2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本編終了後に行われる『ヒーリングっど♥プリキュア』の感謝祭
正式タイトルは「ヒーリングっど❤プリキュア 感謝祭 オンライン」
2021年2月21日開催。
オンラインで開催した。

TVシリーズのシリーズ構成を手がけた香村純子による脚本書きおろしのキャラクターショー&朗読劇は、最終話語を描いたお話となった。

ショーの内容

ヒーリングガーデンにはインターネットが通じ、ラビリン達とのどか達は最終回後もビデオ通話で交流を続けていた。

人間界のインターネットはエレメントさんによって維持されているので、エレメントさんにお願いさえすれば、ヒーリングガーデンと人間界にWi-Fiが接続されるのであった。
しかし、その雷のエレメントさんが電脳世界の野生のメガビョーゲンに取り込まれ、プリキュア達は戦う事になる。
野生のメガビョーゲンは戦いの最中、過去のデータからダルイゼンシンドイーネアバターを作り出す。
(このダルイゼンとシンドイーネのアバターはあくまでメガビョーゲンが操っている幻影に過ぎないので、本人ではない。)

メガビョーゲンが作り出したダルイゼンのアバターは42話のセリフを再現した。

グレースは「確かに私はダルイゼンを助けなかった。今も気持ちは変わらない!」と告げた上で、「でも、ダルイゼンが苦しんでたのを、そんな風に利用するのは許せない!」とダルイゼンのアバターを作り上げたメガビョーゲンに言い放った。

戦いの末にメガビョーゲンを浄化し、のどか達はこれからも自分たちなりの地球のお手当を続けていくことを誓うのだった。

関連動画



関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア 感謝祭
ヒープリ感謝祭

関連記事

親記事

ヒーリングっど♥プリキュア ひーりんぐっどぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました