ピクシブ百科事典

感情移入

かんじょういにゅう

感情移入とは創作物の登場人物に対し閲覧者(視聴者、読者)が感情を入れ込むことである。創作物を見る上では欠かせない行動。

概要

本来の意味としてはの中で他者と自身とを同一化することで他者の考えていること、世界観を共有することを指す。そこから創作においては創作物に登場する人物(主に主人公)に対して閲覧者視聴者読者プレイヤー)が感情を同一化することである。創作物は閲覧者の住む世界とは異なる話を描いていることになるし、登場人物と同じ世界観を持っているわけではない。そのため、閲覧者は主人公の行動を通じてその創作物を読み解くことになる。そのため、閲覧者が主人公に対して感情移入できるか否か、というのは作品の評価に直結する要素であり主人公が感情移入しがたい性格であると途中で飽きられてしまうというケースも少なくない。

創作物は、ある人が感情移入しづらくても、別の人は感情移入しやすいこともある。
ある人は創作物だと割り切っていても、別の人は現実とほぼ同じ(2.5次元)だと思って見ていることもある。

作者が感情移入させることを想定せず作った部分に、視聴者読者プレイヤーが感情移入してしまうこともある(例・戦闘探索冒険を主旨としているはずの剣と魔法のファンタジー村人町人の普段の様子が気になってしまう、「魔王モンスターを倒す意味がないのでは?」と考えてしまう、等)。

現実に近付け過ぎたことが原因で、視聴者読者プレイヤーが引いてしまうこともある(メルヘンのような夢のあるシーンが描かれない、ファンタジー職業を使わずにバイオレンスエロ漫画を描いたせいで現実の人間が偏見を持たれてしまう、等)。

作者が「視聴者読者プレイヤーは自分と同じ年齢性別境遇主人公にしか感情移入できない」と決め付けた結果、作品が残念な出来になることも(主人公以外のキャラが薄くなってつまらなくなってしまう、オタク主人公が反感を持たれてしまう、等)。

若者全員の気持ちを代弁している主人公が、若者のうちの限られたタイプであることも。

混乱を避ける為に、視聴者読者プレイヤー同士で「創作物のどこを面白いと思ったのか」「架空のものと現実の何を同一視していたのか」をよく話し合い、よく考えて欲しい(人は創作物を見た時、現実の要素を重ねないと「面白い」という感情が湧かないものだと言われている)。

ピクシブではタグとして感情移入が用いられることはないが小説においてブックマークが多くつけられているものは感情移入を促されやすいのではないか、と思われる。

関連タグ

感情 主人公 行動 共感 あるある
二次元 創作物 フィクション ファンタジー
地球なめんなファンタジー ファンタジー世界舐めんな地球
自己投影

pixivに投稿された作品 pixivで「感情移入」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13329

コメント