ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「オイラはネブソックっていうんだぞ!」

CV:竹内栄治


概要

ダルイゼンメガパーツの力を見極める「実験」のために生み出したビョーゲンズの幹部(テラビョーゲン)。

巣立ちの練習をする「雛鳥」をメガパーツの宿主に選び、雛鳥の中でメガパーツが成長した後、宿主から分離して誕生した存在。

創造主のダルイゼンを「兄ちゃん(字幕では「にーちゃん」)」と呼ぶ。


元となった雛鳥はキビタキと思われるが元の姿や面影は無く、むしろカラスをそのまま人間のようにした外見になっている。

加えてオレンジ色の鬣のような髪とアイライン、臀部にサソリの尾と、ビョーゲンズ特有の外見特徴を備える。


鳥らしく空を飛び回り、翼で強風を起こしたり、羽根を飛ばして攻撃して来る他、上空からストンピングを繰り出す。

また、メガビョーゲン程ではないものの、汚染を撒き散らす能力を有し、ビョーゲンズ幹部の知能と、メガビョーゲンの汚染拡大能力を併せ持つ、ハイブリッドモデルめいた存在(侵蝕の度合いこそ浅いものの、持ち前の飛行能力により、侵食範囲自体はメガビョーゲンよりも早く広げられる)。

ただし、意外にもダルイゼンはネブソックが汚染能力を持つ点を「期待してたくらいの進化に達していない状態」として落胆していた(本人曰く「侵蝕の範囲が狭い」)。

この事実から種族としてのビョーゲンズの生態では、進化すると「自らの力で地球を蝕む」能力をは失う代わりに「地球を蝕むメガビョーゲンを自在に生み出し使役できる」ようになるようだ。


キュアアースにも多少の手傷を負わせており、彼女にまるで歯が立たなかったバテテモーダよりは、高い戦闘力を持っているのだが、素体がまだ満足に飛べない雛鳥だった為か、鳥でありながら高い所が怖くて苦手なのを弱点とする。

24 いま行きます!お手当てを風に乗せてお手当てを風に乗せて


人物

性格はビョーゲンズの例に漏れず攻撃的だが、同じく誕生したてだったバテテモーダと違って、言動はやんちゃで幼く一人称は「オイラ」。

また、素体が雛鳥子供だからか、ダルイゼンに誉められようと戦う、ダルイゼンに無視されると焦る等、悪い意味で承認欲求の強さが目立つ。


ダルイゼンを兄と慕った害鳥の最初で最後の決戦

第24話でダルイゼンによって生み出され、キュアグレースキュアフォンテーヌキュアスパークルを寄せ付けない圧倒的なスピードとパワーを見せつける。

しかし、それでもキュアアースには及ばなかったため、ダルイゼンに早々と失望されたのに焦り、羽を飛ばす攻撃で多少のダメージは与えたものの、最後は上記の弱点を知られたネブソックは半ばパニックに陥り、「自分が高所恐怖症じゃない」のを示そうと高高度まで飛ぶも、恐怖から目を回して落下した所をアースの技を受けてあっけなく浄化され、消滅してしまう。

尚、ネブソックの宿主にされた影響で倒れていた雛鳥は無事に回復した。

ネブソックヒープリ24話の戦闘


ネブソックの浄化後、ダルイゼンからは「生まれるのが早かった」と酷評されてしまった(ただし、ろくに飛べない雛鳥を素体に利用した、早々に見限り最低限の支援すら放棄した等々、ダルイゼンも敗因の一端がある)。

また、彼からは新たなメガパーツが抽出されなかった為、ビョーゲンズが所持するメガパーツは1個減少した状態になったが、ダルイゼンは今回の件を『メガパーツがもたらす変異の特性を見極める「実験」』と最初から割り切っており、ネブソックの敗北によって注意点(進化にかかる時間など)を洗い出せた為、メガパーツを無駄にしたとは思っていなかったようだ。


登場したその回で浄化されてしまったネブソックは、プリキュアシリーズの敵幹部としては珍しく、「今週の怪人」感覚で生み出された上に、歴代史上最短で退場した幹部となった。


余談

モチーフ

名前は『寝不足』が由来と思われる。

幹部の中では唯一「明確な症状」が名前の由来となっている。


演者について

演じる竹内栄治氏は『HUGっと!プリキュア』の野乃はなの祖父・庵野草介役以来のプリキュアシリーズ出演であり、同時に『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のマグーダ・ポーン以来2年振りのニチアサ出演となった。


関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア  ビョーゲンズ  メガビョーゲン

プリキュアの敵一覧


ダルネブダルイゼンとネブソックのコンビタグ。


???(ネタバレ注意):ネブソックの実験後に起きた衝撃的な事件。


???(ネタバレ注意):上記の事件にてメガパーツにより生み出されたネブソックの後輩…?


クローズ:強化形態・最終形態がそろってカラスを彷彿させる、黒ずくめな外見の先輩敵幹部。


悪い妖精たち:同じく「今週の怪人」感覚で登場した敵たち。


ゴーレムバッドエンドプリキュアジコチュー細胞マダムモメールキュアテンダーキラ星シエル若宮アンリ:ネブソックと同じく、1話分限定で活躍する敵たち。尚、テンダー、シエル、アンリは洗脳組。

関連記事

親記事

ビョーゲンズ びょーげんず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71990

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました