ピクシブ百科事典

ダルのど

だるのど

ダルのどとは、『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場する花寺のどかとダルイゼンのコンビ及びカップリングタグ。
目次[非表示]

概要

センシティブな作品


主人公である花寺のどか/キュアグレースビョーゲンズの幹部ダルイゼンのカップリング。

二人はOP(下記動画参照)にて因縁の対決を思わせるシーンがあると同時に、その時の歌詞がこの出会いが運命と流れる他、「生きてるって感じ」という同じ台詞を喋ったり、ダルイゼンのピアスとキュアグレースの花飾りの形状が同じである事も相まって、ファンの間でも大きな注目を集め、第一話時点から考察など多くの反応が見られた。
本編ではプリキュアと敵対する組織の魔少年という以外ではしばらく大きな絡みが無かったが、第6話にて遂に因縁が勃発。今後の展開に期待されるところであったが……




※以後、『ヒーリングっど♥プリキュア』の核心につながるネタバレが記載されています。本編未視聴者は、十分に閲覧注意。




































































第28話で、幼い頃ののどかにビョーゲンズの種が寄生していたことが判明。のどかが長らく患っていた原因不明の病気は、その種に生気を奪われ続けた結果であった。
そして種はのどかの体内で成長していき、そこから生み出されたのがダルイゼンだったのである。
追加戦士や異世界出身者ならまだしも、主人公プリキュアが物語開始前から敵勢力と因縁があったというケースは珍しい(こちらも該当例と言えなくはないが、プリキュア側は物語回前には因縁と言えるような出来事は経験していない)。

Pixivの二次創作イラストでは恋愛のように描かれることも多いが、上述の通り、花寺のどかにとってダルイゼンは『かつて自分を長く苦しめ、そして自分から生まれた存在』という、まさに因縁の相手である。(捉えようによってはアレにも思えるが、リアルでも宿主の体の中に寄生して、成長しきると体内から排出する生物がいるため、関係性に関してはそちらが一番近いと言える。)

本編の展開

この出会いが運命

ダルイゼンは記念すべき第一話に登場した敵である。
すこやか市に引っ越してきたばかりののどかが、生命力にみなぎった街の光景に「ふあ〜、生きてるって感じ!」と感動してた場面に対して、ダルイゼンが街の様子に不快感を示しながら「やれやれ、生きてるって感じだねぇ…」と毒吐く場面がある。
初変身したキュアグレースと対峙した際は、彼女に少し興味を抱き、撤退時に「ふーん、やるじゃん」と面白そうにつぶやきニヤリとするという、典型的なイケメンムーブを見せつけていた。

このように、第一話時点から二人の相対関係が意識されている演出が盛り込まれており、ダルのどというカップリングへの期待が高まるようになっていく。

本編で最初に二人が強く絡んだのは第6話。
やすこを容赦なく傷つけ、皆を苦しめるダルイゼンにのどかの怒りが炸裂。

「キュアグレースね…」


「自分さえ良ければいいの!?」
「いいけど?」

さらには穢された泥を頬に塗られるなど汚辱的な行為を受けるグレース。
人間とビョーゲンズの絶対的な価値観の違いを突きつけられたのどかは、彼に対して闘志を露わにし、二人の直接対決が始まる。
だが、メガビョーゲンと戦っていた仲間達がピンチに陥っているのを目にとめたグレースは、こんな男にかまってられないと対決を放棄しそちらに救援に向かい、仲間たちと協力してメガビョーゲンを浄化した。
ダルイゼンは興が削がれたとして、「あいつ、俺にキレてたクセに」と不満げな様子で撤退していく。
なお、二人が対峙した際の構えは同じポーズ。これが意味するのは…?

この第6話放映直後のSNSでは「好きな子に振り向いてもらいたくてイジメてしまう男の子のようだ」という系統の感想があった一方で、「これは明らかに暴力であって、肯定的に捉えるべきものではない」という意見も多く、感想は二分されていた。
子供番組なので過激な描写はないものの、この話でのダルイゼンの言動は徹底して視聴者に不快感を与えるように演出されており、ある意味で必見である。一つ一つの行動についてはダルイゼンの項目の第6話解説の方に詳しく書かれているが、できれば是非実際にこの話を見ていただきたい。

そんなわけでこの時点で、この二人の関係性はそんなロマンチックなものにはなり得ないのではないかという懸念も生まれだしていた。

そしてこの6話以降、ダルイゼンはグレースに対してなぜか気になるようになっていき、出撃のたびにグレースと対面で対峙し、彼女を挑発するような言動を重ねるようになる。

キュアグレースが一時的に変身できなくなっていた第15話では、ラベンダー畑を蝕むダルイゼンの元にキュアスパークルキュアフォンテーヌが最初に駆けつけたのだが、当のダルイゼンはふてくされた表情で「今日は2人だけ?、まぁいいけど…」とやる気を削がれてしまっており、彼がのどか個人に執着している様子がわかりやすく描かれていた。
だがこの時点ではダルイゼンに自覚はまだなかったようである。

明かされる二人の因縁

第27話終盤。
メガビョーゲンを浄化し、家族や仲間達と過ごしていたのどかは怪しげな音を聞く。
その先にいたのは成体のカラスにメガパーツを使おうとしていたダルイゼンだった。のどかは止めようとするが、逆にメガパーツを埋め込まれてしまう。
のどかは再びビョーゲンズに寄生され、病に侵される苦しみを味わう事となった。

そしてビョーゲンズの苗床にされたのどかは、ついに新たなる敵幹部を生み出してしまうのである…
この衝撃的な展開についての詳細は、ヒープリ27話ショックを参照のこと。

この生み出された新幹部であるケダリーは、ダルイゼンとそっくりであった。
また、キュアグレースがつけている花飾りと同じものを頭につけていた。
このことからダルイゼンは、このケダリーは自分と極めて類似した存在だと認識する。
そして彼は気付いてしまう。
ケダリーは自分と同じ宿主から生まれたから、自分と似ているのだということを。
つまり、ダルイゼンを生み出した宿主とはのどかだったのである。

ラビリンの力のせいで未成熟なまま生み出されたケダリーはプリキュアたちによってあっけなく浄化されてしまう。
だが真実を知ったダルイゼンは、弟ともいえる同胞の消滅など気にもとめず、愉快そうに邪笑する。
そして、その真実をのどかに暴露しする。

「思い出したよ。オレを育てたのはキュアグレース、お前だよ」

ショックを受けるのどかに対し、ダルイゼンはこれから楽しくなりそうだという感じの余裕の態度で去って行った。

加虐の悦楽に酔う少年と、翻弄される少女

この一連の事件によって、ダルイゼンはのどかのことを「自分を生み出した特別な存在」として強く意識するようになる。
一方、のどかもダルイゼンを生み出した者の責任として、彼を止めなくてはと強い使命感に駆られるようになる。

この展開にダルのど界隈は多いに盛り上がったものの、実際の本編中では二人の関係はより険悪になっていくことになる。
これ以降のダルイゼンは、のどかに対して明確なまでの加虐心を抱くようになるのである。
戦いの時はストーカーのようにキュアグレースにだけまとわりつき、仲間と分断させ、焦るグレースにモラハラめいた言動をぶつけて嘲笑うという感じが基本となった。
グレースはそんなダルイゼンの言葉に時に傷つき、時に憤る。
そしてダルイゼンはそんなグレースの態度に悦びを感じ、さらにグレースに嫌がらせを重ねていく…という、負のループに陥ってしまうようになったのだ。

二人の運命の戦い、その苦い結末

第41話で、自堕落に生きてきたダルイゼンの運命が大きく狂う出来事が発生する。
仲間を取り込んで完全復活を遂げたキングビョーゲンが、ダルイゼンに対し、その身を自分に捧げて同化するように迫られたのである。
キングビョーゲンに取り込まれて同化するというのは、自身の自我の消失を意味する。
自分にとって初めて訪れた恐怖に震えたダルイゼンは、命からがらビョーゲンキングダムから逃走するが、その途中で深い傷を負ってしまう。
絶体絶命のダルイゼンは一つの奇策を思いつく。それは、自分を生み出したのどかに再び寄生するということだ。自分を育てた宿主の生気を吸収すれば傷を癒やすことができる。
そうして、早朝のすこやか市でランニングするのどかの前に現れ、「いいからよこせ、その体!」とのどかに詰め寄るが、キュアグレースに変身した彼女とまともに戦う事ができず、倒れ込んでしまう。
どうしようもなくなったダルイゼンは「キングビョーゲンに見つかる前に、中に匿って傷を癒してほしい」と正直に懇願して彼女にすがりつくが、グレースは過去の病苦のトラウマが蘇り、ダルイゼンの手を振り払い走り去る。
去り際に彼が「お前俺に、言ったよな!?『自分さえ良ければ良いのか』って!!結局お前も同じじゃん!!」と、罵倒する声にも振り向かず、のどかはただただ逃げる事だけしか出来なかった。

忍びよる



42話冒頭にてのどかは心ここにあらずといった様子を見せており、ラビリンは「ダルイゼンを助けたいけどヒーリングアニマルの使命があるから助けられない」ことを悩んでいるのではないかと考えていたが、実際には「助けるべきなんだろうけど、ビョーゲンズに寄生される苦しみをまた味わうのはもう耐えられない。だから、ダルイゼンを助けられない」という理由で罪悪感に苛まれていたのだ。そして、プリキュアである以上は困っている相手を助けるために我が身を捧げる聖女でなくてはならないという責任を無意識的に背負っていたのどかは、それができない自分の弱さに打ちひしがれ「私、そんなに優しい子じゃない……!」と泣き出してしまう。
それを知ったラビリンに「自己犠牲をするような義理も責任もない」「自分の心と体をまず大切にすることは罪ではない」と明言されたことで、のどかは心の重荷を下ろす事ができた。

一方のダルイゼンは受けた傷のために余命いくばくもない状態で、のどかを待ってられずに一か八かでメガパーツの過剰摂取する。メガパーツはビョーゲンズを進化させる力を持つが、その進化は自身の思うような形になるかは保証されない。これはダルイゼンの賭けであったが、残念ながらそれは失敗に終わる。ダルイゼンは進化を制御することができず、最終的には巨大な怪物と成り果ててしまい、傷も癒えることはなかった。
苦しみに耐えきれず無差別に暴れ回るダルイゼンを止めるために出撃したプリキュアたち。
ダルイゼンはグレースを目にするや、もはや自分を助けられるのはお前だけだと助けを求める。
だがキュアグレースは哀れな姿の彼に安易な同情はしなかった。「あなたを受け入れたら私はどうなるの?いつまで?元気になったらどうするの?私たちや地球を苦しめないの?」と矢継ぎ早に質問をぶつけるが、ダルイゼンはその問いに忌々しい表情をするだけで、まったく答えようとしない。
グレースは彼とは価値観が相容れることはないと確信し、「あなたを助ける気にはなれない!」と完全に決裂。
溜め込んでいた感情をダルイゼンに真正面からぶつけるグレース。
そして彼を浄化すべくファイナルヒーリングっど・シャワーを撃ち込んだ。

「ダルイゼン。あなたのせいで、私がどれだけ苦しかったか、あなたは全然わかってない!」
「わかってたら地球を、たくさんの命を、蝕んで、笑ったりしない!」
「都合のいい時だけ、私を利用しないで!」
「私はあなたの道具じゃない!」

守らなきゃいけないもの


「私の体も!心も!全部、私の物なんだからー!」

俺だって…!


「オレだって…オレの体も…心だって…!」

これが作中におけるダルイゼンの最後の言葉となった。
この言葉にはさらに続きがあったと思われるが、それを口にする前に浄化の光に飲まれてしまった。
この先に続くはずであった言葉の内容は、視聴者の想像に委ねられることになった。

  • 実際、42話におけるのどかの発言・選択は正論である。ダルイゼンは自身の行いに対して、何の反省も後悔も謝罪もしておらず、身勝手な命乞いをして、それを拒絶されると罵声を浴びせた。しかも、助ければのどか自身が苦しめられるし、その期限がいつまでかも分からない。場合によっては死ぬ可能性もあったかもしれない(「私はどうなるの?」に返答できなかった時点で、そういう最悪の可能性があったと思われても仕方がない)。更には、彼がビョーゲンズという種の本能に従う限り、回復すればいずれまた地球を蝕むことは明らかである。のどかがダルイゼンを助けるということは、長年自分を苦しめてきた相手に(のどかがダルイゼンの『種』に寄生された事はダルイゼンの自我が芽生える前の話なので、ダルイゼンにとっては誕生したことそのものが罪という扱いをされているとはいえ)「困ってる人がいたら助けるのが正しい」ということを理由に、反省も後悔も謝罪も口にしていない相手に自分の体を差し出すということである。「助けないこと」を咎めることは誰にも出来ないだろう。
  • のどかはダルイゼンを「助けない」選択をしたが、助けるべきではないかという思いにも縛られていた。この事に心を痛めて悩み抜いたのどかは、十分すぎるほどに優しい心根の持ち主である。もっとも、のどかが悩んでいるうちに追い詰められたダルイゼンはメガパーツを過剰摂取しスーパーダルイゼンとなり暴走してしまった。さらに別の問題として「追い詰められたダルイゼンがのどか以外の人間に寄生する」可能性もゼロではなかった。身もふたもない話、そもそも悩んでいる場合ではなかったとさえ言える。そこまでのどかとラビリンに求めるのは酷であるが…。
  • のどかが暴走したダルイゼンと対峙した際の「あなたを助けるとどうなるのか」と問いについては、作中で唯一、のどかの方から彼との対話を試みた瞬間である。それまではダルイゼンが一方的にのどかに絡んでくるという関係性だったが、ここで初めてのどかがダルイゼンを理解しようと彼に向き合ったのである。この時の返答によってはのどかはダルイゼンを助けた可能性はある。 だが、ダルイゼンはのどかとの対話に応じなかった。なぜダルイゼンが沈黙したのかについては、作中でははっきりとした解答は示されておらず視聴者の解釈に委ねられているが、何にせよ対話に応じなかったことで、のどかはダルイゼンを信用できなくなったのは確かである。


だが、ダルイゼンはプリキュアたちの攻撃で浄化しきることはできず、意識を失い完全に戦闘不能状態になりつつも消滅はしなかった。
しかし彼が今まで摂取したメガパーツのエネルギーは浄化されたようで、ダルイゼンは進化がリセットされて第一話時点の形態に戻ってしまっていた。つまり暴走状態は解除されたのだ。
これはのどかが無意識に手心を加えてしまったがゆえなのか、暴走したダルイゼンがそれだけ強力だったので浄化しきれ無かっただけなのかはわからない。

これはもしかするとダルイゼンが助かり、改心する最後のチャンスではと一部のファンの期待が高まったが、現実は非情であった。
そこにキングビョーゲンが現れ彼を吸収しネオキングビョーゲンへと進化してしまったのだ。
結果だけを見れば、プリキュアとダルイゼンの戦いの結末は「キングビョーゲンの漁夫の利」であり、ネオキングビョーゲンはダルイゼンを助けなかったキュアグレースを「ダルイゼンを見捨てながら、地球のみんなと全てを守ると言うか。ずいぶんな思い上がりだ」とあざ笑った。
キュアグレースは顔を歪めた。その心の内は彼女以外の者には知るすべもない。
彼女は迷いを振り切るように「ダルイゼンを追い詰めたのは誰?あなたに言われたくない!そんな言葉には負けない!わたしは絶対あなたを浄化する!それがわたしの今の気持ちだよ!」と言い返し、ネオキングビョーゲンに敢然と立ち向かった。

そして、最終的にプリキュアたちの死闘によってネオキングビョーゲンは浄化される。
ダルイゼンがキングビョーゲンから分離して復活するなどという奇跡は起きなかった。
キングビョーゲンがダルイゼンを取り込んだ時点で彼の自我は消え去っていた。その瞬間にダルイゼンという存在は終わりを迎えていて、助かる道などなかったのだ。

これが二人の運命の結末である。
この出会いが運命」の言葉のとおり、強い因縁をもっていた二人の少年少女。
だがその少女は運命に屈することなく、その因縁を力で打ち払い未来へ進む勇気を得た。
一方、少年はその運命に甘え、依存しようとして、身を滅ぼしたのである……ということなのだろうか。

ダルイゼンの思い、のどかの思い

作中の描写を見る限り、ダルイゼンはのどかに嫌がらせをすることに執着し、それを愉しんでいた。その動機については、その心中が作中で明確に語られることが少なかったため、はっきりとした解答はない。
序盤の頃は「好きな子をついイジメてしまう男の子の気持ち」のようなものだろうと肯定的に捉える意見も見受けられたが、最終回までの至りを振り返るに、ダルイゼンにとってのどかは好意を抱く対象でもなんでもなく、単なる娯楽のために彼女に嫌がらせをしていただけという解釈で概ね間違っていないだろう。

ダルイゼンがのどかという個人に対して執着していた理由については、あくまで推論ではあるのだが、彼はのどかを「宿主」だと知ったことで、「二人は切り離せない特別な関係にある、運命の相手」であると思ってしまったのかも知れない。
昔の少女漫画ならそれがロマンティックな関係のきっかけとなるのだろうが、ビョーゲンズである彼は、その因縁を愛情や友情といったものに昇華させることができなかった。
そのような好意感情抜きに、「のどかは運命の相手」という概念だけが残された結果、ダルイゼンはのどかのことを自分の所有物のように感じてしまったのではないだろうか。まるでお気に入りの玩具を見つけた幼児のように。

シリーズ構成の香村純子は第42話放送後のスタッフインタビューで「ダルイゼンは居心地のよさだけを求め、周りを見下して生きた人」と総括している。この点からすると、彼はのどかに「居心地の良さ」みたいなものを感じていたのかもしれない。だがそれ居心地の良さ「だけ」を求めていたダルイゼンは、のどかという人格を尊重する気持ちは皆無だったのであろう。因みにダルイゼンの末路についても最初から無様に退場させることを決めていたとのこと。

他のビョーゲンズたちのような野心や目的など持たず、ただ今を楽しく楽に過ごせればそれで良いという態度を貫いてきたダルイゼン。のどかをいたぶることはそんな彼が見つけた最上の娯楽であり暇つぶしであった……という感じだったのではないだろうか。

28話でのどかが宿主だと判明してからは、視聴者の間では「ダルイゼンは自分を生み出したのどかに対して母親への慕情のようなものを抱いているが、親子愛というものを知らないダルイゼンはそれを自覚できていないのではないか」という説もよく語られており、終盤で光落ちするのではないかと期待されていたが、実際はごらんの有様であった。

そしてのどかにとってはダルイゼンという存在は自分の人生を苦しめ続ける「呪い」そのものであった。
その誕生の時点でのどかを苦しめ、誕生した後ものどかに執着して加虐を重ねてくる。
のどかからするとダルイゼンとの関係は、悪い意味での腐れ縁である。
そして、のどかにとっての「この出会いが運命」とは呪われた運命である。
のどかはその運命に抗い、罪を背負う覚悟を持ってダルイゼンとの因縁を終わらせた。
シリーズディレクターの池田洋子は最終回後のインタビューで「(のどかには)ダルイゼンを助けたい気持ちはあった。だから苦しんだんです。最終的に彼を突き放したという事実は、のどかがこの先も抱えていくものだと思います。」と答えている。

結論から言えば、作中でのダルイゼンとのどかの関係性は、決してロマンチックなカップリングではなかった。
どちらかというと、男児向け番組でのヒーローと宿敵との関係に極めて近い。
二人は決して相容れない価値観と立場にあり、理解しあうことができないにも関わらず、運命が二人を引き合わせてしまった。出会ってしまった二人は、戦わざるを得なかったのだ。

生きてるって…
リンカネーション♯2



だけど、一つでも歯車が違っていれば、この二人の関係は別の可能性もあり得たかも知れない。
そう思わせるような何かを、視聴者の心に爪痕のように残したことは確かである。

なお、オフィシャルコンプリートブックによると、ダルイゼンが消滅することは、スタッフ内で行われた第一話の完成試写会の時点で通知されたということ。
つまりダルイゼンの末路は路線変更とかがあったとかではなく、最初の最初からの既定路線であった。
(ただし、声優たちには自然な演技をして欲しいことから、結末についてはあえて伏せられていた様子である)

余談

  • グッズ化

衝撃の27話における騒ぎの最中、プレバンが通販限定で2人のぬいぐるみを販売(※現在は受注終了、因みにキャンセルは不可能だった模様)。

お腹を押すことでそれぞれのセリフ(音声)が12種類収録されている事に加えて、2体購入するとオリジナルポストカード付録という力の入れっぷり。なおその裏面にも特別なデザインを施すことを当初は匂わせていた。
本編のショックで立ち直れなかったが、ダルのどぬいぐるみの販売と豪華な特典を聞いた途端立ち直ったファンがいるとかいないとか。

…が収録されているセリフの中には**本編では存在しないものもあり**、おまけにポストカード裏面は隅っこの小さなラビリンのアイコンとタイトルロゴ以外ほぼ何も描かれておらず42話の展開も相俟って立ち直ったファンをさらに地獄に突き落とすような結果となってしまった。
商品詳細

  • 声優
悠木碧氏(花寺のどか役)と田村睦心氏(ダルイゼン役)は、腐女子仲間として互いのお気に入りBL本を貸し借りする程の仲である事が判明している。
さらにTwitterで、声優同士の微笑ましいやりとりが繰り広げられているため、ファンは必見である。
2020年12月5日

妖怪ウォッチシリーズでは二人とも主人公役担当である。⇒プリキュアウォッチ

  • オープニングアニメ
ダルのどがカップリングとして注目された最初のきっかけは、OPアニメで「この出会いが運命」というフレーズが流れる時にのどかとダルイゼンの二人が相まみえる場面が印象的に描かれていたことが大きい。
だがこの場面、二人が激突するかと思いきやすれ違ってしまうように描かれており、最初から最後までわかり合うことのできなかった二人のディスコミュニケーションを予言していたとも捉えることができる。
なお、OPの演出担当はタナカリオンこと田中裕太である。

関連イラスト

お大事に♪
だるいぜんくんとか


運命を咲かせる二人
この出会いが運命



関連動画

OP



ぬいぐるみ



関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア
花寺のどか キュアグレース ダルイゼン

ダルケダ:ダルイゼンに関するもう一つのコンビタグ。

ウルみゆ イラマナ ナマひめ クロはる チャラはな カパひか:プリキュアシリーズにおけるプリキュアと第1話で登場した敵組織の男性幹部のカップリングタグ。

イラりつ:敵の少年幹部とプリキュアのカップリング繋がり。ファンからも「いずれこの二人のような関係になるのでは。」という声もあったが…。

宝生永夢/パラド:東映作品ではこの二人の関係性がダルのどに一番近い。42話のグレースの激昂とダルイゼンの末路には敗者に相応しいエンディングを思い出すファンも多数いた。

親子処女懐胎息子×母オイディプス(※):ある意味このような関係性に近い。ただ、東映作品にありきな「親殺し」とは逆の、自らが生み出した「子」が人類の敵側という意味ではこちらの人物を連想させる。なお、これらはあくまで二次創作やSNSにおけるネタジョークに近いものに過ぎないため、過度に主張、もしくは反応しない事を願いたい。

甲斐拓也/ブラックビート:「肉体を生み出すために使われた者」と「生み出された者」という共通点があり、生み出した者は彼の正体を知った葛藤の末に生み出した責任を取るべく戦う決意をする。

※母とは知らずに母と子を成した者。そこから『男児が父を嫌い母に恋慕する』ことをエディプスコンプレックスという。

関連記事

親記事

ヒーリングっど♥プリキュアカップリング ひーりんぐっどぷりきゅあかっぷりんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダルのど」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダルのど」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2401550

コメント