンドモンスターに変えられてしまい。てプリキュア達に襲いかかってくる。プリキュア達が街の人々を傷つけるわけに行かず未曾有の大ピンチに。
その時、キラキラルの輝きを操る一人の少年がプリキュア達の前に助っ人として現れる。それはかつてプリキュアたちと激闘を繰り広げたあのジュリオと同じ顔をしていて……
そう、彼こそがついに目覚めたピカリオだった。しかもただ目覚めただけではなく、ルミエルのキラキラルに包まれ守られていた影響で、ルミエルのプリキュアとしての力が付与されたというのだ。プリキュア同様に専用の変身コスチュームも完備である。
そして次回の40話では街のを元に戻すためにプリキュアたちと共闘するという夢のタッグが描かれた(詳細は後述の各話の動き参照)。「借り物の力」ゆえにこの回で戦闘能力は使い切ってしまったが、この展開は多くのファンの胸を熱くときめかせるに相応しいものであった。

キラ☆ピカ



グレイブとの決戦の後は、ピカリオは姉のシエルと一緒に暮らしている。つまりビブリーとも同居している。
戦闘形態へ変身する力は使い切ったが、人間への変身能力自体はこれ以降も残っており、街の住人の前では今までと同じく黒樹リオを名乗っている。
最初は自分がこれからどうするかはっきりとは決めておらず、とりあえずシエルの元に厄介になっている感じだった。いちご坂の住人にさんざん酷いことをしてきた自分がこの街でのほほんと暮らすことには引け目を感じていたのは確かなようだ。
だが、41話でエリシオがリオとシエルを再び引き離すべく罠をかけたことがきっかけで、リオは自分の本当の気持ちに気づかされる。
それは「もう夢を諦めたくはない」ということ。シエルはいちご坂でいちか達と一緒なら、パティシエの高みを目指せるという。ならば自分も姉と同じ景色が見てみたい。姉との才能の差に打ちのめされ、また嫉妬にまみれることになっても、パティシエの夢を諦めることはもはやできない。
そしてリオは再びシエルとともにスイーツ作りを始めるようになった。時間はかかったが、ようやく姉弟は絆を取り戻せたのである。

もっとも、口の悪さや皮肉屋な性格についてはジュリオ時代を引きずっており、闇との戦いが終わるまで続いた。自分の弱さを見せつけられた以上は、もう無邪気だったあの頃のようには振る舞えないというのはどうしてもあるだろうが、これはある意味ではピカリオが大人に成長したと言えるのだろう。姉がプリキュアとしてエリシオに勝利したことで、吹っ切れたのか、姉以外の者に嫌味な態度を取ることは少なくなった。

なお、エンディングのキャストクレジットでは、39話以降は「ピカリオ」ではなく人間名である「リオ」とクレジットされている。そのため、pixivでも39話以降の人間形態を表すタグとして「リオ(プリキュア)」が使われている。

人間形態

ピカリオはプリキュア以外である妖精としては珍しく、複数パターンの変身形態を持つ。

・ノワールのしもべ(10~23話)

◆


ピカリオがノワールのしもべとして敵側についていた時は、ノワールの力により人間形態を与えられていた。
詳細はジュリオ(プリキュア)黒樹リオを参照。
ジュリオの姿がノワールのしもべとしての姿であり、黒樹リオの姿は自分の正体がバレないための変装である。

・戦闘形態(39~40話)

ピカリオ


眠りについていたピカリオが39話で目覚めた時、白いバトルコスチュームを着込んだ人間の姿となっていた。
ルミエルのキラキラルに包まれ守られていた影響で、ルミエルのプリキュアとしての力が付与されたことでこの姿になったということ。
ジュリオの衣装を基にしながらも色遣いやアクセサリーに大胆なアレンジが加わり、右手に握るロッドも黒から白へと変化。そしてこのロッドにはワッフルの意匠が入っている。
皆川氏の「キュアワッフルになりたい」という要望を受ける形でデザインされ、実際劇中でもルミエルの力を借りている設定上プリキュアに近い存在と位置づけされている。
背中の羽もあえてキュアパルフェではなくルミエルと同じ形。

・私服(41話~)

ジュリオ(ピカリオ)


後述の顛末を受け戦闘能力を失って以降の姿。
長髪をピカリオの耳のようなリボンでまとめ、水色のシャツに明るい青の上着と全体的にかっちりした服装。
39話での復活以降でピカリオが人間の姿の時はいちか達からは「リオ君」と呼ばれるが、これは黒樹リオの姿の時にそう呼ばれていたからである。
なぜだか、作中の一般人から見ると「黒樹リオ」と同一人物だと一目でわかるらしい。(雰囲気変わった? とは言われるが) 髪の色が変わりすぎとかいうのはアニメでは言わないお約束。(そもそも髪が青色というのがアニメ上の演出で、作中世界では現実的な色という扱いなのだろうから)

各話での動き

TV本編

■第23話までの顛末はジュリオを参照。

■第24話

  • いちご山の祭壇に横たわるピカリオを囲むプリキュアを前に、長老が「ピカリオは死んだわけではない」と告げる。実際のところ本来は消えるくらいのダメージを受けていたようなのだが、彼の存在は「何らかの力」でかろうじて維持され、祭壇で傷を癒すために眠り続けているというのだ。そしてピカリオを守っている力の正体は「いにしえのプリキュア」がもたらした加護ではないかということ。この祭壇からは、かの古の存在の意思のようなものが感じられるというのだ。何にせよ、いつ目覚めるかは分からないがピカリオが無事なことを知ったキュアパルフェ=シエルは、彼が起きたらもっと凄いパティシエになっていることを誓ったのだった。
    • 取り合えず時期が来れば彼は目覚めるであろうことは確約されたので、あの先輩同様長い夏休みに入ったということだろう。
    • 余談だが「寝ている場合じゃない」とピカリオが普通に起きてきたファンアートが結構散見され、ファンアートでもニート扱いでだらけがちだった先輩との扱われ方の違いがあったり。

かっぷけーき
キラキラ☆ゆるキュアアラモード その24


  • クラスメイトの神楽坂りさが、リオがずっと休んでいることを心配する中、事情を説明できずいちかがあたふたしていると、「イケメン転校生は休養中よ」と制服をきたシエルが教室の扉を開けて登場。天才パティシエであるシエルが突然転校してきてクラス内は驚愕するが、そこに気を取られたのかシエルがリオの状況を知っていることにツッコミは飛んでこなかった。
  • この回よりOP映像が更新されたが、仮面付きジュリオはそのまんま残されている

■第33話
  • ノワールの古き眷属である魔獣ディアブルが復活。周辺のキラキラルを無条件で闇に変えてそばにいる人々の心を荒廃させるという凶悪な能力を持つ魔獣にプリキュア達も危機感を隠せない。その恐ろしさを知るビブリーから「キラキラルが篭ったスイーツがあるところにディアブルは引き寄せられ、そこに不幸をもたらす」と警告される。
  • スイーツがみんなを苦しめる引き金になるのではという懸念にプリキュア達の心は揺らぐ。特にパティシエとして夢を追い続けたシエルは深く悩むことに。そんなときどこからともなく「らしくないピカ」とピカリオの声が聞こえてくる。落ち込んでいたシエルの心が慰めに聞かせた幻聴なのか?いいや、これは……
  • いちご山の祭壇で眠るピカリオの元にかけ付けたシエル。ピカリオは前と変わらず幽霊のような半実体で微動だにしなかったが、「スイーツの力を信じるピカ」と後押しするピカリオの声がシエルの心に直接響く。ピカリオの意思と魂は確かにここにいきづいて、シエルを見守っていたのだ。弟の励ましを受けてシエルは仲間たちとスイーツで皆を笑顔にしたいという気持ちを再び胸に誓う事ができた。
  • エンディングのクレジットに「ピカリオ」として初登場。並び順は長老の下でその後にシエルの助手となった元同僚ビブリーが続いている。

■第38話
  • 冒頭でペコリンとキラリンがいちご山の祭壇を訪れ、早く目を覚まして欲しいとピカリオをお見舞いするシーンが描かれた。相変わらず微動だにせず反応もなかった。
  • 今回のお話は、祭壇に残されていたいにしえのプリキュアルミエルのキラキラルがペコリンの思いに反応し、わずかな間ではあるがペコリンを人間の姿にしてあげたというもの。ピカリオ自体はお話とは一切関係なかったが、最後のシーンで祭壇で眠っていたピカリオの左腕がかすかに動く様子が映る。
  • 次回予告のラストで、逆光で分かりづらいが水色の髪と柊の髪飾りが特徴的な何者かの後ろ姿が登場。よく見ると背中にルミエルと同じ羽を背負っている。「ルミエルのキラキラル」がペコリンを人間化できるというなら、もしかするとピカリオも…?

■第39話
  • 妖精達が大集結していちご山で会議を開催。その時悪い妖精だった頃の仲間と共に戻ってきたガミーは未だ横たわるピカリオにペコリンドーナツを差し入れて見舞う。それをペコリンと共に見たキラリンは弟が犯した過ち、そしてそれをさせる原因となった自分の過ちをガミーに謝るが、ガミーは「お前が謝る事じゃねえ、元々俺にあった心の闇のせいさ……」とキラリンに答え、そして「お前もスイーツ食えるように早く起きて来いよ」とピカリオに言葉をかける。

ガミーとピカリオ


  • そんな中、グレイブが街の人々を操り、さらにディアブルの力を得て強大化。プリキュア達のアニマルゴーランドも破られ、ビブリーやペコリン、妖精達は人々の大群の襲撃で窮地に陥る。グレイブの猛攻で絶体絶命のプリキュア達。もはやこれまで、と想ったその時祭壇が光り出し、そこには光に包まれた人の影が。
  • そこに現れたのはかつてのジュリオとしての姿ながら、服もロッドも白くなり、妖精の羽根が生えた、人の姿のピカリオだった。
まったく甘いんだよ。街の人たちを人質に取られたからって戦えないのかい?まぁ、君たちなら仕方ないか。どうせ一度は闇に染まった身。いいよ、ここはオレが引き受けてあげる

オレが引き受けてあげる


  • 復活した彼の姿を見たホイップ。「リオ君……」と驚きの声を出し、そして次回プリキュア達とリオは共にグレイブと戦うことになる。
    • ちなみにクレジット上では「リオ」表記。ペコリン・長老に次ぐ位置に記載されている。また、ABC公式サイトの次回予告の画像には感激のあまり抱きつく姉とそれを受けて困惑する弟の図も。
    • ジュリオの時に比べてあまりにも白くなっているため、ファンの間からは「驚きの白さ」「漂白」と言われてしまっている。
    • さらに、「男の娘プリキュア」とか「キュアジュリオ」などと言われたりも(ただ当たらずとも遠からずで、アニメージュ増刊号にてプリキュアに近い存在と明言された他、この衣装デザインのラフ画では余白にキュアワッフルのメモ書きがあったりする)。

■第40話
  • 前回からの続き。唖然とする面々を前に不敵な笑みを見せてグレイブに攻撃しようとする……が、突然パルフェが感激のあまり「ピカリオピカリオピカリオ~!」と叫びながら抱きつきまくり、緊張した戦場の空気が一気に弛緩。子泣き爺のごとくしがみつく姉のせいでリオは動けなくなるが、突き飛ばすわけにもいかず困った表情を浮かべるばかり。

待ち望んだ姉弟のたわむれ


  • だが、対峙するグレイブは「戦闘中に戯れてんじゃねぇ!」と激怒し(当たり前だ)、イチャついてる二人に衝撃波を容赦無く飛ばす。リオは咄嗟にロッドからクリームエネルギーのバリアを張って攻撃を防ぎ、グレイブを驚愕させた。リオはこの力が「ルミエルから預かった借り物の力」だとするが、いにしえのプリキュアの力である以上は見くびるなと宣言。だが、グレイブは卑怯にも自分は後方に下がり街の人たちを盾にするようにしてプリキュア達にけしかける。いちか達が街の人たちを傷つけることを望んでいない以上、リオも攻撃するわけにはいかない。
  • ともかく瞬間移動で一時撤退。いちご山でビブリーとリオが時間稼ぎする間にプリキュアは街中でスイーツを作るよう提案する。100年前にルミエルがやっていたように、スイーツのキラキラルで街の人たちを闇の呪縛から解放させようという魂胆である。しかし敵が迫ってくる中でスイーツ作りなんて悠長にやってる暇などあるわけがない。そこでジュリオとビブリーが囮になって敵を引きつけておくことに。
  • プリキュアを追って街の人たちとともにいちご山へ進軍を続けるグレイブ。その行進の前にリオが立ちふさがる……いや、高台の上から見下ろす形で姿を堂々と見せる。やはり彼の登場シーンといえばこれである。ビブリーの煽りも効いて、グレイブはまずはこいつらから片付けようとリオとビブリーに軍勢をけしかける。
    • ちなみにビブリーとリオはこのシーンでのみ街の住人相手にちゃんと攻撃していた。プリキュアたちがここにいないから気にやむ者はいないと言うことだろう。衝撃波で吹き飛ばす程度で手加減はもちろんしていようだが、全く手出しができなかったプリキュアたちとはだいぶん違うところだ。
    だけどグレイブも馬鹿ではない。2人が戦っているのにプリキュアがなかなか姿をみせないことに違和感を感じ、さらに街の方からスイーツを焼いた時の煙が上がったことで、プリキュアたちの計画が感づかれてしまう。街の住人たちをプリキュアたちを攻撃するために向かわせた。
  • 結果的に、プリキュアたちは襲い来る街の住人たちによってスイーツ作りを中断せざるをえず、さらにすでに出来上がっていたいくつかのスイーツが街に漂う瘴気に侵食され、キラキラルが抜き取られ闇化してしまうと言う最悪な事態に。リオの計画は完全に破綻してしまう。
    • ディアブルはスイーツのキラキラルを無条件に闇に反転して抜き取る力がある。いまのグレイブがディアブルの力を手に入れているなら、プリキュアたちが少々スイーツを作ったところで闇の糧になるだけだ。33話で懸念された事態が最悪のタイミングで現実になったのである。皮肉にも、同話でそれを否定したピカリオの言葉をあざ笑う結果となった。
    再びいちご山に敗走してきたプリキュアたちと合流したリオは、街の住人たちが山へと追いついてくるまでにグレイブを倒すしかないと、プリキュアたちと並んでグレイブと戦うが、グレイブの圧倒的な力にロッドが耐えられなくなり、砕け散ってしまう。グレイブは「(ルミエルのキラキラルを)プリキュアでない者がいつまでも扱えるものか!」とがなりたてる。
    • 同じ攻撃を受けても他のプリキュアのロッドは砕けなかったので、このグレイブの言葉には真実が含まれているのだろう。やはりリオは正規のプリキュアという扱いでないのは確かなようだ。
    前半パート中に肝心なところで作戦が根底から崩れたりたった1話で戦闘能力を失ったり、相変わらずどこか残念なイケメンであると言えるが、リオのやったことは決して無駄ではなかった。
  • この砕け散ったロッドのカケラが街に散らばっていき、そのカケラは一つ一つがルミエルのキラキラルを宿したままであった。そして仲間のピンチを悟った猫と彼らの助力を受けた妖精たちが、リオの作戦を引き継いでスイーツ作りに挑戦し、そして街中に散らばったロッドのカケラが闇の侵食を一時的に抑えたおかげで、妖精たちのスイーツ作りが成功し大量のキラキラルを生み出すことで逆転につながることになる。
    • 因みに、形勢逆転したときに「ノワールはこの町を闇に染めることはできなかった。お前の闇もノワールからの借り物だ!」ときっちりグレイブに言い返している。
    ルミエルから借り受けた力は今回限りのようだが人間化の力までは失われていないようで、次回予告で私服姿を披露。

