ピクシブ百科事典

ギガビョーゲン

ぎがびょーげん

アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場する新たな怪物。
目次[非表示]

CV:後藤光祐

概要

ヒーリングっど♥プリキュア』の第31話から登場するビョーゲンズの新たな怪物。
メガパーツを取り込んで強化を果たしたビョーゲンズの幹部が、知的生命体(人間)にナノビョーゲンを植え付けることで誕生する。

その場に人間が1人でもいなければ誕生出来ない為、無人の場所での戦闘は引き続きメガビョーゲンを使う場合もある(プリキュアを直接狙えばと言ってはいけない)。

外見

ギガビョーゲンは素体となった人間の個性を強調したような姿となって生まれるが、パッと見の外見はメガビョーゲンと似ている。実際、ギガビョーゲンが初登場した31話ではプリキュアたちは「いつものようなメガビョーゲンが現れた」と誤認していた(その後の実際の戦いを通じていつもとは違う怪物であることに気づいた)

ただし、赤黒色の身体だったメガビョーゲンとは異なり、赤黒緑色の身体となり、表情も鋭くなるという差異がある。

能力

種を生むまで成長したメガビョーゲンよりも更に強力な個体であり、一度に広範囲の地上を蝕むことも出来る。
地球環境を蝕む規模とスピードがメガビョーゲンとは段違いなので、人類を含めた地球の全生物に対する有害度はとても高く、プリキュア達にとっては今まで以上の脅威となっている。

戦闘能力もこれまでのメガビョーゲンの比ではなく、キュアアースでも単身では歯が立たず、プニシールドでの防御なしで攻撃を直接くらうと一撃で変身解除まで持っていかれる。
タフさも高く、初登場した31話ではプリキュア4人掛かりであってもびくともせず、キュアアースは生まれて初めて絶望の感情を抱くことになった。
浄化対策も強化されており、プリキュアの浄化技「プリキュア・ヒーリング・オアシス」をも跳ね返す強靭さをもつが、スペシャルヒーリングっどスタイルへと進化したプリキュアの「プリキュア・ファイナル・ヒーリングっど・シャワー」であれば浄化可能である。

ギガビョーゲンは素体となった人間の個性に順した戦闘能力を持つ。ビョーゲンズの幹部たちは「こいつを素体にすればこういう戦い方をするギガビョーゲンができるだろう」と目星をつけて、素体となる人間を吟味する。
プリキュアに浄化された場合、メガビョーゲンから解放されるエレメントさんと同じく、ギガビョーゲンに取り込まれていた人間も解放され、彼らにこれといった悪影響が残っている気配もない。ただ今のところケースがないだけで、長時間放置されればエレメントさんと同様に弱体化したり後遺症が残ることも十分あり得ると思われる。

各話のギガビョーゲン

登場話モチーフ召喚者素体にされた人物備考
31理科教師シンドイーネ円山先生
32ハルクグアイワル力さん
33医者ダルイゼン蜂須賀先生
34陸上選手シンドイーネ高美ツバサ
37農夫ダルイゼン農家のおじさん
38サーファーシンドイーネ通りすがりのサーファー
41宿泊客キンググアイワル宿泊客(※1)


※1:キングビョーゲンの力でヘカトンケイルを思わせる風貌に変化

余談

ハートキャッチプリキュア!』から続く、人間を怪物に変える系譜が今回も行われたわけだが、極論ではあるがメガビョーゲンや生まれたてのビョーゲンズとは異なり、人間自らの手で地球を蝕んでいる様にも見られ、地球のお手当と人間の救済は同列と見るか微妙に異なると見るかその部分は気になるところ。
これまでの上位怪物と異なり強化版と言っても誕生方法が大分異なっている為、単に地球を蝕むためなら場所を問わず自然物や無機物を怪物に変えられるメガビョーゲンを使った方が効率が良いのではという意見もちらほら・・・(実際35・36話は素体となる人間がいなかったこともあってか普通のメガビョーゲンが使われり、40話に至ってはそれを証明するかの如くメガビョーゲンを中心に大量に生み出してギガビョーゲンはあくまでプリキュア対策のついでの様な扱いだった)
更にヒーリングアニマルが知らなかった事からテアティーヌの現役時代には存在しなかった怪物であり、それらを下した現代のプリキュア達をキングビョーゲンと戦わせる丁度良い頃合いとしてグアイワルにとっては自身の計画を進める上での嬉しい誤算にもなっている。

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア  ビョーゲンズ 
メガビョーゲン  ナノビョーゲン  テラビョーゲン
プリキュアの敵一覧
シンドイーネ

ノットリガー / 巨大巨大ノットレイ ← メガビョーゲン / ギガビョーゲン → ヤラネーダ

他作品の類似キャラクター

ガルオウガ前作に登場するの最高幹部。プリキュアの通常の合体技を易々と弾き返す強さが共通する。
クワガタロイド:今まで非動物のみから作られた怪人の中で、初めて動物を媒体にして生まれた怪人繋がり。幹部格のパワーアップに伴って誕生した点も共通する。
メギド魔人:中盤に人間ベースの個体が登場し、こちらは古の時代から存在している。























以下、最終決戦におけるネタバレ














上述する通り、ギガビョーゲンとの戦いは人間を守っているだけの印象を与えるようにも見えるとあるが、この展開にもちゃんとした意味がある。
それは、プリキュアと守るべき人々(主にすこやか市の人々)との繋がりを築く必要性である。メガビョーゲンを浄化すればエレメントさんから感謝の意を込めてエレメントボトルが発生する見返りがある様に大人の事情で深く描かれていないものの、ギガビョーゲンを浄化した事によりプリキュアに助けてもらった人達からも密かに感謝されていたりする。
その結果、プリキュア達の力だけではない彼女たちに感謝した人々からの力を貰いネオキングビョーゲンに見事打ち勝ったのである。エレメントさんだけではなく地球に住まう人や動物も地球のお手当の力となる説得力ある展開となった。
但し、「地球のお手当」をテーマにしている以上、全てのヒーリングアニマル達がビョーゲンズが悪いの一辺倒で人間の引き起こした環境破壊に目を瞑っている訳ではなく、最終話にてとあるヒーリングアニマルが「人間もビョーゲンズと同じで地球を蝕んでいる」「人間がビョーゲンズを育てたとも言える」「そんな人間を守る必要はあるのか?」と言う疑問が出るのも自然の流れである。そんなギガビョーゲンの扱いは人間側が被害者であると同時に環境破壊を引き起こした歴史を持つ加害者と言う位置付けと言えよう。だからこそのどか達はヒーリングアニマル達に誇れる地球に少しでも近づける様、プリキュアの力とは関係無しに自分達でも環境問題に取り組んでいくと未来へ進んでいくのであった。

関連記事

親記事

ビョーゲンズ びょーげんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガビョーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7588

コメント