ピクシブ百科事典

キュアワッフル

きゅあわっふる

『キラキラ☆プリキュアアラモード』のジュリオ(ピカリオ)がもしプリキュアになったら、の半公式的呼称。

詳細は→キュアジュリオ

解説


キュアジュリオ」の記事を見て分かるとおり、ジュリオ/ピカリオには男の娘プリキュア待望論があった。というのも『キラキラ☆プリキュアアラモード』の劇中設定では伝説のパティシエとして高みに達したときにプリキュアになれる。現に双子の姉のキラリンキラ星シエルとして人間に変身できるようになり、さらにキュアパルフェに変身できるようになっている。また、設定の状況から考えれば女性限定とはなっていないため、男性でもプリキュアになれる可能性も出ていた。

こうした事から二次創作の分野ではジュリオの姿で男装女装(例えば姉あるいはキュアホイップと同じ格好)問わず彼をプリキュアとして描いた作品が見受けられるようになる。その際に「キュアジュリオ」と共にタグとして使われているのがこの「キュアワッフル」。ワッフルはピカリオが得意とするスイーツであり、これがきっかけで闇落ちした一方、シエルが立ち直りキュアパルフェになるための最後のピースとなったキーアイテムだからである。しかし、タグの使用量はキュアジュリオの方が多い。

まさかの公式?

ピカリオの声優である皆川純子は現場で「わたしもキュアワッフルになりたいです!」とずっと言い続けていたらしく、その成果もあってか第39話で登場したピカリオの人間態での設定ラフには、

プリキュアっぽい感じ(キュアワッフル)を入れてもらってもかまいません

と記載されていた。ちなみにこのメモ書きは暮田公平SDによるもので、キャラクターデザイン担当の井野真理恵にあてたものである。
あくまで暮田氏による設定段階でのメモ書きなので、裏設定的なものではあり、作中でキュアワッフルの名前で呼ばれるわけではない。
しかし作中でも「いにしえのプリキュアであるルミエルの力を借り受けた姿」と明言されており、アニメージュ増刊号では、井野が手がけた完成稿は「ルミエルのプリキュアっぽい雰囲気を男性風にアレンジしたデザイン」だと明かされている。さらにロッドにはワッフルの装飾が施されており、ワッフルが彼にとって重要なシンボルであることもきちんと意識されている。

ピカリオ


こういう形でジュリオもプリキュアに準ずる力を持つ人物であることが明らかにされたうえに、半公式的に「キュアワッフル」という単語が使われていることで、今後このタグも使われる頻度が増えるかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「キュアワッフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100383

コメント