ピクシブ百科事典

アバター(小説)

あばたー

アバターとは山田悠介による小説及び映画である。
目次[非表示]

概要

『アバター』(Avatar)は、山田悠介による日本の小説、またそれを原作とした日本映画。題名の通り、アバターを題材としている。
アバターに人生を狂わされた少女とその学園の運命を描いている。
また表紙の絵はカゲロウプロジェクトのキャラクターデザインで知られるしづによって描かれている

ストーリー

主人公・阿武隈川道子は、クラスを仕切っているいじめグループのリーダーである女子・阿波野妙子から強制的に日本最大級の携帯専用SNSサイト・アバQに入会させられてしまう。入会したその日から、毎日が一変し、人格などが変わっていく。大金を手にしてアバターを着飾り、大規模なアバターサークルを作り、遂にはアバターに似せた顔に整形してしまい、取り返しのつかない事態に発展する。

登場人物

阿武隈川道子(あぶくまがわみちこ) 演:橋本愛
本作の主人公である高校2年生の女子高生。(映画版では高校1年生)地味で冴えない。後にアバターによって人生が狂い、学園の女王様となる。

阿波野妙子(あわのたえこ) 演:坂田梨香子
道子のクラスメイトでアバターの絶対的女王様に君臨するいじめグループのリーダー。ある事がきっかけで突然女王の座を退くことになる。

西園寺真琴(さいおんじまこと) 演:水沢奈子
阿波野に対してアバターのアイテムの譲与を拒んだためにいじめを受けている道子のクラスメイト。
道子と共に阿波野の女王陥落を狙い、後に道子の直属の部下となる。

松元直美(まつもとなおみ) 演:はねゆり
道子のクラスメイト。道子が女王となった後は彼女の幹部となる。

コメント