ピクシブ百科事典

リアル鬼ごっこ

りあるおにごっこ

山田悠介のデビュー作となった小説。または、その作品内で行われている殺人ゲームのこと。
目次[非表示]

概要

 山田悠介が2001年に自費出版した小説。または、それを原作とした漫画作品や映画のこと。
 西暦3000年の日本を舞台に、理不尽な殺人ゲームに巻き込まれた青年サバイバルを描いた物語だが、発表時にはその奇抜な発想と、奇怪な文法により大ブームを巻き起こした。

あらすじ

 西暦3000年の日本は、「佐藤家」という一族に支配されていた。しかしその150代目当主(作中では『王様』と表記)は、王族以外の「佐藤」氏が500万人もいるということに憤りを覚え、王族以外の「佐藤」姓の人物を皆殺しにしようと「リアル鬼ごっこ」計画を指導する。
 主人公の翼も、佐藤姓を持つ者の一人。「」の殺戮から逃れるべく、翼は日本列島を駆け回る。はたして翼は、生き別れとなった妹に再会できるのか…。

「リアル鬼ごっこ」ルール

今日は誰と鬼ごっこする?


 この鬼ごっこにおいてターゲットとなるのは全国501万人の佐藤さん、鬼は王国兵士100万人である。鬼ごっこは一日のうちの一時間だけで行われ、それ以外は何をしても構わない。
 鬼ごっこ時には電車バス船舶航空機などといった乗り物は全てストップし、車両での移動は「鬼」のみが許される。もし、鬼ごっこの時間内になどに乗っている者がいれば、その人物は佐藤以外の姓でも殺害していいことになっている。
 鬼ごっこは7日間続き、鬼から逃げのびて生き残った「佐藤」さんは何でも願いがかなえられる。

登場人物

  • 佐藤翼

 本作の主人公。大学生で、高校時代は陸上部だった。

  • 佐藤愛
 翼の。輝彦の夫婦に匿われていた。
  • 佐藤輝彦
 翼と愛の父親。飲んだくれのダメ亭主。
  • 佐藤洋
 翼の友人だが血縁は無い。大阪にて翼と合流し、鬼と闘う。
  • 王様
 21歳。愚鈍で贅沢好きな暴君。このゲームの発案者。
 『佐藤さん探知ゴーグル』を付けているため、全国の佐藤さんを瞬時に見分け襲い掛かってくる。

突っ込み所

これが1000年後の文法だ!

 酷いの一言に尽きる。文庫化された際にはかなりの部分が修正されたが、それでもあまりに言い回しがくどく、冗語法が多用され、誤字脱字のようにある。
 例えば、この記事の「概要」の欄を『リアル鬼ごっこ』風に書くとこの様になる。

>概要
>日本の小説家の山田悠介が2001年に自らの財産を削って自費出版した小説。または、それを原作としてその原作を少々作り直しリメイクして作られた漫画作品や映画作品のこと。
>西暦30000年の未来の日本を舞台に、理不尽に人の命を奪う殺人ゲームに巻き込まれた若い青年の命を懸けた生き残り戦術を描いたサバイバルを描いた物語だが、発表された時にはその不思議で奇抜な発想と、不思議な奇怪な文法により盛大な大ブームを巻き起こした。

 これは誇張ではない。発表当時の山田氏はマジで読書の経験がほとんどと言っていいほど無かったらしく、主語と述語の不一致、ことわざ慣用句のミス、貧困な形容詞などと、小説初心者がやっちゃいけないミスをことごとく網羅しているという有様だった。
 最後までこれらの文章を読み解いても、初版では物語を根底から覆す誤記がラストシーンにあったというのだから呆れるほかない。

ルールと記録は破るためにあるのでは

 まず、500万人もの一般人がいきなり「捕まれば死刑」というルールのゲームへの参加を強要されるという状況を考えてほしい。その500万人がほぼ全員律儀にルールを守ってゲームに参加し、捕まるという事がありうるだろうか。むしろゲームから抜け出したりルールを破ることを考える者が出るとしたほうが自然ではないだろうか。
 その前提で見ると、リアル鬼ごっこのルールはあまりに粗雑である。一日のうち1/24がリアル鬼ごっこに当てられるなら、それ以外の時間に市役所に改名届を出しに行けば容易に「佐藤以外の姓」となってゲームから抜け出せてしまう。また、日本国籍を持つ「佐藤さん」の中には海外にいる者もいるであろうが、だからといってこのような人権無視のゲームに他国を巻き込めば間違いなく国際問題に発展する。また、それを狙って海外渡航する者が出る事も考えられるだろう。
 そのような問題を度外視したとしても、(明確な描写は無いが)作中における日本の地理的な条件が現代日本と同じであると仮定すれば、地の利は最悪である。日本は幾千ものが連なる島国である上に、国土の3/4は山岳地帯である。食糧その他の装備を買い込んで山奥無人島に籠るなりすれば100万人しかいない鬼だけで7日間の合計7時間というわずかなタイムリミットの間に全員を発見・捕縛するのは至難の業だろう。我が国は、明らかにリアル鬼ごっこに向いていない国なのである。
 もちろんこれらのルール違反は漫画版にて全面禁止となり、違反者にはルールを無視した対処が行われる事が示唆されているのだが、それに全く気が付かなかった山田氏と編集部、および登場する全国の佐藤さんのマ・・・純粋っぷりには呆れるばかりである。

そもそも、1000年後の日本が舞台である必要がない

 本作は現代から1000年後の未来の日本が舞台であるとされており、登場する地名全て実在の地名である。しかし、この「1000年」という時間についてよく考えてほしい。今から1000年前といえば平安時代である。その頃の地名がそのまま現代でも使われているかといえば、むしろそのような土地は殆ど存在しないと言っていいくらいだろう。
 それだけならまだしも、作中の生活水準は現在と一切変わっておらず、驚いたことに武器を始めとした小道具が一切進化していない。比較対象として銃火器を例にとれば火縄銃が発明されたのですら今から600年近く前の話である
 要するに「1000年」という数字に全くリアリティがないどころか、リアリティを持たせようとした様子さえも見られない。
 そのためか、映画版では「パラレルワールドの日本」という無難な設定になっていた。

関連項目

殺せんせー - 映画版第1作に登場する鬼と何となく似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「リアル鬼ごっこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270824

コメント