リオ君


  • この回よりOP映像が映画宣伝バージョンから通常の映像に一ヶ月ぶりに戻ったのだが、仮面付きジュリオが修正されたりはせず残されたままだった。視聴者からは「OPで晒される黒歴史」と言われてしまう始末。

■第41話
  • 朝っぱらからキラリンにタックルされ強制起床。

#41


  • ダイニングに来ればビブリーが既に着席しており、互いに軽口をたたき合うが「これから一緒に暮らしてくんだから仲良くね」と姉からやんわり止められる。
  • シエルと散歩に出ると、いちかたちに加えりさとじゅんこに再会する。ジュリオ時代にりさのキラキラルを奪った件を思い出し反射的に「ごめん」と呟いてしまうが、りさは何のことやらわからなかった。
  • 八百屋のおっちゃんが乱入しシエルの彼氏疑惑が持ち上がったため改めて双子の姉弟だと説明する。名字が異なる理由については真相を明かすわけにもいかず、ひまりが「複雑な事情がありまして……」と説明。
    • 冷静にこの状況を分析すると、とても好意的な姉にツンデレ美人の同居人、更には個性豊かな大勢の女友達とベタなギャルゲーの主人公そのまんまである。
    店ではシエルに頼まれ、仕込みのお手伝い。最初こそ過去のトラウマからスイーツ作り自体を躊躇するが、実際生地を混ぜてみると大量のキラキラルが生まれた。もうノワールの呪縛を心配する必要はないだろう。
  • かくしていちご坂に難なく溶け込めるはず……かと思ったその時、他の店の店主達が尋ねてくる。実は昨晩突然町中のスイーツからキラキラルを抜き取られる事件が発生していた。シエルの店は無事なこと、目撃証言から犯人がリオそっくりだったことからあっという間に疑われてしまう。ついには、今までに街で起こったスイーツ絡みの怪物騒ぎの黒幕もリオだったんじゃないかと疑われてしまう。シエルは街の住人を説得しようとするが共犯扱いされる始末。リオはシエルは関係ないと思わず叫んでしまうが、それが逆にリオ自身は事件に関係あると疑いを強くしてしまった。
    • のちに判明するがスイーツを襲ったのはリオそっくりの姿に化けたネンドモンスターで、わざと街の住人にその姿を目撃させている。さらに街の住人たちはディアブルの力で猜疑心が強められてしまっており、リオを犯人だと頑なに思い込んでしまっていた。これは全てキラピカ姉弟の心を闇に染めるためのエリシオの策略である。
  • 実際、リオには前科がある。過去にいちご坂で起こった騒動の一部は自分が黒幕だったから。だから街の住人からの追求を完全に否定することもできない。消えない罪悪感に耐えきれずいちご山に逃亡。「お姉ちゃんは絶対味方だからね」と励ますシエルと同調するいちかたちに暗い面持ちで答える。
「オレはキラキラルを奪ったし、ノワールのしもべだった。全部本当のことだ」
「今更いちご坂で楽しく暮らすなんて、周りが許さない」
  • しまいにはシエルのそばにいると才能の差を見せつけられてまた闇に染まってしまうなどと言い出し走り去ってしまう。これは自分の悪印象が姉にまで及ぶのをよくないと考えたリオが、姉が自分と距離をとってくれるようにとわざと嫌われるような態度をとったリオなりの優しさだが、言われた側は真に受けてしまい大ショックを受け、むしろお姉ちゃんの方が闇に落ちかねない状況に。エリシオの策略通りになってしまったあたり、相変わらず不器用な姉弟である(もっとも、いちかだけはこの後に判明するリオの本心に薄々気付いていたので、少なくともシエルだけはフォローできて最悪の状況は免れたが)その後、尾行していたペコリンが祭壇に残されたワッフルを見つけ…
  • 自分を助けてくれたルミエルにだけは礼を尽くさざるを得ないと渾身のワッフルを作ったリオは、それを人生最後のスイーツ作りにしようとしていた。これからはせめてシエルやいちかが自分の罪に巻き込まれないように一人で生きていくことが自分にできる唯一の贖罪。いちご坂から出ていくために街の出入り口となる橋を渡ろうとするリオ。そこにシエルが走り寄ってくる。咄嗟に逃げようとするが後ろから抱きしめられ「わたしから逃げてスイーツから逃げて、ピカリオの中に何が残るの!?」と聞かれ、更に先ほど自分が供えたワッフルの包みを突きつけられる。それはおいしく、彼のスイーツに対する想いが詰まったものだった。「本当はスイーツが大好きだって、みんなに食べてもらいたくって…ピカリオは…」
  • 勝手に自分の思いを代弁しだした姉にリオはたまらなくなり逆ギレ気味に叫ぶ。
「ああ、そうだよ!作りたいよ!ずっと小さい頃から夢見ていたんだ!」
  • その言葉と同時にリオの心の中の堰が切れたように、彼は自分の中にある本音をぶちまけた、幼いころからずっとキラリンと一緒にすごいパティシエになることを夢見ていたこと。夢見た先で才能の壁にぶち当たり一時は姉に嫉妬して闇に染まったこと。でも、いちかとの出会いでリオは気づかされてしまう。姉をいくら恨んでもスイーツ作りへの憧れだけは自分の中で消せなかったことに。そして闇から解放された今、ようやくスイーツを作れるようになった。それが嬉しくないわけがない。
  • でも、この街に災厄を撒き散らしてきた罪は消せない。だがリオはそのことを街のみんなに謝ることもできない。自分の正体をバラすことはシエルの正体をバラすことにつながるからだ。つまりリオは許しを得るための謝罪ができない立場なのである。いちご坂を離れてスイーツを捨てて一人で生きていくということは、自分が犯した罪の意識に耐えられずに逃げようとしていることも否定はできないだろう。
  • ようやくそんな本心と葛藤を語ってくれた弟にシエルは「いちご坂で一緒にお店やろう」と持ち掛ける。一人では抱えきれない罪でも二人なら背負える。弟を闇に追いやったのは姉の責任でもある。これはシエルがずっと抱えていた罪の意識。だからこそ二人で罪を背負える。そして互いの本心を見失わなければ、どんな逆境にも立ち向かえるから。
  • 真犯人の親玉たるエリシオを追い払った後日。ディアブルの能力で洗脳されていたとはいえ酷いことを言ったとお詫びする大人たちにシエルは穏やかな対応。そこにリオも手作りのワッフルを持ってくる。それはケーキ屋の店主曰くとても繊細で優しい味だった。

◾︎第42話
  • 出番なし。それだけなら珍しくないが、キラパティでプリキュアメンバーによるパジャマパーティーが開かれたため同居人の美少女とふたりきりでお留守番という美味しいイベントが画面外で強制発動し視聴者の妄想力を煽った。

