ピクシブ百科事典

アバター(ゴーバスターズ)

あばたー

特命戦隊ゴーバスターズにおけるアバターについて記述する。
目次[非表示]

概要


亜空間から転送されてくる人間の形をした人間でないもの…を指すと思われる
(編集者がよくわかってないようなので要編集)
エンターエスケイプ陣マサトが該当する。
何をもってアバターとするのか、どうやって作られているのか
など詳細は不明

アバターであることの利点として、本体がいる限り致命的なダメージを受けようと何度でもアバターとして帰ってこられる、ということが一つある。
陣マサトの場合はバディロイドビート・J・スタッグが、エンター・エスケイプの両者はメサイアが本体に該当する。
ただし、リスクがないというわけではなく、アバターが致命傷を負う度に本体も何らかのダメージを受けるという描写がある。
この描写は陣マサトにのみあり、メサイアがこのダメージを受けるかどうかは不明。ちなみに、メサイア自身も致命的なダメージから幾度となく再生している。
陣マサトのアバターはエンター・エスケイプの両者とは異なる特殊なもので、亜空間にいる陣マサトの本体からアバターを転送するためのマーカーであるJのもとへ転送されるため、Jは厳密に言えば本体ではない。

そして、これにはバックアップが関わっており、アバターを再生するにはデータのバックアップを所持している必要がある(下項目も参照、ネタバレ注意)。
(これもあやふやなので要編集)


関連タグ


特命戦隊ゴーバスターズ  アバター ヴァグラス 
エンター 陣マサト エスケイプ メサイア

別名・表記ゆれ


アバター

ネタバレ注意!

以下にはエンター・エスケイプの本体とバックアップについての重大なネタバレが含まれています。




















実はエンターとエスケイプには元となる人格が存在せず、13年前に亜空間と化した転送研究センターにいた人々のデータを集めて生み出されたオリジナルの人格である。
そして、エンターは終盤においてエスケイプや自身のバックアップデータを所持しており、これによって本体であるメサイアを失ってなお再生能力を持ち続けている。
また、エスケイプが再生した際にはバックアップデータがゴーバスターズ戦以前の初期状態のものであったため、ゴーバスターズの記憶はなく、おそらくバックアップデータの状態に準拠した再生がなされるものと思われる。
エスケイプは再生する度にデータそのものが深刻なダメージを受ける描写があるため、本体を持たないタイプのアバターといえど無制限に再生できるわけではないようだ。
エンター自身のバックアップデータは、ある意外な場所に隠されていた。
このバックアップデータは素材の関係からか再生してもデータへのダメージが見られず、また隠し場所の関係から常に更新され続けており最新の状態で再生が可能。

pixivに投稿された作品 pixivで「アバター(ゴーバスターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1536

コメント