ピクシブ百科事典

テラビョーゲン

てらびょーげん

アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場する敵、メガビョーゲンの進化型。
目次[非表示]

概要

ビョーゲンズが生み出す怪物、メガビョーゲンの進化形態。第28話にてダルイゼンヒーリングアニマル達の口から、実態が明かされた。
初期段階で浄化されないまま育って進化した個体であり、キングビョーゲン、ダルイゼン、シンドイーネグアイワルバテテモーダネブソック、そしてケダリーなどの知性を持った者達、いわゆるビョーゲンズの幹部が該当するという。
元々ダルイゼンもメガビョーゲンの一部で、幼い日の花寺のどかに取り憑く事で、長年かけて現在の姿に育っていた。

テラビョーゲンの誕生

テラビョーゲンの誕生には2通りの方法がある。

メガビョーゲンの種


一つ目が十分に育ったメガビョーゲンが生み出す自立歩行する種によるものである。この種が特定の宿主に寄生して育つことでテラビョーゲンが誕生する。種によって誕生した個体は、宿主が動物だった場合は宿主と同じような姿の獣人型になり、宿主が人間だった場合は人型且つ宿主の口癖が移る特徴がある。尚、テラビョーゲン自身に宿主の記憶はないが、後に宿主の記憶が蘇る可能性はある。
種によって誕生した個体は、自らナノビョーゲンを生み出してメガビョーゲンにする能力があり、戦闘能力も高いが、誕生するまでそれなりに長い時間を要する。

メガパーツ


二つ目はメガパーツによるものである。メガパーツを直接生物に埋めることでもテラビョーゲンが誕生する。種によって誕生した個体と同じく宿主の特徴を引き継ぐが、短所すらも引き継いでしまう欠点がある。
メガパーツによる個体は、種による個体よりも短時間で誕生するが、ナノビョーゲンを生み出す能力はなく、戦闘能力もプリキュアの浄化技であっさり浄化されるあたり、種による個体よりも幾何か劣っている。

テラビョーゲン一覧

ここでは作中に登場しているテラビョーゲンと誕生方法、宿主を記載する。テラビョーゲンの姿形や戦闘能力は個別記事を参照。

名前登場話誕生方法宿主備考
キングビョーゲン第2話~不明不明
ダルイゼン第1話~メガビョーゲンの種花寺のどか
シンドイーネ第3話~不明
グアイワル第4話~不明
バテテモーダ第12話~第20話ヌートリア
ネブソック第24話メガパーツ雛鳥
ケダリー第28話メガパーツ花寺のどか

関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア ビョーゲンズ

関連記事

親記事

メガビョーゲン めがびょーげん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テラビョーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2314

コメント