プリアラ42話より
キラプリラクガキ45



※そこ、ハブられたとか言わない。

ビブリーの明日はどっちだ!17 どきどきビブリー



◾︎第44話

  • 行方不明になった剣城みくを探すため、シエルとともに登場。みくが公衆電話の前でいなくなったという話から、ノワールの世界へ連れていかれたのではないかと推理。ノワールの世界へ行く方法など知らないプリキュアたちは困ってしまう。そんな中、かつての古巣への道筋を知るリオは「方法が一つだけある」という。
  • その後、プリキュアたちはノワールの世界への侵入に成功し、ショコラと合流。みくを無事助け出すことに成功する。
  • なお、ノワールの世界へ入るための道をどうやって開いたのかは具体的には描写はされなかった。

■第45話
  • クリスマスパーティーで「クリーム泡立てるの上手」との理由からシエルと一緒にキッチン担当。この時あきらのキラパティ服のデザイン違いであるギャルソン衣装を着用している。

キラパティ衣装 リオ君
クリーム泡立てるの上手なんだもの


  • なんで俺がこんなことをとブツクサ文句を言うが「手伝ってくれて助かるわ」とシエルに言われると顔を真っ赤にして照れを隠せなかった。
  • もっとも、妖精たちからあっという間におかわりを要求された時は流石に半ギレになりながらツッコミを入れる。敵時代とはまた違った方向での顔芸を見せた。

■第46話
  • いちかの誕生日パーティーに参加。その主賓本人が間違って客として来てしまった子供達を簡単に巻き込んでしまったりする懐の深さを発揮し、若干驚きつつも今更なので認める。
  • そんな楽しい時間も長くは続かなかった。完全復活したノワールがキラパティを襲撃したのである。最初は外見から黒いエリシオと勘違いする面々に、感じ取った闇の雰囲気から何者かを見抜いた。
  • ビブリー共々「裏切り者」としてノワールから攻撃され、なす術なくやられてしまう。更にキュアペコリンの登場が確定したことにより、一部の視聴者から寄せられた『プリキュアと再度共闘』の望みは儚く散るのだった……。

■第47話
  • エリシオが作り替えた空っぽの世界において、いちご山にできた焼却場に向かう一団の中に一瞬ゴミ袋を背負って飛ぶ、感情を失ったピカリオの姿が見られる。

■第48話
  • 空っぽの世界の中、プリキュア・ファンタスティックアニマーレのキラキラルで意識を取り戻した。プリキュアが諦めることなく戦っていることに気づき笑顔を見せる。
  • 追い詰められたエリシオが地球を丸ごと取り込んでしまい、人々もキラキラルを残して姿が見えなくなる。残された僅かな意識を使って「簡単に消えるなんてカッコ悪い」と自分たちを評しつつプリキュアを応援。
  • 全てが終わった後.ビブリーと一緒にキラパティ前で待機していた。闘う力が無くてもリオは立派なプリキュアの仲間である。

■第49話
  • あれから1年が経ち、今日はキラパティの皆が集まる最後の日。手伝いのためシエル、ビブリーとともにキラパティへやってくる。
  • そもそもなぜ集まれなくなったのかというと皆自分の夢を追いかけ始めたから。これをわざと厭味ったらしく言ってのけるビブリーに思わずつっかかってしまう。
  • 更に数年後。大人になったリオは相変わらずシエルと共にパティスリーを切り盛りしていた。パティシエとして成長した姉の姿をソレーヌと共に優しく見守る。

HUGっと!プリキュア 第37話

  • みんながプリキュアに力を貸すシーンで一瞬だけ登場。セリフなし。今回のプリアラ勢と同じ時代のピカリオなら、たぶん大人。
  • しかしここの彼、なんとあの白いコスチュームである。あの姿はルミエルの力を借りていた間の一時的なものだったはずだが…。ルミエルはプリアラ最終回で転生していたため、今更ルミエルの力を借りられるのかは不明。もしかしたらピカリオが自力でプリキュアになった姿…なのかも知れない??


映画

パリッと!想い出のミルフィーユ!

  • シエルの修行時代の回想シーンにて登場する。渡仏したピカリオとキラリンがある日カラスの大群に追われジャン=ピエール・ジルベルスタインの工房に逃げ込んだことがきっかけで、彼のもとでスイーツ作りの修行に励むことになる。
  • しかしTV本編でも語られているように、最終的にピカリオはジャン=ピエールと距離を置くようになり、逆にキラリンはジャン=ピエールとより強く結びつくようになる。このことがピカリオが闇堕ちしてしまうきっかけになったようだ。
  • TV本編でのピカリオは和解してからも皮肉屋な性格や口の悪さは全くかわってないが、この映画の回想シーンでは闇に落ちる前の無邪気で純粋だった頃のピカリオの姿が描かれており、今のピカリオにとってはある意味では黒歴史かもしれない。

余談

最初の登場

作中でピカリオの存在が初めて示唆されたのは21話だが、実はそれよりもはるか前に公式の媒体で彼は登場している。
それは、『キラキラ☆プリキュアアラモード』放送開始と同時に朝日放送からリリースされた公式応援アプリの一コーナーのダイアログボックス。そのフレームに何の説明もなくピカリオが描かれている。
また、この「水色の髪の妖精」とは別に、プリアラのOP映像に出てくる「ピンクの髪の妖精」というのも謎の存在として序盤の放映の頃はファンの間では語り草となっていた。
ただ、この「水色の髪の妖精」と「ピンクの髪の妖精」は対になるキャラクターデザインであることから、何らかの血縁があるとの考察が一部視聴者からはなされていた。また10話でのジュリオ登場後は、キャラクターのイメージカラーや髪飾りから、ジュリオの正体はこの「水色の髪の妖精」ではないかとの声が上がっていた。この予想は21~22話で的中する事になる。

初期の構想

いくつかの関連書籍での暮田SDの発言によると、元々の構想ではピカリオを復活させるつもりはなく、キュアパルフェ覚醒の代償としてそのまま消滅させる予定だったらしい。
『キラキラ☆プリキュアアラモード オフィシャルコンプリートブック』では「人の心をいじったりして本当に悪いことをしたから、死なないとつぐなえないんじゃないかという案もあった」と物騒な証言もなされている。
その路線で進んでいた場合は、シエルは弟の死という影を背負ったキャラになっていたわけで、今とは印象が変わっていたかも知れない。

プリアラを特集したアニメージュ増刊号では、本来は消滅させるはずだったピカリオを救済する流れに変えた経緯が語られている。それによると節目になったのは黒樹リオが初登場した第12話であるとのこと。
この話を製作している段階ではピカリオを救済するつもりは全くなかったのだが、いざ放映されてみると坪田文の脚本と座古明史の演出が奇跡的な化学反応を起こして、ジュリオがシリアスな笑いとも言えるユニークなキャラづけになってしまった。これは視聴者だけでなく他の脚本・演出スタッフや声優達にとってもそうであり、要するに現場スタッフはみんな彼に奇妙な愛着を持つようになってしまったのだ。
その熱量は視聴者に正しく伝わり、結果的にジュリオがとんでもないゲスだけどなぜか憎みきれないキャラとして愛されるようになったのである。
そんなわけで、パルフェ覚醒の22〜23話の脚本に入る頃には、彼を退場させない方向で進むことになっていたということ。ただ、彼はビブリーのような「ノワールの悪意の被害者」としての要素は薄いので、浄化されたからといっていきなり味方にはできないだろうと39話まで充電期間を置くことになった。
そしてその間に、プリキュア側がピカリオを許すというより「その罪を含めて受けいれる」ことができるだけの精神的成長を少しずつ積み重ねていった形となる。

関連イラスト

ピカリオ



関連タグ

キラキラ☆プリキュアアラモード ジュリオ(プリキュア)
キラリン/キラ星シエル

ウルルン オニニン マジョリン ファンファン(プリキュア) セイレーン(プリキュア)…歴代プリキュアシリーズの悪落ちした妖精繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「ピカリオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 722209

コメント