ピクシブ百科事典

カオスウルトラマンカラミティ

かおすうるとらまんからみてぃ

『ウルトラマンコスモス』に登場したカオスウルトラマンの進化形。
目次[非表示]

「コスモス・・・オ前ガ憎イ・・・オ前ヲ倒ス!」

データ

  • 身長:47m
  • 体重:4万2千t
  • 出身地:SRC科学分析センター前(D-9エリア)

概要

第59話『最大の侵略』、第60話『カオス大戦』、第62話『地球の悲鳴』、第64話『月面の決戦』に登場。
エクリプスモードの登場で追い詰められたカオスウルトラマンが更なる進化を遂げた姿。
エクリプスモードに似た容姿となり、エクリプスモードの能力を学び取ったことでより邪悪で凶悪な力を得て、エクリプスさえ上回る戦闘力を誇る。必殺技は破壊光弾ブレイキングスマッシュやコズミューム光線のコピー技カラミュームショットやエクリプスブレードのコピー技カラミュームブレードなど。

劇中では三度登場しているが、その強さはまさにチート級で、初戦では戦う力を殆ど残していなかったとはいえエクリプススパークを素手で弾き飛ばしてコスモスに勝利し、その後も毎回コスモスを終始圧倒していた。コスモスはチームEYESや統合防衛軍の援護で何とか辛勝に持ち込めたほど大苦戦しており、その圧倒的な強さが印象に残った視聴者も多いであろう。
だが強大な力を持つ分通常よりも多くのカオスヘッダーが必要となる為、2回目の出現時に倒された時点ですでに地球上に残存するカオスヘッダーは全て消え去ってしまった。
最初の出現でコスモスを倒し、その後の戦いでも大苦戦させたが、カオスキメラのプロトタイプカートリッジ弾を撃ち込まれてもがいているすきにコズミューム光線で倒される。
二度目の出現時にはカオスヘッダー陽動作戦の裏をかいてカオスドルバを囮として出現させたが、ナガレ・ジュンヤにキメラミサイルを撃ち込まれて苦しんでいるすきにコズミューム光線を受け消滅した。
三度目の登場となる月面での決戦で、コスモスの作戦によりソアッグ鉱石の光で苦しんでいる隙についに敗れた。

その活躍ぶりから、カオスヘッダーが次第に力を増していく終盤の展開を象徴するキャラクターと言える。

悪のウルトラマン仲間

ダークファウスト ダークメフィスト ダークザギ
ウルトラマンベリアル etc...

関連タグ

ウルトラマンコスモス カオスウルトラマン
悪トラマン チート チートラマン←正義派では無いが一応記載

pixivに投稿された作品 pixivで「カオスウルトラマンカラミティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5170

コメント