ピクシブ百科事典

カオスウルトラマン

かおすうるとらまん

特撮番組「ウルトラマンコスモス」に登場する偽のウルトラマン。
目次[非表示]

CV:服巻浩司

概要

カオスウルトラマン


  • 体長:47メートル
  • 体重:4万2千トン
第39話『邪悪の光』、第40話『邪悪の巨人』、第59話『最大の侵略』に登場。
春野ムサシに取りついたカオスヘッダーが、ウルトラマンコスモスの力を分析しコスモスの姿となり実体化した姿。
コロナモードと似た容姿であるが、能力はコスモス以上で、エクリプスモードを除くコスモスの全能力を学び取っている。必殺技はネイバスター光線のコピー技ダーキングショットなど。また、単体のカオスヘッダーのおよそ50倍の力を発揮する事ができ、巨大カオス光弾ダークネスウィールによって、一度に50匹の怪獣をカオス怪獣化させる事が可能。しかし唯一の欠点が活動時間であり、コスモス同様3分間しか戦えない弱点もコピーしてしまっている。

偽のウルトラマンは大抵初戦で敗れる事が多いが、このカオスウルトラマンは(後述のカラミティも含めて)初戦で勝利した所か、倒されても何度も復活してはパワーアップしウルトラマンを苦しめた稀有な存在である。

初戦ではコロナモードのコスモスと互角の戦いを繰り広げ、カオスヘッダーに戻って光線をかわすという意表を突いた戦法で勝利。その後はネルドラントIIをカオス化させ、鏑矢諸島に保護された怪獣たちをカオス化させようとしたが失敗。カオスネルトラントIIと共に再び現れたコスモスと対決し、エクリプスモードとなったコスモスに敗れた。

しかしその後、第59話にて人工カオスキメラ開発を妨害するために再び出現。この時は3分間しか戦えない弱点を克服しているだけでなく、右腕から放つ光弾ダークブレットを習得し、エクリプスモードのコスモスとも互角に戦えるほどパワーアップしていた。最終的に一瞬の隙を突かれて倒されたかに見えたが、P87ポイントのワームホールからのエネルギーを受けてカオスウルトラマンカラミティへと進化する。

なお、『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』第2弾にてカオスロイドイーヴィルティガと共にバグレーとして登場している。
それに先行する形で『新ウルトラマン列伝』ではカオスロイドU/Tを引き連れて登場するが、スパークドールズ劇団ブラックキングに光線を弾かれた挙句あっさり倒されてしまった。以前の強豪ぶりはどこへ行ってしまったのか。まあ、全てはブラックキングの妄想だったのだが(と言ってもブラックキングもジャックを一度は倒している強豪で光線技には滅法強いので相性の差もあったのだろうが)。

カオスウルトラマンカラミティ

厄災のカオス


第59話『最大の侵略』より登場した強化形態。詳細はリンク先を参照。

余談

第39話の脚本を担当した大西信介は、カオスウルトラマンのカラータイマーを狙って倒すという展開を想定していたが、カオスヘッダー側にもコスモスの弱点を知られることになってしまうため、不採用になった。

関連タグ

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣
カオスヘッダー

pixivに投稿された作品 pixivで「カオスウルトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17084

コメント