ピクシブ百科事典

この出会いが運命

このであいがうんめい

アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』のOP曲「ヒーリングっど♥プリキュア Touch!!」の歌詞の一部である。
目次[非表示]

※この記事には、『ヒーリングっど♥プリキュア』の核心につながるネタバレが記載されています。本編未視聴者は、十分に閲覧注意。



















































































概要

ヒーリングっど♥プリキュア』のオープニング主題歌「ヒーリングっど♥プリキュア Touch!!」の歌詞の一部である。

単にこの楽曲の歌詞だけを読み取ると、 「この出会いが運命」 というフレーズはプリキュアとヒーリングアニマルとのパートナー関係を示していることは明らかであり、それ以上の別の意味を見出すことはできない。
しかし、OPアニメでは主人公のキュアグレース/花寺のどかと敵・ビョーゲンズであるダルイゼンが対峙するシーンに合わせてこの歌詞が歌われてしまっており、まるでのどかがダルイゼンと出会ったことに意味があるかのように感じられてしまうのである。
ダルのどのCPが誕生した原点も、このOPアニメが最初のきっかけである。

同じく歌詞の一部である 生きてるって感じ というフレーズも、のどかとダルイゼンの双方の口癖として使われているため、2人には何かしらの過去があることを示唆されていた。

交わる運命

この出会いが運命


と思われた矢先に第27話、第28話でこの歌詞の『真の意味』を知ることとなる

詳しくはこちら

のどかとダルイゼンはお互いの真実を知ったことでさらに深い関係となる。2人に待ち受けている運命の果てはどうなるかが今後の焦点になるだろう。

流転するダルイゼンの運命

第41話の終盤、のどかがラビリンといつもように早朝のランニングをしている最中、突然ダルイゼンがやってきた。

「ハァ…ハァ…見つけた…」

しかし、いつもと違って、傷つき息づかいが荒い状態であった。

「いいからよこせよ、その体!」

いきなり、のどかの肉体を求めてきたダルイゼン。
のどかは怯えつつもプリキュアに変身して対峙する。だが、ダルイゼンの戦い方はいつもと違っていた。いつものような飄々とした態度はなりを潜め、必死の形相で焦りを見せている。
実は、キングビョーゲンがダルイゼンを自らの一部と取り込もうとしていたことが発覚し、ダルイゼンはそれを恐れて逃亡したのだ。
そして、逃げる彼を追うキングビョーゲンによってダルイゼンが深い傷まで受けていた。

傷のせいでまともに戦うことができず、倒れてしまうダルイゼン。
その様子の困惑するグレースに、ダルイゼンはなんと命乞いをしてきた。

「助けてくれ……クッ…このままじゃ…オレはオレじゃなくなる…消えてなくなる!」
「頼む、キュアグレース……お前の中にオレを匿ってくれ…」

のどかはダルイゼンを育てた宿主であるため、のどかの肉体に再び宿ることで傷が治せるとダルイゼンは言う。
ダルイゼンはグレースの腕に差し伸べようとしたが、グレースは恐怖のあまりその腕を払いのけ、その場から逃走してしまう。

逃げるグレースの後ろ姿にダルイゼンは絶望し、恨み節を言い放った。

「お前…オレに言ったよな!? 自分さえよければいいのかって…!」
結局お前も同じじゃん!」

忍びよる



その言葉はのどかに重くのしかかる。
恐怖でパニックになったからとはいえ、のどかは助けを求める相手を見捨てる選択を選んでしまった。それは揺るぎない事実なのである。
はたしてのどかは、自身の選択に対してどのように向き合うのだろうか。

自分から生まれた影



のどかの選択、その苦い結末


第42話、のどかはダルイゼンの事を気にかけており、学校でぼーっとしてしまう。
それを見ていたラビリンはのどかに本心を聞く。
長年の病気やメガパーツを取り込まれて苦しんだりしていたので、もうあの経験はしたくないから助けたくないという。
するとラビリンは助けなくていいという。自分を犠牲にしたり、悩む必要は1つもない。自分の気持ちに素直になればいいと言い、のどかはようやく答えを見つける。

一方でダルイゼンはボロボロのまま下水道に逃げており、そこで大量のメガパーツを自分の体に取り込み、進化して地球を蝕む。
しかし自我は残っており、キュアグレースに助けを求めるが、グレースは自分の気持ちをぶつける。

「そしたら私はどうなるの!?」
「いつまで!?」
「あなたが元気になったらどうするの!?」
「あなたは私達を、地球を、二度と苦しめないの!?」
このグレースの言葉に、ダルイゼンは怯み、何も答えられなかった。

「私はやっぱり、あなたを助ける気にはなれない!」
ダルイゼンは彼女の言葉に項垂れ、絶叫して辺りを攻撃した。

「ダルイゼン。あなたのせいで、私がどれだけ苦しかったか、あなたは全然わかってない!」
「わかってたら地球を、たくさんの命を、蝕んで、笑ったりしない!」
「都合のいい時だけ、私を利用しないで!」
「私はあなたの道具じゃない!」
「私の体も!心も!全部、私の物なんだからー!」

ダルイゼンを浄化すべくプリキュア達はファイナルヒーリングっど・シャワーを撃ち込んだ。完全に浄化するつもりで技を放ったが…。

「オレだって…オレの体も…心だって…!」

ダルイゼンは浄化しきれず初期形態に戻り気を失って倒れ込んだ。

そこにシンドイーネが現れた。「バカね。あんなに派手に暴れちゃ、見つけてくれって言ってるようなもんじゃない。」彼女はかつてダルイゼンにメガパーツを分けてもらった恩も忘れ「キングビョーゲン様! ダルイゼンは、こちらでーす!」と容赦無く彼の所在をキングビョーゲンに報告した。

「フッ。ようやくか…。」

そしてキングビョーゲンが降臨し、彼を吸収しネオキングビョーゲンへと進化した。
結果だけを見れば、プリキュアとダルイゼンの戦いの結末は「キングビョーゲンの漁夫の利」であり、ネオキングビョーゲンはダルイゼンを助けなかったキュアグレースを「ダルイゼンを見捨てながら、地球のみんなと全てを守ると言うか。ずいぶんな思い上がりだ」とあざ笑った。

キュアグレースは顔を歪めた。その心の内は視聴者には分からない。
彼女が選んだ運命の選択は、本当に正しかったのか?
…だが、もう別の道は無い。

彼女は迷いを振り切るように「ダルイゼンを追い詰めたのは誰?あなたに言われたくない!そんな言葉には負けない!わたしは絶対あなたを浄化する!それがわたしの今の気持ちだよ!」と言い返し、ネオキングビョーゲンに敢然と立ち向かった。

そして、ネオキングビョーゲンは倒され、ダルイゼンは分離すること無く浄化された。これが二人の運命の結末である。


もう一つの意味……

第29話からはOP映像は『映画プリキュアミラクルリープ_みんなとの不思議な1日』の公開に向けた仕様になっているが、ここでは当該歌詞のところはヒープリチームと先輩チームの邂逅シーンに重なっており、こちらは「この出会いが運命」と呼ぶに相応しい感動的なものとなっている。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア  ヒーリングっど♥プリキュア_Touch!!
花寺のどか/キュアグレース  ダルイゼン  ダルのど

ヒープリ27話ショック ダルのどショック

運命  因縁  宿命

関連記事

親記事

ヒーリングっど♥プリキュア_Touch!! ひーりんぐっどぷりきゅあたっち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「この出会いが運命」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「この出会いが運命」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120212

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました