ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キュアアース

きゅああーす

TVアニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場するプリキュアの一人。風鈴アスミが変身する。
目次 [非表示]

『時を経て繋がる二つの風!キュアアース!(ワン!)』

CV︰三森すずこ


概要

キュアアースとは『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場する同作4人目のプリキュアで、風鈴アスミが変身する。パートナー妖精はラテ

イメージカラーは。紫キュアとしては、通算9人目となり、ルールー・アムールキュアアムール以来の紫の追加キュア

また、紫キュアが登場するのは4作前十六夜リコキュアマジカルから始まり5作連続となる。

さらに、プリキュアオールスターズとしては、通算64人目のプリキュアでもある。


2020年6月22日に公式サイトにて2020年夏に登場予定と発表され、キャラクターデザインも同時公開されていた。(参考

実際に本編に最初に登場したのは第19話(8月9日放送)。ラテがバテテモーダに捕まって絶体絶命の大ピンチに陥った際、一陣の風と共に突然出現してラテを救い出した。

ただしこの19話では「謎の戦士」という扱いでキュアアースという名前は出ず、エンディングクレジットでは精霊少女という名義になっていた。実際、この時点で彼女は自分はプリキュアであるという認識はなく、それどころか名前も存在していなかった。後述に詳しいが、彼女は地球の意思がラテを救うために今この瞬間に生み出した精霊であるため、ラテを救うということ以外の目的は持っていなかったのである。彼女がプリキュアとしての力を持つのは「先代のプリキュア」の姿と力を模して作られたからである。なので当初は彼女自身にはプリキュアとしての使命感は存在していなかった。

しかし翌週の第20話でラテは「自分を守るためではなく、かつての先代のように地球のお手当のためにその力を使って欲しい。そのために自分も力を貸したい」と彼女にパートナー契約を願い、それを受け入れた彼女はプリキュアとしての使命を受け入れ、「キュアアース」という名前を手に入れた。

この経緯によって、公式では第20話をキュアアースというプリキュアが誕生した回であるとしている。第20話の放送の直前に各種情報サイトに送られた予告情報では「キュアアースついに登場」と宣伝されている他、キュアアースこと風鈴アスミの誕生日は第20話が放送された8月16日とされており、プリティストアでは第20話放送直後にアースのグッズ展開が開始された。


上述したようにキュアアースは「先代のプリキュア」の姿と力を模したコピー的な存在である。

第19話でラテの危機を感じたテアティーヌが、先代のプリキュアに「どうかラテを守ってほしい」と真摯に祈りを捧げた際に、それを「地球の意思」が聞き届け、新たに生み出した精霊がキュアアースである(分かりやすく言えば地球の分身のようなもの)。

先代に姿が似ているのは「テアティーヌにとって一番頼れる存在」のイメージが具現化されたため。

その姿は本当に先代と瓜二つであるらしく、第19話ではラビリンは「先代のプリキュアが蘇った」と驚愕していたが、キュアアースはあくまで先代とそっくりなだけであり、かつてテアティーヌをパートナーとしてビョーゲンズたちと戦った先代キュアと同一人物ではない。そもそも先代のプリキュアは人間であったが、キュアアースは人ではなく精霊である。


なお、彼女本人がいうには、自身の精霊としての力は風のエレメントに属。ただし19話で自身の精霊の力を「風のエレメントボトル」に封じてラテに預けたため、ラテの承認を得てプリキュアに変身しない限りは精霊としての力は発揮できない(つまりプリキュアの姿にならない限りは身体能力はただの人間と変わらない)。


容姿

テアティーヌの中にある先代プリキュアのイメージを元に生み出されたキュアアースだが、その外見設定はなんと「20歳」とされている。そのため、初期メンバーに比べて全体的に大人のエレガントさを全面的に出した姿である。

ちなみに変身してない状態の風鈴アスミの外見設定年齢も20歳である。キュアアースは「プリキュアに変身することで大人っぽい姿に変わる」のではなく、最初から大人な人物が変身する大人プリキュアなのである。

(ただし、厳密な実年齢は「生まれたばかり」であるので0歳なのだが)


変身前は金髪だった髪の色が薄紫色に著しく変化。髪は更に長くなり、金色のティアラを装着している。わかりにくいが瞳の色は紫から水色に変わっている。


コスチュームはアシンメトリーのロングスカートにオフショルダーが特徴。足元は素足にフラットシューズを履いていて、アンクレットも左右非対称。手袋は初期メンバーより長く肘ぐらいまでの長さ。


戦闘スタイル

3人のプリキュアと異なり、ハープのような形状のアイテムを持っている。

ちなみに、彼女のハープの名前はアースウィンディハープ

武器がハープなのは、東せつなキュアパッションパッションハープ以来、通算2人目である。このハープは通常戦闘中は手に持たず、変身時とエレメント技・必殺技使用時に現れる。

そのため戦闘では他の3人と違い両手が使えるためダイナミックな徒手空拳の格闘戦を行う。ただし作中を見る限りはパンチよりもキックの方が得意なようで、両手は敵の攻撃を受け流すことに多用され、こちらから攻撃する時は蹴り技が多用される。

第19話での初戦闘ではメガビョーゲンの触手をかわしつつ切断しキュアグレースたちを救出、さらに一撃でダウンさせている。風のプリキュアだけ有って素早さも高い。

他の戦士が持つヒーリングステッキをアースは持たないのでプニシールドが張れず防御面に弱点があるが、そのスピードを活かした回避能力で弱点を補っている。ただし、遠距離攻撃に対してはやや手こずる面もある。

第28話で登場したケダリーには空中戦で手玉に取られ、地上戦でも高速で蹴り技を繰り出すものの全て見切られ、逆に脚を掴まれて反撃を受けあっけなくダウンを喫した。さらにその後ダルイゼンに4人で立ち向かうも歯が立たず衝撃波だけで吹き飛ばされている。

第31話における対ギガビョーゲン戦において敗北し変身解除。再変身し挑むもまたしても敗北、この時初めて力の差を感じ精神面の脆さが露呈し絶望という感情を覚えた。その後、3人に励まされ戦意を取り戻し4人でヒーリングっどアローによりギガビョーゲンの浄化に成功した。

強敵との戦いが多くなった終盤では攻撃に回避ができず防御面の弱点が露呈、変身解除に陥ることも多くなる。正攻法よりもエレメントによる技で体勢を崩し浄化技を放つ隙を作るサポート的な戦い方が多くなっている。また、ハープを奏でることで風のリングを作り出し、それを用いた風の攻撃なども行うことが出来る。


プリキュアシリーズでの追加キュアは登場から一ヶ月くらいは販促的な側面から他の仲間よりも強めな感じに描かれることが多いが、キュアアースの場合は最終回に至るまで他の仲間よりも頭一つ抜けた強さで描かれている。これは設定上で「純粋な戦闘力ではキュアアースは他の仲間よりも強い」とされているため。ただし、他作品の追加キュアと比較すると単独で敵幹部を倒すほどの力はなく、上記のように後半は強敵との戦いで変身解除に陥ることも度々あった。

上記の第31話でアースが絶望に陥り「私ではお役に立てません」と諦めた時は、キュアスパークルが「やめてよ!アースが無理ならあたしなんかもう…」と激しく焦っており、作中でもこの時点で仲間たちの間で「戦闘力については自分たちの中ではアースが最強」という共通認識があったようだ。

その一方、ピンチに陥ったプリキュアたちが諦めない心で立ち上がり逆転するようなドラマチックな場面ではキュアアースはあまり目立たない。これは彼女のメンタルの脆さを表しているのかも知れない。


持ち技

  • プリキュア・ヒーリングハリケーン

ハープに風のエレメントボトルをセットし、奏でることで発動する浄化技。ハープから竜巻を放ちエレメントさんを摘出しながら浄化する技。その威力は凄まじく、一撃でパワーアップしたメガビョーゲンとバテテモーダの2体を浄化する程の威力。しかしギガビョーゲン登場後はあまり使用されなくなった。

  • 空気のエレメント技

ハープに空気のエレメントボトルをセットすることで空気の玉を作り出す技。それを放つことでケダリーのような素早い相手を閉じ込めて浄化技を放つ隙を作ったり空気圧で攻撃したりする技。

  • 音のエレメント技

ハープに音のエレメントボトルをセットして、ハープを奏でることでマゼンタ色の音波を出して相手の動きをとめたり、無数の無差別レーザービームを放つ技。



強化フォーム

センシティブな作品

第31話より登場した強化フォーム


メガパーツによって進化したシンドイーネが生み出したギガビョーゲンに圧倒されるも、お手当を諦めない熱い気持ちを持った時、3人のヒーリングステッキにアースウィンディハープ、4匹のヒーリングアニマルが一体化。ヒーリングっどアローと化した。それにスペシャル・ヒーリングっどボトルをセットすることにより進化する。


合体技は『プリキュア・ファイナル・ヒーリングっど・シャワー』。


Cure Earth Partner Form Style!

映画ヒーリングっど♥プリキュアゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』に登場する劇場版限定フォーム。

ゆめペンダントの力でヒーリングアニマルのラテと合体して変身する。この状態ではぷにシールドを使うことが可能。


余談

基本的にプリキュアの変身者の髪の色は大きく変わったとしても暖色であれば暖色、寒色であれば寒色である場合が多く、こちらは変身前は金髪で変身後は紫に変わっている。

更に、名前が地球や大地を意味する「アース(Earth)」なのに、イメージがあまり湧かない紫色で風属性という異例づくめである。


変身後の立ち位置は基本的にキュアスパークルの隣で右端である。2015年のプリンセスプリキュア以降、追加キュアは4人および6人編成なら主人公とダブルセンター、5人編成でも主人公の横に位置することが多かったが、本作では最も外側であり、キュアスパークルが主人公のキュアグレースと共にダブルセンターになる珍しい配置になっている。


関連動画


関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア 風鈴アスミ 地球 フウ(プリキュア)

追加キュア 紫キュア ハープ こんなに愛しい地球よ永遠に輝け


令和プリキュア ヒロインキュア 4号キュア  0号キュア  亜人プリキュア 異世界キュア  風キュア

フウ


キュアセレーネキュアアースキュアフラミンゴ


プリキュアシリーズ

  • キュアコスモ:前作の追加キュア。強さが欠点を除いてほぼ匹敵する。学生ではない点も共通。
  • ミルキィローズ:追加キュアとしての紫キュア繋がりの縁でとある映画の制作への伏線を張った元祖紫キュア。同映画でも共演する。
  • キュアパッション:専用アイテムがハープ型繋がり。
  • キュアウィンディキュアマーチキュアプリンセスキュアアンジュ風キュアの先輩達。特にキュアマーチは初期設定ではアースと同じ紫キュアだった。キュアウィンディ以外も風要素が薄い名前だが、特定の属性のイメージに縛られない違いがある。
  • キュアエース:何の伏線もないままにプリキュアの状態で直接初登場した追加キュア繋がり。(変身後の)外見が大人っぽいところや、特殊なタイプの妖精をパートナーにしている点も共通する。
  • キュアミルキー:前作に登場した「大人のプリキュア」。地球においては(初登場時点で)13歳の少女だが、出身星では大人扱い。
  • キュアバタフライ3年後に登場する、名実ともに大人が変身するプリキュア(年齢は18歳で、2022年4月から法改正で成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたため)。

プリキュアオールスターズ」プリキュアタグ


オリジナルプリキュアとしてのキュアアース

オリキュアのキュアアースとしては2020年現在3人おり、

  • たみい氏のふたりはプリキュア!ライトニング!!のプリキュア
  • 桜芽氏のエンジェリックプリキュア!のプリキュア
  • ダグセイバー氏のエレメントプリキュアのプリキュア

が確認されている。

関連記事

親記事

風鈴アスミ ふうりんあすみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3406939

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました