ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. インターネットコミュニティで用いられる、「自分の分身となるキャラクター」、または、そのサービスの名称。本項で解説。
  2. ジェームズ・キャメロン監督の3D映画→AVATAR
  3. アメリカのアニメ「Avatar: The Last Airbender 」→アバター伝説の少年アン
  4. SRPGダンボール戦機ウォーズの新要素「アバターシステム
  5. 山田悠介による小説。 アバター(小説)
  6. Ultimaシリーズの主人公である聖者の事で「の化身」と言う意味。ただし日本語表記は「アバタール」(この辺りは「Ultima」を「アルティマ」ではなく「ウルティマ」と読ませる作者のこだわりだろう)
  7. グランブルーファンタジーに登場する星晶獣。→アバター(グラブル)
  8. 特命戦隊ゴーバスターズに登場する用語。→アバター(ゴーバスターズ)
  9. 遊戯王シリーズに登場するカード。→邪神アバター

概要

“Avatar”のカタカナ表記。訳語は「化身」など。

語源は「神の化身(人間界に現れる際の仮の姿)」を意味するサンスクリット語アヴァターラ(avataara अवतार)。例えばヴィシュヌは10以上のアバターを持ち、クリシュナの姿は8つ目のアバターとなる。


一般においてはインターネットコミュニティで用いられる、「自分の分身となるキャラクター」を指す。

なんらかのインターネットサービスにおいて、自分の分身として設定されるキャラクターの事であり、その外見はサービス上の一定の制限のもとにサービス利用者(自分)自身が自由に設定できることが多い。

特にネットゲームや携帯ソーシャルゲームなどにおいては自由なコーディネートにより様々な表現が可能になることにより人気を博すケースもある。ただ、そういった方向性は本来のゲーム性を求める一部のユーザーからは「アバターゲー」だと揶揄される向きもある。また、アバターのパーツ課金することにより儲けるというシステムをとっているケースもありうるが、それに対してやはり拒絶感を示す利用者もいる。


アバターを用いるソーシャルゲーム一覧


アバターを主題とする作品一覧



関連タグ

別名・表記ゆれ

アバイラ/アバターイラスト アバ絵/アバター絵

アバ子(女性キャラクターの場合)


類似タグ

プロフ絵 アイコン 自キャラ 自PC 代理キャラ 着せ替え カスタマイズ

主人公 女主人公 プレイヤーキャラクター 感情移入 自己投影

マイルーム

Mii

バーチャルYouTuber…これの発展形

関連記事

親記事

化身 けしん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9569444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました