ピクシブ百科事典

邪神アバター

じゃしんあばたー

邪神アバターとは三邪神に属する闇属性悪魔族効果モンスター。
目次[非表示]
邪神アバター


邪神アバターとは遊戯王Rに登場した三邪神に属する闇属性悪魔族効果モンスター

超えられない「1」にして、「」である。

テキスト


漫画版カードテキスト

《THE DEVILS AVATAR》
星10/ATTACK?/DEFENCE?
God over god.
Attack and defense point of Avatar equals to the point plus 1 of that of
the monster's attack point which has the highest attack point among
monsters exist on the field.

OCG版カードテキスト

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻?/守?
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
相手ターンで数えて2ターンの間、相手は魔法・罠カードを発動できない。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、「邪神アバター」以外の
フィールドの攻撃力が一番高いモンスターの攻撃力+100の数値になる。

概要


遊戯王の世界において「神」とされる存在三幻神のうちの一体・ラーの翼神竜と対になるカード。
「モンスター三体を素材にしたアドバンス召喚でしか場に出せない」という制約があり、場に出すのは非常に困難。

最大の特徴は、(2)の「攻撃力と守備力が常にフィールドで一番高くなる」という特殊な性質である。
この「常に」という部分がポイントで、たとえ相手がどれだけ高い攻撃力のモンスターを出そうとも、または何らかのカードでどれだけ攻撃力をアップさせようとも、アバターの攻撃力はそれを常に上回り続ける。(OCGでは、この攻撃力変化効果について特殊な裁定が下されている)
逆にこのカードの攻撃力が何らかのカード効果でダウンしたとしても、その後に「攻撃力と守備力がフィールドで一番高くなる」効果が適用されるため、攻撃力を下げる系統の妨害も受け付けない。

さらに、召喚して2ターンの間は相手に魔法カード・罠カード(アバターを倒せるカードを多数含む)を使用させないという効果も兼ね備えているため、その間はほとんど無敵状態。

OCGにおけるモンスター同士のバトルでは攻撃力の高いほうが生き残り、低い方が倒されるというのが基本ルールなので、よほど特殊な手段を使わない限りアバターを倒すことはできない。
一応、守備力が攻撃力より高いモンスターを壁にすればアバターも手出しできないのだが、それでもアバターを倒せないのには変わりはない。

一度出せてしまえばあらゆる敵をなぎ倒してしまえる強力なモンスターだが、弱点も存在する。

一つは「召喚後の魔法・罠カード」以外による除去。
アバターと同じ効果モンスターの中にはアバターを破壊できる効果を持つものがおり、バトルでこれらを倒す前にその効果を使われてはアバターも手出しできない。また、アバターの召喚自体を失敗させる罠カード「神の宣告」などにも弱い。
もう一つは、アバターの攻撃力を逆手にとってくるモンスター。
モンスターの中には、ユベルのようにバトルで倒されず、その攻撃力をプレイヤーに跳ね返す効果をもったものも存在する。これらは攻撃力が高いほど跳ね返すダメージも大きくなるため、これら相手だと「攻撃力と守備力が常にフィールドで一番高くなる」という効果はむしろ不利に働くことになる。



遊戯王Rボス格モンスターではあるが、《花札衛-芒に月-》のイラストでに見立てられたりと、シンプルでインパクトのあるイラストがよくネタにされる。
一応カードイラストはラーの翼神竜の球体形態に対応する姿であり、作中では攻撃力を参照する効果を使用する際に対象モンスターの姿へ変身する描写がある(下記の関連イラストもそれ)。

関連イラスト

よこしまな神様

 

邪神アバター(青眼の究極龍ベース) 巨大化




関連タグ

遊戯王 遊☆戯☆王R ラーの翼神竜 
三邪神

pixivに投稿された作品 pixivで「邪神アバター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186070

コメント