ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要


元となるセリフは『ウルトラセブン』の主人公モロボシ・ダンの「それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…」から。

放映当時冷戦下にあった世界での、終わりの見えない軍備拡張を揶揄した言葉とされている。


そこから転じて、物事をどれだけ続けても決して終わりが見えないこと、楽になったり抜け出すこともできないような事柄に指される言葉。言わば悪循環、悪い意味での無限ループという意味合いで使われる事がある。


ウルトラシリーズでは特にどんなに弱点をついても、どんなに強力な兵器を作っても決して倒すことのできなかったカオスヘッダーなどにも使われている。


この言葉を、キリヤマ隊長ギエロン星獣との戦いで放射能に冒され、メディカルセンターに搬送されたダンが頻りに呟いていたと聞いて知り、そんなマラソンを続けるほど愚かでないとしてR2号の開発を中止を決定した。


しかし、時を経て平成ウルトラセブンフルハシ・シゲル参謀ヴァルキューレ星人の侵略行為で殺害され、彼が最後まで反対していた侵略してくるとおぼしき他の惑星への先制攻撃をするフレンドシップ計画が実行された後に、ダンがフルハシの墓前で、嘆きと決意を込めて、この言葉を語った場面もあった。




関連タグ

ウルトラセブン

ヒーリングっど♥プリキュア:医療をテーマとしたプリキュアシリーズ第17作目。本編にはこの言葉が当て嵌まる場面(敵の理不尽さ等)がいくつか見られる。

セレブロ(ウルトラマンZ):「文明自滅ゲーム」と称して文明のある星に強いらせた外道常習犯

関連記事

親記事

それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ… それはちをはきながらつづけるかなしいまらそんですよ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241677

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました