ピクシブ百科事典

花寺のどか

はなでらのどか

アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』の主人公。キュアグレースに変身する。
目次[非表示]

CV:悠木碧

※この記事には、『ヒーリングっど♥プリキュア』の核心につながるネタバレが記載されています。本編未視聴者は、十分に閲覧注意。

概要

2020年2月2日放映開始のアニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』の主人公。
花のプリキュア・キュアグレースに変身する。
パートナーはウサギ型ヒーリングアニマルラビリン
口癖は「ふわあ~」「生きてるって感じ」。

すこやか市に引っ越して来た中学2年生。
誕生日は3月9日。3月生まれのプリキュアはのどかが初であり、担当声優とも誕生月が一致している。
大人しくおっとりマイペースだが、明るく前向きで芯が強い性格。
小学生時代から重篤な病気を長く患っていて、つい最近になって「やっと自由に走れるようになった」体であることが第1話で明かされている。
現在病気は完治しているようだが、後述の通り長い入院生活によって体力や筋力は非常に乏しい。

姓に「花」がつくプリキュアは10作前花咲つぼみ4作前花海ことはに続き3人目。

人物

のどかちゃん


本編開始前までは重い病気で入院生活をずっと強いられていた。その間は体を思うように動かすことすらできず、回想シーンでは呼吸器をつけてベッドに横たわり、両親から励まされている様子や、リハビリを車椅子でしているような様子が描かれている。
いつから入院していたのかは明言されていないが、第9話では「休んでいた頃は写真を撮らなかったから小さい頃の写真しかない」と語っており、小学生時代の大半から中学一年生まではほとんどが療養時期だったのではないかと思われる。
のどかを長い間苦しめていた病は現代の人間の医学では原因不明と診断されるもので、なぜ回復したのかもわからないとのこと。その病の正体は第28話で明らかになる。

そしてどうにか退院できるまで回復し、新生活のためにすこやか市に引っ越してきたところから物語が始まる。
長い入院生活で「普通の生活の楽しみ」からは遠ざかっていたこともあり、「当たり前の中学生らしい経験をしたい」という気持ちが強い。そのため、おっとりとした雰囲気に反して好奇心はかなり旺盛で、何気ない波飛沫や草花の様子に感激するなど、感受性も豊か。その好奇心の高さから勉強にも割と積極的な部類に入り、試験の点数も中々高い部類に入る。

そんな自分が退院できるまでに回復できたのは、両親や病院の先生など、周りの人々が支えてくれたおかげだと考えている。自由に動けるようになった今では、自分も他人に親切にしようと心がけており、困っていたり危ない目に遭っている人を放っておけない心優しさを持つ一方、自分は勿論自然や何より人々を散々弄んできた仇敵の懇願を頑として拒む確かな正義感も持つ(詳しくは後述)。

ただ、沢泉ちゆに指摘されたように、運動経験が非常に不足しているため、自分の体の限界などが体感として身についていないので、後先を考えず無茶をしてしまうこともしばしばある。
「そんな有様ではプリキュアとして不適格」と、のどかと共に戦うパートナーであるラビリンもパートナー解消を第2話で早々に申し出ていた(ただし、これは戦うことに不向きな身体であるのどかを危険に巻き込まないための配慮ゆえでもある)。
しかし、のどかの「プリキュアだけは何が何でもラビリンと一緒に続けたい」と言う強い意思に押されて、ラビリンはのどかと共に戦い続けることを最終的に決意する。ラビリンもお医者さんとしては半人前であるため、のどかと「二人合わせて一人前のプリキュア」として歩んでいくことになった。

体質

本編開始時点で病気自体は治っているようだが、ずっとベッドの上か車椅子で過ごしていたため、身体が全く鍛えられていない。桃キュアにしては珍しく運動が苦手……どころか基礎体力と筋力がかなり乏しい。特に体のバランスを取る機能が弱く、ちょっとしたことでつまづいたりよろめいてしまう。
第1話ではダッシュして来たひなたにぶつかって、のどかだけが倒れ込んでしまったり、市内を歩き回った直後とはいえ、ちゆを追いかけて少し走った程度でもへたり込んでしまう有り様。第2話では運動部の練習をいくつか体験するも、陸上部では走り高跳びで、走る途中でつまづいて転倒、あるいはバーに接触。テニス部ではやはり体が付いていけず、すべて空振り。あげく剣道部では防具を身に着けただけなのに、「防具って重いんだ…」とよろめき、剣先を合わせる前に転倒するという始末で、ラビリンたちを愕然とさせてしまった。

ヒープリワンドロ 1話その2
ヒープリワンドロ 1話その1



第2話ではちゆから、「運動が苦手なのではなく、体の動かし方を経験として知らないのではないのか」と即座に見抜かれている。そして、最初はまず軽いジョギング等から始める様にアドバイスを受けた。
そしてこれ以降のエピソードでは、登校前にできるレベルでのジョギングを欠かさず続けている様子も日常の一コマとして描かれている。
現状ではまだまだだが、本編が進む中で、のどかの身体能力の向上も描写されるのかもしれない。

容姿

ピンクブラウンの髪と瞳を持つ。
髪型はボブヘアーで右側に2本のヘアピンを付けており、そのうち1本にはピンク色の花飾りが付いている。変身バンクを良く見ると足の形はエジプト型
身長は4人の中で一番小さい(のどか<ひなた<ちゆ<アスミ)。

服装

私服

春〜秋は上が白と水色の七分袖のトップス、下がピンク色のスカート。
靴は白いショートソックスに赤茶色のストラップシューズ。

冬は紺色の長袖インナーの上からリボンがデザインされたピンクのワンピース。
足下は靴下とマゼンタ色のパンプス。

制服

特にアレンジも何もせず学校指定のままである。
靴下は白のハイソックス。

よそ行きの服

ありがとう…先生


第33話で見せたよそ行きの服。
白い襟とボタンが付いた紺色の長袖ワンピース

水着らしき服装

青春お手当て!


第35話で見せた服装。
ピンクのトップスの上から薄ピンクのシャツを着用し、緑に白い花柄のショートパンツを穿いている。
髪型は短いツインテール

家族構成

父:花寺たけし
母:花寺やすこ

家族は両親とのどか本人の3人家族。
父親が先乗りして準備していたすこやか市の家に、母子ともに第1話冒頭で移り住んできた。
広々した庭付き2階建の一軒家は、少々年季の入った中古物件のように見受けられるが、外壁や多くの内装、風呂などが木製になっており、両親がのどかの体調を考慮して準備したと思われる。
第6話に於いて父・たけしは主に住宅リフォームを手掛けるデザイナー、母・やすこはかつて運送ドライバーとして働いており、入院するのどかに付き添うために退職、今回の引越しを機にすこやか運送に再就職した事が明かされた。
両親の名前を漢字で書くと「健」と「康子」で「健康」を意味するのではないかという推測がある。

各話ネタ

スター☆トゥインクルプリキュア』第49話(最終回)


本編

■第1話

  • 「ふわあ~!見て見てお母さん!今ね、波がザパーンってなって、しぶきがキラキラーッってなって…」と冒頭から大はしゃぎ。すこやか市に引っ越してきたのどかは、母・やすこの運転する車で、父・たけしが待つ新居に向かっていた。
  • 家の内部を見てひとしきり喜んだかと思うと、山頂に見えるハート型の建物が気になって飛び出してゆく。長らく入院生活を送っていたのどかにとっては、目に映る何もかもが新鮮で、自分の足で走り回れるのが楽しくて仕方なかった。「これからここでどんな出会いが待っているのかなぁ…今日がわたしの第一歩!」
  • 日帰り温泉、ハーブショップなど、癒しの店が並ぶ街を物珍しげに散策。アニマルクリニックと併設するカフェを眺めていると、走ってきた女の子とぶつかってしまいバタンキュー。「ごめんねごめんね大丈夫!?」と早口でまくし立てる彼女に、のどかが「わたしもよそ見してたから気にしないで」と謝ると、「めっちゃいい人!今度遊び来て!うちのジュース御馳走するし!」とまたも一方的にまくし立てて、すぐさま走り去る。圧倒されたのどかは「光の速さで行っちゃった…」と呆然と見送るのみだった。
  • 重そうな荷物を持ったおばあさんを家まで送ってあげたはいいものの、かなり遠くまで来てしまっており、「今日は調子に乗って歩きすぎたのかな…」とぐったりしつつ帰途へ。そんなのどかをジョギングする少女が追い抜いていった。その美しいフォームに見とれていると、彼女は髪からシュシュが落ちたのにも気づかず走り続けている。「あの、シュシュ落ちました!」と叫んで追いかけたが、追いついた時にはもう息も絶え絶えで、逆に心配されてしまう始末。ペットボトルのドリンクを分けてもらって一息ついた後、彼女に教えてもらった緑が多い森林公園に行ってリラックスしていると……
  • そこにダルイゼンが作り出したメガビョーゲンが出現。人々が逃げ惑う中、立てなくなっている老人を助けていたところ、避難しようとする母親に引っ張られながらも「まだあっちにワンちゃんいたもん!怪物に食べられちゃうよ!」と訴えている子供の声が聞こえた。母子が去った後、のどかは自分も逃げるべきなのか逡巡するが、「大丈夫………わたしはもう走れる!」と自身に言い聞かせたのどかは、メガビョーゲンが暴れる公園の中へ向かって行く。
  • そこにはぐったりとした子犬=ラテと、不思議な小動物ラビリンペギタンニャトランの姿があった。「早く病院に連れて行かないと!」とラテを抱き上げるが、「病院に行っても無駄、メガビョーゲンを浄化して地球をお手当てするしかない」とラビリン達から説明される。でもあんな巨大な怪物とどうやって戦えばいいのか……戸惑うのどかだったが、苦しそうなラテの姿を見て、病床に伏していた頃、両親が温かく自分を励ましてくれた姿がふと脳裏をよぎった。「決めたじゃない…今度はわたしの番!」この子を必ず助けると、のどかは決意する。
  • 「ねぇ、あなた達はそのお手当ての方法知っているんだよね。わたしに何かできる事ない?わたし、何でもする!」と訴えるのどかだったが、メガビョーゲンの吐く汚染液が降り注いできた。ラビリンに間一髪救われたものの、汚染液を浴びた土はたちまち腐敗して病気になってゆく。ラビリンとのどかは「あなたには無理ラビ!早くここから逃げるラビ!」「嫌だ…」「危ないって今のでわかったラビ!」「だからってほっとけないよ!この子…こんなに苦しんでるのに…」と押し問答になるが、そののどかの言葉にラビリンはハッとなった。
  • のどかが来る直前、ラビリンは単身でメガビョーゲンと戦おうとし、仲間たちから無謀だと制止されたが、「だからってほっとけないラビ!地球がこんなに苦しんでるのに!」と泣き叫んでいた。今ののどかはさっきの自分と全く同じではないか。目に涙を浮かべたラビリンの手の肉球が淡く光る。ヒーリングガーデンから旅立つ時に女王テアティーヌが言っていた言葉が頭をよぎる。「心の肉球にキュンときた人間を見つけなさい」……もしかしてこの少女が……
  • 「わたしはラビリン。あなた、名前は?」「のどか…花寺のどか」「のどか、本当にあいつに立ち向かう勇気はあるラビ?」「この子を助けられるならいくらでも!」2人の覚悟は決まった。花のエレメントボトルを受け取ったのどかは、ヒーリングステッキと同化したラビリンと心を重ねることでプリキュアに変身。のどかとラビリンは2人揃って名乗りを決める。「「重なる二つの花!」」「キュアグレース!」「ラビ」

手と手でキュン♥️


  • ラビリンの指示のもと戦闘開始。長い療養生活で脆弱な体になってしまった自分からは考えられないほどの運動能力・ジャンプ力・パワーを発揮できる事に驚き、メガビョーゲンをはしゃぎながらも浄化して、体内に囚われていた花のエレメントさんを救い出した。「お大事に!」
  • 「やった~!怖いの追い払ったよ!すごいすごい、こんなに跳べる!わたしの体じゃないみたい!」と有頂天のグレースは「はしゃしすぎラビ!」とラビリンに窘められ変身解除。弱っていたラテも、花のエレメントさんのおかげで快復し一件落着。ここでのどかはふと気づいた。「そう言えば…何でうさぎがしゃべってるの!?」「今更ラビ!?」「あ~、お花もしゃべってたし!みんな一体何者~!?」とにもかくにも、のどかはプリキュアとしての第一歩を踏み出したのであった。

■第2話
  • ラテを拾ってきたという理由で飼う事になり、妖精3名も加わった共同生活が始まった。ラテの境遇やビョーゲンズの暗躍について聞かされ、「これから一緒に地球を守っていこうね!」「ラビリン、のどかと出会えてよかったラビ~!」と手に手を取り合う2人だった。
  • 転入初日、教室に入るや「あ~っ!」とにぎやかな声が上がる。なんと、昨日ぶつかった女の子だった。さらに後ろの席にはジョギングの少女までいる。その2人、平光ひなた沢泉ちゆと早速仲良くなり、幸先が良いスタートを切ったが……
  • 放課後、あちこちの部活から勧誘され、見学へ。「キュアグレースとしてあれだけ活躍したのだから、きっと最高の記録を叩き出すはず」と、ラビリンは期待しながらのどかを見守っていたが、陸上部では走り高跳びのバーに到達する前に転んで、テニス部ではボールにスイングが全く追いつかず、剣道部では防具の重さに耐えきれずダウンという、まるで話にならないダメっぷり。「ウソラビ…」とラビリンは呆然自失になる。
  • 「いくら何でも情けないラビ!」とのどかを責め立てるラビリンは、「実は体力がなくて、運動が得意じゃない」というのどかの説明でさらに失望してしまい、「なんでプリキュアやるなんて言ったラビ?のどかとは無理。新しいパートナー探すラビ!」と叫んで飛び去ってしまった。
  • そこにちゆが声をかけてきた。のどかは運動が苦手なのではなく、経験自体が不足しているため、体の動かし方や疲労の度合いがわからないだけと見抜いた彼女に対し、のどかは「わたしはずっと見ていただけだったから、今はいろんな事をやってみたい」と打ち明ける。「最初は欲張らず、基礎体力をつけながら自分が一番やりたい事を決めて頑張るといいわ」というちゆのアドバイスに、考え込むのどか。「一番やりたい事……」
  • 一方ラビリンは、心配して追ってきたペギタンに「自分でパートナーに選んでおいて、あれは酷いペエ」と窘められつつも、「それは謝るけど、パートナーの事とは別。のどかを危ない目に遭わせられないラビ」と落ち込んでいた。勇気を出してラテを助けてくれたのどかには感謝しているが、運動神経があれだけ鈍いのではプリキュアとしてビョーゲンズと戦っていくのはあまりにも危険すぎる。のどかを大好きだからこそ彼女を危険に巻き込みたくないというジレンマに、ラビリンは苦悩する。「心の肉球にキュンと来るって、こういう事ラビね…」
  • その頃、ダルイゼンが学校の巨木からメガビョーゲンを誕生させていた。駆け付けたものの、ラビリンがいなければプリキュアにはなれず、窮余の一策としてニャトランとの変身を試みるも失敗。そうしている内にもラテの体調は悪化し、学校内の草花も病気にされてゆく。「どうしよう…他に何か…何かわたしにできる事は……」
  • のどかはやむなく剣道の防具で武装して自ら囮になり「あなたなんか怖くないんだから!」とメガビョーゲンを挑発しておびき寄せ、テニスのネットで転ばせようという、「今できる精一杯の作戦」を敢行するが、メガビョーゲンのパワーを食い止められるはずもなく、あえなく吹っ飛ばされる。「それでどうにかできると思ったの?バカでしょ?」と辛辣な言葉をかけたダルイゼンは、メガビョーゲンを校外でも暴れさせるべく去ろうとする。それを止めたくても、のどかはもはや立ち上がる事すらできない。

私じゃダメなの?


  • ラテの呼び声を聞きつけて戻ってきたラビリンは、どうして逃げないのかと問うが、のどかは叫ぶ。「だって助けたいんだもん!ラテも、エレメントさんも、学校も……みんな病気なんてつらいよ!」そしてのどかは、長い間病床に伏していた事、思うように動けなくて悲しく淋しかった事、両親や医師や周囲の人々の励ましで元気になった今、その分をたくさんの人にお返ししたいと思っている事を告白した。「だから、プリキュアになれてうれしかった。ラビリンがわたしを選んでくれてうれしかったの。絶対応えたいって思った。一人じゃできなくても、ラビリンと一緒ならできるって思った。お願い、ラビリン……わたしは運動得意じゃないけど、お手当てだけは……プリキュアだけは何があっても頑張るから!苦しむ地球をラビリンと一緒に助けたい!これが今、わたしの一番やりたい事なの!」

パートナー続けて欲しいラビ
苦しむ地球を、ラビリンと一緒に助けたい!


  • その涙ながらの訴えを聞いたラビリンの目にも涙が溢れていた。まさかそんな体でありながら、それを上回る強い想いでプリキュアになってくれていたなんて……心の肉球にキュンと来たのは間違いではなかった。「ごめんなさいラビ!のどかの事情も気持ちも聞かないで、いろいろ決めちゃって……ラビリンがのどかに助けてもらったみたいに、のどかに難しい事はラビリンが助けるラビ!だからのどか、やっぱり……ラビリンのパートナー続けてほしいラビ!」勿論のどかに異存などあるわけがなく、2人は仲直り。のどかはキュアグレースに変身し、メガビョーゲンを一蹴する。

のどかっち。


  • 木のエレメントさんは解放され、ラテの具合も良くなった。ラテの心の声を聴診器で聴いてみると「仲良し、よかったラテ」とうれしそう。「わたし、体力づくりのためにランニング始めるね!」と楽しげに談笑しつつ、ラビリン達と家路につく。その様子を沢泉ちゆに見られたとも知らずに……

ヒーリングっと❤ な一コマ
沢泉さんは見た



■第3話

  • 教室に入ると、ひなたが「森林公園や学校に現れた怪物」の話題で盛り上がっており、ギクリ。「ねぇねぇ、のどかっちは怪物見た?」と話を振られ、まさか両方とも自分がプリキュアに変身して倒したなどと言う訳にもいかず、「えっ?えっと…わたしは見てない…かなぁ」と誤魔化そうとするが、それを聞いていたちゆが「花寺さんは見たんじゃない?怪物。始業式の日、下校してからもう一度学校に来てたでしょう?」と更に切り込んできた。冷や汗を流しながら「み、見間違いじゃないかなあ?」とシラを切ったところで始業のチャイムが鳴り、どうにか命拾い。
  • 昼休み、ラビリンとお弁当を食べていると、何とちゆがラテを連れてきた。どうやらのどかを追って学校まで来てしまったらしい。礼を言い、「どうしてうちの子だってわかったの?」と尋ねると、ちゆは「怪物が出た後、学校で見かけたから。さっきはどうして学校に来ていないなんて言ったの?あの時一緒にいた何だか不思議なウサギやペンギンと関係ある?」と再び疑問をストレートにぶつけてきた。あの日、ラビリン達としゃべっていたのをしっかり見られていたのだ。
  • 「えっと…か、飼ってるの。ちょっと珍しいウサギとペンギンも…あの時もこの子達が逃げちゃったのを探しに来て、勝手に学校入っちゃったから怒られるかなって、だから…」と必死の言い訳をひきつった笑顔で並べるのどか。「そう…」とあまり納得していない様子で聞いていたちゆだったが、幸い彼女は必要以上に問い詰めて困らせるような意地悪な子ではなかった。この話題はそこで切り上げ、可愛らしい鳴き声をあげるラテを見て、「ラテちゃん、よく抜け出すの?もう、仕方ない子ね」と笑顔でラテの頭を撫でてくれたので、のどかは一安心。「いつか珍しいウサギさん達にも会わせてね。そうだ、その時はうちに来て。きっと喜んでもらえると思うの」という話の流れで、ちゆの家を案内してもらう事に。
  • ちゆの実家は風情がある温泉旅館だった。すごく楽しそうに施設を教えてくれるちゆにとって、ここはとても大好きで大切な場所らしい。ちゆが着替えに行っている間に、ラビリンとペギタンはペット用温泉に入り、ペギタンはパートナーが見つからず、お手当てもよくできない事を吐露する。すると、その会話をちゆにまたまた聞きつけられて、ラビリン達はお湯に慌てて潜って隠れ、「ラテと話しているの聞こえちゃったかなぁ?エヘヘ…」ととぼける羽目に。
  • シンドイーネが給湯施設から誕生させたメガビョーゲンが出現。のどかはグレースに変身して戦闘開始するが、源泉の様子を確認しに来たちゆが、のどかの変身を目撃していた事には気付いていなかった。
  • メガビョーゲンの水流砲をかわすも、なぎ倒された木が近くにいた人を目がけて飛んでゆく。「グレース!」と叫ぶペギタンの声で、その人を咄嗟にかばったグレースの背中に、木が直撃した。苦痛の声を上げて崩れ落ちた彼女を気遣い、「大丈夫!?花寺さん!」と呼び掛ける相手に「うん、大丈…えっ?」と答えかけて、グレースはそれがちゆだとようやく気付いた。しかも『花寺さん』って……とうとう全部バレてしまった
  • 「せっかくよけたのに、自分から当たりに行くなんておバカさんね」と嘲笑うシンドイーネを一瞥して、グレースは立ち上がった。正体がバレたとか、今はどうでもいい。自分の事よりも、ちゆを守ってメガビョーゲンを浄化しなくては。「ごめんね、後でちゃんと話すね」と答えて再び戦おうとするも、ダメージは大きく、苦痛に顔を歪めるグレース。「ごめんなさい、わたしのために…」と青ざめるちゆを制し、「大丈夫…行こう、ラビリン!」とメガビョーゲンに挑むグレースだったが、背中の痛みでさっきまでの力が出せず、苦戦を強いられる。
  • 我が身を省みず懸命に戦うその姿は、ちゆに「わたしにできる事はないの?」という思いを募らせ、ちゆの励ましで勇気を奮い起こしたペギタンの力を得た彼女はキュアフォンテーヌに変身。メガビョーゲンを見事に浄化した。
  • 一件落着後、ちゆとペギタンは正式にパートナーになる事に。そして「ねぇペギタン、よかったらわたしの家に住まない?のどかもたくさん匿うの大変でしょう?」と、ちゆはのどかの名前を呼び捨てで呼んできた。のどかも「ありがとう、ちゆちゃん」と笑顔で答える。2人はただのクラスメートから友達へ、そして一緒に戦う大切な仲間になったのだった。

名前呼び



■第4話

  • ビョーゲンズが現れてもいないのにラテの体調が良くない。ちゆに相談し、ひなたの実家である「平光アニマルクリニック」に連れて行く事に。ひなたの兄・ようたに診てもらい、疲れがたまっただけらしいとわかって一安心していたところへ、ひなたが息せき切って駆け込んできた。「お兄お兄お兄!やばい、見て見て!しゃべる猫発見!」その手に抱かれていたのは何と…ニャトラン!?
  • 慌ててちゆがひなたの口を塞ぎ、のどかは「ひなたちゃん、わたし喉乾いちゃった~、隣のカフェに行きたいな~」と棒読みの言い訳でどうにか逃れた。そのカフェでひなたの姉・めいが作ったジュースで一息ついたものの、ひなたに話を蒸し返され、もう誤魔化しきれないと悟ったニャトランは開き直り、「自分は生まれつきしゃべれる猫」という設定の作り話で押し通す事にした。
  • ひなたが信じてくれて、秘密を守ると約束してくれたからよかったが、のどかとちゆは内心冷や汗。しかし最初から、兄はともかく、他人には秘密を明かす気などなく、ニャトランが見世物になったりしないよう保護するか、飼い主を探すつもりだったと聞いて、のどかはひなたの意外な心優しさを知る。
  • そこでひなたはまたも「ああ~っ!!」と大声。ニャトランと出会ったドサクサで、友達のみな・りなと買い物に行く約束だったのをすっかり忘れていたのだ。大慌てで隣町のショッピングモール「ゆめぽーと」に向かうひなたに付き合い、のどかとちゆも探すのを手伝うが、なかなか2人は見つからない。そんな中、グアイワルが誕生させたメガビョーゲンが暴れ始めていた。
  • メガビョーゲン出現を察知し、ニャトランにひなたを現場から遠ざけさせる役目を任せ、のどかとちゆは変身して戦うが、バリアで攻撃を跳ね返すメガビョーゲンに手こずる。すると背後から「ウソ…えっ、何?プリキュア?」と驚くひなたの声が。ひなたはみなやりなと会えたものの、のどかとちゆが怪物のいる方向へ向かっていったと聞き、心配して追いかけてきていた。その上ニャトランが、ひなたの勇気を見てプリキュアになれる可能性ありと睨み、わざわざのどか達の変身場面を目撃させ、どう反応するか試したのである。ラビリンやペギタンが慌てふためく中、ニャトランは「さぁ、ひなたはここからどう出るニャ…」と期待して見ていると……
  • 「えぇ~~!可愛い~~!え~え~何?何?めちゃくちゃ可愛い~!どうやって着替えたの?魔法?誰デザイン?あ~もう超可愛い~!」と目を輝かせて叫ぶひなたに、グレースとフォンテーヌ、グアイワルやメガビョーゲンまでもが目が点に。しかしそのユニークな感性に加え、優しさと勇気を併せ持つひなたが気に入ったニャトランはプリキュアに勧誘。ひなたも快諾してキュアスパークルに変身し、メガビョーゲンを蹴散らした。
  • 「これからよろしくね!」「よろしく、のどかっち、ちゆちー!」と手を取り合って笑顔を交わすのどか・ちゆ・ひなた。みなやりなも「みんな無事だったし、ひなたが予定通りにいかないのは想定内」と怒っていなかった。ひなたの家のカフェに行こうとするひなた達の背中に手を振って見送ろうとしたが、ひなたにプリキュアの事は内緒だと言うのを忘れていたため、口止めのために慌てて後を追いかけるのどかとちゆであった。

■第5話
  • 教室に入ると、ひなた達のグループが先日のショッピングモールの怪物の噂話をしており、ちゆは「あれ、大丈夫かしら?」と心配げに見ていた。案の定ひなたは自分達がプリキュアだという事をバラしかけ、ちゆに固く口止めされる。しかしひなたはそんな忘れっぽい自分をちゆが怒っているのではないかと思い込み、逆にちゆは自分がひなたを怖がらせているかもと悩んで、2人の間には気まずい空気が流れるようになってしまった。
  • 放課後、一緒に下校したひなたは「あたし、プリキュアやめた方がいいのかも」と言い出し、家に帰ればちゆが訪ねてきて「わたしって怖い?」と相談してくる。お互い、相手の事を気遣っているだけなのに…。今度はのどかが悩む番となり、やすこに相談すると、「一緒に過ごす時間が増えれば、お互いにわかる事も増えるかもしれないわ」と、水族館の招待券をプレゼントされる。母の計らいに感謝しつつ、ちゆとひなたを誘って3人で水族館へ。
  • 少々ぎくしゃくしながらも館内を回る内に、ひなたが意外と気を遣ったり、実はちゆは笑い上戸だったりと、学校だけではわからなかったお互いの知らない面が見えてくる。そんな中ペギタンがいなくなり、みんなで探している内にメガビョーゲンが出現。ちゆは「早くメガビョーゲンを探すべき」、ひなたは「ペギタンを見つけるのが先」と意見が分かれるが、のどかは「どっちも探そう!ペギタンはわたし達の大事なお友達だし、それにメガビョーゲンを見つけても、ペギタンがいないとちゆちゃんプリキュアになれないでしょ?ねっ、早く見つけてお手当てしよう!」と提案。どっちが正しいではなく、どっちも正しい場合もあるのだから。
  • ペギタンを人質にしたシンドイーネと、ひなた・ちゆが揉み合っている現場に駆け付け、はじき飛ばされたペギタンをのどかは華麗にキャッチ……できず、頭にぶつけてしまうが、宙に舞ったペギタンを何とかちゆが受け止めた。ひなたに「のどかっちもナイスヘディング!」と褒められて照れ笑いするも、ぐったりしたペギタンの姿を見て、シンドイーネに怒りの炎を燃え上がらせたちゆは(というか実際は、ひなたが投げつけたリュックがペギタンの顔面に誤爆)、「みんな、お手当てするわよ!」と号令。その気迫に震え上がりながらものどかとひなたも一緒に変身し、3人揃っての初名乗り。「地球をお手当て!ヒーリングっど♥プリキュア!」

TRIANGLE


  • 一件落着後、ちゆはひなたに「これからはああいう無茶は慎んでよね!」とお説教。その「これから」という部分にひなたが怪訝そうな顔をすると、のどかが満面の笑みで補足した。「うん!フフッ、『これからも』3人で頑張ろうね!」ちゆもひなたも勿論同じ気持ち。腕を組んで笑い合う3人の結束は、すれ違いを乗り越えて一層強くなったのであった。

■第6話
  • 今回から恒例の、アバンでの自己紹介が開始。
  • ちゆとひなたが花寺家を訪れ、のどかに良い友達ができたと喜ぶたけしとやすこ。一安心したやすこは、また運送ドライバーとして働きに出る事にする。のどかは自分が入院している間、仕事を辞めてまでずっと付き添ってくれた母が、再び働くのを嬉しく思う。
  • ラビリンから連絡を受け、やすこの勤務先のすこやか運送へ行ってみると、ラテが中の様子を伺っていた。いつも日中は家にいて面倒を見てくれていたやすこが仕事に出かけてしまい、淋しくなったラテは、彼女を追ってここまで来ていたのだった。彼女はいちご農園に集荷に行っていて会えなかったが、聴診器で「お母さん、のどかがいない時、ずっとよしよししてくれたラテ」と「お母さん、ママみたいだったラテ」というラテの心の声を聞いたのどか達は、ラテがやすこの事を母・テアティーヌのように思っていたのを理解し、まだ幼いラテを淋しくさせていた事を謝る。
  • ラテがメガビョーゲンを察知。今やすこがいるといういちご農園が狙われ、母の身に危険が迫っていると知ったのどか達は、いちご農園目指して走り出す。
  • 懸命に走るも、慣れない長距離走の疲労で足がもつれて転びそうになり、苦しそうに荒い息をつくのどか。ちゆとひなたに気遣われ、「今回はわたし達がお手当てするから、ラテと一緒に後から来て」と勧められるも、「行くよ、わたしもラテも。危ないのはいちごだけじゃない、大好きなお母さんもなの!わたし達が淋しい時、お母さんは助けてくれた。今度はわたし達が助ける番なの!」と、再び必死に走り出した。
  • 危惧通り、やすこがいるいちご農園にはダルイゼンが現れ、メガビョーゲンを暴れさせていた。いちごは病気に冒されて、やすこは「あんた、人の心ってもんがないの!?」と食って掛かるが、ダルイゼンは「ないね。人間じゃないし」と素っ気なく、吹っ飛ばされたやすこは気を失う。その現場に駆け付けたのどかは、「フッ、弱っ」と冷笑するダルイゼンに怒りを爆発させ、「許せない!」と変身して戦闘開始。
  • しかし、メガビョーゲンに攻撃をはじき返され、踏ん張ってこらえようとしたグレースは、病気の靄で蝕まれてぬかるんだ土に、足が埋まって動けなくなってしまう。フォンテーヌとスパークルがメガビョーゲンのパワーに手こずっている間に、「いいの?お前は行かなくて。ああ、動けないんだっけ」とわざとらしい台詞で愚弄しながら近づいてきたダルイゼンは、病気に汚染された土を、ヒーリングステッキと一体化していて身動きの取れないラビリンの顔に塗りつけた。
  • その陰湿極まりない仕打ちにグレースは怒るが、「あなた達、何でこんなひどい事するの!?」「ひどい?何が?」「地球を病気にしてみんなを苦しめる事だよ!」「決まってるだろ。俺はその方が居心地いいからさ」「自分さえよければいいの!?」「いいけど?」と、いくら非難しようともダルイゼンはどこ吹く風で、グレースの頬にも土をなすりつけた。今まで出会った事のない、常識や価値観がまるで違う相手。理解できない悪意。そんなダルイゼンに恐怖を覚えたグレースの体はすくんでしまう。

「キュアグレースね…」


  • 「ついでだ、このまま片付けちゃうか」とトドメを刺すべく、ダルイゼンは手のひらにエネルギーを集中させるが、ラビリンの叱咤で我に返ったグレースはぬかるみから脱出し、ダルイゼンに反撃の蹴りを食らわせる。そう来なくては面白くないとばかりに身構えるダルイゼンとグレースは睨みあうも、スパークルがメガビョーゲンにはじき飛ばされるのを見たグレースは、ダルイゼンを置き去りにして仲間の救援に飛んで行った。
  • 拍子抜けしたダルイゼンが「あいつ、オレにキレてたくせに」と呟く先で、グレース達はメガビョーゲンを浄化する。ダルイゼンにとっては、自分の事より仲間を助けるのを優先したグレースの行動の方が理解し難いものであったが、今まで他者には全く無関心だった彼にしては珍しく、「ふーん、キュアグレースね」と興味を示した様子で、ニヤリと笑いながら姿を消した。
  • 実りのエレメントさんからエレメントボトルをプレゼントされるという収穫もあり、やすこも無事に意識を取り戻した。変身を解いて、やすこの前に姿を現したのどか達は「ラテがお母さんに会いたがってたから連れてきた」と説明し、そののどかとラテに付き合ってわざわざ遠くまで来てくれたちゆとひなたに、やすこは礼を言い、「これからものどかとラテをよろしく」と頼む。そしてヒーリングガーデンではテアティーヌが、メガビョーゲンの気配が消えたのを察し、ラテが良い人間と巡り合えたであろう事を感じて微笑んでいた。

■第7話
  • 誰かに見られているような雰囲気を感じるのどか。ちゆも気付いており、昨日からつけ回しているらしい。その正体は新聞部の益子道男。彼は、最近すこやか市で目撃されるようになった怪物と、のどかが何か関係しているかもと睨んで、後をつけていたのだった。プリキュアの正体がバレたのではと焦るのどか達だったが、なぜか道男は逆に、のどかこそがその怪物を呼び寄せる張本人だと思い込んでいた。
  • とんでもない濡れ衣だが、まさかプリキュアとしてビョーゲンズと戦っていると説明する訳にもいかない。とりあえず道男が疑っているのはのどかだけなので、やむなくのどかはしばらくの間、ちゆやひなたとは別行動を取る事にする。さらに校内ではお互い余所余所しい態度を取り、放課後はちゆとひなたが道男の気を引いている間にのどかが逃げるなど、3人はあの手この手で道男に対抗する。
  • それでもしつこく追って来るので、のどかは走って彼の尾行を撒こうとするが、つまづいて転んでしまう。「取材する相手に敬意を払う事を忘れてはジャーナリストとは言えない」と、執拗に尾行した事を謝罪する道男は、小学校の頃、雨上がりの蜘蛛の巣がとても綺麗で、それを壁新聞に書いたら先生に褒められてうれしかったので、それ以来記事を書くようになった事を打ち明ける。今では取材に夢中になり過ぎて周囲に煙たがられているとはいえ、純粋な気持ちから始まっていた彼の行動を理解したのどかは、「夢中になる事があるって素敵だと思う。初めて記事を書いた時の気持ちって、きっとその雨上がりの蜘蛛の巣と同じようにキラキラしてたんだね」と、道男に対する見方を改めた。
  • のどかと別れ、ひと雨降った後の蜘蛛の巣を眺める道男は、先刻のどかに言われた「初めて記事を書いた時のキラキラした気持ち」を思い出していたが、そこへ現れたグアイワルがメガビョーゲンを誕生させる。周囲にのどかの姿は見当たらず、彼女が怪物とは無関係だと知った道男は、今度は無謀にもメガビョーゲンに直撃取材を敢行。もちろん敢え無く吹っ飛ばされ、眼鏡を落として何も見えず、探し回っているところに到着したのどか達は、プリキュアに変身してメガビョーゲンを片付ける。道男がようやく眼鏡を見つけた時には、メガビョーゲンもプリキュアもいなくなっていた。

大スクープ!?


  • のどか達の前に現れた道男は「プリキュアという3人の女の子が怪物を追い払った。花寺さんへの疑いは僕の勘違いでした」と非礼を詫びた上で、のどかへの取材は打ち切ると宣言した。一安心したのどか達だったが、帰りかけた道男は立ち止まると、「花寺さん、僕は既に真実を掴みましたよ。君が隠している秘密のね」とまたも不穏な事を言い出した。のどか達は再びギクリとなるも、「そう!君達3人……実はすごく仲良しですよね?学校で余所余所しい態度を取ったりしてましたが、僕の目はごまかせません!」いや、あなたのせいでそうせざるを得なかったんですけど…ともあれ再度一安心。

■第8話
  • 県大会に備えて練習中のちゆが不調に。心配しつつも陸上競技は門外漢なのでアドバイスを送ることもできず、少しでも元気づけようと朝のトレーニングでの走り込みをするちゆに偶然を装って合流し、一緒に走ろうと誘うが、そこに同じセリフでひなたがやってきたので、あからさまにちゆに気を使っているのがバレて二人は狼狽える。ちゆはそんな二人に笑顔で返し、この日は3人で一緒に走ることにした。二人のおかげでまた飛ぼうと言う気持ちになったと今日のこの日に感謝していた。
  • しかしちゆの不調は一向に回復せず、それでもなんとかしようと無理な練習を重ねていた。ペギタンはちゆが典型的なイップス症状に陥っていると判断し、一度競技から離れて休んだ方がいいとちゆを説得してくれるよう、のどかとひなたに頼んでくるが、のどかはそれはとっくにお願いしてきたと答える。それでもちゆが「今は無理をしてでも自分の限界を超えたい」と決意の笑顔で断ってきたため、それ以上は何も言えなくなったのだ。
  • 「何が正しいのかは私にはわからない。だから今はちゆちゃんが決めたやり方を応援すること。それだけだよ」として、のどかとひなたはちゆを止めずに見守ることにした。そして大会の日は手作りの横断幕でちゆを精一杯応援。ただそれだけのことで、ちゆは大きな勇気をもらうことができたのだった。

■第9話
  • のどかの部屋には幼少期の写真がいくつか飾ってあったが、入院・療養中だった最近までの写真はなかった。ひなたはそんなのどかとちゆを誘い、隣町のゆめぽーとへ行く。前回訪れた際は、ひなたと待ち合わせしていたりなとみなを探すだけだったので、のどかは「わたし、また来てみたかったんだ~!」と大喜び。
  • ひなたの目的は、各店のブースでレンタルした服やアクセサリーで可愛く着飾った姿を撮影してもらえる「エンジェルフォト撮影会」。ひなたのアドバイスでアクセサリーやネイル選びを楽しむのどかは、ドレスコーナーにて初めてのドレス選びにも挑戦するが、そこは女の子達に大人気の場所であり、熱気に圧倒された挙句、人ごみにもみくちゃにされて、目を回しダウンしてしまう。
  • 自分がドレス選びに夢中になっている間に、のどかの具合が悪くなった事に気付かなかったひなたはのどかに謝り、気分が落ち着いたら帰ろうと提案するが、のどかは「ひなたちゃん、わたし、まだ帰らないよ。だってこんなにドキドキするくらい楽しいんだもん。帰りたくないよ」と笑顔で答える。ちょっと疲れたのは事実としても、入院していた頃には味わえなかった楽しい時間に、もっと浸っていたかったのだった。
  • 「だから、ひなたちゃん…」と言いかけたところで、ラテが他の犬に興味を示して走り出し、のどかの看病をちゆに任せてラテの後を追ったひなたはメガビョーゲンに遭遇。病気に侵食されるゆめぽーとを見ていられず、焦ったひなたは1人で変身して戦うが、苦戦を強いられる。
  • そこへのどかとちゆが駆け付けて変身。またしても1人で突っ走ってしまった事を謝るスパークルの手を、グレースはそっと握る。「スパークル、さっき最後まで言えなかったけど…今日ずっと自分の事そっちのけで、可愛いアクセサリーとかわたし達に似合うの見つけてくれたよね。わたし、もう楽し過ぎて胸が一杯になっちゃった」と、さっき言いそびれた感謝の気持ちを伝える。とどめの「ありがとう、わたし、そんなスパークルが好き」の一言で、スパークルは真っ赤に。

スパークルが好き!



■第10話

  • 校外学習が楽しみすぎて、1時間も前に集合場所に着いていたのどかは興奮気味。病気のため、家族で外出する時はいつも車。電車でのお出かけは初めてとあって、「ひゃ~!改札で引っ掛かったらどうしよ~!」と、変な方向でテンションが上がりっぱなし。

ヒーリングっど♥プリキュア 10話


↓さすがにこうはならなかった模様

エキサイト


  • 小銭をばらまいてしまったおばあさんを見て、一緒に拾うのを手伝うが、自転車が接近しているのにも気づかず、ちゆに「早く助けたいのはわかるけど、もう少し周りも見なくちゃ」と窘められる。この時は「うん、気を付ける」と返事したのどかではあったが……
  • 電車の中でもはしゃぎつつ、目的地のガラス美術館に到着。ガラス工芸作品に見とれ、作者の長良澄子との会話で、彼女の作品への情熱に触れるなどして有意義な時間を過ごしていたところ、ふと窓の外に気配を感じると、なんと留守番していたはずのラテやラビリン達の姿が。留守番が退屈なニャトランの「何かあった時に備えて、近くにいた方がいい」という口実に便乗する形で全員ついてきてしまったらしい。やむなく同行を許すが、その直後、妖精達の行動は結果オーライとなる。
  • 美術館にはもう1人の招かれざる客・グアイワルが現れていた。長良のガラス作品から誕生したメガビョーゲンは、美術品をどんどん蝕んでゆく。のどか達は変身して戦うが、ラテの様子がおかしい。聴診器を当ててみると「あっちで大きな川が、別の方で黄色いお花さんが泣いてるラテ」という声が聞こえた。今回はグアイワルだけでなく、シンドイーネとダルイゼンまでもが行動を起こしたために、離れた場所で同時に3体のメガビョーゲンが出現していたのだ。
  • 予想外の緊急事態に動揺しながらも、3人は手分けして1体ずつお手当てする事を決める。フォンテーヌとスパークルがそれぞれの場所へ向かった後、残ったグレースは1人で奮戦するが、周りは繊細なガラス細工ばかりで、壊さないように気遣うあまり、思いきって戦えない。そうする間に時間が経過し、メガビョーゲンはどんどん育って強くなってゆく。妖精達はそれぞれ考えた結果、一旦合流して1体ずつ確実に浄化するのが得策と判断し、ラビリンはグレースに「発生時間が遅いメガビョーゲンの方が浄化しやすいから、川の方に向かうべき」と進言する。
  • ところがグレースはそれを拒否した。「嫌……だって、ここを離れてる間に取り返しがつかなくなっちゃったらどうするの?この素敵な作品達は?作った人の…長良さんの思いは?わたしは絶対守りたい!ここを離れたくない!」諌めるラビリンの声にも耳を貸さず戦いを続けるグレースだったが、メガビョーゲンに攻撃を加えてふらつかせても、美術品の上に倒れ込まないように、逆に助けなくてはならない始末。グアイワルに嘲笑された挙句、自分の方が吹っ飛ばされて作品の上に落下しそうになってしまう。

緊急お手当て!


  • その窮地を、駆け付けたスパークルのぷにシールドが救った。フォンテーヌとスパークルは、グレースが美術館を離れないと読んでか、ここを最初のお手当て対象に選んでくれたのだ。フォンテーヌの活躍でメガビョーゲンは浄化されたが、グレースの表情は冴えなかった。「ごめんなさい、ラビリン。やっぱりラビリンの言う通りだった…あのままだったら、わたし1人だったらきっと守りきれなかった、もっと大変な事になってた…。ちゃんと周りも見て考えなきゃって、朝、ちゆちゃんも言ってくれてたのに…本当に助けようって思うなら、目の前の事だけじゃ駄目なんだよね…」助けたいという思いが強すぎたあまり、状況が見えなくなって、逆に取り返しのつかない事態を招くところだった。グレースは苦い思いを噛みしめる。
  • しかし「グレースは一生懸命だったラビ、そういう事もあるラビ」というラビリンの励ましで、少し立ち直ったグレースは「ラビリン、またわたしが間違えそうになったら、その時はまたちゃんと言ってね」と己を戒めつつ、「さあ、切り替えてお手当てに集中しましょう!」とのフォンテーヌの叱咤で、うつむいていた顔を上げた。「絶対絶対助けるから…待っててね、水のエレメントさん、花のエレメントさん!」

■第11話
  • スパークルが戦っていた川辺のメガビョーゲンのところに駆け付けた3人だったが、さっきより病気が広がっており、その分メガビョーゲンも強くなっている。手こずりながらも、何とか浄化には成功。
  • しかしラテの具合は一向に良くならず、最後のメガビョーゲンがかなり強力になっている事を予想させた。案の定、森は広範囲が病気に侵食されており、そればかりかメガビョーゲンも今まで見た事もないサイズにまで巨大化してしまっている。たじろぎながらも戦いを挑むプリキュア達だったが、圧倒的パワーに手も足も出ず、タンポポの綿毛爆弾を防ぐのが精一杯。遂にはラテをかばって、爆撃で吹き飛ばされてしまう。その間にメガビョーゲンが種子のような奇怪な生命体を生み出し、ダルイゼンがほくそ笑んでいた事など知る由がなかった。
  • 仲間達の呼ぶ声でのどかは目を覚ます。ラテの病状は良くなっていないとはいえ、怪我だけはしていない事に一安心し、再びお手当てに向かおうとするが、ちゆやひなた、妖精達もみんな、メガビョーゲンの猛威の前に心が折れかけていた。初めて見るあれほど強大な敵への恐怖や、自分達の判断ミスのためにこのような事態を招いてしまったのではないかという後悔などに囚われた一同の間に、重苦しい空気が漂う。
  • しかしのどかだけはくじけていなかった。「そんな事ないよ!だって、ラビリン達の判断があったから光のエレメントさんを助けられた。作品だって守れたし、長良さんの思いも守れた。水のエレメントさんも助ける事ができた。それは全部本当の事だよ!」とみんなを励ます。「でも結局、最後のメガビョーゲンを浄化できなかったら、花のエレメントさんは…」とラビリンが弱音を吐いても、「あきらめなきゃいいんだよ。みんな、見捨てるつもりで花のエレメントさんを最後にしたわけじゃないでしょ?全部のエレメントさんを助けたい気持ちは変わらないでしょ?だったらどんなに難しくてもお手当てを続ける、それしかないんだよ!」とみんなを鼓舞する。
  • そんなのどかの脳裏には、入院していた時の担当医の言葉が甦っていた。「ごめんね、今すぐに君を治してあげる事ができなくて。でもボク達は諦めない。だからのどかちゃんにも、諦めずに戦ってほしい」と、励ましてくれたあの言葉で自分は力づけられた。だからみんなも……「それでも戦う事を諦めちゃったら終わりだから!」
  • のどかの必死の訴えを前に、弱気になっていた一同も気力を取り戻した。ところがいざ戻ろうとしても、さっきの爆撃でかなり遠くまで吹き飛ばされていたために、どちらへ向かえばよいかわからない。ラテにメガビョーゲンの方角を教えてもらおうとしても、病状が悪化していて心の声が聞こえなくなっている。一同が困り果てていると、森の中からたくさんのエレメントさんが現れた。「どうかわたし達の仲間を助けてください」と頼むエレメントさん達が導く方向へと、のどか達は懸命に走る。
  • メガビョーゲンを発見し、「花のエレメントさん、待たせてごめんね!でも絶対に助けるから!」と叫びながら変身したのどか達は再び立ち向かう。成長しきった巨大なメガビョーゲンを相手に、地道に、小刻みに攻撃を重ね、少しずつ体力を削りつつチャンスを待つという作戦だったが、悲しいかな彼我のパワーの差は歴然で、叩きのめされた3人はダウンしてしまう。
  • 「わかっただろ、無理なものは無理なんだって。見ろよ、あいつは諦めてるぜ」というダルイゼンの嘲笑を聞いたグレースが、キュアスキャンでメガビョーゲンの体内を見てみると、囚われている花のエレメントさんが力尽きる寸前だった。エレメントさんが消えてしまったら、病気に蝕まれた森は二度と元に戻らなくなってしまうのだ。
  • 「エレメントさん、諦めないで!一緒に頑張って!わたし達と一緒に!」と、懸命に呼び掛けながら戦うグレース達であったが、それも空しく叩きのめされる。ダルイゼンが「お大事に…なんてね」とおどけて愚弄した時、3人の体が眩い光に包まれ、新たなボトル・ミラクルヒーリングボトルが誕生した。「きっとエレメントさん達が力を貸してくれたんだ。みんなで地球の病気と戦おうって!」そしてプリキュア達は新必殺技・ヒーリングオアシスで逆転勝利を収める。「お大事に!」

ミラクルヒーリング!


  • 救出した花のエレメントさんは完全快復とはいかなかったが、長い時間をかけて少しずつ戻っていくと聞いて、のどか達はひとまずほっと胸を撫で下ろす。その様子を察知したヒーリングガーデンのテアティーヌも安堵していたが、同時に彼女は何か嫌な予感を感じていた。その危惧通り、昼間メガビョーゲンが生み出した怪生命体が、水辺にいた小動物の体に寄生して……

■第12話
  • 前回の苦戦を踏まえて、ラビリン達が提唱する「プリキュア・チームビルディング大作戦」で、よりチームワークを強くするべく特訓する事に。「ふわあ~、大作戦!?特訓なんて、わたし初めて!」と、無邪気に目を輝かせるのどか。ちなみに特訓と聞いて、某ウルトラ戦士の死の特訓を連想したpixivユーザーは多かった模様。

特訓回と聞いてまず浮かんだもの
挫折


  • そしてご丁寧に採石場に移動。滝に打たれたり、うさぎ飛びで階段を登ったりするのかと予想していたところ、妖精達が持ち出したテーマは「以心伝心」。言葉がなくてもお互いに考えている事がわかれば連携が取りやすいという趣旨らしいが……えーと、採石場に来た意味は?

以心伝心!?


  • お互いの心を伝えるためにとジェスチャーゲームを始めるも、なかなかうまくいかない。「猫のポーズ」「ペンギンのポーズ」「ウサギのポーズ」などを取らせてみても、みんなバラバラ。しかものどかはなぜか終始変顔。最後なんか例の顔だったし。

ヒープリ第12話(猫のポーズ)
ヒーリングっど♥プリキュア 12話


  • 「なかなかうまくいかないね」とため息をつきつつティーブレイク。その間にラビリン達はヒーリングハウスで作戦会議を行い、先日の戦いで苦闘するプリキュアを見かねて特訓を提案したものの、それが原因で逆に仲がこじれてしまっては逆効果だとあれこれ悩んだ末、まずは3人を励まそうという事になったが、出て来てみるとのどか達は呑気に連想ゲームで笑い転げており、妖精達は唖然。
  • そこへメガビョーゲンが出現。迎え撃つプリキュア達の前に新幹部・バテテモーダが現れる。戦闘をメガビョーゲンに任せきりだった今までの幹部と違い、彼は「自分、あんたらに負ける気しないんで」と嘯きながら、嬉々として直接襲い掛かってきた。
  • 卓越した戦闘能力を持つバテテモーダに翻弄されつつ、「1人の力じゃかなわなくても3人なら」とアイコンタクトでお互いの意思を確認したグレース達は、間断なく波状攻撃を見舞う事で遂にバテテモーダに一矢報い、メガビョーゲンも浄化する。チームワークの勝利だった。
  • しかしバテテモーダは「負けたのはメガビョーゲンであって、自分じゃないし」と、まるで応えた様子がない。それどころかヘラヘラ笑いながら「戦うのって超楽しいわ」と呟く異常な姿は、グレース達の背筋を寒からしめる。さらに自分が先日の巨大メガビョーゲンから誕生した事を明かし、「注目若手新人、自分で終わりじゃないかもよ」と不吉な言葉を残して、彼は退却していった。
  • 強敵の出現に不安げなひなたやラテに対し、のどかは「大丈夫だよ、みんなで力を合わせれば大丈夫!」と元気づける。わざわざ特訓なんかしなくても3人のチームワークは抜群だった事を喜び、笑い合う一同だったが、沈んだ表情でうつむくひなたには誰も気づいていなかった。

■第13話
  • 2か月ぶりの放映再開とあって、喜びのファンアートが多数投稿された。

ヒープリ放送再開記念
祝! ヒーリングっどプリキュア 再開 待ってたよヒープリ
再・開・記・念


  • ひなたが「あたしなんてプリキュアもやめそうなのに」と言い出し、のどかもちゆも妖精達も大慌て。強いメガビョーゲンを倒しても、さらに強いバテテモーダは現れるし、優秀な兄姉に比べて自分は習い事も長続きせず、ジュースの味も姉には及ばないとあって、「なんか、頑張る意味あるのかなとか思っちゃって」と、すっかりひなたは意気消沈していた。
  • メガビョーゲンが出現。発する静電気であちこちの機械が故障し、のどかの母・やすこの務めるすこやか運送でもベルトコンベアが動かなくなるなど、街は混乱に陥っていた。しかしラテの心の声を聞いてもメガビョーゲンは次々と移動しており、居場所がわからない。ひなたは「聞いても意味なくない?行っても見えないし、どうせまた逃げられるし」とネガティブになっていたが、姉のめいがワゴン車に閉じ込められたと聞いては、さすがに必死に助け出そうとする。
  • そんなひなたに対し、のどかは「あきらめずにメガビョーゲンを探そう。めいさんを助けるんだよ。ひなたちゃんのジュース美味しかったよ。めいさんのお店のジュースとは違ったかもしれないけど、美味しかったよ。ひなたちゃんが作ってくれたって聞いて、わたしうれしかった。意味なくなんかないよ」と懸命に励ました。その言葉で、「例えすぐに結果が出なくても誰かを喜ばせられるのなら、頑張る事には意味がある」と気付いたひなたは立ち直り、メガビョーゲンを浄化した。

■第14話
  • 健診の結果、「本当に病気だったとは思えないほど健康」と太鼓判を押され、のどかも両親も大喜び。早速「すこやかフェスティバル」に出かけ、ちゆやひなたと楽しいひと時を過ごす。
  • 祭りの会場ではすこやか市名物のすこやかまんじゅうが大人気だったが、蒸し器が故障するアクシデントが発生。まんじゅう屋の主人が困り果てていると、商店街の人々が協力を申し出て、あちこちの店で手分けして作る事で無事間に合った。この町では昔から、病気やトラブルに見舞われる度に、みんなで協力して困難を乗り越えてきたという話を聞き、のどかは自分が元気になれたのは、町の人々からパワーをもらっているおかげではないかと思う。
  • そんな折、メガビョーゲンが出現。機動力の高い敵に手こずりながらも、グレースは調子に乗るバテテモーダの顔面にドロップキックを食らわせ、「ここはすこやか市のみんなが作り上げたお祭り会場なの!色んなトラブルにもめげずに歩んできたこの町の元気がつまってる!」と奮起してメガビョーゲンを撃破した。

バテテモーダにグレースキックがクリーンヒット!


  • 救い出された風のエレメントさんは、「プリキュアに会うのは久しぶり」と言う。かつてテアティーヌをパートナーとし、ビョーゲンズと戦った先代のプリキュアは、はるか昔のこの町に住む女の子だったのだ。のどかは「わたしもいつかそんな風に、みんなを元気にするプリキュアになりたいな」と彼女に思いを馳せた。
  • 祭りは再開され、賞品のすこやかまんじゅう目当ての妖精達に後押しされたのどか達は、大声コンテストに出場する事に。「わたしすっごく…生きてるって感じ~!」と叫んだのどかが見事優勝。賞品のすこやかまんじゅう100個を手に入れ、元気でいられる今の感謝と喜びを噛みしめながら、みんなで頬張るのだった。

元気発見!
世界の中心で生を叫ぶ



■第15話

  • 音楽の授業で使うリコーダーを忘れてしまい「先生に謝るしかないか……」困っていたところ、「その必要はないラビ!」と現れたラビリン達が届けてくれて大喜び。ここまではいつも通り仲良しののどかとラビリンだったが、その帰途にラビリンが見かけたラベンだるまちゃんによって思わぬ事態が発生する事に。
  • その夜、ふと目を覚ましたラビリンはあるチラシを眺めて悦に入っていたところ、のどかに見られてしまい、びっくりして思わずたけしややすこも起き出してくる程の大きな声を出してしまう。慌てて取り繕ったのどかが何を見ていたのか尋ねると、そのチラシはハーブ専門店「ハーブガーデン」のものだった。
  • 昼間、ラビリンは「ハーブガーデン」の前を通りかかった際に、そこのマスコットキャラ・ラベンだるまちゃんが「可愛いラビ!」と一目で気に入っていた。一方、その独特のデザインを見たニャトランとペギタンは「はぁ?本気か?」「可愛くないペエ」とバッサリ。恥ずかしくなったラビリンは「冗談に決まってるラビ!こんなの可愛いなんて思う訳ないラビ!」と誤魔化してその場を立ち去っていた。そして今、ラベンだるまちゃんに見とれていた姿をのどかに見られてしまい、笑われるかもと怯えるが…
  • のどかは「ちょっと可愛いね」と言ってくれた。喜んだラビリンは、店のイベントに参加してスタンプを集めれば、ラベンだるまちゃんのぬいぐるみがもらえる事を教え、引き受けたのどかは次の日からせっせと「ハーブガーデン」に通う。
  • そしてスタンプを6個集めてぬいぐるみを手に入れ、ラビリンは満面の笑顔。ところが、買い物帰りのひなたとニャトランに出会ったのどかは「今日、一緒にイベントに行ってもらってきたんだ」と無邪気にぬいぐるみを見せびらかす。うろたえるラビリンにも気付かず、さらにニャトランが「ああ、あのダサいぬいぐるみじゃん!ラビリン、この前はあんな事言ってたのに、ハマったのか?」と追い討ちをかけてしまった。

ラベンだるまちゃんだよ~いいでしょ~♪


  • 恥ずかしさで居たたまれなくなったラビリンは「こんなの好きじゃないラビ!」と、心にもない事を叫びながらぬいぐるみを地面に叩きつける。さすがののどかも愕然となり、「何するのラビリン!」と怒って言い争いになるが、もはや引っ込みがつかなくなったラビリンは「ラビリンはそんなの別に欲しくなんかなかったラビ!ひどいのはのどかの方ラビ!ラビリンは嫌だったのに!」と嘘までついて逆ギレしながら逃げ去ってしまう。
  • いったい何が起こったのかわけがわからぬまま家に帰ると、ラビリンが先に戻っていたが、背を向けたままヒーリングルームバッグに閉じこもってしまった。やむなく寝ようとしても眼が冴えて眠れないのどかは悩む。「何だろ…体調悪いわけじゃないのに…こんな気持ち初めて……初めて?…そっか、わたし…初めてお友達と喧嘩したんだ…」
  • ひなたから話を聞いたちゆと3人で登校しながら、原因はラビリンがそのぬいぐるみが好きだとニャトラン達に知られたくなかったらしい事とわかり、「のどかっち、別に悪くないし。好きなものは好きって言いたいじゃん?」「たぶんどちらが間違ってるって話じゃないのよ」と励まされても、のどかの心は晴れない。ラビリンの方もニャトランとペギタンに謝られた上で、「のどかとちゃんと話せよ」と勧められるが、頑なに心を閉ざしたままだった。
  • そんな折、メガビョーゲンが「ハーブガーデン」に現れる。喧嘩している場合ではないと、仲間たちとともに変身しようとするが、のどかとラビリンだけはキュアタッチをした時に拒絶反応が起き、変身に失敗する。二人の心がすれ違っているために変身できなくなってしまったのだ。この時、何時ものように流れた変身BGM、バンク映像が中断されたが、他の仲間たちはBGMが無いまま変身バンク通りに変身を完了し、名乗りまで挙げるという演出となっている。
  • やむなくフォンテーヌとスパークルが戦っている間に、ラテを連れて避難する。何とかしようとは思うものの、のどかとラビリンの間には気まずい空気が流れるばかり。その時、何か言いたげだったラテが、珍しく怒った顔で「ワン!」と吠えた。素直になれない二人を叱ったのだ。

怒る!


  • 「ごめんね…」「なんでのどかが謝るラビ?」「ラビリンの気持ちわかってなくて…」ラビリンは目を逸らそうとするが、ラテににらまれてようやく向き直った。「のどかは全然悪くないラビ。言ってもないのに、勝手にわかってもらった気になって…一人で勝手にムカッとしたラビリンが悪いラビ…なのに、のどかに謝らせちゃって…ごめんなさいラビ!のどかはもう、ラビリンの事嫌いになったかもって思ったらずっと言えなくて、すっごく苦しかったラビ…」「わたしもだよ…喧嘩した時よりも、その後一人でずっと悩んでた夜の方がつらくて嫌だった。嫌いになんかならないよ!わたし、ラビリンと友達やめたくない!ラビリンは?」「そんなの…一緒に決まってるラビ!」「よかった…」二人の思いは同じだった。仲直りして握り合う手から眩い光がほとばしり、変身する力を取り戻したのどかとラビリンはキュアグレースとなって、メガビョーゲンを退ける。
  • その後も「ハーブガーデン」に通い続け、のどかは2個目のぬいぐるみをゲット。達成感に満足しながらのどかはラビリンに話しかける。「ねぇ、喧嘩しないで済む方法ってないのかな?」「それがわかれば苦労しないラビ」「うん…そうだよね…でも、仲直りの方法はあるからいっか」その時のどかの脳裏に浮かんだのはビョーゲンズか、それとも……

すれ違う
ヒーリングっど♥プリキュア 15話



■第16話

  • 「その木の下で友情を誓い合った友達は、永遠に友達でいられる」という伝説を持つ、すこやか市のプチ名所『永遠の大樹』へやって来たのどか達。ところが噂とはだいぶイメージが違い、大樹は真っ二つに折れ、枯れかかっているという有り様だった。そこへ現れた老人が、この木は以前の嵐で折れてしまい、もう寿命である事、近々伐り倒される予定である事を説明する。さらに老人は「永遠なんて信じるな」と言い捨てて去っていくが、のどかは老人が大樹を見つめる淋しげな目が気になっていた。
  • 木のエレメントさんに尋ねてみると、かつてその老人・ 城戸哲也は、友人の長野日出夫や杉崎史と一緒に、この木の下で永遠の友情を誓っていた。その後三人に何があったのかはわからないが、数十年経った最近、哲也は久しぶりにこの木を訪れて、毎日悲しい目で木を見つめているのだという。この木が伐り倒される前に、なんとか哲也を日出夫や史に会わせてあげたいというエレメントさんの願いを聞き届け、のどかは行動開始する。
  • エレメントさんの情報を頼りに、かつて三人の会話の中によく出てきたという喫茶店「純」を訪ねてみると、偶然にも日出夫と史が現れた。今は夫婦になっているらしい二人は、ずっとこの店に通い続けているらしい。しかし些細な事をきっかけにできてしまった心の溝は深く、大樹に行ってもらえないかと言うのどかの頼みにも、首を縦に振ってもらえなかった。
  • そして哲也の方も、「二人は『純』に毎日いるから会いに行ってあげて」というのどかの懇願を聞き入れず、「俺はもうすぐ街を出て、二度と戻らない。もう終わった事だ」と背を向けてしまった。「余計な事言っちゃった…」と落ち込むのどかは、「怖くなったの。いつかわたし達も友達でいられなくなっちゃう日が来るんじゃないかって」と不安を口にするが、それを打ち消そうとちゆとひなたは『友情の誓い』を提案する。笑顔になったのどかはちゆやひなたと手のひらを重ね、「わたし花寺のどかは大樹に誓います」「沢泉ちゆは誓います」「平光ひなたは誓います」、そして三人は声を揃えて「永遠に友達でいる事を!」と宣誓した。

ヒープリ第16話


  • 次にのどか達は「永遠の大樹ありがとうフェス」という催し物を開く事を計画する。聞きつければ、きっと哲也達三人が大樹の下に集うのではないかと考えての事だった。担任の先生を説得し、チラシやポスターを作って、張り切って宣伝に勤しむのどか達。その甲斐あってフェス当日は多くの人が集まり、その中には哲也や、日出夫と史の姿もあったのだが……
  • 事もあろうにバテテモーダが大樹をメガビョーゲンに変えてしまう。帰りかけていた哲也は血相を変えて「出ていけ!ここは…この木は…俺達の場所だ!」と食って掛かった。そこに日出夫と史が駆け付け三人は数十年ぶりの再会を果たす。メガビョーゲンは彼らを容赦なく攻撃しようとするが、プリキュアが立ちはだかった。安堵したグレース達は「今度はわたし達三人の友情を見せる番!」と力を合わせてメガビョーゲンを浄化した。
  • 戦いは終わったが、いくら呼び掛けても木のエレメントさんの返事がない。メガビョーゲンに蝕まれて寿命が尽きてしまったのか…?だが哲也達が戻ってきて、史が指さした先には、枯れ木と思われた大樹の中に、一本の若芽が芽吹いていた。永遠の大樹は新たに甦ったのだ。「久しぶりに『純』のコーヒーが飲みたくなったんじゃないか?」との日出夫の誘いに、もはやわだかまりの解けた哲也は快諾し、のどか達もお礼にパフェを御馳走してもらえる事に。そして笑顔で去って行く一同の後姿を、新たな生命に宿った木のエレメントさんが「みんなの友情の誓いが永遠になりますように」と見送っていた。

永遠の大樹の下で



■第17話

  • ちゆが実家の手伝いをすると聞き、ひなたと一緒に盛り上がる。ところがこっそり覗きに行ってみると、帰ってきたちゆは浮かない顔をしており、「わたしも2人にちょうど会いたかったから」と呟く。何か悩んでいると察したのどかは、ちゆを砂浜に連れ出した。
  • ちゆは海に向かって「エミリーさんを笑顔にしたーい!」と大声で叫ぶ。エミリーという女の子の心がわからず悩んでいたのだった。打ち明けて少しスッキリしたちゆを見て、ほっとしたのどかは「ちゆちゃん、海好きだもんね」と笑顔。その相手を思いやる言葉は、ちゆがエミリーの心を開くヒントとなった。
  • 戦闘ではメガビョーゲンに踏みつぶされそうになるフォンテーヌを助け、一緒にプリキュア伝統芸を披露。

■第18話
  • ニャトランが日下織江という女性に一目惚れし、「心にズッキュン」来てしまったという。「ズッキュンってどういう意味かな?」「たぶんキュンよりもずっとキュンって事じゃないかしら?」と、のどかはちゆとヒソヒソ。ラビリンやペギタンは、パートナー交代かと大慌て。
  • 織江のアロマショップを訪ねてアロマに関する説明を聞くが、キャンドルの炎を見つめる織江のどこか淋しげな表情が、のどかは気になった。
  • その表情の理由は、彼女が結婚したばかりの夫・日下炎と、彼の仕事の都合で同居できていない事によるものと知って納得。
  • ビョーゲンズとの戦いのあと、ラビリンに「スパークル交代の事、心配してなかったラビ?」と聞かれるが、「二人なら大丈夫って信じてたもん!」と笑顔ののどか。さすがです。

■第19話
  • ラテの体調不良は疲れがたまっていたところに風邪をひいたものと判明。皆で看病をする事になる。ビョーゲンズが来ないようにと、ひなたと一緒に「ふわあ~!」と懸命に念を送る。

念を送ろう
ヒープリワンドロ 19話その2


  • この時ラテの心の声を聞き、「今までプリキュア達に助けられてばかり」と申し訳なさそうに語る彼女を諭す。その夜、バテテモーダがメガビョーゲンを召喚するが、体調不良が元でラテの検知能力が鈍り、結果的に初動対応が遅れてしまう。
  • 翌日メガビョーゲンの出現に気づき、ラテを置いていこうとしたが彼女の気持ちを察して連れていく事に。しかし時間が経過しすぎて、強大化したメガビョーゲンにプリキュアは大苦戦、3人とも捕まってしまう。それを見て、「わたし達のお手当ては強くないとできないのよ」という母の言葉を思い出し、意を決したラテは無茶を承知でメガビョーゲンに向かってゆく。
  • 何度も弾き返され、傷つき倒れたラテに「ラテ、やめて!」「死んじゃうよ!」と叫ぶグレース達。ヒーリングガーデンでは、テアティーヌがラテの危機を察知して立ち上がろうとしていたが、彼女自身もまだ力が戻っておらず、崩れ落ちてしまう。そしてラテはバテテモーダに捕まり絶体絶命。テアティーヌがガーデンの少女像に「お願い!どうかラテを守って!」と叫んだ時……
  • 突如、一陣の風が吹き、何者かがバテテモーダの手からラテを奪い取った。その姿はプリキュア、それもテアティーヌのパートナーだった先代のプリキュアそっくりだった。彼女は3人を救い出し、メガビョーゲンを軽々と翻弄、それを受けたグレース達はヒーリングオアシスで逆転勝利を収めた。
  • 広範囲が蝕まれた土地も全て元通りになり、バテテモーダは退散してゆく。さらに彼女は少女の姿に変わり、風のエレメントボトルを生み出してラテの傷をも治してしまった。彼女は一体何者なのか…?

■第20話
  • 謎の精霊少女の正体は、「ラテを守りたい」というテアティーヌの願いによって地球が生み出した存在だった。しかし彼女はラテを守るという使命に固執し、ヒーリングガーデンに連れ帰ろうとする。
  • 反対するラビリン達と押し問答になるのを押し留めたのどかは、「ラテはどうしたい?ママの所に行きたいなら、ちゃんとそう教えてね」と、ラテの想いを聞こうとする。しかしメガビョーゲンが現れたため、「お願い、精霊さん。ラテの話、ちゃんと聞いてあげてね」と彼女にラテを託してお手当てに向かった。
  • 前回倒した個体の欠片を埋め込まれてパワーアップしたメガビョーゲンとバテテモーダの猛攻の前に大ピンチに陥るが、「みんなと一緒にお手当てをしたい」というラテの強い思いに心を動かされた精霊少女がキュアアースとなって登場。メガビョーゲンと、強敵バテテモーダをも浄化した。
  • 仲間に加わった精霊少女の名前をつける事になり、「う~ん…アスミちゃん!どうかな?」と提案したところ、ラテが「ワン!」とうれしそうに鳴き、それを受けて彼女も「ラテ様がよろしいのなら」と了承。しかし「アスミちゃん」「アスミ」「アスミン」とちゆやひなたと一度に呼び掛けたところ、「どれがわたくしの名前でしょう?」と問い返されて「えーっと…!アスミ!アスミが基本でね」と慌てて説明する羽目に。ともあれ、頼もしい仲間がまた増えたのであった。

■第21話
  • 「じゃあ、わたしこっちだから」「じゃあ、また学校で」「うん、まったね~!」とそれぞれ帰途に就くのどか・ちゆ・ひなた。そしてその後ろでにこやかに道路に突っ立ったままの者が1名。慌てて戻ってきたのどか達の「どこに帰るの!?」という問いに対してアスミは「わたくしに家はありません、強いて言えば地球全体でしょうか」と平然と答え、「休む場所ならここで」と道路に寝転がろうとする。
  • さすがに放置できず、「わたし、何とかする!」とのどかが連れ帰る事に。両親に紹介する際、飾られていた風鈴から「風鈴アスミ」とネーミング。しばらく泊めてあげてよいかとお願いするが、「泊まっていただく事自体は構わないけど…しばらくってどういう事?」「まさか、家出か何かか!?」「お家の方は何て言ってるの?」「ずいぶん大人っぽいけど同級生?それとも学校の先輩かい?」「何にしても保護者の方に連絡しないと」等々、ズバズバと正論で問い質してくるたけしとやすこ。今までの桃キュア家は深く事情も詮索せずに居候させてくれたのに…花寺家は現実的。
  • 「違うの、違うの!アスミちゃん、ラテの飼い主なの!日本の事知りたくて海外から来たバックパッカーでね、旅の途中でラテとはぐれちゃったんだって!」と思いつきの苦しい設定を並べ立て、ようやく両親に信じてもらえて一安心。しかし言葉遣いはおかしく、箸も使えず、「わたくし、初めて食べ物を食べました」と言ったり、風呂も知らなかったりと、のどかはアスミのフォローと教育で大忙し。
  • 翌日ひなたの家に向かう途中、赤信号で立ち止まるが、アスミはそのまま進んでゆく。走ってきた車からかばってアスミは無事だったが、のどかは手をすりむいてしまった。まだ人間の心を理解しておらず、「なぜのどかはわたくしのために尽くしてくださるのですか?そういう風に生まれたのですか?」と尋ねるアスミにのどかは、「ううん、違うと思う。わたしね、いろんな人にたくさん助けてもらって、今こうやって元気でいられるの。それでわたしもいろんな人を助けたいって思うようになったのね。だから、そういう風に生まれたんじゃなくて…経験して変わったんだと思う」と答えた。のどかにとっては至極当たり前の事であったが、アスミにとってはまだ理解し難い感情のようであった。
  • ダルイゼンが生み出したメガビョーゲンは、グアイワルがメガパーツを埋め込んだために急速に成長していた。戦いの中、グレースはダルイゼンとやり合うが、パンチを左手で受け止めた時に苦痛の表情を見せる。それを見たアースは、先刻のどかが自分を助けた時に怪我をした箇所だと気付き、割って入ってダルイゼンを追い払う。体が自然と動いた彼女の中に、「お返しに人を助けたいと思う気持ち」が芽生えたのだ。そしてアースはヒーリングハリケーンでメガビョーゲンに勝利する。
  • ひなたの家のワゴンカフェで、アスミがのどかの家で暮らせる事を祝して乾杯。「このような経験もいつかわたくしに何か変化をもたらすのでしょうか?」と聞くアスミに、「うん、きっと!わたしも新しい事経験するの、すごく楽しみ!」と答える。生まれたてのアスミにはいろいろ振り回されるが、きっと同じくらい楽しい経験が待っていると期待するのどかだった。

■第22話
  • アスミに一人部屋をあてがう事になり、学校でちゆとひなたに「アスミちゃん、今朝はうれしそうだったなあ」と話すも、ちゆに「でも大丈夫かしら、家にアスミ一人で」と言われてちょっと不安に。案の定アスミは過保護が過ぎてラテとうまくいかなくなり、体が半透明になって消えかかるという騒ぎを起こす。
  • しかしちゆのおかげでアスミは『自分はラテが好き』という己の心を理解し、同時にラテの気持ちを尊重する事で和解できて一安心。「わたしも病気の時、お母さんにすっごく心配されてたけど、それだけ大切に思ってくれてたって事だよね」と、のどかは自分の経験からアスミの思いを推し量る。それこそが『好き』という事。美しい夕陽を眺めながら、アスミは「この世界にもわたくしの心の中にも、まだまだ知らない事がたくさんありそうですね」と呟いていた。

■第23話
  • ひなたにいろいろな服を着せられてもよくわからず、「『かわいい』とは何ですか?『好き』とは違うのですか?」と問うアスミに対し、「うーん、よく考えると『かわいい』と『好き』って似てるよね。でも何となく違うっていうか…」と真面目に考え込む。
  • ひなたが預かっている保護犬ポチットをドッグランに連れて行き、花の飾りを見せて興味を引いたりして、臆病なポチットと仲良くなろうと試みる。一方、「かわいい」が理解できないアスミはポチットも懐いてくれず悩むが、戦闘を通じてポチットとひなたの心のつながりがわかった事で、最後には通じ合えた。

■第24話
  • おおらか市の湖にハイキング。地面でさえずっていた雛鳥を見つけ、「巣から落ちちゃったのかな?怪我してるのかも」と手を差し伸べようとした時、「さわっちゃダメよ!」と制止する声が。現れたのは樹サクヤという樹木医の女性で、のどか達が知らない事をいろいろ教えてくれて、この湖周辺の自然を愛する彼女の姿に感銘を受ける。
  • ところが後日、おおらか市に謎の飛行物体が出現。ニュース映像でサクヤの姿を見たのどか達は至急向かおうとするが、現場までは2時間以上かかる。するとアスミがサクヤに対する思いの力でワープトンネルを開いてくれたため、一同は湖へ急行。
  • 現れたネブソックのスピードとパワーに手こずるも、さすがにアースは一枚役者が上で、軽くあしらう。しかしサクヤが倒れた木の下敷きになりかけて、アースは木を支えて彼女を救ったために身動きが取れなくなってしまう。そこをネブソックに狙い撃たれるが、今度はグレースがぷにシールドでアースを守り、「わたし達もっこが大好きだから絶対守らないとね!」と反撃、最後はアースがネブソックを浄化した。
  • 一件落着してさあ帰ろうとしたが、さっきのワープトンネルは連続使用できない事が判明。「電車賃足りるかな…」と心配しながらも、ひなたに「せっかくだからカフェ寄ってかない?」と誘われるとすぐさま「行ってみた~い!」とはしゃぐ、呑気なのどかであった。

■第25話
  • ペギタン主役回のため、ほぼ出番なし。ペギタンを連れ去ったのがりりという女の子と判明した際、ひなたの「まったく最近の若者は」という発言に、「わたし達も若者なんじゃ?」とツッコミを入れていた。

■第26話
  • 今回はプリキュアシリーズ初の総集編で、ラビリンとの馴れ初め話やコラボ技の回想が主。そして……。のどか本人は慌ただしそうにしていたが……

第27話
  • たけしが大学時代所属していた気球サークルの後輩達が大会に出場するとの事で、花寺家全員で応援に。かなりの早朝にも関わらず、みんなでお出かけとあってご機嫌なのどかだったが……。
  • 大会が終わった頃、のどかとラビリンはただならぬカラスの鳴き声を聞いた。森の中へ駆け付けると、カラスを相手にメガパーツの実験をしようとするダルイゼンの姿が。素早くグレースに変身して「何をしてるの!」と叫ぶが、ダルイゼンは「そうだ、キュアグレース……お前を使って育ててみるってのはどう?」と言いながら、飛び掛かる彼女の腹部にメガパーツを埋め込んだ。グレースは絶叫を上げてその場に倒れ、意識を失ってしまう。「グレース!グレース!」ラビリンの悲痛な声だけが空しく森に木霊していた……。

熱い想い



■第28話

  • アバンではいつも通り、「地球さん、今日はお加減いかがですか?」と元気に挨拶していたが、先週からの展開が展開なので「地球よりのどかのお加減が心配」「挨拶はいいから休んで」等の声が上がる。

責任感


  • 意識を失ったグレースは目を覚まさず、変身が解けてのどかの姿に戻ってしまう。必死に呼びかけるラビリンに対し、「いつ出てくるかはメガパーツとの相性次第。自分の意思じゃ取り出せない」と告げたダルイゼンは、駆け付けたフォンテーヌとスパークルの攻撃もかわし、「じゃ、頑張ってよキュアグレース」と冷笑と共に姿を消した。
  • たけしとやすこは「再発ではありませんように」と願いながら、のどかを病院に連れて行ったが、医師の診断ではやはり原因は不明。以前と同じ『謎の病気』が再発してしまったのだ。絶望に打ちひしがれながらも、二人は決して諦めないと決意したものの、「神様、どうかのどかを助けてください」と祈る事しかできなかった。
  • ベッドに横たわるのどかの傍らで、ラビリンは「どうしたらいいかわかんないラビ、巻き込んでごめんラビ」とうなだれて涙を流していた。そんなラビリンに対し、のどかは逆に「泣かないで、大丈夫だから…前は原因がわからなくて苦しかったけど、今はビョーゲンズのせいだって知ってる。それにラビリンがいるから頑張れる。わたし、絶対負けないよ」と気丈にも励ます。ところが、ラビリンの両手を握ったのどかの手が突然光り、のどかは苦しみ始めた。
  • そこに心配したちゆ・ひなた・アスミが現れた。何か言いたげなラテに聴診器を当てると「のどかの中でビョーゲンズが苦しんでるラテ」と言う。プリキュアの力が作用して、のどかの体からメガパーツを追い出そうとしているのだ。仲間が懸命に励ます中、ラビリンとのどかが「悪い悪いメガパーツ!のどかの体から…」「わたしの体から…」「「出てって!」」と声を合わせて叫ぶと、怪しい光がのどかの体から飛び出し、窓から外へ逃げて行った。
  • そしてベッドからのどかは起き上がり、体のあちこちをさすっても何ともない事を確かめる。さっきまでの苦しさが嘘のように消えていた。「うん、大丈夫…生きてるって感じ!」ラビリンと抱き合って喜ぶのどか。仲間達も大喜びでめでたし……と言っている場合ではなかった。一同は逃げたメガパーツを追いかける。

ヒーリングっど♥プリキュア 28話
ヒープリ28話


  • その先ではダルイゼンが待ち構えていた。「お前達も一緒に見なよ、キュアグレースの中で育ったメガパーツが、一体どんなテラビョーゲンに進化を遂げるのか」と言う側で、メガパーツは人の形へと変わっていったが、その顔かたちはダルイゼンとよく似ていた。「ダルイゼン、違う。ボク、ケダリー
  • 柔軟な身のこなしとアクロバティックな動きでプリキュア達を翻弄するケダリー。その戦いぶりを眺めながら、ダルイゼンの脳裏には生まれた時の記憶が甦っていた。「のどか、しっかり!」と叫ぶたけしとやすこの声、キングビョーゲンの号令に応じて宿主から飛び出し今の姿に成長した事、そして花畑で遊ぶ幼い女の子に取り憑いた時の事……「そうか…そういう事か…」
  • その間に、苦戦しながらもプリキュア達はケダリーを浄化した。余勢を駆ってダルイゼンをも浄化しようとするが、ダルイゼンの一撃で吹っ飛ばされる。そしてグレースに近づいたダルイゼンは「思い出したよ…オレを育てたのはキュアグレース、お前だって。メガビョーゲンの一部だったオレは、お前の中で成長してこの姿になったのさと衝撃の事実を告げる。

ヒーリングっど♡プリキュア


はしゃしゃり出て来てません

のどかが長年苦しんだ謎の病気は、体内にいたダルイゼンがもたらしたものだったのだ。驚愕するグレースに「全く面白い…ますます気に入ったよ、キュアグレース。また会おうぜ」と言い残してダルイゼンは去って行った。

グレースに生命の大切さを教えられるダルイゼン
多分投稿してなかった絵


逃げる前に捕まえて敗者に相応しいエンディングを見せないでください

  • 快癒した事を両親に告げるが、安堵しつつもたけしとやすこの表情は「またいつか倒れるかもわからなくて心配」と完全には晴れていなかった。そんな二人を力づけるようにのどかは、「大丈夫、もしもの時はまた戦う。一緒に戦ってくれるお友達もたくさんできたの。何度倒れてもわたしはもう負けない!」と明るい笑顔を見せた。両親に抱き締められながらも、のどかはダルイゼンの事を思い起こしていた。「ダルイゼンを育てたのがわたしなら…わたしが何とかしなくちゃ…!」

■第29話
  • ある早朝、ランニングに励むのどか。両親に「体力を付けたい」と説明、車の見送りを断る。窓辺からのどかを眺めるアスミも気になる様子。
  • 音楽の授業へ向かうのどか達。ひなたがリコーダーを落としてしまい、吹奏楽部に所属する菅原有斗に「大事にしろよ 傷1つで音が変わる 廊下を塞ぐように歩くのは 止めてくれないか」と指摘され、のどかはちゆに体当たり、有斗は吹奏の王子様だと説明するひなた、「水槽の王子様?人魚」とボケを噛ますのどか、ちゆも思わず爆笑。そこに同じ吹奏楽部に所属する金森ことえと合流、のどかが早朝にランニングする場面を目の当たりにしたと語る。
  • 昼休み、ご飯特盛弁当を広げ、「デカっ! めっちゃサイズアップしてない?」と驚くひなた、のどかは「いっぱい食べると元気になる」と説明。トランペットを練習することえと遭遇し、そこに有斗が現れ「クレームが来るから禁止」と指摘。
  • 学校の帰り道にアスミと遭遇。突然、アスミに「気分転換にどんなことをしたいですか?」と問われ、ラビリンに「最近ランニング頑張り過ぎラビ」、ペギタンに「少し控えて楽しく気分転換した方がいいペエ」、ちゆに「どれ位走ってるの?急に増やすと体に悪いわよ」、ひなたに「あーっ!急にお弁当が大きくなったのもそのせい?」と指摘され、のどかも収拾が付かなくなり「単にもっと鍛えなきゃって思っただけで…」とあたふたした。そこに、有斗とことえがトランペットを練習する場面を目の当たりにする。
  • トランペットを素体にしたメガビョーゲンが現れ、キュアグレースに変身。「少しでも突破口を……」とメガビョーゲンに接近するも、踏み潰されそうになりキュアアースの重量挙げによりピンチを救われた。「どうして焦るのです?」と指摘するアース、「私がダルイゼンを作り出した」「私がなんとかしなきゃ」と責任を感じるグレース。「あなたのせいではありません 自分を責める必要はないのです」とアースが励ました。

あなたのせいではありません


  • 戦闘後、アスミに「焦るのどかは心配 頑張るのどかは大好き」と励まされ、後日アスミと共にランニングに励んだ。

■第30話
  • みんなで動物園へ。動物に詳しい孝太という子供と知り合いになり、彼に園内を案内してもらう事になる。実は孝太は、担任の円山先生の息子だった。
  • 話す事や雰囲気、見たいものもバラバラなのどか達4人を見て、「キャラが違うのによく仲良くできるね」と不思議がる孝太。孝太は、秀一という友達と喧嘩している最中らしく、その秀一とばったり鉢合わせして「ライオンとトラのどちらが強いか」で口論を始めてしまう。意固地になる孝太を、のどかは昼食に誘った。
  • のどかはハンバーグセット、ちゆはピザ、ひなたはオムライス、アスミはハンバーガーと、またも4人はメニューがバラバラだったが、お互いに交換したりして楽しそう。それを横目で見る孝太に対し、円山先生は「キャラが違うからこそ楽しいって事もある。相手がいるから自分の世界が広がる。友達はいいもんだ」と諭した。
  • そんな折、ダルイゼンのメガビョーゲンが出現。円山先生が他の人々を救助するために園内に戻り、先に避難した孝太は、転んで逃げ遅れた秀一を発見する。肩を貸して一緒に逃げながら「オレ達キャラがばらばらだけどそれぞれ得意なものがある。今日一緒だったお姉さん達もキャラばらばらだけど楽しそうで…だからそういうのもありかなって」と秀一に今日感じた思いを素直に吐露した。秀一も笑顔でうなずき、2人は仲直りした。
  • その間にプリキュアがメガビョーゲンを浄化し、めでたし……とはならなかった。ダルイゼンと別行動を取っていたシンドイーネが、人間の実験台として孝太に目をつける。そして息子をかばった円山先生にナノビョーゲンが埋め込まれてしまい……。

■第31話
  • メガビョーゲンが再出現し、キュアスキャンしてみると、中にはエレメントさんではなく円山先生の姿が。シンドイーネが作り出したギガビョーゲンだった。その猛威の前に、グレース達は為す術もなく敗北する。
  • 勝ち誇ったシンドイーネが帰還したため何とか命拾いしたものの、動物園周辺の森は蝕まれ、動物達も怯えていた。その光景に胸を痛めるのどか達は、「お父さんが怪物に食べられた」と思い込んで泣きじゃくる孝太を見つける。「きっとプリキュアがお父さんを助けてくれる」と励まし、のどか達は港に出現したギガビョーゲンを目指して走って行く。
  • すこやか市全域を蝕むギガビョーゲンのパワーにはやはり歯が立たず、必殺のヒーリングオアシスすら弾き返されてしまった。今まで無敵だったアースさえも初めて絶望してしまうが、グレースとラビリンは「それでも…わたしはあきらめたくない…先生の…ビョーゲンズのせいで苦しむ人の気持ちわかるから…」「そんな大切な人の無事を祈る孝太くんの気持ち、わかったラビ」「ギガビョーゲンがどんなに強くても…」「ほっとくわけにいかないラビ!」と立ち上がる。その声で勇気づけられたフォンテーヌとペギタン、スパークルとニャトラン、そして挫けかかっていたアースもラテと共に闘志を取り戻し、一同は再びギガビョーゲンに立ち向かった。「わたし達はお手当てをあきらめない!」
  • その想いに応えたのか、全てのヒーリングボトルが合体してスペシャル・ヒーリングっどボトルが誕生、ヒーリングっどアローが作り出された。4人はスペシャルヒーリングっどスタイルに進化し、新必殺技・ファイナルヒーリングっど♥シャワーで見事勝利を収め、蝕まれた地域も、円山先生も元に戻った。

お手当てはヒーリングっど♥️アロー!


  • ヒーリングガーデンでは戦いの様子を感じ取っていたテアティーヌがプリキュアの成長を喜んでいたが、同時に嫌な胸騒ぎも覚えていた。その危惧通り、ビョーゲンキングダムでは何かを目論むキングビョーゲンが、不気味な笑い声を上げていたのだった。

■第32話
  • アバンでは初の4人揃って御挨拶。
  • とうじ主役回のため、出番少な目。部屋掃除を任された際、いきなり掃除機をかけようとするひなたに、「先に上の埃から落として、掃除機は最後でいいかも」と説明し、基本を踏まえていてちゆに褒められる。しっかりしてます。

■第33話
  • ひなたにゆめぽーとに行こうと誘われるも、「先約があるからごめん。大好きな人に会えるの」と断るのどかはそわそわした様子。学校の校門で待っていたその『大好きな人』とは、のどかが入院していた頃の主治医・蜂須賀先生だった。
  • まとまった休みが取れたため、元気になったのどかの顔が見たくなって、すこやか市までやって来たのだと言う。のどかと手紙のやり取りを続けていたため、ちゆ・ひなた・アスミの事もよく知っていた。ラテを追いかけて走り回るすっかり快復したのどかの姿を見て、先生は目を細めていたが…。
  • その夜、花寺家との食事会の席上でたけしややすこに「のどかがすっかり元気になったのも先生のおかげです」と言われた蜂須賀先生は、「実は今日は休暇ではなく、病院を辞めてきました」と打ち明ける。原因不明ののどかの病気に対し、何もできなかった医者としての自分の無力さを痛感したと言うのだ。
  • のどかの病の原因がわからなかったのは、現代医学では理解も対処も不可能なビョーゲンズの仕業だったからであり、決して先生の力量不足のせいではない。しかしそれを自分の責任と感じて先生がお医者さんを辞めてしまうなんて…。いたたまれなくなったのどかはラビリンに、「ビョーゲンズの事、蜂須賀先生に話しちゃダメかな!?お願いラビリン、先生は何も悪くないって…」と訴えるが、さすがにビョーゲンズの存在をテアティーヌへの相談もなしに簡単に打ち明けていいかどうかは決められないと、待ったをかけられた。ラビリンの立場も理解できるだけにそれ以上無理も言えず、のどかは途方に暮れる。
  • そんなのどかを散歩に誘った先生は、「僕はのどかちゃんにお礼を言うために来たんだ」と事情を語り始めた。実は病院を辞めたのは、外国の研究機関に転職するためでもあった。入院したのどかを担当したものの、原因がわからず、自分の無力さと不甲斐なさに彼は落ち込んだ。そして病気はなぜか快癒し、退院するのどかを見送りながら、「結局何もしてあげられなかった」と思っていたが、のどかから渡された手紙には、「いつも先生が励ましてくれたから、わたしは頑張る事ができました」という感謝の言葉が綴られていた。嬉し涙を流しながら、その手紙に励まされた先生は、のどかのように病気に苦しむ人々を助ける研究をしたいという思いが強くなり、海外へ旅立つ決意をしたのだった。「わたし、ちょっとだけ先生の役に立ててたのかな…」「ちょっとじゃないよ、すっごくだ!」お互いの言葉によって前へ進む事のできたのどかと先生は、固く手を握りあった。

ありがとう…先生


  • 翌日、のどか達に見送られて先生は出発する。「先生、またお手紙書きます。それで。もう少し大人になったらわたしが先生に会いに行きます」「ありがとう、楽しみにしているよ」と、のどかは快く先生を送り出したのだが…。

ヒーリングっど♥プリキュア 33話


  • その道中で先生はパワーアップしたダルイゼンに出くわし。ギガビョーゲンにされてしまう。駆け付けたのどか達は変身して戦闘突入するも、ギガビョーゲンのパワーの前にスパークル・フォンテーヌ・アースが次々と蹴散らされる。ダルイゼンは「フッ、そろそろあきらめたら?」と嘲笑するが、グレースは「絶対にあきらめない!絶対助ける!先生にもっとたくさんの人を助けてもらうために!」と単身立ち向かってゆく。
  • その姿を見て苛立ったダルイゼンは「人のために頑張って何になるんだ!自分の事だけ考えてる方が幸せだろ!」とグレースに直接襲い掛かる。だがグレースは猛攻を受け止めながら「あなたにはわからないかもしれない…だけど私達は、助け合ったり、支え合ったり、そうやって生きてるんだよ!」と叫ぶ。その間に立て直したみんながギガビョーゲンに反撃し、最後はファイナルヒーリングっど♥シャワーで浄化して先生を救い出した。
  • 意識を取り戻した先生は「しっかりしないと。のどかちゃん達に会えなくなったら困るからな」と気合を入れ直して走り去って行く。遠ざかる先生の車を見守りながら、のどかは決意を新たにする。「先生…先生みたいにわたしも頑張るね。ビョーゲンズからみんなを守れるように」

■第34話
  • 競技大会で優勝するも、その先の世界の舞台で戦う事など意識していなかったちゆは、彼女をライバル視する高美ツバサに「あなたのハイジャンはお遊び」と言われてしまい、「わたしだって真剣に、それなりの思いでやっているのに、どこがいけないの」と苛立つ。だがその話を聞いたのどかの「本当にちゆちゃんとまた勝負したかったんだね」と評する言葉で、ちゆはツバサのきつい台詞は決して悪意からではなく、自分をライバルだと思ってくれていたからだと気付く。
  • 何かに取り憑かれたかのように、何度失敗しても自己新記録に挑み続けるちゆ。息も上がり、ボロボロで苦しげにすら見える姿だったが、のどかは「でも…ちゆちゃん、すっごく楽しそうだよ」と微笑んだ。その見立て通り、ツバサの存在によって自分のハイジャンプに対する情熱を再認識したちゆは、世界を目指す事を決意した。
  • 思いを伝えるべく、ツバサのところへと走り出したちゆの後を、ひなたと共に走って追いかけるが、すこやか西中から陸上競技場まで走り続ける羽目になり、もうヘトヘト。しかし第1話の頃と比べると相当体力ついてます。

■第35話
  • ラテが「いつも頑張ってるのどか達を南の島に連れて行ってあげたいラテ」と望んだため、アスミのワープトンネルで一同は無人島へ。実は、ラビリンやラテは熱血スポ根アニメ『燃えよ、ビーバレ!』にはまっており、「南の島でビーチバレーをしたかった」というのが真の理由だった。
    • 放送日が12月6日だったけど舞台の無人島は赤道直下の南国なので12月は夏真っ盛りですという有無をいわさぬ設定で水着姿になる一行。しかし、のどかは終始Tシャツとショートパンツを着たまま。残念がるpixiv絵師からは、補完するイラスト投稿が相次いだ。

のどかちゃんの水着
水着のどか
センシティブな作品
水着のどか


  • ラビリン”コーチ”とラテ”カントク”の指導の元、ビーチバレー合宿がスタート。『青春』『スポ根』と聞き、「なんだかどっちも生きてるって感じ!」と目を輝かせるのどかは、ラビリンコーチにノリノリでついてゆく。
  • ちゆとアスミの激しい攻防に触発され、レシーブに挑戦しようとするも、目をつぶって空振りしたり、リバウンドしたボールを頭で受けて、なぜか全身砂に埋まったり。しかしすっかりビーチバレーに夢中ののどかは、「もっとラリーを続けられるようになりたい。手から手へボールがつながれていくのが楽しくて、ちゃんと受け止めてちゃんと返せるようになりたい」とラビリンに特訓を願い出る。
  • ところがグアイワルと鉢合わせ。すっかり『燃えよ、ビーバレ!』に感化されているグレース・フォンテーヌ・アースは、メガビョーゲンのヤシの実サーブ攻撃を真っ向からレシーブしようとして苦戦。「つなげなくていいし!よけて!」というスパークルの正論も耳に入らぬ熱血ぶり。
  • しかし、メガビョーゲンを猛特訓でしごいて鍛え上げたと自慢するグアイワルに対し、「選手の未来をつぶしちゃうラビ!」「ひどい!」「そんな歪んだ指導を、アスリートとして認める訳にはいきません!」「恐怖が支配する特訓なんて無意味だということをここで証明してみせるわ!」とグレース達は、完全に明後日の方向で怒り、円陣を組んで気合を入れ反撃開始。実りのエレメントで作り出したボールをみんなでつないでメガビョーゲンに叩き込み、久々のヒーリングフラワーで勝利した。

ヒープリ35話の戦闘


  • 最後はまたみんなで円陣を組み、「プリキュア!ファイ!オー!」。かくして南の島の熱い青春の1日は幕を閉じた。12月だったけど。

プリキュア~ファイ!



■第36話

  • 英語の小テストが84点で、結構優秀な部類である事が判明。100点満点のちゆを見て、「ちゆちゃんすごい!部活も大変でしょ?もしかして徹夜?」と、ありがちなリアクションをする普通の子・のどかに対し、「授業を真面目に聞いていれば、徹夜までしなくても」と事もなげに答えるできる子・ちゆ。そしてできない子・ひなたは32点で「不公平だ…夜中まで勉強してもダメだった可哀そうな子もいるんですよ~」と、魂の抜けたような顔(ただし実態は、単なる集中力不足による自業自得)。
  • 平光家で勉強会。"Satisfaction"という英単語の覚え方について「サティスさんっていう外国の人が、『ファクション!』ってくしゃみをしているビジュアルが思い浮かばない?くしゃみをするとすっきり満足するでしょ?だから『Satisfaction』は『満足』って覚えられるよ」という連想式暗記法をひなたに指南する(ニャトランは「そんなやり方で本当に覚えられんのかよ?」と疑問を呈していたが、昔からある有名な記憶術)。しかし雑念が入りやすいひなたは、どんどん勉強と関係ないものばかり連想してしまうため、効果なし。なお、これもある種の駄洒落だがちゆの笑いのツボには嵌らなかったらしく、呆れ顔をされている。

■第37話
  • 美術の時間、お互いの顔をスケッチ。ひなたの笑顔の特徴はよく捉えている…ものの、画力は微妙?
  • 戦いが終わった後、ダルイゼンは「残された時間をせいぜい楽しむんだね」と捨て台詞を残して退散していった。のどか達は与り知らぬ事だが、今日ラビリン達は「お手当てが終わったら、人間界にいる必要がなくなる。みんなと一緒にいられなくなるのでは」と悩んでいた所に、ダルイゼンから「だったらお手当てをしなければ、ずっとプリキュアといられるんじゃないの?」という言葉を投げかけられ、心揺れながらも戦いに臨んでいたのだった。
  • そんな複雑な思いを押し殺しつつ、「来年こそはみんなで一緒に秋を楽しもう」とのどか達と談笑するラビリン・ペギタン・ニャトラン。一方、ヒーリングガーデンでは戦士レイオントライン、そしてテアティーヌが、来たるべきビョーゲンズとの戦いに向けて、人間界に行く準備を進めていた。決戦の時は迫りつつある…。

■第38話
  • ハイジャンと女将のどちらを取るべきか悩むちゆは、授業中も考え込んでいた。その姿を見たのどかは心配そうな顔。
※決してのどかの顔に見とれていたわけではない…はず

ちゆちゃんが見ている。


  • ニャトランに解説してもらい、ちゆの今の心境がよくわかった。みんなで考え込んでいる時、ラテが反応したのは、第8話でちゆのために作った「空へ!限界突破!」の横断幕。当時はいなかったアスミにどういう意味なのか聞かれ、のどかは「自分で無理だと思ってる事を、頑張って乗り越える事かな」と解説する。その言葉でひらめいたペギタンは「ハイジャンも女将もどっちも頑張ればいい、ちゆならできるペエ」という答えを導き出し、ちゆの迷いを消し去った。

■第39話
  • ひなたが見た「ビョーゲンズを改心させて、すこやか市を平和にしたプリキュア達が表彰される」という夢を聞き、「でもそれ、本当に正夢になるといいね」と笑顔。まだ見ぬキングビョーゲンの話題になり、「王様っぽいんじゃない?」と想像図を描くが…例によって微妙な画伯ぶり。

のどか作キングビョーゲン


  • ゆめぽーとのタピオカフェアに行こうとみんなで待ち合わせしていたところ、ひなたから「グアイワルが開きっ放しにしている、ビョーゲンキングダムへの出入り口を見つけた」と連絡が入る。罠を危惧するちゆに対し、のどかは「でも確かにキングビョーゲンを浄化するチャンスだよね…」と積極的。結局、発見者のひなたが「これはチャンスだと思う」と強く主張した事で、一同はトンネルに飛び込む覚悟を決める。
  • ビョーゲンキングダムの地底で、遂にキングビョーゲンと遭遇。しかしさすがに手強く、キングビョーゲンはおろか、分身体にすら歯が立たない。倒れ伏したプリキュア共々、キングビョーゲンに弱さをなじられて、「半人前のラビリン達じゃ何にも守れないラビ」とラビリン達は涙を流すが、「一緒なら守れる、一緒なら負けない。だから頑張ろう、ラビリン」とグレース達は立ち上がった。

ヒーリングっど♥プリキュア 39話


  • そしてファイナルヒーリングっど♥シャワーでキングビョーゲンを浄化する。だが勝利の喜びも束の間、グアイワルが姿を現して…。

■第40話
  • キングビョーゲンを倒させるために、わざとプリキュアをビョーゲンキングダムに招き入れた事を明かしたグアイワルは、大量のメガパーツを取り込んでキンググアイワルに進化した。その圧倒的な力で叩きのめされたグレースはフォンテーヌもろとも変身解除に追い込まれ、アースの助けでかろうじて逃げ延びる。
  • キンググアイワルの猛威に一同が意気消沈する中、のどかは「もう一度浄化しに行こう。だって、放っておけないよ。このままじゃもっと悪い事が起きるかもしれない」と果敢に立ち上がる。すこやか市にグアイワルの魔手が伸びた事をラテが察知するも、戻る手段がなく、責任を感じたひなたが「全部あたしのせいだ。みんなに迷惑をかけてばかりで、あたしなんか何もしなきゃよかった」と泣き出してしまう。
  • しかしニャトランが「誰でも失敗はする。お前だってうまくいった時があった」と明るく励ます。ひなたは「そんなのない…」とうなだれるが、のどかが「あるよ。あの時ひなたちゃんが呼んでくれたから、エレメントさん達が応えてくれたんだよ」と、森の中で迷った時に、ひなたの叫びがエレメントさん達を呼び寄せて助かった時の事(第11話)を思い出させた。おかげでひなたは笑顔を取り戻した。
  • さっきの戦闘の際、スパークルのヒーリングフラッシュが当たった岩が部分的に浄化され、そこに穴が開いたとラテに教えられたのどか達は、もっと大きな穴を作れば帰れるかもしれないとプリキュアに変身する。ところがそうはさせじとダルイゼンが襲い掛かってきた。攻撃をかわしながら4人はファイナルヒーリングっど♥シャワーを放ち、開いたトンネルに皆は次々駆け込むが、グレースが入る前にダルイゼンが闇の波動を浴びせて浄化を打ち消し、たちまち穴は小さくなってゆく。それを見て「あーあ、置いてけぼりだ」と冷笑するダルイゼンが近づいてきた。
  • その時、閉じかけていた穴が再び大きく開いた。「何!?」と驚くダルイゼンはグレースをつかまえようとするが、一瞬早くグレースは穴に飛び込んで人間界に帰還する。空振りに終わった自分の手を見つめ、ダルイゼンは「フン…」とつぶやいていた。

後悔


  • 人間界側から3人がヒーリングエネルギーを放出して穴を広げてくれた事で、グレースは脱出できたのだった。抱き着くスパークルと共に無事を喜ぶも、大量のメガビョーゲンによってすこやか市が蝕まれていた。グレース達は休む間もなくお手当てに向かってゆく。

■第41話
  • メガビョーゲンを次々浄化するプリキュア達。まだギガビョーゲンが残っていると知り、森林公園へと向かう。公園に避難した人々に迫るギガビョーゲンを止めようとするも、キンググアイワルが襲い掛かってきた。さらにダルイゼンとシンドイーネまでもが現われ、各個撃破された4人の変身は解けてしまい、絶体絶命の大ピンチに陥る。
  • キンググアイワルは高笑いしながら「遂にこの手でプリキュアを倒す時が来た!別れのセリフは決めていた!じゃあな、プリキュア!かばよ!」とトドメの一撃を放とうとする。ところがその体は突如現れた闇に呑み込まれてしまう。「『かばよ』じゃなくて『あばよ』でしょ。最後の言葉まで間が抜けてるわ」と冷笑するシンドイーネと、思わぬ展開に愕然となるダルイゼンの目の前で闇は膨れ上がり、巨大な怪物が出現した。「我はキングビョーゲン。ビョーゲンズの真の王である」
  • グアイワルの裏切りを把握していたキングビョーゲンは、自分の一部をプリキュアに倒させて油断させ、キンググアイワルへと進化した彼を取り込む事で、復活の早道としたのだった。「我の挨拶はここまでだ。復活の祝杯代わりにお前達は余興を見せてみよ」と、キングビョーゲンはギガビョーゲンに力を与える。再変身したプリキュアはギガビョーゲンを浄化するが、その間になぜかキングビョーゲン達は姿を消していた。
  • とりあえず危機は去って一同はほっと胸を撫で下ろすが、気付けばいつの間にか夜になっていた。怪物出現ですこやか市全体が大騒ぎになっていた時に連絡の取れなかった4人はそれぞれの家で油を絞られつつも安堵される。ひしと抱き締めるやすこと、嬉し涙を流すたけしの姿に、のどかの目にも涙が浮かんだ。
  • 翌朝、プリキュアをやっている事で両親を心配させた後ろめたさを感じつつも、地球のお手当てをする決意を新たにしたのどかは日課のジョギングに出かける。するとその途中で、傷ついたダルイゼンが現われて「見つけた…いいからよこせよ、その体!」と言い出した。グレースに変身するも、彼は満身創痍で戦える状態ではなく、明らかに様子がおかしい。
  • 「もしかして…キングビョーゲンにやられたの?グアイワルを取り込んだみたいに、また仲間を?」グレースの推察通り、ダルイゼンはキングビョーゲンに自分の一部となるように命令され、命からがら逃げてきたのだった。彼は必死に這いずりながら、グレースに訴えた。「助けてくれ…このままじゃ…オレはオレじゃなくなる…消えてなくなる…!」逡巡するグレース。その顔は、ダルイゼンの次の言葉でひきつった。「頼む、キュアグレース…お前の中にオレを匿ってくれ…」

ヒーリングっど♥プリキュア 41話


  • 「お前はオレを育てた宿主だ、お前の中ならきっとこの傷は癒える…キングビョーゲンに見つからずに回復できる…頼む、助けてくれ…キュアグレース…!」息も絶え絶えになりながら、ダルイゼンは哀願した。もし彼が体に入ったら、また苦しい闘病生活に逆戻りするのでは?そもそも今までの所業を考えれば勝手すぎる言い分だし、助ける義理などあるのか?しかしこんなに必死の相手を無下に見捨ててよいのだろうか?それにキングビョーゲンに取り込まれてしまったら、ますます手が付けられなくなるのでは?……グレースの心は千々に乱れる。だがダルイゼンに手首を掴まれた次の瞬間、グレースは悲鳴を上げてそれを振りほどいてしまっていた。
  • 仰向けに倒れ、起き上がる気力もないダルイゼンに背中を向けて、グレースは走り出した。後ろからダルイゼンの恨みの声が聞こえてくる。「お前、オレに言ったよな!?自分さえよければいいのかって…!」そうだ、確かに言った。確かに以前グレースは、ダルイゼンの仕打ちに対して『自分さえよければいいの!?』と言った事があった。でも、だからって…。恐怖、嫌悪、不安、後悔、後ろめたさ等々、様々な感情が頭の中で渦巻いて収拾がつかない。顔面蒼白になって逃げ去ってゆくグレースの背中に「結局、お前も同じじゃん!」というダルイゼンの悲痛な叫びが突き刺さる…。

忍びよる



■第42話

  • 花寺家の朝、のどかは暗く沈んだ顔で食事にもほとんど手を付けない。「体調が悪いのなら学校を休めば」と心配する両親やアスミに、「ちょっと怖い夢を見ただけ」と無理矢理笑顔を見せて学校へ向かう。唯一事情を知るラビリンは、心配げに後を追って行った。
  • ちゆとひなたはお弁当を食べながら、今日ののどかは何か様子がおかしいと話し合う。閉まっているドアにぶつかったり、何もないところで転んだり、理科の時間にリコーダーを吹いたり、弁当を忘れてパンを買いに行ったりと、普通の子・のどかにしては例年の桃キュアを髣髴させるようなドジっ娘ぶりであった(ニャトラン曰く「ひなたならともかく」)。

理科にリコーダー


  • ところがラビリンによれば、ちゃんと弁当を持って出かけたという。きっと何かあって悩んでいて、暗い顔で自分達を心配させたくないから、あえて避けていると察したちゆとひなたは、「のどかはあなたになら話せるんじゃないかな、ずっと一緒にいたパートナーなんだから」とラビリンの背中を押して託した。
  • 帰宅後も部屋で沈み込んでいるのどかにラビリンは、「のどかは優しいラビ…のどかは本当はダルイゼンを助けたかったラビ?地球をお手当てするラビリンのために助けなかったラビ?」と切り出した。しかし、「もしのどかが助けたいなら、ラビリンは一緒にダルイゼンを助けるラビ!ラビリンの事は気にしなくていいラビ」と言うラビリンに対し、「違う…そんな事じゃないの…わたし、そんな優しい子じゃない…」と声を震わせてうつむく。
  • 苦しかった闘病生活。強い気持ちを保ち、笑顔でいないとつぶれそうだから必死で頑張った。今の自分を作った大事な経験だとも思う。だが……「でも、それでも!かなう事ならもう二度と…あんな苦しい思い、もうしたくないよ…!」それは一人の人間・花寺のどかとしての偽らざる本音だった。
  • 涙を流すのどかにラビリンは、「のどかはダルイゼンを助けたいラビ?」と問い掛ける。そして「そうした方がよかったんだと思う…」と答えるのどかに、「そうじゃないラビ。のどかの気持ちを聞いてるラビ」と尋ねた。「無理…わたし、どうしても嫌!嫌なの!」「だったら助けなくていいラビ!悩む必要もないラビ!のどかが自分を犠牲にしなきゃいけないなんてそんな義理も責任もないラビ!のどかは十分頑張ってくれてるラビ、それはラビリン達がよーく知ってるラビ。もしのどかに何か言ってくる奴がいたら、ラビリンがぶっ飛ばしてやるラビ!だからのどかは、自分の気持ちも体も大事にしていいラビ!のどかが苦しまなきゃいけない理由はひとっつもないラビ!」ラビリンの力強い励ましに、心が楽になったのどかの頬に嬉し涙が流れる。プリキュアといえど人間。神様でもなければ万能でもない。何もかも守れるわけでもないし、自分を犠牲にする必要もない。できる事をできる限りの範囲で、自分の思うようにやればいいのだ。「心の肉球にキュンとくるって、こういう事なんだね」

燃えろラビリン!


  • ラテが探知して駆け付けた展望台で暴れていたのは、いつものメガビョーゲンとは何かが違う異質な巨大怪物だった。のどかはそれがダルイゼンだと気付く。追い詰められたダルイゼンは一か八かで大量のメガパーツを取り込んだのだが、グアイワルと違って適合できず、理性を失って怪物化してしまったのだ。しかし正気を失くしていてもグレースの事だけはわかるらしいダルイゼンは、グレースの名前を呼びながら、「助けてくれ…こんなのはオレじゃない!」と救いを求めてきた。

ヒープリ42話のダルイゼン


  • しかし「お前だけが頼りなんだ…お前の中に…」と訴えるダルイゼンに対し、グレースは「そしたらわたしはどうなるの!いつまで!?あなたが元気になったらどうするの!?あなたはわたし達を、地球を二度と苦しめないの!?わたしはやっぱり、あなたを助ける気にはなれない!」と毅然と言い放つ。そう、ダルイゼンはのどかに対して謝罪の言葉一つなく、改心するとも言っていないのだ。たじろぎ、逆ギレするダルイゼンに、グレースは猛攻を加える。「あなたのせいでわたしがどれだけ苦しかったか…あなたは全然わかってない!わかってたら地球を、たくさんの命を蝕んで笑ったりしない!都合のいい時だけ、わたしを利用しないで!わたしはあなたの道具じゃない!わたしの体も!心も!全部わたしのものなんだから!」

ヒーリングっど♥プリキュア 42話
守らなきゃいけないもの


  • グレースだけではなく、地球の数多の命を蝕んで嘲笑ったダルイゼン。いかに同情すべき境遇であったとしても、己の身勝手さを思い知り、罰を受けるべき存在なのだ。ファイナルヒーリングっど♥シャワーを喰らったダルイゼンは「オレだって…オレの体も…心だって…!」と叫びながら浄化されるも、消滅せずに等身大に戻った。
  • そこに現れたキングビョーゲンはダルイゼンを取り込んでネオキングビョーゲンに進化してしまう。「地球のみんなの心と体…全部わたし達が守ってみせる!」と叫ぶグレースを、「これは面白い。ダルイゼンを見捨てながら、地球のみんなと全てを守ると言うか。ずいぶんな思い上がりだ」と嘲笑するネオキングビョーゲン。だが、心に痛みを感じながらもグレースは、「ダルイゼンを追い詰めたのは誰?あなたに言われたくない!そんな言葉には負けない!わたしは絶対あなたを浄化する!それがわたしの今の気持ちだよ!」と言い返し、敢然と立ち向かってゆく。

地球のみんなの心と体…全部守ってみせる



■第43話

  • ネオキングビョーゲンの猛威はすこやか市全体を一瞬で蝕んでしまった。プリキュア達の攻撃もバリアで弾き返され、変身解除してしまい大ピンチに。そこへ駆け付けたテアティーヌやヒーリングアニマル達が結界を張ってネオキングビョーゲンを抑え込んでいる間に、一同はアスミに助けられて逃げ延びた。
  • バリアを突破する手段として、アスミはビョーゲンズの力を自分の身に取り込むと言い出した。のどかは血相を変えて「ダメだよ!そんなのダメ、危ないよ!アスミちゃんに…ううん、誰にもあんな苦しい思いさせたくない!ダメ!絶対ダメ!」とアスミを止めようとする。誰よりも病気のつらさと苦しさを知っているからこそ、そんな危険な手段をアスミに取らせなくなかった。

誰にもあんな苦しい思いさせたくない・・だめ絶対だめ・・・


  • しかしアスミは、「わたくしの決意は変わりません。皆さんと過ごして重ねてきた経験が、今のわたくしを作っているのです。どんなに反対されてもわたくしは実行します。わたくしの心も体もわたくしのものですから」と決意を変えなかった。つい先刻、グレース=のどかがダルイゼンに対して言った「わたしの体も心も全部わたしのものなんだから」という言葉。それもアスミの確固たる決意の原動力になっていたのだ。
  • アスミの覚悟を受け止めた一同は、追いかけてきたシンドイーネを浄化。彼女の欠片を取り込み、「それではまいりましょう」と言うアースに、グレース達も「私達の町を、地球を、お手当てしに!」と続く。いよいよ決戦の時がやって来た。

■第44話
  • 必死でネオキングビョーゲンを抑え込むテアティーヌ。しかしネオビョーゲンの力が勝り、結界は破られようとしていた。そこへプリキュアが駆け付け、「今度こそあなたを浄化する!」と最後の戦いを挑む。
  • グレース達が攻撃をぷにシールドで凌ぎ、その隙にアースが技を放つ作戦は予想通り効果があって、バリアを崩す事ができた。しかしそれも束の間、ネオキングビョーゲンはとうとう結界を打ち破り、「我を抑えるものは何もない!我の勝利だ!プリキュアもヒーリングアニマルもみな我の養分となるがいい!」と高笑いしながら、プリキュア達やテアティーヌを体内に吸い込んでしまった。そしてその瘴気はあっという間に地球全体を蝕んでゆく。「ハハハハハ…全ては我が手に!」
  • 変身が解けたのどかはネオキングビョーゲンの体内で目を覚ました。仲間達は気を失ったままだ。ネオキングビョーゲンは、人間も含め、地球上の生命はどれかがはびこれば別の生命が絶滅するのが自然の摂理であり、「生きるという事は戦う事。戦いに勝った者だけが生きる事を許される。その勝者が我ただ一人であったというだけだ」と勝ち誇る。
  • のどかも「生きる事は戦う事…そうだね、わたしもそう思う。「わたしは病気と戦ったから、今元気でいられる。ちゆちゃんは未来の目標に向かってずっと戦ってて、だから毎日が充実してて…ひなたちゃんは自分の嫌いなとこと戦いながら、いつも笑顔でどんどん強くなって…アスミちゃんは戦いの中で生まれて、今もずっと大好きなラテのために戦い続けてる…ラビリンもペギタンもニャトランもラテも、故郷を離れて地球のためにずっと戦い続けてくれてる。わたし達、いつも何かと戦ってる、戦いながら生きてる、あなたの言う通り…」と呟き、それを聞いたネオキングビョーゲンは、敗北を受け入れたと思って鼻で笑うが、次ののどかの言葉で顔色が変わった。「…だからわたしは戦い続ける!」
  • 「今までと同じ…今まで以上に戦い続ける!勝つためじゃない、負けないために。わたしがすこやかに生きるために、大好きな人達がすこやかに生きられるように。他の全てを見下して、虐げて、奪ってくるあなたみたいな存在のせいで、悲しむ人が増えないように!」のどかは拳を握り締め、強い闘志を瞳に燃やして、敢然とネオキングビョーゲンに言い放った。まだあきらめてなんかいない。まだ戦いは終わっていないのだ。
  • ネオキングビョーゲンは「今更人間一人に何ができよう」と嘲笑うが、ラビリンが「できるラビ!あきらめない人が一人いれば、勇気づけられる人が生まれるラビ!一緒に戦う仲間が増えるラビ!」とのどかの熱い叫びに応えた。みんなも目覚めて、パートナー同士で手を取り合う。「一人じゃ難しくても!」「みんなで手を取り合って!」「あきらめずに!」「戦い続けます!」
  • その姿は、力尽き挫けかかっていたテアティーヌを勇気づける。さらに4人の声はすこやか市の人々の心にも届いていた。たけしややすこを始め、他の家族や町の人々、エレメントさん、動物達に至るまでみんなが願う。「わたし達はまだやりたい事がある!」「わたし達は生きたい!」「生きたい!」その生の願いに満ちた心のエネルギーは光の奔流となって世界中を包み、蝕みを押し返した。「何だ!?この生気に満ちた光は!」と苦しむネオキングビョーゲンの体内からのどか達は脱出する。
  • そしてのどか達の手元には、新たなヒーリングステッキが誕生していた。この星に生きる全ての命が、心の肉球にキュンときた、生きたいという叫びの結晶だった。「この星の全ての皆さんと!」「手と手をつないで!」「ハートをつないで!」「地球をお手当てするんだ!」叫んだ4人は再変身、怒り狂うネオキングビョーゲンの猛攻も跳ね返し、ファイナルヒーリングっど♥シャワーを炸裂させる。「この我が、見習いどもと人間なんぞに!」と最後の抵抗を試みるネオキングビョーゲン。しかし地球のみんなの思いを受け取ったプリキュア達の力が、それを上回った。「わたし達は!生きる事を!すこやかな未来を!あきらめない!」遂にネオキングビョーゲンは眩い光に呑み込まれ、「ヒーリングッバーイ…!」と絶叫を残して浄化、消滅した。同時に世界の蝕みが消えてゆく。地球は救われたのだ。
  • 勝利の喜びを噛みしめながらも、全ての力を出し切った4人の変身は解け、その場に倒れ込んで眠ってしまった。テアティーヌに促されたラテが癒しの光を放つと、眠るのどか達の顔に穏やかな笑みが浮かぶ。「ありがとう…優しくまっすぐな地球のお医者さん達」と、テアティーヌは心からの感謝を捧げた。
  • そして夜が明け、まだ眠り続けるのどか達4人を、それぞれの家族やすこやか市の人々が取り囲んでいた。彼らは全員、先刻の戦いの中で、のどか達がプリキュアであり、人知れずこの町やみんなを守り続けてくれていた事に気付いていたのだった。「知らなかったな、この子達がずっとわたし達を守ってくれてたなんて」「きっと何か重大な事情があって隠してたんだよ」「この子達の思いを尊重してあげたいですね」「今まで通り、何も知らないという事で」と口裏を合わせる事にしつつも一同は、テアティーヌと同じく心からの「ありがとう」の言葉をのどか達に贈った。おかげで翌日以降、のどか達は周囲の人々の妙に優しい態度に首を傾げる事になりましたとさ。
まあ、みんないろいろ思うところはあったという事で。

今週のヒープリらくがき


  • そして後日、のどか達はヒーリングガーデンに帰るラビリン達を見送る。ラテの傍にいたいアスミも人間界を去る事を決めていた。淋しがるペギタンをちゆが慰め、半泣きのひなたをニャトランが励ます中、ラビリンがのどかに語り掛ける。「のどか…」「なぁに?ラビリン」「お手当て手伝ってくれて本当にありがとうラビ。今度こそ元気で平和な日常を…すご…」みるみる涙が溢れるラビリンは、こらえきれずに号泣する。
  • 「危ない事に巻き込んじゃってごめんラビ!」と泣きじゃくるラビリンを、のどかは抱き締め、「ずっと心配してくれてたもんね…ありがとう。でもね、わたしね、大変だったけど楽しかったよ。ラビリン達と一緒に過ごした日々は本当に楽しくて新鮮で…わたし、生きてるって毎日感じてた。ラビリン達が一人でお手当てできるようになってパートナーが必要なくなっても、わたし達、お友達でしょ?」と答えた。ラビリンも笑顔になって「ラビ!ずっと友達ラビ!」と手と手でタッチを交わし、旅立ってゆく。

ヒーリングっど♥プリキュア 44話
大変だったけど…楽しかったよ。


  • その姿に手を振るちゆとひなたの瞳は潤んでいたが、のどかは輝く笑顔でみんなを見送った。わたしは泣かない。わたしは強くなったから。それにきっとまたいつか会えるから…。

「またね…」

すこやかな未来のために




■第45話(最終回)

ヒープリ最終回記念♪


  • キャリーバッグを引いて出かけるのどかを見送りつつ、「あーあ、ボクも会いたかったなぁ」「ほんと、あの子達、一体どんなところで暮らしてるのかな」とアスミとラテに会いたかったと残念がるたけしとやすこ。今日のどか達は約束通り、ヒーリングガーデンへ遊びに行くのだ。早速、ラビリン・ペギタン・ニャトランが大喜びで飛んできた。「レッツゴー、ヒーリングガーデンラビ!」
  • 到着したヒーリングガーデンは、絵本のように美しくファンタジックな世界だった。ヒーリングパレスに案内されたのどか達はアスミやラテとも再会し、少しだけど飛べるようになり、しゃべれるラテに相好を崩す。テアティーヌに謝意を述べられ、すこやかまんじゅうをふるまってヒーリングアニマル達とも仲良くできたかのように見えた。
  • しかしヒーリングガーデンの一角は、キングビョーゲンの侵攻時に蝕まれたまま。さらに、サルローという老ヒーリングアニマルは人間を嫌っており、「人間などビョーゲンズと変わらん。自然を破壊し、動物の命を奪う。生きる事には必要とはいえ、限度がある。ビョーゲンズだって、進化の果てがキングビョーゲンだ。俺に言わせれば、ヒーリングアニマルは人間だって浄化していくべきなんだ。この星のためにな」と厳しい言葉を投げかける。「キングビョーゲンにも言われた…人間もビョーゲンズと変わらないって。わたし達人間も、地球にひどい事してるんだよ…」とのどか達は悄然となって考え込む。
  • そんな中、なぜかメガビョーゲンが出現。どうやらのどか達が持ち込んだすこやかまんじゅうに、野生のナノビョーゲンが付着していたらしい。人質にされたヒーリングアニマルの子供達を救うべく、のどか達は変身して戦闘開始。しかし6個入り1箱のすこやかまんじゅうから生まれた6体のメガビョーゲンのチームワークに手こずり、「すこやかまんじゅうとは戦えません」とアースが戦意喪失したために苦戦に陥る。その上、サルローに「人間がナノビョーゲンを持ち込んだんだ。災いを持ち込むのはいつだってお前ら人間なんだ!」と罵られ、グレース達は途方に暮れる。
  • だがラテが「違う…ラテ…!」と必死に叫ぶと、空に開いた穴から1人の少女が降ってきてメガビョーゲンに命中した。その姿はプリキュア!?「あっ、こんにちは!わたし、キュアサマー!もしかしてみんなもプリキュアなの~?」サマーはメガビョーゲンに吹っ飛ばされて気を失ってしまったが、彼女がぶつかったはずみで人質が解放され、グレース達は反撃を開始する。
  • 「人間が地球にひどい事してるとか、あたし全然わかってなかったけど、でも今からでも遅くないよね!」「これ以上ひどい事にならないように、最悪の未来を避けるために、わたし達にも何かできるはずよ!」「そして少しでもすこやかな未来を…わたし達だけじゃない、地球のたくさんのみんながすこやかに生きられる未来にしたいから!」と叫びながら戦うプリキュア達。テアティーヌはサルローに「あなたの言う事もわかるわ。わたしもいざという時が来たら、人間を浄化する覚悟はあります。でも、人間に深く関わった者として言わせてもらうと、人間には未来を変える力があると信じたいの…わたしにはさっきの見慣れぬプリキュアの存在が、その希望のように思えるのよ」と訴えかける。その間にグレース達はファイナルヒーリングっど♥シャワーでメガビョーゲンを浄化した。
  • 意識を取り戻したサマーは、ラテが生み出したリングを「めっちゃトロピカってる!」と受け取って、再び空へと消えていった。のどかは騒ぎを起こしたことを謝罪しつつ、サルローに「わたし達、頑張ります。じゃあどうしたらいいかとか今はまだわからないけど…それでも!わたし達にもできる地球のお手当てを考えていきます」と誠意をもって決意を告げ、彼もようやく認めてくれた。3人は笑顔のヒーリングアニマル達に見送られ、ヒーリングガーデンを後にする。
  • 展望台から美しいすこやか市の景色を眺めるのどか・ちゆ・ひなた。これからはヒーリングアニマル達がいなくても、自分達にできる事を考えて、地球のお手当てをしていこうと、3人とも心に決めていた。

「帰ってきちゃったね」
「ええ…」
「これからもやる事一杯だね!」
「地球のお手当て、まだまだ続くもんね!」
「生きている限り、戦いは終わらないって事ね」
「うん…でも、そういうのも全部丸ごと…生きてくって感じ!」

3人の晴れやかな笑い声は、空へ、海へ、響いていくのだった。

ヒーリングっど♥プリキュア 45話



花寺のどかの裏側と成長

「経験」によって形成された人格

雙馬尾
だからって ほっとけないよ!


これまでのシリーズにおけるキュアには、性格面で"おバカ ""アクティヴ"などの気質が強い、どこか少年漫画チックな味付けがされたキャラクター像の子が多かったのに対し、のどかははこれまで基本的に白キュア青キュア黄キュアが担っていた穏やか系の要素を付与されている。天然気味ながらもおバカ要素は極めて薄く思考は割と常識人寄り、という「のどか(長閑)」の名に違わない"癒し系""ナチュラル"気質でありながら、その裏に確固たる信念と強い使命感を併せ持った性格、というシリーズ内でも非常に独特なキャラクター像となっている。(桃キュアの中で彼女に近いキャラクターには花咲つぼみがいるが、それでもそうした系統の主人公自体がここ20年のニチアサ全体で見ても結構希少な存在と言える。)

だが、物語の流れの中で明らかになることであるが、彼女のこのような性格は闘病生活という経験から生まれたものであり、のどかが病気に苦しまなかったならば、このような子にはならなかったであろうことが作中では強調されている。
のどかが闘病生活の中で優しさと強さを得たこと自体は総体的に作中では肯定的なものとして扱われているが、一方で「人間的に成長できたのだから病気になったことも良い思い出」のような言説を徹底的に否定もしている作品でもある。
過去は変えれないのでそれを受容して前に進むしかないが、その「受容」というのは悲劇を美化することではない、というのが終盤では強いメッセージとして現れている。

歴代のプリキュア主人公の多くは「未来」を見据えながら悩み成長するようなキャラが多かったが、のどかはどちらかといえば「過去」の経験をどう活かしていくかという脱却が主題に置かれている。過去と向き合うことが主題にされるのは歴代のプリキュア作品では多くが追加キュアに込められてきた属性である。上述の通り物語開始前の過去から敵と因縁があったという設定が主人公自身に課されたのも彼女が初めてである(未来で因縁が出来ていた先輩はいるが)。

のどか自身の成長と答え、その反響と考察

自分から生まれた影


(コロナ禍による話数短縮も響いてるとはいえ)最終決戦が大分近づいてきたにも関わらず、「自分を大事にする」「自分自身の本当の在り方を探す」という方面での成長話が一切と言っていいほど無く、ゆえに強い責任感から来る度が過ぎた自己犠牲精神も根本的にはほぼ改善されていないままであり、この点に関しては懸念を示されていた。
だが第41話ラストから、第42話では満を持して因縁の敵との関係性およびそれを通した彼女自身の内面描写にスポットライトを当てた展開となっており、彼女自身の成長が描かれた。
ただこの成長に関しては、従来のプリキュアに見られた、「例え敵であったとしても困っているのなら助ける」と言う形ではなく、「どうしても許せない存在とは決別する」と言う形であったことに多くの視聴者が意表を突かれ、
過剰な自己犠牲はただ己が身を滅ぼすだけ
許されない悪を許すことはただ別の被害を生む
と言う二つのメッセージからなるのどかの答えは、これまでのプリキュアにはなかった新たな答えとなっている。このテーマ性はきわめてインパクトが大きく、放映直後に明らかにこのエピソードを受けて「自己犠牲」というワード(否定の対象としてだが)がYahooでトレンド入りしている。

メッセージ自体には多くの視聴者が納得しながらも、その延長としての戦闘描写に対しては、「どこか優柔不断だった彼女が一人の人間として"助けない"ことを選んだその"成長"が窺える」などの賞賛の声の一方で、流石にやりすぎではといった否定的な意見もある。
後者はダルイゼンが本当に苦しんでいるように見えたこと、浄化の際の彼の叫び、などが大きな評価分岐ポイントになったと考えられる。(もっとも前後の台詞から、特にのどかの訴えについては賞賛意見寄りなポジティヴな解釈も可能であり、どう読むのかほぼ完全に各々視聴者の判断に委ねられた形となっている)。
この42話はある意味で「プリキュアとは何か」という原始的な問いを一人の少女を通じて我々に突きつけた回でもあるのかもしれない。

一方翌43話では、反射ではなく自らの明確な意志と根拠を伴って自己犠牲を働くアスミを通して、自己犠牲云々ではなく一番大事なのは自分の意思ということが示された形となった。

「「「「わたしたちは、生きたい!!」」」」

そして彼女たちは勝利した。
だが、人間とビョーゲンズの決定的な差は、どこにあるのか。それはのどかも最後まで答えを出すことができなかった。
そして後日談となる最終回では、それに対する明確な問題提起と、それでも未来への希望はあることを示し、これからも「健やかに生きていく」ために必要なことを考え続けなければならないことをのどかに自覚させ、「生きてって感じ!」といつもの口癖をアレンジさせた台詞で物語を締めた。

演者について

「これまで何度もプリキュアのオーディションは受けていたんです。ただ、わたし自身「プリキュアっぽくない」という自覚はあって……。だって、(プリキュアは)キラキラでかわいくて子どもたちに夢と希望を与えるけど、わたしは絶望しやすいから(笑)。それでも東映アニメーションさんのヒーロー・ヒロイン枠には憧れがすごくあって、オーディションを受けさせてもらえるだけでも御の字だと思ってたんです。」
2017年、本作より2年前のインタビュー記事より。

演じる悠木碧氏は2017年公開映画『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』のオリジナル敵キャラクター・クック役以来のプリキュアシリーズ出演で、TVシリーズでは本作が初出演となる。
クック役に選ばれた当時のインタビューでは、キュアショコラにハマったので1人の視聴者としてショコラ推しで楽しんで見ていると語りつつも、『プリアラ』より前はプリキュアシリーズからはあえて距離をとって意識的に視聴しないようにしていたこと語っている。実は悠木氏はプリキュアのオーディションを以前から何度も受けていたが落選し続けており、プリキュアと言う作品は自分には向かないと強烈な苦手意識を持つようになっていたのだと言う。
プリキュア作品をプリアラで初めて見ようと思ったのも、この時期はプリキュア役をもう諦めて、オーディションに参加しなくなっていたので気が楽だったからということ。
しかしクック役でプリキュアシリーズに関わった経験もあって心境の変化もあったのか、オーディションに再び参加して、主人公である桃キュア役を見事にゲットしたことになる。
のどかは幼少期からネガティブさを抱えてもおかしくない状況で生きてきたキャラクターであり、単純な明朗快活さとは異なる演技が求められるため、ある意味では「プリキュアらしくない」ところこそが刺さったのかもしれない。

とはいえ、今回のオーディションに参加した時の心境は「『わたしみたいなのが、本当にプリキュアでいいのだろうか?』という気持ちがありました。プリキュアになるための生き方をしてこなかったので……」参考2)とかなりネガティブ思考であったとも自虐している。
流石に思いつめすぎではというような気もするが、前年の主人公を担当した成瀬瑛美が「プリキュアになるための生き方」をリアルに実践し続け、「プリキュアにいつか絶対になる!」と信じ続けていたポジティブ思考だったことを考えると、ある意味では面白いほどに対極である。

公式サイトにあるキャスト発表時のコメントでは「プリキュアは、見るだけで夢や希望をチャージしてくれる、栄養剤のような作品です。わたしがプリキュアシリーズにハマったのは、大人になってからでした。子供の頃は呼吸するだけで生み出せていた希望ですが、大人になるとかき集めなければ手に入らなくなってくる」
と本音を述べたうえで、そんな自分がプリキュアの主役に選ばれたことを
「大変光栄に思いました。同時に、責任も感じました。多くの役者さんが受け継いできたタイトルのバトンを受け取る緊張感、一年かけて毎週観てくださる皆さんに夢と希望を伝えていける喜び、噛み締めつつ、丁寧に届けていきたいです。」
と抱負を述べている。

なお、劇場版ゲストからのレギュラーのプリキュア役起用は西村ちなみ氏(青木れいかキュアビューティ))、釘宮理恵氏(円亜久里キュアエース))、堀江由衣氏(十六夜リコキュアマジカル))、村中知氏(立神あおいキュアジェラート))に続き本作の悠木氏で通算5人目となった。

悠木碧さんがプリキュアになると聞いて


またニチアサキッズタイムで「悠木碧」の名義で声優として出演したのは仮面ライダーゴーストユルセン役以来4年振りとなる。
なお、悠木氏は声優デビュー前に子役タレントだったことはファンによく知られているが、その子役時代には仮面ライダー555のヒロインである園田真理の幼少期を演じている(当時は八武崎碧名義)。
ちなみに平成プリキュア最初のプリキュアであるキュアブラック/美墨なぎさ役の本名陽子も子役時代に仮面ライダーBLACKRXに出演しており、令和プリキュア最初のプリキュアを演じる彼女もまた子役時代に仮面ライダーシリーズに出演していたと言う偶然の一致も見逃せない。

因みに子役時代を含めると放送開始時点での悠木氏の役者歴は24年に及び、プリキュア声優ではトップクラスの長さである。

また、悠木氏はヒープリ最終話に登場したスズメのヒーリングアニマルのスズチュンの声も兼任していた事をオンライン感謝祭で明かした。

関連イラスト

センシティブな作品
『 La vie』 ~花寺のどか~


のどかちゃん
ヒーリングっど♥プリキュア_01



関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア  キュアグレース
ピンクチーム ピンクヒロイン
のどかっち
令和プリキュア
闇寺のどか
花寺のどかァ!

プリキュア内


キュアライダー


プリキュアスーパー戦隊シリーズ


その他(中の人繋がりなど)


主役キュア」タグ

星奈ひかる花寺のどか夏海まなつ

関連記事

親記事

ヒーリングっどプリキュア ひーりんぐっとぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「花寺のどか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14917573

コメント